情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.28 23:00|カテゴリ:政治経済コメント(19)

自然農法の創始者、福岡正信さんがユダヤ人から聞いた世界戦略を語る!「最初は農民滅ぼし。日本の作物を変えることが戦略」


fukusokamassige1128000.jpg
読者の方から教えて頂いたのですが、大変興味深い情報を見つけたのでご紹介します。それは、自然農法の創始者である福岡正信さんが、ユダヤ人から聞いた世界戦略を語っている動画です。
福岡正信さんは化学物質を一切使用しない自然農法の世界的な権威であり、欧州やアジア各国では今も彼の自然農法を実践している方達がいます。

彼はロックフェラー兄弟財団の出資で発足したフィリピンのマグサイサイ賞も受賞しており、そのような場で権力者の方々から世界戦略に関する話を聞いたとのことです。福岡さんの話はTPP(環太平洋連携協定)や遺伝子組み換え、放射能問題とも関係している重要な話なので、是非とも聞いてみてください。


☆福岡正信
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E6%AD%A3%E4%BF%A1

引用:
愛媛県伊予郡南山崎村(現伊予市)に生まれる。旧制松山中学校、岐阜高等農林学校(現岐阜大学応用生物科学部)卒。

若い頃は横浜税関の植物検査科に所属し研究に没頭していたが、急性肺炎にかかり死に直面すると、「この世には何もない」と悟り、仕事をやめ地元に戻り農業を始めた。「やらなくてもいい」ことを探しながら、つまり科学農法を否定するために多くの失敗を重ね、自然農法を確立していった[2]。

著作の序文では、不耕起(耕さない)、無肥料、無農薬、無除草を特徴とする自然農法を行うとしているが、著作中には肥料[3]と農薬(除草剤、除虫剤)[4]の使用について記述がある。

米麦連続不耕起直播は、稲を刈る前にクローバーの種を蒔き、裸麦の種の粘土団子を蒔き、稲を刈ったら稲わらを振りまく。麦を刈る前に稲籾の粘土団子を蒔き、麦を刈ったら麦わらを振りまくという栽培技術である。
自然農法は海外でも実践されている例があり、イタリアのトスカーナ地方で育てられる幻の豚・チンタセネーゼ育成者にも引き継がれている[5][6][7]。

「粘土団子」と呼ばれる、様々な種を100種類以上混ぜた団子によって砂漠緑化を行おうとした。行われた場所は、ギリシャ・スペイン・タイ[8]。ケニア・インド[9]、ソマリア[10]、中国・アフリカなどの十数カ国[11]とされる。東南アジア諸国では、粘土団子方式で荒野がバナナ畑や森として甦った[12]。

1988年、ロックフェラー兄弟財団の出資で発足したフィリピンのマグサイサイ賞を受賞。90歳を過ぎ歩行が困難になっても、中国の要請に応え[13]、粘土団子の技術指導に現地へ飛ぶなど、最晩年も達者な活動ぶりを見せていた。 
:引用終了

☆自然農法家 福岡正信さん ユダヤ人から40~50年前に直接聞いた世界戦略(TPP?)を語る
URL http://nakamurahealth-blog.at.webry.info/201303/article_11.html

引用:
自然農法家 福岡正信さん 
ユダヤ人から40~50年前に直接聞いた世界戦略(TPP?)を語る


まるで今問題にされているTPPと全く同じですね。

ユダヤ金融資本はそんなに昔から計画していたのでしょうか。

とんでもない事です。

福岡正信さんの著書にも、世界の食糧問題に関して書かれていました。
福岡さんは既に何十年も前から、ユダヤ金融資本の戦略をご存知だったのですね。

それこそ、自然農法に俄然やる気が湧きます。

日本の米や麦、野菜は滅ぼしてはいけないのだと。
 
以下、動画の内容を文字起こしした物です。 

アメリカの農業は狂っていると書いてありますね。
それよりもっと面白いことがあって、一昨日の晩にこんな言葉で書いていたんだと。
今の世界戦略が書いてあります。自分のじゃあ無いんですよ。ここに書いてある。
これ話したらいいかな?ここにね。アメリカ人が居ったらちょっと都合が悪いんだけど。シアトルのルーマニア系?ユダヤ人では無いですよね?ユダヤ人でもあっても良いんだけど、ユダヤ人から聞いたことが書いてあるんです。大丈夫かな?

ユダヤ人の人がこういう事を言っているんです。
『福岡さん、貴方だから話すんだけど、私たちの考え方、やろうとしていることはこういう事ですよ。』
 ところがその戦略が、現在、全く其のとおりである。

其の戦略が、現在も続いてやられているだけじゃあ無くて、テレビ観ていたら今の首相がね、話していたんですけど、全くそれです。皆さんそんな事に気がついている人は居ますか?
 
この前のね、1月前だか2月前だか、今の国会で演説して、それから野党の土井たか子さんがそれに対して意見を言う、首相はそれに対して違う演説をしている。
 
一つは郵便制度の改革、道路公団、そしてね農業革命、新しい米作りとの3点をね、今の小泉さんが国会で言っていて。たか子さんが言う事には答えないで、其のことばかり話していた。
 
其の戦略がね、僕がアメリカへ行って、40~50年前にね、ユダヤの人から聞いた話がそっくりそのまま国会で今の首相が演説しているんです。
 
これだけ話したら皆さん気がつくでしょう。
今の世界がどちらを向いて行っているのかという事をね。
東京へ出てきて、こりゃ大変な事になっているんじゃないかという気がするんですよ。
遺伝子組み換えの事も後で話したいと思っているんだけど。
戦略というのは、如何に世界の地球の人類をコントロールするためには、どういう手段が有るかって事で。
 
一つは、一番最初は農民滅ぼし。農民滅ぼしをするには、其の国の農業を滅ぼせばいいでしょ。日本を滅ぼすんだったら、小麦をね。アメリカの小麦にするんですよ。パン食にする。
 
それまでは、日本の農民の主食は麦飯だった。それと反対にね、小麦のパン食にしてバターやミルクばかりにしたら、どうなるか。
 
ユダヤの人が考えている事がわかる人はいますか?
日本の作物をね、変えることが戦略。
日本の裸麦を追い出して、小麦にする。そいで小麦にしたら、アメリカの安い小麦を日本に輸入したら、日本の麦作りが病んで来るだろう。
 
日本から麦作りを農民の手から、諦めさせるような戦略である。
それで横から、日本はさつまいもが多い。芋と言ったらね。
それをポテトの方に変えていく戦略の方を取っていくと、結局小麦がアメリカの小麦になってしまう。
そして、日本の食糧をアメリカの方が考えている戦略に巻き込んでいったら、日本の農民は潰れていく。
目に見えんような今の戦略から入っていって、日本を殺す。
農民が折れてしまったなら、後は簡単だ。
 
日本の米というのは、米を神様だと思って祀っているでしょう。

自然農法は人間が作る米作りをしているんじゃ無いんです。
自然が作る米。
メコン川の上流辺りの原始人の米は、自然が作っている米。

自然農法家 福岡正信さん 世界戦略語る

月刊「マクロビオティック」98年5月号より

--編集室便り--
:引用終了

☆福岡正信 自然農法家


自然農法 わら一本の革命


緑の哲学 農業革命論: 自然農法 一反百姓のすすめ


自然農法 福岡正信の世界 (DVDブック)


図解 だれでも簡単にわかる! 日本の食とTPPのしくみ (綜合ムック)


TPPで日本支配をたくらむ者たちの正体


TPP 黒い条約 (集英社新書)

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
真実って、いろんな事を見聞きして積み重ねていくうち、何となく自分にとっての真実が見えてくるもの。

腑に落ちる瞬間は、直感かなと思っても実は知識の積み重ねから導きだされたものだったりします。
私にはこの自然農法のかたが言ってることは腑に落ちます。
[ 2013/11/28 23:25 ] [ 編集 ]
これでいうとTPPで、アメリカを支配する連中のやろうとしている事は
「日本の社稷を破壊する」
つまり、自ら田植えを行われ新嘗祭を執り行う天皇家をも同様に始末する気だ、というわけですね。

いやはや、大した愛国者だ。TPP貫徹の自民党の皆さんは。
[ 2013/11/28 23:49 ] [ 編集 ]
馬鹿って何でも自分の都合がいいように考えたがるから、論理性のかけらもなくなるんだよな。
[ 2013/11/29 00:31 ] [ 編集 ]
手遅れ…でない事を祈りつつ
開国時、日本の全く無駄の無いリサイクルシステムを分析したある人物が、「この国はこのまま開国しないほうが幸せではないか」と言ったとか。
小説だったかもしれませんが。私は田舎でこのシステムに近い生活を長く送っていた経験があり、今思うに、大変幸せでした。現在汚染地帯で化学物質に悩まされ、これからどうやって生きたらいいか、残りの人生で何ができるか考えています。
[ 2013/11/29 01:09 ] [ 編集 ]
わら一本の革命
こころの時代よく観てたなあ。種を送る活動の方へ送った種は、どこへ送られたかなあ?粘土団子を実践してみて人参が育った時は感動したし、稲を田でなく畑で育てることができた時は凄かったなあ。ラジオの方でいいから、再放送してほしい。本も面白いです。
[ 2013/11/29 01:14 ] [ 編集 ]
驚いた
日本には、青森の林檎の木村さんの他に、まだまだ優秀なお方がいらっしゃるんですね。
[ 2013/11/29 16:44 ] [ 編集 ]
いいこと言ってます。やはり日本人はパンを減らして米を食べるようにしたほうがいいですよ
[ 2013/11/29 17:08 ] [ 編集 ]
私も自然農法、この意見に賛成です。日本人よどうか目覚めてくれ!
[ 2013/11/29 20:31 ] [ 編集 ]
当たり前のことを当たり前に言っている、売国という濁流のなかに
聞くと新鮮に聞こえるが、当然のことを改めて気づかせてくれる福岡さんにあらためて敬意を表したい。世代という問題がある、時の流れという問題がある、時の流れの中で見失ってはならない根本問題。
[ 2013/11/29 22:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/29 23:28 ] [ 編集 ]
福岡さん
大好きな農家さんです。

以前 本を読みました。

実際にお会いしたいとも思っていますが
なかなか‥


日本の米 さつまいもは必ず残したい!
[ 2013/11/30 00:49 ] [ 編集 ]
>驚いた
>日本には、青森の林檎の木村さんの他に、まだまだ優秀なお方がいらっしゃるんですね。

というか、リンゴの人はこの人の影響で、無農薬に挑戦し始めた。
自然農法はこの人が元祖。

もう何十年も前に書かれた「わら一本の革命」や「無」三部作読めば、
TPPやモンサントが今やろうとしている事に、既に警鐘を鳴らしている。
[ 2013/12/04 03:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/06 17:29 ] [ 編集 ]
リンクはらせてください
ブログ、時々読ませていただいています。
自分の興味と共通するところがありましたので、この記事のリンクをはらせてください。
[ 2015/03/24 23:54 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/05/01 23:17 ] [ 編集 ]
すばらしい!
すばらしい!の一言!

日本人よ! 早く目を覚ませ!
[ 2015/05/12 15:11 ] [ 編集 ]
実は日本も中朝を笑っていられないと思うんですよね…
世界の真っ黒くろスケたちは人口統制が必要だと考えています。そのために必要なのが水、空気、食べ物の汚染。次に大災害と病気の蔓延。破壊と混乱が側にいる。

世界の終末にはメシアが現れて、自分たちは救われるらしいです(><)

欧米エリート、越境する投資家、宗教家、予言者たちがわちゃわちゃしているらしいので、親切なふりをした狼さんに気をつけて!

混乱、敵対は彼らの好物
分断せよ、武器を持て、弱ったところを統治する。

まだまだ勉強中なのでなんとも難しいですが、環境問題やイルカでも、着々と詰められているようです。

短期的に見ると正しいことが、長期で見たら間違っていたとか、短期で見たら間違っていたことが、長期的に見たら素晴らしかったりすることが往々にして見受けられます。

無理難題はのらりくらりとかわして、
和をもって尊しとなし
すべてがまるくおさまるように、ゆったり構えて生きたいと思います。
[ 2015/05/31 14:11 ] [ 編集 ]
私が書庫を整理していたら福島さんの書が。。
記憶によれば私が就職をした直後に福岡先生の山荘に一泊して、山知を歩きながら、食事をいただきながら御説を拝借したことがあります、私も年を重ねて終活を始めました、はるか50年以上も前のことdせす、夜にスラスラと一筆書を書いて、記念にいただきました、記念館などありましたら寄贈したいのですが。。。
[ 2015/12/11 10:26 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/08 11:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム