情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.07 22:00|カテゴリ:ニュースコメント(140)

尖閣諸島に接近した中国の艦船、「中国の管轄海域だ」と返答!中国側は勝手に尖閣諸島周辺を自国海域として扱っている模様!


s_ice_screenshot_20160807-202301.jpeg

中国の海警船2隻が尖閣領海に侵入、日本は抗議
http://jp.reuters.com/article/radar-unit-idJPKCN10I08V

海保の巡視船が警告したところ、「中国の管轄海域で定例のパトロールをしている。貴船はわが国の管轄海域に侵入した。わが国の法律を守ってください」と応答があった。
2隻は午前10時40分ごろに領海を出たものの、海保によると、正午時点で9隻が接続水域にとどまったままという。



以下、ネットの反応


















この返答が事実ならば、中国は尖閣諸島周辺を自国の海域として認定したということになります。最近になって中国軍の艦船が急に進出して来たのも、このような政治判断が背景にあったのかもしれません。
問題なのは「中国軍が独断で動いているのか」という点で、海域の認定を共産党政府が命じたとするのならば、非常に面倒な騒動となりそうです。



関連過去記事

尖閣諸島近海の大船団、中国側が日本の抗議に返答!中国政府「日本は冷静な対応を」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12868.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
よっしゃ上等だ。憲法改正して徴兵してアメリカ、東南アジアと集団的自衛権で共同展開してアジアの癌の中国をぶっ潰そうぜ。アジアが平和になるわ。
[ 2016/08/07 22:04 ] [ 編集 ]
対中国の外交路線を今までの交渉中心の外交から武力抑止へと変更したいがための尖閣茶番だな

武力抑止に変更するには、国民に中国が攻めてくると思わせて憲法改正の手続きが必要ですからね!

[ 2016/08/07 22:21 ] [ 編集 ]
自国の海域っていうか、こういう事が横行しないように棚上げ論だったのに、石原とかがバカだったからとしか思えないんだよなぁ。
[ 2016/08/07 22:31 ] [ 編集 ]
憎まれるのを承知で中国当局の立場を代弁致します。
「1970年の田中角栄日中国交回復時、尖閣についても話し合いが行われ、尖閣領有問題は棚上げにしようとの合意がなされた。しかし近年、石原慎太郎東京都知事(当時)が、尖閣を都が買い上げると一方的に提案、前原国交相(当時)が日中漁業協定を無視して中国漁船を取り締まり、野田首相(当時)が尖閣を一方的に国有化した。棚上げ合意を日本側が一方的に無視したのだから、それ以来、中国も実力行使に出ているのである。」最初に喧嘩を売ったのは残念ながら日本である。
[ 2016/08/07 22:31 ] [ 編集 ]
対中国の外交路線を今までの交渉中心の外交から武力抑止へと変更したいがための尖閣茶番だな

武力抑止に変更するには、国民に中国が攻めてくると思わせて憲法改正の手続きが必要ですからね!


08/07 22:21 By:名無し


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


なんだ、このアホな誘導コメントは(笑)

[ 2016/08/07 22:34 ] [ 編集 ]
自民党の、【日中漁業協定】で、中国船を取り締まれない!
■自民党時代に結ばれた屈辱的条約で尖閣諸島近辺の中国漁船を取り締まれない。

日本政府は尖閣諸島周辺の排他的経済水域(EEZ、領海12海里の外側)における中国漁船を一切取り締まることが出来ない。
自民党政府が中国に対して、日本の法律の適用を免除している奇妙な外交文書だ。

2000年の【日中漁業協定】によるものだ。

さらに安倍は【日台漁業協定】を結んだ。

売国奴安倍は、尖閣諸島近海の漁業権を沖縄から取り上げ、台湾に献上した。
[ 2016/08/07 22:37 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/07 22:31 ] 名無し

バカバカしい。では聞こう。チベットは?ウイグルは?南シナ海は?どうしてこうなった?

棚上げというのはただの時間稼ぎ。時が来たら侵略するつもりだった。最初からね。これはチベットが、ウイグルが、南シナ海が証明していること。

尖閣国有化はきっかけにはなったかもしれんが、何もしなければ平和だったなんて考え方は大間違い。変な思想にとらわれず、冷静に中国周辺の状況をみればわかることだ。

言葉の端端から日本が悪いのだから尖閣はあきらめようとの意思が感じ取れるが、もしもそんな考えがあるのならそれも大間違い。

中国の膨張が止まることはない。対抗しなければエスカレートするだけだ。対抗するといっても、もちろん軍事力でではない。

中国は常に当事国同士の話し合いを望んでいるのだから、こちらは多国間での話し合いの形を作っていくことが大切だ。アメリカ、ASEAN、インド、オーストラリア等々の国々との連携が今後の展開の鍵を握るだろう。
[ 2016/08/07 22:46 ] [ 編集 ]
なぜ安倍自民党は誰も何も言わないんだ??
[ 2016/08/07 22:48 ] [ 編集 ]
石原都知事以降、グレーゾーンだった尖閣諸島が表沙汰になったところでの政権交代。
強硬派の安倍総理としては尖閣諸島をグレーゾーンのままにしておくと立場がたたないのに
日本には尖閣諸島をすぐに日本の領土にできる卓越した外交力がない。 なら武力(戦争)で勝ちとろう。
ということかな。

日本が憲法改正して武力抑止策をとっても
中国としてはそれに屈して尖閣諸島を日本の領土にするとメンツ的にとんでもないことになるから、強硬策をとり続けるだけで、戦争でもしないとどちらの領土になるかは決まらないでしょう。

もう一度グレーゾーンに戻すのが、日中双方にとっての最良の道だと思います。

ただ領有権が何が何でも今すぐにでもほしいのなら戦争でしょう。
戦争して多大な被害を受けたくはないが領有権は欲しいというのなら、水面下での地道な外交を続け、対中国に秀でた外交官も育てる。
当面の戦争を避けるのなら、日本の方から棚上げする道を模索するしかないでしょうね

[ 2016/08/07 22:57 ] [ 編集 ]
安倍晋三 学生時代
http://goo.gl/NPQIV5
 
知性が分かる。
[ 2016/08/07 23:07 ] [ 編集 ]
バカバカしい。では聞こう。チベットは?ウイグルは?南シナ海は?どうしてこうなった? >
チベット、ウィグルでの『国内弾圧』は大いに問題ですが、『領土的には中国国内』ということになります。

南シナ海での『資源確保のためのわがまま』ももちろん問題ですが、中国は威圧的な国であっても『中国脅威論者のコメントのような大侵略国ではない』のです。
もし、そうであれば『大陸軍国中国』は軍事予算に圧倒的に劣るカンボジアやベトナムなども軍事侵攻の末に支配下に入れていなければおかしいのです。
ご誘導はやめてください。
[ 2016/08/07 23:13 ] [ 編集 ]
22:46さま
理屈としては分からないでも無いのですが、オーストラリアとの潜水艦契約は潰れ(日本の反中姿勢が嫌われた)ASEANは全て中国になびき、紛争当事国のフィリピンの新大統領は親中姿勢だし、インドは中国との国境紛争を抱えつつもBRICSの仲間だし、今の世の中で純粋に反中国家なのは日本だけではないでしょうか。(米国はネオコンが確かに反ロシア、反中ですが、ヒラリーが当選出来なければ状況が変わると思います。)それよりも何よりもどうして米国を信頼出来るのか私には分かりません。私は「桜井ジャーナル」や「マスコミに載らない海外記事」ブログをよく読みますが、表向きのイメージとは異なり、米国は詐欺国家だと思っています。アフガン、リビア、イラク、ソマリア、、、米国に破壊された国の事を考えた事はおありですか?
[ 2016/08/07 23:26 ] [ 編集 ]
22時46分の「バカバカしい」方へ、「では聞こう」、以下の質問にお答えを
「棚上げというのはただの時間稼ぎ」との根拠は何なのか示してもらいたい。40年間も棚上げしてきたのがもし時間稼ぎというなら、今後も時間稼ぎを続けさせればいいではないか。日本が実効支配しているのを中国も黙認していたのに、なぜわざわざ日本側から一方的に棚上げ合意を否定して時間稼ぎをやめさせる必要があるのか理由を示してもらいたい。チベット・ウイグルは清国、中華民国の時代から中国領だった。そのことの是非は別として。さらに言うならモンゴルも中国領だった。だから台湾は以前はモンゴルも中国の領土だと主張していた。歴史的経緯を無視して、なぜ尖閣と同列に考えるのか、その理由をお答えねがいたい。南シナ海の島々も中国側の言い分では昔から中国人が管轄していたから中国の領土だという理屈だ。ただし、現在の国際法ではその理由は認められないと先日裁定が出た。岩礁だから、どの国も領有権はないとの裁定だ。南シナ海に関しては、そもそも中国・フィリピン・ベトナムの間で暗黙の合意すらなかった。勝手に取り合っていた島々(岩礁)だ。そのように尖閣とは全く事情が違うのに、なぜ南シナ海の島々と尖閣を同列視できるのか、その理由をお答えねがいたい。安倍政権による尖閣棚上げ合意の一方的否定により、中国が尖閣領有権の主張を力で現実化する口実を得たとの見方が間違いというなら、その理由を示していただきたい。アメリカ、アセアン、インド、オーストラリアのうち、尖閣を日本の領土と認めている国があるなら示してもらいたい。あなたは「中国の膨張が止まることはない」と根拠を示さず断じる。一方であなたは「中国は常に当事国同士の話し合いを望んでいる」と根拠を示さず断じる。では膨張が止まることのない中国が何のために当事国との話し合いを望むのか?その理由を明確に示してもらいたい。
[ 2016/08/07 23:33 ] [ 編集 ]
アメリカと中国は通じているので、やりたいなら日本単独でやれば、その結果日本人が損失被って日本経済再生の戦略に利用されているだけなのに気付けないバカがのせられてる戦争はじめるキチガイ達www
[ 2016/08/07 23:39 ] [ 編集 ]
>22:46
君のような中国が攻めてくると言い続ける人間に俺も聞きたい。以下のサイト読んでどう思う?
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/309fc1ce116f7707ef6fef35697ff771

なんで日本より軍事費が低い国が攻められてないんだ?ヴェトナムなんて後漢の時代に支配下だったから徴姉妹の反乱が起きたわけだが?中華思想に基づく侵略を中国がするならヴェトナムや北朝鮮も支配下に置かれている。学がないネトウヨに解説するとヴェトナムというのは南越、大越、越南(エツナン→ヴェトナム)といつも国名を中国基準にしてるのに、軍事費少ないのに中国が侵略しないのはなんで?ましてや陸軍が元々主だった中国が尚更海を越えて防衛に長けた自衛隊のいる日本を攻めたりするとはどうして言える?船で陸軍大量に輸送するのか?
で?そんな中国となぜ南シナ海で戦争になるんだ?少し考えればわかるよな。


政府やネトウヨがなぜ中国と海戦にやたら拘るか。「尖閣諸島」以外に今の統合幕僚長が海自出身だからか?
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4431.html

このサイトをネトウヨは読んでみろ。これからの戦争スタイルでは陸>空>海の順でリスクがないらしいな。 だから威勢良く中国焚き付けてるんだろ?そう言えばやたら威勢の良かったネトウヨ大好き田母神も航空上がりだったな。このサイトにも書いてあるが戦争になれば倒れてもいい隊員も用意されるわけでカウチポテトやりながら戦争望んでるネトウヨは極めて失礼だ。はっきり言ってそんなネトウヨが徴兵されて倒れてもいい隊員に選ばれたらそれだけで戦争望む愚かな考えはやめるだろうよ。
[ 2016/08/07 23:42 ] [ 編集 ]
あっ、訂正だなっと。

陸>空>海の順でリスクがない←×

陸>空>海の順でリスクがある←○


な。
[ 2016/08/07 23:45 ] [ 編集 ]
キャピトル東急 密室での会議。

http://youtu.be/i8ZzYO-Nf3k?t=7s
 
分かりやすいですな。
 
[ 2016/08/07 23:54 ] [ 編集 ]
何やってんだよオリンピックやってんだぞ
領土問題なんてやってる場合じゃねえだろオリンピック応援しようや

フェンシング太田残念やった悲しい
[ 2016/08/08 00:04 ] [ 編集 ]
丹羽宇一郎氏の「中国の大問題」(PHP新書)によると、中国には共産党と国家の二つの中央軍事委員会があって、軍権の掌握はそうたやすいことではないそうだ。胡錦濤前主席の場合は江沢民の居座りによって、三権を掌握するのに二年かかっている。習近平の場合国防部での経歴を積んでおり、軍の支持を得なければ政権を維持できない。となると、外交面では保守的、強硬的な政策をとらざるをえない。チャイナセブンのうち江沢民の息のかかった守旧派の五人は、年齢からいって2017年の党大会で定年退職になる。そのときはじめて、チャイナセブンの陣容を入れ替えて、権力基盤を固める最大のチャンスを得る。つまり、習近平は第二期(2017年)のころから徐々に自分の意見を通せるようになるはずだ。丹羽氏は習氏と十数回会っているが、比較的、親日派でフェアな人物という印象だそうだ。ここは、冷静に様子を見たほうが良さそうだ。それより、北朝鮮の移動式の発射台を探知する研究を進めてはどうか?
[ 2016/08/08 00:08 ] [ 編集 ]
Wikipediaの、「ぽてから」 という荒らしアカウント。

http://goo.gl/4cgV74

投稿記録を見ると、自民党、日本会議関連の隠匿だと分かる。

http://goo.gl/b6zS7o 
 
酷いもんですな。
[ 2016/08/08 00:49 ] [ 編集 ]
中国側からすれば日本が領海侵犯してるってことなんだよな。
領土問題とはそういうこと。今まで海保が拿捕されなかっただけマシだと思うわ。
[ 2016/08/08 01:06 ] [ 編集 ]
中国軍と日本軍の戦力差がこちら、日本が何もしない理由
お前らこれでも見て勝手に戦死して来てくれ関係ない人を巻き込むんじゃないよ植松予備軍共www

http://marticleimage.nicoblomaga.jp/image/27/2016/4/d/4d2a6a019952c3789371fc3d4a7a4a180232d11d1470581744.jpg

[ 2016/08/08 02:01 ] [ 編集 ]
これまでも似たようなアップにコメがあったが、毛が3本足りないと言うか円形脱毛症やんか(*_*)そんなカキコしてる君ら何も知らないでちょい痛すぎアチャ(>_<)💨   
[ 2016/08/08 03:35 ] [ 編集 ]
条約やら確定事項を解釈をめぐってアレコレするのに内々の約束の「棚上げ」をまともに信用するとはね。
理屈じゃないのよ、あちらさんだって、現に南沙の問題は国際的な仲裁決定を無視してるじゃないの。
あちらだって日本がどうでようが「棚上げ」を利用するだけでしょ、情勢は変わるんだから。
本気であちらが「日本が先に」と思ってるなら堂々と「棚上げって約束だろ!」を前面に出すと思うけどね。
[ 2016/08/08 04:29 ] [ 編集 ]
>2016/08/08 04:29
問題は日本が付け入る隙を与えまくってるって事だよ。中国を牽制するつもりがオウンゴールを決めまくってる。
他の国が中国よりも日本に付きやすい状況を作れてないってのが問題。
[ 2016/08/08 04:40 ] [ 編集 ]
竹島も占領されているようですし、口ばかりでどうせ何もできないんですから、もうどうでもいいではありませんか
[ 2016/08/08 05:43 ] [ 編集 ]
竹島とか書いて(^^)あちらは管轄宣言してないのよ意味判る?だから、野田元総理が国連の演説で、アチラさんに管轄権を宣言して頂戴っう注文しただろう(^^)

管轄権宣言は司法の場で逃げられないのよ



ミナミシナ海の裁判で紙屑と言って軍事圧力をかけ演習してる大陸だからね。日本が裁判沙汰にしても逃げるわな~

しかし
国際社会は大陸って国際法を無視する国を認め易いがね(^^)君らが無知なコメ書くのと同じねバイビー🙋

[ 2016/08/08 06:02 ] [ 編集 ]
>条約やら確定事項を解釈をめぐってアレコレするのに内々の約束の「棚上げ」をまともに信用するとはね。
理屈じゃないのよ、あちらさんだって、現に南沙の問題は国際的な仲裁決定を無視してるじゃないの。


あのさあ、バカなの?お前ポツダム宣言読んだことないだろ。ポツダム宣言読まずにあーだ、こーだ言ってるネトウヨってバカばかり。

>八、「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ

8. The terms of the Cairo Declaration shall be carried out and Japanese sovereignty shall be limited to the islands of Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and such minor islands as we determine.

少なくとも尖閣諸島は敗戦国日本領ではないがな。ネトウヨには残酷だが少なくともカイロ宣言に含まれる中国は当時は中華民国だろうと日本の領土を決められる。中華民国と今の中華人民共和国は繋がるし日本が大日本帝国でなくなったから領土返せとは理由にならないだろ?恨むならアメリカとかイギリスとか天皇とか大日本帝国政府を恨みなさい。そして資源もないこんな国が戦争へと暴走したことをよく考えなさい。
[ 2016/08/08 06:40 ] [ 編集 ]
攻めてくるというより
隙がありすぎな部分もあると思う
今まで国家は寝てたのか?
むしろ与党が招いた事態のような
9条があったせいだとか、安保もっと整備だとか言って
自分らの怠慢を誤魔化すだろうけど
[ 2016/08/08 07:07 ] [ 編集 ]
少しずつ既成事実を積み重ねて行くのが中国のやりかた。

日本海軍出動だ。
[ 2016/08/08 07:48 ] [ 編集 ]
>日本海軍出動だ。

それで負けたらどうなるんです?
それからあなたは自衛隊に入らないの?

安全な所にいて戦争を煽るやつは最低ですよ。
[ 2016/08/08 09:49 ] [ 編集 ]
>07:48 少しずつ既成事実を積み重ねて行くのが中国のやりかた。

その後のコメントがバカ丸出しのマヌケそのもの
少しずつ既成事実を……この中国のやり方を真似もできず。中国脅威を煽る無知無能の安倍政権。
異民族の元を除く中国(清朝を含む)は独立国を侵略占領したことはない。
中印、中越、中ソ等々干戈を交えたことはあるが、いずれも国境紛争として処理。
清朝末期西欧に侵略され、蚕食状態の中国に対し西欧列強を真似て日本は侵略した。
南シナ海に中国人が進出したのは遥か古代からであるが、南シナ海を統一的に占領した最初の国は日本
チベット、内モンゴル、ウィグルは清朝最大版図に含まれ、漢人と地方部族の対立は中国の内政(中国政府が正しいと言っているわけではない)
沖ノ鳥島を領土として主張している日本を真似て、中国は勢力の及ぶ南シナ海の岩礁を領土主張しているに過ぎない。
そもそも西沙諸島の一部の岩礁を自国領土として主張、占領したのはベトナム
米国の中国封じ込めが失敗して、米国自身が中国と本気で事を構える気が無いのに
チャンコロごときがと憎悪を剝き出しにしているバカな右翼ども
どれだけ国益を損傷しているか考えもしない。

田中角栄-周恩来の領土棚上げ論を踏襲して、日本の技術による尖閣での石油開発で台湾、中国へ安価に供給してやればwin-winの関係ができたと思われる。
こうした日本の独立路線を邪魔してロッキード事件を利用して角栄を失脚させたのが米国
その手先となったのが石原慎太郎。
そんな下種な輩が『天才』などと政敵をダシにして印税を儲ける。

口先右翼がどれだけ日本の国益を害していることか。
村山談話をあげつらうバカウヨク
折角鎮火した慰安婦問題に再点火したのは国益を考えないバカウヨクだ
安倍はシドニーの慰安婦像設立に責任を取れ!!



[ 2016/08/08 10:00 ] [ 編集 ]
>憎まれるのを承知で中国当局の立場を代弁致します。

こういう時こそ冷静に構える事が必要ですね。そういう意味では相手の主張にも聞く耳を持って対応すべきです。なんでもかんでも「中国が悪い」として、「中国が攻めてくる」という中国脅威論に立ってしまえば軍産複合体や相手の思う壺です。
[ 2016/08/08 10:47 ] [ 編集 ]
情報公開などないに等しい中国相手だから不確定な情報ですが。
大連造船所で001A型というスキージャンプ式の空母を2隻建造するの情報があります。排水量は遼寧より大きいとのこと。
上海の江南造船所では002型というフラット甲板の原子力空母を建造とのこと。予想排水量8万トン。
上記の空母は蒸気カタパルトとの説ですが、中国は2008年から電磁カタパルトの研究をしています。遼寧と合わせ、計4隻の空母を建造中となります。

これら4隻の空母にJ-15を満載して中国が何をするか? 砲艦外交および遠隔地での戦力投射ですね。自国の沿岸警備だけなら空母など建造しません。
仲裁裁判所の判断を無視して南シナ海に人工島を作って制圧、そこからインド洋まで足を延ばすでしょう。そのための「真珠の首飾り戦略」です。
そして中国軍幹部は米国の太平洋軍司令官相手に冗談半分とはいえ「太平洋2分割支配」を提案してますからね。
中国にとって尖閣諸島など通過点にすぎず、その視線の先は第一列島線、第二列島線であります。そしてサラミ戦術を駆使し、他国との摩擦を意に介さず、本格的な武力衝突に至らないギリギリの領域で現状の変更を実力行使しているのが今の南シナ海です。
当然、同じ戦略を東シナ海から太平洋への出口たる南西諸島で駆使するでしょう。日米の軍事力がなければ。

過去にはスプラトリー諸島海戦という実例もありますが、「本格的な武力衝突に至らないギリギリの狼藉」と「サラミ戦術」が特徴。尖閣領有権の棚上げ同意があろうがなかろうが太平洋への進出を実力行使する中国の意思に変わりはないですね。
それが分かっているから南西諸島を防衛するため、石垣や奄美に地対艦ミサイルや地対空ミサイル部隊を配備しようとしているのですから。宮古島では水源地域への配備除外を求められていますが。
[ 2016/08/08 13:09 ] [ 編集 ]
この話ともリンクする南シナ海裁定は『当事者のフィリピンが中国と協議することを決めた』ので、有名無実になったようです。

中国は『南シナ海の資源を確保』するためには『小競り合い』はしても『軍事侵攻はしない』方向で行くようですね。
http://tanakanews.com/160717china.htm
『 逆効果になる南シナ海裁定  』
中国との交渉再開で裁定を無意味にするフィリピン

 海洋法調停機関は、紛争当事国どうしの話し合いを前提とする規定を自ら無視して、規範外の領土紛争に対する判断を下してしまい、今回の裁定を出した。米日はこの点を無視して中国を非難し、中国は激怒している。だが、こうした行き詰まりを解決する動きが、意外なところから起こされている。それは、紛争当事国であるフィリピンのドゥテルテ新大統領が、先代のアキノ政権が拒否していた中国との直接交渉を再開すると宣言していることだ。ドテルテ政権は海洋法機関が裁定を出した2日後の7月14日、中国と交渉する特使の役目をフィデル・ラモス元大統領にお願いしたいと発表した。 (加速する中国の優勢) (Philippines' Duterte Asks Ex-President to Begin Talks in South China Sea Dispute)
[ 2016/08/08 13:31 ] [ 編集 ]
 日本が悪い とおっしゃる方々へ

 中国は、『清朝時代に列強によって割譲された領土を取り戻す』 ことを目標に掲げています。学校の授業でもそう教えています。九段線、朝鮮半島の漢江以北 ほか、大変なことですよね。

 それではモンゴルが、『かつてのモンゴル帝国の領土を取り戻す』 と国際社会に表明して中国や中央アジアなどの国々に侵略を開始したら、どうなりますか?

 解説お願いします。
[ 2016/08/08 13:43 ] [ 編集 ]
フィリピンもアメリカの植民地なのに
フィリピンは賢いな!

日本はアメリカに統治されてるから同じ事やりたくても無理だろうな。
猿なのに猿真似も出来ないなんて悲惨だな。
戦略的に両国に利用されるだけだな。
[ 2016/08/08 13:51 ] [ 編集 ]
 中国は、『清朝時代に列強によって割譲された領土を取り戻す』 ことを目標に掲げています。学校の授業でもそう教えています。九段線、朝鮮半島の漢江以北 ほか、大変なことですよね。>
[ 2016/08/08 13:43 ] さん>
このことと『日本が尖閣の棚上げ合意を一方的に破棄した失策』とは『全く別問題』です。
ミスはミスとして認めないと話は全く進みません。
外交は『相手が悪人であることを想定して第三者も含めて適切な交渉をすること』です。外交の初歩で躓いているのが今の日本です。
中国が脅威でないという話ではなく、『脅威を感じる相手だからこそ』適切な交渉がもっと大切になるという話です。
せっかく『ベトナム同様』ロシアとも仲良くなり出したので、同じくベトナム同様『ロシアに牽制』して貰うように『外交を駆使』すればいいのです。
[ 2016/08/08 13:51 ] [ 編集 ]
>中国は、『清朝時代に列強によって割譲された領土を取り戻す』 ことを目標に掲げています。学校の授業でもそう教えています。九段線、朝鮮半島の漢江以北 ほか、大変なことですよね。


嘘だね。どこでそんなこと習うんだ?(笑)君は大学生かな?どこのバカ大学?
実際中国の一部として漢民族の意識の強いチベットは別として他は得意の陸続きなのに中国は全く攻めてないな。
それに清は女真族、今の中国は漢民族。話にならん。



あと何が聞きたいのかいまいちわからん。侵略の意思がない、経済的にまだ未成熟でマンホールの中に住む貧困層がウランバートルに多数いるモンゴルがどんな武装してどの土地まで攻めるかの基準もわからない。ワールシュタットと呼ばれたリーグニッツまで行くのか4ハン国の範囲でいいのか元だった中国まで含むのか全く話がわからない。
しかも13世紀の話で今みたいに国と呼べるものがさほどない時代の話。

結論、意味不明な質問なのでわかりません。
[ 2016/08/08 14:00 ] [ 編集 ]
モンゴルが領土を取り戻すって(笑)
いつの世も武力がある国が領土を勝ち取って来たのにモンゴルに今そんな力あるのかよ。
じゃぁアメリカをインディアンがトリモロスって言ったらどうすんだよ!
今迄諸外国がしてきたみたいに
中国は力があるからそれだけ強気になれるんじゃないのか?
日本は小さい島国なのにその流れに合わせてはまた昔みたいに軍国主義に戻るのか?
憲法9条捨てて本当に良いと思ってんのか?
[ 2016/08/08 14:03 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 13:09 ] 自民がんばれ さん

色々と中国の軍事的な事柄を挙げて中国は太平洋に出るために日本(特に沖縄)に攻めてくる野望を持っているとおっしゃっていますが、では攻撃専門部隊であるアメリカ海兵隊が沖縄に配備されている事はどうなのでしょうか?中国からみれば「日本はアメリカと協力して自分たちを攻めようという意思がある」と相手は取ってしまうのではないでしょうか?しかし、実際はアメリカは中国に攻め込むつもりはありませんよね。しかもその意思というものは中国政府が公式に表明したものでしょうか?いくら意思を持っていて、軍備を増強していても結局は大義名分がなければなにもできないのではないでしょうか?日本は相手に武力を使用させる大義名分を与えない為にも外交による手段や安全保障の信頼関係の構築を尽くすべきではないでしょうか?
[ 2016/08/08 14:13 ] [ 編集 ]
>13:43 さん

大侵略時代の西欧列強と比較して日本が悪いことをしたとは思っていませんが。
九段線は西沙南沙諸島のことですね。中国の行為を是認するわけではありませんが、中国がどこかの国に侵攻していますか?
漢江以北が中国領だとの主張が本当にあるのですか?
まさか長江(漢江ともいう)を指しているのではないでしょうね。
チベット、内モンゴル、ウィグル等々を含めて、中国がどこかの独立国に対して侵攻している事実があるのでしょうか?
あなたの書込みは、単純に中国の脅威を煽るプロパガンダそのものと思いますがいかがでしょうか?
[ 2016/08/08 15:31 ] [ 編集 ]
許し難いことだけど、今の日本には同海域に自衛隊を配備する力は無い。国連で地道に日本の地位を向上させないとダメですね。今まで北や南韓国、中国が海外で日本を貶めるためにしていた活動が身を結んでいますね。安部さんは本当に何をしているんだ?もちろん、外交が簡単にいかないことは分かりますが、中国や韓国に一泡吹かせるてはないのかな。悔しいもんだ。
[ 2016/08/08 15:54 ] [ 編集 ]
バカがまた一泡吹かせるとか言ってるがアメリカとあへに利用されている事も理解出来ない知恵遅れがっ!

今戦争が出来る状態にしたらこれだけの戦力差があるのに日本人が沢山死んで日本国がボロボロにされてしまうのが理解出来ないのか?

戦争して誰が得をするのか考える能力もない植松予備軍共は精神病院にでも行ってこい。

中国軍と日本軍の戦力差がこちら、日本が何もしない理由
http://marticleimage.nicoblomaga.jp/image/27/2016/4/d/4d2a6a019952c3789371fc3d4a7a4a180232d11d1470581744.jpg
[ 2016/08/08 16:46 ] [ 編集 ]
一泡吹かせると言って、戦争をするわけではありませんよ。何でもかんでも戦争、戦争と言っているだけでは議論が出来ません。あと単純に戦力だけで日本が何もできないわけでは無いと思いますが。様々な要因があるからだと思いますよ。視野を狭くしてはいけません。
[ 2016/08/08 18:25 ] [ 編集 ]
中国や韓国に一泡吹かせるてはないのかな>
学生さん>
中国・韓国はせいぜい『偉そうにしてODAを少々ふんだくる』程度の実害しかありません。
アメリカの場合は『TPPが成立』したら、農業、医療など産業が壊滅するなどの凄まじい実害が出ることが予想されます。
一泡吹かせるべき相手は中韓よりもアメリカです。
(※正確にはアメリカを動かしている多国籍企業群です。)
http://tpphantai.com/

自由貿易やグローバル化といわれると、いいイメージがありますが、本当にそうでしょうか? 環太平洋経済連携協定(TPP)は、関税・非関税に関わらず「自由貿易」を妨げる障壁の例外なき撤廃を目標としています。農産物の関税だけの問題では決してなく、その大半が非関税の多岐分野にわたり、食の安全、公的医療制度や保険、労働、公共事業、知的財産に関わる制度など、「暮らしの仕組み」「いのちの仕組み」に直結する問題です。

交渉参加国は「秘密保持契約」に署名しているため、交渉内容や過程の情報は公開されず、批准後も4年間秘匿とされ、国会も市民も、知ることができません。さらに「投資家対国家紛争解決制度(ISD)条項」が含まれており、市民の生命や財産を守るために国や地方公共団体が行う規制に対し、外国企業や投資家が提訴する可能性さえあります。
[ 2016/08/08 19:07 ] [ 編集 ]
>15:54
そんなに日本が貶められてる気はしないけどね。むしろ日本政府や右翼などが歴史を否定する活動なんてしてるから、逆に日本の評判を悪くしている。
[ 2016/08/08 19:12 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 13:31 ] ロハスな人さん
中比が和解しようと、仲裁裁判所が「九段線に法的根拠なし」「人工島は島ではない」という「判断」まで無くなった訳ではないですね。
原告と被告が和解しようと「判例」が残るように。


[ 2016/08/08 16:46 ]
で、どうしたいの?
①世界最強の米軍との安保を強化し抑止力とする。
②米軍なんて有事には見捨てるに決まってる! とばかりに日本の防衛費を中国レベルに引き上げ(今の3~4倍)自主防衛する。
③中国様の靴をなめる。


[ 2016/08/08 15:54 ] 学生さん
国連の役割を誤解してますね。こんな時に国連は何もしませんよ。日本の地位とは関係なくね。
介入しようとしても中国が拒否権発動で何もできませんし。

>今の日本には同海域に自衛隊を配備する力は無い。
同海域に海自の護衛艦はいるはずですよ。相手が海警や漁船を出してくるならこちらは海保の巡視船を出します。
まさか尖閣諸島に陸上部隊を配備とか考えてます? 面倒なので説明は省略しますが、軍事的にメリットよりデメリットが多い手ですよ、それは。
[ 2016/08/08 20:38 ] [ 編集 ]
>最初に喧嘩を売ったのは残念ながら日本である
はい残念尖閣へのちょっかいが酷くなったから買い上げの話が出たんだよ
>うちな~
沖縄も中国のものだと言ってるけど話し合うん?
[ 2016/08/08 21:13 ] [ 編集 ]
中国脅威論はまやかしだと言ってる奴の主張がまんま中国の言い分なんだよね
あれだけの大国が法や秩序を捻じ曲げてやりたい放題だから脅威を感じてる人も多いわけで
現に石垣の漁師なんか身近で恐怖を感じてるうちな~はホントに沖縄人なのか?
[ 2016/08/08 21:23 ] [ 編集 ]
▼南シナ海裁定は海洋法機関の規範外
自民がんばれさん>
もともと『 海洋法の仲裁機関は、当事国どうしが話し合いで紛争を解決する際の助力となる仲裁をするために設置され、強制執行の機能がない。』わけなので、そもそも『今回の提訴そのものが無理筋』だったのです。
『「判例」が残っても』強制執行機能がないのでは無意味とまではいきませんが、提訴がやはり間違いで、『最初から交渉』をずっと継続すべきだったという結論は変わりません。

①世界最強の米軍との安保を強化し抑止力とする。 >
政治力込みで『ロシアがずっと強い』ことくらいは理解された方がよろしいかと。

http://tanakanews.com/160717china.htm
◎  海洋法の仲裁機関は、当事国どうしが話し合いで紛争を解決する際の助力となる仲裁をするために設置され、強制執行の機能がない。当事者の話し合いを前提とせず、裁判所の判決が大きな拘束力を持つ、国内裁判所とかなり異なる。豪州の権威あるシンクタンク、ロウィ研究所が載せた記事は、このような海洋法仲裁機関の機能を指摘した上で、南シナ海紛争を仲裁対象にすること自体にもともと無理があったと書いている。 (South China Sea: A course-correction needed)
[ 2016/08/08 21:25 ] [ 編集 ]
尖閣問題は決定的におかしくなったのは『石原都知事のヘリテージ財団での買い上げ発言』からです。
アメリカの『ネオコン系のヘリテージ財団』での発言は『(江沢民派に)踊らされた』という疑惑すらあります。

http://enzai.9-11.jp/?p=13606
1972年、日中国交回復後、棚上げになっていた「尖閣問題」。
実行支配を続けてあと60年、100年過ぎれば、領有権問題では圧倒的に有利だった。
すでに、実行支配している領土について、日本側から問題にするメリットは皆無である。

今回の騒動で、日本政府が存在しないと強弁しようと、「尖閣問題」が日中の領土問題として国際的に認知されたことに変わりはない。

江沢民の上海マネーの献金を受けた「ヘリテージ財団」での「尖閣購入発言」で、最大の受益者は中国である。
[ 2016/08/08 21:30 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 21:25 ] ロハスな人さん

>一般の国内裁判には判決を強制執行する機能があるが、海洋法の調停には、裁定に従わない国に対する強制執行の機能がない。国連安保理で、調停に従わない中国を経済・軍事面で制裁する決議を行うのが唯一の強制執行への道だが、常任理事国である中国が拒否権を発動するので実現不能だ。

安保理での決議が望めない以上、次善の手段として仲裁裁判所へ訴え出たフィリピンの対応は正しかったということですよね、他に手段がないのであれば。
2国間の交渉で済むならともかく、圧倒的な軍事力を背景に実力行使を行う中国を止めることができる手段が何かあるとでも?
[ 2016/08/08 22:01 ] [ 編集 ]
1912さんへ

私の同期が海外に留学したのですが、韓国人の留学生がロビー活動なるものをしていたそうなのです。私の同期にも突っかかってきたそうなのですが、留学先の外国人が助けてくれたそうなのです。韓国人が悪いとはいいません。しかし。そのような現実があることを知って欲しいのです。悲しいことです。
[ 2016/08/08 22:06 ] [ 編集 ]
>①世界最強の米軍との安保を強化し抑止力とする。
>②米軍なんて有事には見捨てるに決まってる! とばかりに日本の防衛費を中国レベルに引き上げ(今の3~4倍)自主防衛する。
>③中国様の靴をなめる。

ってなんですか?(笑)
フィリピンを見習って少しは賢くなりなさいよ。
[ 2016/08/08 22:10 ] [ 編集 ]
次善の手段として仲裁裁判所へ訴え出たフィリピンの対応は正しかったということですよね、他に手段がないのであれば。 >
自民がんばれさん>
提訴が間違いだと次の政権が判断して『中国との交渉』に切り替えたのですが…。
http://tanakanews.com/160717china.htm
 そもそも今回の南シナ海の海洋法調停は、前アキノ政権フィリピンが中国との2国間交渉を拒否して国際調停に持ち込んだところから始まっている。先日フィリピンの政権が替わり、新政権が「やっぱり中国と交渉して解決することにしました」と言い出したわけだから、国際調停に持ち込んだ前提自体が消滅したことになる。ドテルテが大統領になったのが裁定が出る直前だったので、そのまま裁定が出たが、もし裁定が出るのが1-2年後だったら、ドテルテは調停申請自体を取り下げ、途中で終わらせていただろう。 (After Celebrating South China Sea Win, Reality Sets In for the Philippines)
[ 2016/08/08 22:19 ] [ 編集 ]
自民かんばれさんへ

いやいや、まさか尖閣に陸上部隊を配備するとは考えていません。仰る通り、デメリットしかありません。配備に関しましても、海保や海自が尖閣周辺を警備しているのは十分に承知しています。しかし、このようなニュースを見ると、どうしても、どうにかできないかなと思ってしまうのです。私が国連を出したのは、国連に何かをやってもらうのではなく、心象と実績で少しでも日本の味方をしてくれる国を増やせたらいいな、と思っているのです。私の言葉足らずでした、すいません。
[ 2016/08/08 22:36 ] [ 編集 ]
韓国人の留学生がロビー活動なるものをしていたそうなのです。>
学生さん>
おっしゃるように『韓国ロビー』『中国ロビー』は存在して、自国の利益のために広報活動を含めていろいろ動いています。
ただし、『アメリカロビー(CIA)』はそれ以上の影響力で『水面下で』活動して、『ビジネスという形』を取りながら『合法的に日本から富を収奪』していくのです。
小悪党(中韓)は非合法的(わかりやすい形)に悪事をなし、
大悪党(アメリカ)は合法的(わかりにくい形)で悪事をなします。

例えばアルカイダやIS設立に『CIAが関わっていた』ことはもう大手紙に載るレベルの話にまでなっています。
[ 2016/08/08 22:49 ] [ 編集 ]
表面上しか見えていない煽られてむきになってるチンパンジー達は自分が利用されている事も気付けないアホなので言っても無駄、痛い目みて思い知るまで分からない。
もしかして痛い目みても気付けないかもwww
[ 2016/08/08 23:01 ] [ 編集 ]
>22:06
それが事実かどうかは別として、そんなに一泡ふかしたいのなら、本当に学生なら将来スポーツ選手でも目指し、中国や韓国などに勝って一泡ふかせばいいと思うけど。スマホのゲームならいつでも一泡ふかせられるよ。

日本にとって目障りだからという理由で植松容疑者のような事をやらなければいいけど。
[ 2016/08/08 23:24 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 14:13 ] うちな~さん
>外交による手段や安全保障の信頼関係の構築を尽くすべきではないでしょうか?

ではフィリピンやベトナムは、中国との信頼関係がなかったから南シナ海で抗争となったと思いますか?
もちろん信頼関係の構築は必要です。ただし南シナ海を核心的利益と一方的に主張し仲裁裁判所の判断を無視するような国に対しては、軍事力がバックにない限り交渉のテーブルにつけないと私は考えます。
なお、現状ではA2/AD戦略に基づき中国本土は守りを固めています。沿岸の空軍基地やSAMは相当の数です。アメリカと日本が中国を攻めたところで相応の被害を覚悟する必要があります。そもそも米中が戦争をする理由なんてないですけど。在沖海兵隊は即応部隊であり、大量の巡航ミサイルや爆撃機による正面切っての戦争に向くような部隊ではありません。
ここ最近で米国が戦争した理由としては、自国のビルを壊された、大量破壊兵器が見つかった、国連決議によるもの、イスラム系武装組織に対するものといったところでしょうか。度を越して中国が米国の権益を横取りするようなことがあれば武力衝突の可能性があるとはいえ、可能性は低いと思われます。どんな時に米国が戦争するか研究し、その虎の尾を踏まない範疇で暴れ回っています。
米中が戦ったといえば、朝鮮戦争(米国を中心とした国連軍vs北朝鮮+中国軍)でしょうか。日中の戦争が不可避であれば、いかに米国を味方として巻き込むかが被害を抑えるために重要となります。
[ 2016/08/08 23:30 ] [ 編集 ]
2324さん

論点ずらしですか。まぁ、いいでしょう。嘘を書いたって意味ありませんから事実ですよ。信じるかどうかはあなた次第ですが。
残念ながら、スポーツもゲームもやりませんので。あと、私は何も目障りとかは言っていませんよ。自分の考えに合わないから消すとは随分恐ろしいことを言いますね。そのようにしか解釈することが出来ないのですか?
[ 2016/08/08 23:41 ] [ 編集 ]
>22:36
尖閣の問題について日本に味方してくれる所なんてないと思うけど。日本や中国と経済的な関係もあるからどこの国も関わりたくないと思ってるよ。経済など色々影響があるから、どちらの国も敵に回したくないだろうし。
[ 2016/08/08 23:50 ] [ 編集 ]
>日中の戦争が不可避であれば、いかに米国を味方として巻き込むかが被害を抑えるために重要となります。
[ 2016/08/08 23:30 ] 自民がんばれさん

戦争する気まんまんですね。

アメリカは中国と直接戦うメリットはないので勝手に戦争したら良いんじゃないですか?
あなたみたいな人がいると平和的な解決を望んでいる日本人は迷惑です。
勝手に独立国でも作って戦争してください。

[ 2016/08/08 23:50 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 22:36 ] 学生さん
どうにもならないですね。
中国は日本の倍のGDP、3倍以上の軍事費、仲裁裁判所の判断を無視するならず者国家です。武力による現状の変更にも躊躇がありません。
東南アジアには日本への好感度が高い国も多いですが、それを理由に他国の紛争に首を突っ込む国があるほど国際社会は甘くないです。中国に対抗できるような軍事力の国もないですし。
そこで安全保障の手段として同盟国という発想が出てきます。幸い、米国という世界最強の国が同盟国です。その米国を『ビジネスという形』を取りながら『合法的に日本から富を収奪』していくと嫌っている人もいるようですが。
なおロシアは電子戦と政治力は大したものですが、F-22/F-35に勝てる戦闘機、アーレイバーク級/タイコンデロガ級に勝る戦闘艦などを持たず兵器の質と量では米国に劣ります。
[ 2016/08/08 23:50 ] [ 編集 ]
本当に植松みたいなのがウヨウヨ湧いてきて気持ち悪いな💀
[ 2016/08/08 23:52 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 23:50 ]
日本がいくら外交努力しようと、国力に勝る中国から一方的に戦争を仕掛けられた場合にどうするか。
それを考えることを放棄する思考停止こそ迷惑ですね。
[ 2016/08/08 23:53 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 23:50 ] 自民がんばれさん>
ええっ?!それなら『米軍がさんざん手を焼いた』ISをロシア軍はあっという間に蹴散らしたではないですか。
プーチン氏の政治力ももちろんスゴイですが、『米軍が政治も含めて(相対的に)ダメ』なのでは?
なお、政治が先で『軍事が後』です。
軍事力を適切に扱う『政治力』が大切なのであり、オバマ政権もプーチン政権にはかなり劣りますが、中国に強硬策しかできない安倍政権はそれ以下です。
『ベトナムが中国との南シナ海での紛争』にロシアを後ろ盾にしたのは『軍事と政治の両方』に期待したからです。
[ 2016/08/09 00:02 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 23:53 ] 自民がんばれ
それって防衛だろ個別的自衛権で十分なのに集団的自衛権の意味不明

あなたみたいなネオコンがいるとこの世から戦争はなくならない。

いつ中国が戦争を仕掛けて来るんだ?

妄想も大概にしてくれ。
[ 2016/08/09 00:07 ] [ 編集 ]
国力に勝る中国から一方的に戦争を仕掛けられた場合にどうするか。 >
[ 2016/08/08 23:53 ] 自民がんばれさん>
『経済関係が太い同士』がわざわざ戦争を仕掛けるなど
経済関係が破たんしてもそれ以上の利益が得られる場合のみです
『海洋資源もどれくらいあるか怪しい』尖閣ごときを得るために中国が武力侵攻などするわけがないのです。
沖縄も『商業拠点』としての価値が大きいので、軍事侵攻は『リスクばかりが大きく』なります。
やるとしたら『政治的な抱き込み』です。
中国の『一部の暴走軍人の妄想』を日本の一部の人が『真面目に受け取りすぎ』なのです。
非常時の対応はもちろん大切ですが、『必要以上に煽る』のは『外交上もマイナス』要素しかありません。
『脅威が高い相手に対するほど丁寧に』が外交上の鉄則です。
『中国の脅威をいたずらにあおる強硬論者』は外交のイロハすらわからないのでしょう。(もちろん、必要な時には毅然とした対応は必要です。『煽る』のは愚か者の行動です。) 
[ 2016/08/09 00:11 ] [ 編集 ]
何か変な奴らが日本を昔の軍国主義国家にもどしたがってるが植松予備軍か?
[ 2016/08/09 00:20 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 00:07 ]
日中の軍事費を比較した際、いざ飽和攻撃となれば日本一国での対応は困難。
日米安保により米軍が日本を支援する話であって、個別的自衛権/集団的自衛権の話ではないです。そもそも自衛隊の兵器体系として日本が防衛、米軍が攻撃に役割分担しているのが現状。それくらいは知ってますよね?

>いつ中国が戦争を仕掛けて来るんだ?
別に今日や明日に攻めてくると言っているわけじゃない。かといって未来永劫起こり得ないとも言えない。何かあったときに「想定外でしたー!」とでも言いたいですか?
例えば20年前に、今日にように中国の防衛費が日本の3~4倍以上となって200隻以上の漁船が押し寄せるだなんて想像できました?
[ 2016/08/09 00:22 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 00:22 ] 自民がんばれ
アメリカが世界一の軍事大国で日本の同盟国なんだから何かあれば守ってくれる約束なんだろ?
それなのに日本は軍事費を増やして軍国主義に戻すって言ってる事がおかしいぞ、戦後70年間中国は日本に攻めて来なかったのに、あなた達の都合で急に侵略国家になるんですか?
中国を利用して日本を軍国主義化する為の方便にしか聞こえないのですが戦争屋と武器商人の利益供与にでも関わっているのでしょうか?
[ 2016/08/09 00:40 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 00:40 ]
>日本は軍事費を増やして軍国主義に戻す
誰が言ってるんです?

>戦後70年間中国は日本に攻めて来なかったのに、あなた達の都合で急に侵略国家になるんですか?
ヒントは韜光養晦という言葉と、中国の軍事費の伸び。
実際に軍事力が伸びたから、こそ米国の太平洋軍司令官相手に冗談半分とはいえ「太平洋2分割支配」を提案してますからね。
問題はフィリピンと和解したとはいえ人工島を埋め立てて基地化するように、力の行使に躊躇がないこと。将来的に侵略国家とならない保証はどこにもないですね。その時その時の損得勘定によって侵略国家であるデメリットが大きければ侵略はしないでしょうけど。
[ 2016/08/09 00:52 ] [ 編集 ]
自意識過剰と言おうか中国の側に日本しか国はないのかな?

他の国が存在しないならまだ話は分かるが他にも東南アジアの国々があるのに日本にだけ中国が攻めて来るって日本はそんなに資源大国なのかな~

妄想が激しいのか戦争で金儲けでも企んでるネオコンなのか・・・
[ 2016/08/09 00:54 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 00:11 ] ロハスな人さん
そういや水陸機動団自体に反対でしたっけ? 田岡の言うように戦闘機約20機で足りると。
(輸送ヘリの種類はともかく)
南西諸島(与那国、宮古、石垣等)への陸自配備も反対? それぞれの島民が配備に賛成したという前提で。
私はそれを将来に備えた毅然とした対応だと考えているけど。
[ 2016/08/09 00:56 ] [ 編集 ]
中国に対抗できるような軍事力の国もないですし。 >
自民がんばれさん>
ええ?ベトナムはアメリカと同時に『中国以上の軍事力』のロシアとも組んだではないですか?!
日本も『安倍氏が訪露予定』なのは経済交流と『多国で協調』することで『戦争を抑止』する目的ではないのでしょうか?
もちろん、『ナチスドイツのように暴走する国』が出るかもしれないので、『適切な防衛』は大切ですが、それ以上に『政治と外交のありよう』が大切です。

せっかくロシアとも組んで『中国の暴走を抑えよう』と動くかと思ったのですが、『対外的に極右と認識されている稲田氏』をわざわざ防衛大臣にして『協調路線から外れる?』と思わせる政治的アピールをするとは全く意味がわかりません。
[ 2016/08/09 01:02 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 00:54 ]
中国の近隣なら、東南アジア諸国もそれぞれリスクを背負ってますよ。だからベトナムだってキロ級潜水艦と地対艦ミサイルを調達した訳で。
東シナ海が日米がガードしているので太平洋への出口を塞いでますが、海軍力の弱い南シナ海の諸国は制海権が怪しいですね。そのままインド洋方面まで中国海軍の勢力圏とされ「真珠の首飾り」まで連結でしょ。
[ 2016/08/09 01:03 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 01:02 ] ロハスな人さん
ベトナム一国に、中国に対抗できるような軍事力はありません。
だから次の文で『そこで安全保障の手段として同盟国という発想が出てきます。』と話を展開しています。
[ 2016/08/09 01:07 ] [ 編集 ]
水陸機動団自体に反対でしたっけ? 田岡の言うように戦闘機約20機で足りると。 >
自民がんばれさん>
『唯の古い輸送機』オスプレイ17機3600億円よりは『最新鋭』戦闘機20機の方が『使える範囲が広い』ので適切ではないかという話ですが。
勘違いなさっておられますね。
[ 2016/08/09 01:09 ] [ 編集 ]
何かあった時に備えるのは大事だけど、国民からカスカスになるまで絞りとる生活を強いても勝てないのは先の大戦で経験済み。

国富…目先の軍備強化ではなく、国民一人一人と国庫の経済的備えを強化するのが先な気がします。

そうすることでむやみに侵略するより日本人には金を使わせたほうがよい、となるのでは。実際これまでも日本に対してはそうだったのでは。

或いは…日本を経済的に長い時間かけて弱らせて余裕もなくさせ、無気力にさせていつのまにか属国にするやり方もあるかもしれませんね…中国に限らないと思いますが
[ 2016/08/09 01:10 ] [ 編集 ]
そもそも何故中国だけが攻めて来るが謎

ロシアは攻めて来ないの?

他の国は日本に攻めて来ないの?

どうやっても日本国民を煽って金儲けしたいだけでしょ?
[ 2016/08/09 01:11 ] [ 編集 ]
>23:41
事実かどうかは抜きにして、そんな話を鵜呑みにして韓国を一泡ふかしたいという感情が理解できない。

あなた自身がやられたわけでもないし、そこまでやる必要がないと思うけど。

仮に事実だとしても、ロビー活動なんてどの国もやってるし、感じの悪い奴なんて探せば他の国にもいると思うけどね。

感じの悪い奴に出くわす度に、その国に対して恨みを持ち、一泡ふかしたくなるのかな?それにその同期にも落ち度があったかもしれないし。
[ 2016/08/09 01:12 ] [ 編集 ]
攻めてくるようになった原因は中国の台頭と米の衰退だろこの20年で世界情勢はあまりにも変わりすぎた
後日本が攻められるわけないとか言ってるバカは本土の事だけ言ってるだろ
そうじゃない尖閣や沖縄、領土の話だ今現在進行形で侵攻されてるのに何を言ってんだ
[ 2016/08/09 01:13 ] [ 編集 ]
侵略されるって煽って国民は絞りとられるだけ

憲法9条改正してだまされるなー

本当の敵は内側にいるぞー
[ 2016/08/09 01:15 ] [ 編集 ]
自民がんばれさん>
くどいようですが、『世界最強の米軍』が散々手こずったISを『ロシア軍は簡単に蹴散らし』て、シリア全体が解放寸前なのはどうしてだと思われます。
『政治力を含めてロシア軍が圧倒的に強い』からではないのですか?
だからこそ『ベトナムはロシアとも組んだ』わけですし、トルコはアメリカを見限ってロシアとの協調姿勢に変わったわけですよね。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5621.php
トルコ・エルドアン大統領がロシア・プーチン大統領と9日会談 関係改善図る
2016年8月8日
[ 2016/08/09 01:22 ] [ 編集 ]
沖縄辺野古に集結している海保を向かわせるのが妥当  ちょうどいいと思う それとも怖くて行けないのかね?
中国の無法者を取り締まれ 税金を無駄にするなよ
卑怯者! 
[ 2016/08/09 01:24 ] [ 編集 ]
戦前の日本の状況にそっくりだな中国が攻めて来るって逆に中国を侵略して結果あの始末

戦争やめないから原発落とされて逆恨みオバマに謝れ?
[ 2016/08/09 01:25 ] [ 編集 ]
原発×
原爆〇
[ 2016/08/09 01:27 ] [ 編集 ]
ここ最近で米国が戦争した理由としては、自国のビルを壊された、大量破壊兵器が見つかった、国連決議によるもの、イスラム系武装組織に対するものといったところでしょうか。>
自民がんばれさん>
自国のビルを壊された
9.11の実行犯の多くが『サウジアラビア政府と関係が深い』ということでアメリカの上院で訴訟が進んでいます。
つまり『9.11と無関係だったアフガニスタンへの攻撃は濡れ衣』でした。
大量破壊兵器が見つかった
イラクでも大量破壊兵器は見つからずブレア元首相が『責任を取って訴訟』されようとしています。こちらも『濡れ衣での出兵』です。
イスラム系武装組織に対するもの
ISはその設立にCIAとサウジアラビアが関わっているという情報が欧米の大手メディアを賑わせています。
自分が作った人形に自分が振り回されているわけですね。

アメリカの方が中国よりもよほど『侵略国家』といえるのではないですか?
[ 2016/08/09 01:32 ] [ 編集 ]
こんだけ世界情勢が変わって世も乱れてる中でいやいままでと同じように進む!
と自信満々に断言してる子は未来人か何かなんだろうか
[ 2016/08/09 01:36 ] [ 編集 ]
アメリカが銃社会で犯罪だらけ

日本は銃がないので平和

この違いが理解出来ない人は知的障害者かもしれませんね。

何が抑止力なんだか。
[ 2016/08/09 01:40 ] [ 編集 ]
中国脅威論を信じてくれる右派のおかげでアメリカの軍需産業は大喜び。
これからもアメリカは中国の脅威を言い続けるだろうね。
[ 2016/08/09 01:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 戦前の日本の状況にそっくりだな中国が攻めて来るって逆に中国を侵略して結果あの始末
>
> 戦争やめないから原発落とされて逆恨みオバマに謝れ?

随分違うから。
中国が戦前よりも圧倒的にアグレッシブ。
[ 2016/08/09 02:07 ] [ 編集 ]
中国脅威論というが、南スーダンに派遣された自衛隊が中国人民開放軍を駆けつけ警護で助けるかもしれないけどね。
[ 2016/08/09 02:26 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 01:22 ] ロハスな人さん
対ISのような軍事作戦であれば、米露のどちらが強いかというより戦費や損害といった負担に耐えてどこまで軍を突っ込めるかの問題。地上軍を出すことを嫌がり及び腰で空爆を実施した米国より、アサド政権政権支援のため頑張ったロシアが成果を挙げても不思議はなく。
その内容といえば、湾岸戦争のころからトマホークを使っていた米国に遅れること数十年、ようやくロシアも巡航ミサイルと精密誘導兵器の大量使用をしました。
予算不足のためSu-34フルバックへの機種転換が進まずSu-24フェンサーも併用してましたけどね。

ベトナムはこれまでの経緯があるから安全保障のパートナーならロシアということでしょ。フランスの植民地から独立してベトナム戦争では米国相手に戦い、今も兵器体系はロシア製。
オバマよりプーチンのほうが優秀な軍事的指導者という以前に、もともと東側陣営に属する国。最近になって米国製兵器を調達できるようになった程度。

アメリカ、ベトナムへの武器禁輸を全面解除
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/24/vietnam-us_n_10113552.html
アメリカ=ベトナムが関係改善、南シナ海狙う中国の「頭痛の種」に
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5210.php

トルコも西側陣営か東側陣営かというと微妙な立場の国。
中国製防空ミサイルを調達してNATOの防空網に連接しようとし、EUを慌てさせたり。
韓国と戦車(アルタイ)や戦闘機(KFX)の共同開発をすると思いきや、F-16でロシアのSu-24を撃墜したり。

[ 2016/08/09 01:32 ] ロハスな人さん
米国が侵略国家であることを否定する気もありませんが、じゃあ米国を追い出して自主防衛が現実的かというとそんなことは絶対になく。
それ言ったら貴方がやたら推すロシアだって侵略国家でないとでも?
[ 2016/08/09 08:08 ] [ 編集 ]
>自民がんばれ いかに米国を味方として巻き込むかが被害を抑えるために重要となります。

石原慎太郎が米国を巻き込んで尖閣問題をHotな紛争に持ち込もうとした。
米国は日本の戦争に巻き込まれまいと領土問題には中立と声明を出している。
この現実を理解していますか?

そもそも、実効支配している島を騒動化することに何のメリットも無いにもかかわらず、火を付けたのは西村信吾や石原慎太郎等の口先右翼です。
「沖縄も中国のものだ」と主張していると脅威を煽る輩もいますが、中国の公的機関がそれを発信した事実はありますか?
馬鹿なハネッ帰リの輩が、中国と戦争だ、一泡吹かせようゼとがなり立てるのと同じ類でしょう。
九段線問題について
日清戦争後に台湾を獲得した日本はさらに軍を南下させ、歴史上初めて統一的に西沙南沙諸島を勢力下におきました。
当時の善悪判断として不当なことは何も無かった。
中国はこれを真似ているだけです。
日本の勢力が駆逐された後、西沙南沙諸島は元の沿岸住民の入り会いの海でした。
これを最初に自国領として動いたのはベトナムです。
西沙諸島の一部を占拠したのです。
その後、中国が、フィリピンが、ブルネイが、インドネシアが、各々自国領を主張し、勢力拡大を図った。
これが事実経過です。

中印中ソ中越の国境紛争はあったが、中国が紛争地でない他国を攻めて占領、住民に軍政を敷いた事実があるでしょうか?
実効支配している地域にわざわざ火を付けたウヨクは死刑に値する国賊である。

と言って、火が付いてしまった紛争は鎮火しなければならない。
日本側が放火した事実を認め、譲るべきところは譲り、死守すべき線をはっきりとして困難な外交に立ち向かわなければならない。
日中共に偏狭なナショナリズムを煽ることに何の益も無い。
今さら、田中角栄-周恩来の棚上げ論に戻ることは困難だが、それでも外交処理をしなければならない。
安倍岸田稲田のトリオでは絶望的だが。





[ 2016/08/09 08:20 ] [ 編集 ]
軍事産業で一儲け考えている連中に沸点の低い植松予備軍が利用されているから巻き添えくらう一般市民のこちとら迷惑だよ。

戦争したい奴らはISに行ってジハードでもして来いよ誰も止めねーよキチガイども╰(°ㅂ°╬)╯
[ 2016/08/09 10:07 ] [ 編集 ]
事実は事実です。信じたく無いならば構いません。しかし、友人は初対面の韓国人に言われたそうですから、落ち度があるように思えませんが。あと、事あるごとに相手に一泡吹かせようとは思いません。中韓の今までの対応を見て、思ったのです。気に入らないからと言って、相手を殴るのは虐めと同じですよ。確かに、そこまでやる必要があるか、と聞かれると返答には困りますがあまりにも日本が何もしないので、正直なめられていると思うのです。ですから、少しでも反発すれば中韓も考えるのでは、と思ったのです。あと、頭ごなしに相手を否定するのはやめた方がいいかと。
[ 2016/08/09 10:09 ] [ 編集 ]
>自民がんばれさん

お得意の軍事分野のみの見方しかしませんね。中国が軍事費が伸びていると言ってもその軍事費がどのように使われているかという事は断片的にしか分からないのですよね。経済成長による人件費の高騰という要素はないのでしょうか?また将来も伸びを続けて侵略国家になるかもしれないという見方をしていますが、中国経済はバブル崩壊と言われており、今後この水準で軍事費にかける事ができるかどうかも不確定ではないでしょうか?さらに中国と国境を接している国は日本だけではありません。一国と事を構えると他国とも緊張状態になり、中国に海外からの物資が入って来なくなる事もあるではないでしょうか?また経済的には日本やアメリカとも深く繋がっています。これらがなくなってしまえば中国国民の生活を賄う事は容易ではなくなるのではないでしょうか?解決方法は何も軍事だけではありませんよ。
[ 2016/08/09 10:23 ] [ 編集 ]
相手になめられていると思っているのは中韓も同じだぞ。
だから、今回の尖閣の他にも慰安婦も含めて色々なことをしてなめられないように威嚇しているのだろう。
そういう観点からの相手になめられないための「多少の反発」ということだろう。
では多少の反発というのはどういうことか具体的に教えてほしい。
[ 2016/08/09 10:30 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 08:08 ] 自民がんばれ さん>
ロシアが強いのは『政治力を含めて』と何度もコメントしてますが、ちゃんと読んでます?
アメリカは政治力のなさも加えて『トルコからも逃げられ』、アメリカの調整が失敗したからフィリピンも中国と『協議に切り替えた』わけです。

ロシアも中国もアメリカも『緊急時には日本の占領をいとわない』点では同列だと思います。
別に『日米安保を破棄しろ』と言っているのではなく、多国間の調整で戦争を起こさないことが大切なのです。
もう少し『戦略思想』や『外交のイロハ』を考えてからコメントされることをお奨めします。
http://jp.sputniknews.com/politics/20160808/2613711.html
西側諸国はプーチン、エルドアン両大統領の会談に動揺

http://tanakanews.com/160717china.htm
▼中国との交渉再開で裁定を無意味にするフィリピン
[ 2016/08/09 10:41 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/08 21:13 ] 名無し さん

>うちな~
沖縄も中国のものだと言ってるけど話し合うん?

それは中国政府公式の見解ですか?日本にも「中国と戦争しろ」とかいう人は公私問わずいますよね。それを日本政府が公式の見解にしましたか?いたずらに煽るのは問題ですよ。

[ 2016/08/09 10:47 ] [ 編集 ]
ここにいる植松予備軍は精神病院にぶち込むべきだな。

こんなのがのさばってる世の中なんて危なくてしょうがない。
[ 2016/08/09 10:52 ] [ 編集 ]
(1)中国が攻めてくるかもしれない→例 : 軍事力を上げて抑止力だ
(2)中国が攻めてきた 場合どうするか→例 : その前に軍事力を上げて備えるべきだ

は同じことを言ってるのように見えて、違う位相の議論になるから分けたほうがいいように思える。
稚拙な論理だが話を整理しておきたいのです。
よかったら、自民がんばれさんとロハスな人さんうちな〜さんの見解を教えてくれないでしょうか。
[ 2016/08/09 10:55 ] [ 編集 ]
(3)中国脅威論の妥当性
も追加するべきかもしれない。

[ 2016/08/09 11:03 ] [ 編集 ]
>中国脅威論はまやかしだと言ってる奴の主張がまんま中国の言い分なんだよね
あれだけの大国が法や秩序を捻じ曲げてやりたい放題だから脅威を感じてる人も多いわけで

アメリカのイラク戦争は秩序を捻じ曲げたものではないのですか?現に国連決議を経ていないからアメリカと同調する国々の「有志連合」ですよね。で最近では有志連合の間で「イラク戦争の参戦について間違いだった」という見解が出ています。アメリカも1979年から1989年のコントラ戦争で侵略的武力行為や内政干渉に対して国際司法裁判所は賠償金の支払いと介入行為の即時停止を求めましたが拒否しています。今回の中国と同じですね。

>現に石垣の漁師なんか身近で恐怖を感じてるうちな~はホントに沖縄人なのか?

誇張だという話もありますよ。石垣島と尖閣諸島は離れていて、往復に時間を取られ漁ができないという話もあります。中国の漁船団も接続水域に居るだけで領海には入っていませんし、海上保安庁の取り締まりが効いています。まあ石垣島には幸福の科学が触手を伸ばしていますから沖縄本島からも離れている事を幸いに誇張する人たちもいるのでしょうね。


[ 2016/08/09 11:05 ] [ 編集 ]
個人的な印象ですじぇど、日本の軍事産業界に誇張されすぎている、一部の中国の強硬派による中国脅威論について
それだけを絶対視して考えるか、それも含めて多面的に考えるか
によって大分意見が変わるように見られました。
[ 2016/08/09 11:51 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 08:20 ] 
 石原が悪い安倍が悪いとみなさん犯人探しに熱心ですが、棚上げ合意があろうがなかろうがドンディアオ級情報収集艦が屋久島沖を領海侵犯したり、漁船230隻が来襲するような今日の現実に変わりはなかったと考えています。
 偏狭なナショナリズムに引きずられてはならないというのは確かにせよ、「現実に脅威が存在する」と私も防衛省も考えているのが「現実」です。だから島嶼防衛・離島奪還のための水陸機動団を新編します。水陸機動団のことを、海空に予算を取られて痩せ細る陸自が組織防衛のために構想した部隊だと揶揄する人もいますが、国の方針としてティルトローター機17機、水陸両用車52両を整備することが確定しています。
 空母4隻で勢力圏の拡大を図る中国海軍にとって、北はロシアがいるので手を出せず、南方に進出しています。当然のことながら太平洋方面にも食指を伸ばそうとしますが日米に阻まれているのが現状です。宮古海峡などを突破して太平洋西半分を制覇するのをどう阻止するのかが安全保障上重要な課題であって、石原が悪い安倍が悪いというのは議論の矮小化と考えます。
 また、九段線問題について日本がなぜの他国の情勢に介入するか。そんなの、南シナ海を仮想敵国たる中国に抑えられては有事のシーレーン防衛に問題があるという安全保障上の懸案だからですよ。
 こっちは中国の海洋進出への懸案、島嶼防衛のための水陸機動団、米国との同盟関係の強化という、国防の教科書(?)たる防衛白書にあるようなレベルの軍事の話をしているだけです。
 中国との信頼関係構築が重要というのは同意しますが、外交は外交、軍事は軍事。自衛隊が万が一への準備を怠っていい理由にはなりません。

島嶼(とうしょ)部に対する攻撃への対応
http://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2016/html/n3122000.html

強襲揚陸艦の取得を目指す日本海上自衛隊
http://bylines.news.yahoo.co.jp/obiekt/20140831-00038732/

旧式な(しかし他に代わりがない)AAV7の後継候補?

三菱重工の水陸両用車に米海兵隊が熱視線
http://toyokeizai.net/articles/-/74451


中国脅威論は兵器を買わせたい米軍需産業の陰謀?
そう主張するのは勝手ですが、自衛隊が島嶼防衛への準備を進めているのは現実です。
[ 2016/08/09 12:25 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 10:09 ] 学生さん
とりあえず、あなたはここのブログには向いてないですよ。
他の保守系サイトへ行った方が同意を得られるでしょう。

[ 2016/08/09 10:23 ] うちな~
ええ、こちらはあくまで軍事面から物を見てますよ。軍事面といってもせいぜい防衛白書レベルという初歩中の初歩ですが。
で、将来の中国に対しては悲観的な意見もあります。
・人口ボーナス期を過ぎた中国は、やがて今のような経済成長が望めなくなる。
・今は調子に乗って軍艦の大量生産をしているが、数十年後に老朽化した艦が一斉に退役時期を迎えて大きな負担となる。
・俗に中華イージスと呼ばれる防空艦や巨大な空母など、1隻あたりの単価があがり今のような大量造艦が困難となる

私の中国への見方については以前別スレに書いたので転記します。
>実際のところ、中国の軍事費の伸びは国家の成長(GDPの伸び)に応じたもの。
>軍事費で破たんした冷戦時ソ連や太平洋戦争中の日本などと違い、GDPにおける軍事費は普通ですよ。
>数十年前だったら人民服を着て大量の自転車の群れが北京を埋め尽くしていたのが、今ではGDP世界2位ですから。ただし最近では経済が年率10%成長を維持できなくなっているのにも関わらず、軍事費が2桁成長しているのが不気味ですけどね。
>中国の問題は、韜光養晦とばかり軍が大きくなれば横暴が許されるというジャイアン的な姿勢で進出していること。で、元祖ジャイアンの米国と睨みあい中。周辺国の海軍力が弱い南シナ海では人工島を埋め立ててます。
[ 2016/08/09 12:27 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 10:55 ] まさおさん
思い起こせば数十年前、冷戦期には北海道に大量の戦車を配備しました。ソ連機へのスクランブルも日常茶飯事。
今となっては、当時のソ連が日本に侵攻する力があったのかという話ですが。

ソ連が崩壊して冷戦は終了を迎えましたが、では当時のソ連侵攻に備えた自衛隊の備えは不要だったのでしょうか? 世界が崩壊するような大規模な戦争は起こりませんでしたが当時は当時なりの脅威がありました。
今の中国脅威論が、外れなら外れで構いません。ただその脅威が本物だったかなんて分かるのは後になってからです。
現時点で最も可能性がある脅威に備える必要性を、軽んずる意味が分かりません。
[ 2016/08/09 12:45 ] [ 編集 ]
自民がんばれさん
軽んじる意味がわからないとは主観ではないでしょうか。
では(3)の中国脅威論の妥当性は 自民がんばれさんの主観 によるいうことでいいですね?
そして、ソ連の件は抑止力について言ってるのでしょうか。
(1)はソ連のときのように武力抑止をするべきだと言ってるんしょうか。

私は理解力がない人間なので、(1)〜(3)を混ぜて意見を言っても理解できないので
もうすこし詳しく、そして客観的なデータと歴史に基づいて話してもらえないでしょうか
[ 2016/08/09 13:05 ] [ 編集 ]
まさお さん>
(1)中国が攻めてくるかもしれない>
軍事侵攻する場合は当然ながら『軍事侵攻しないよりした方がメリットが大きいと判断した場合』です。
現在日中の経済的な結びつきは非常に強く、下手に軍事侵攻をして『経済交流が途切れる』よりは軍事侵攻しない方を選ぶわけです。
『石油や天然ガスが意外と大したことない』尖閣ごときを武力侵攻した場合はデメリットが圧倒的に多いため尖閣侵攻はないと見ています。
沖縄や本土の場合は『米軍がいなくなって、さらに自衛隊の防備がほとんどない』などの状態で簡単に占領できるようなケース でもなければデメリットが多すぎて『事故などで戦闘が起こった場合』を除いて現状中国からわざわざ攻めるとは思えません。

(2)中国が攻めてきた 場合どうするか
現状でレーダーモーなどがしっかり張り巡らされているので、『海軍力に優る自衛隊&米軍』で充分迎撃できます。
核ミサイルを撃ち込まれたらダメですが、それは『自爆覚悟、重要な取引先をなくす覚悟の捨身の場合のみ』です。追い込まれない限り可能性はほぼゼロでしょう。
[ 2016/08/09 13:14 ] [ 編集 ]
まさお さん>
(3)中国脅威論の妥当性
これは『習近平派』VS『江沢民派』の熾烈な内部闘争…までを視野にしれないと正確には論じることはできないのですが、よかったらご自身でお調べください。
簡単に言えば『比較的国際協調路線の習近平派』と『軍事路線、反日路線の江沢民派』が権力闘争をしており、現時点では習近平派が勝利を収めつつあります。
ただし、中国自体の内部矛盾も噴出しているので、このまますんなりいくとも限らないのは不安定要因となっています。

江沢民派の特に軍人には過激な思想・言動の人も多く、『中国脅威論』は根も葉もないものではないのです。
ただし、国全体で言えば『メンツと実利を重んじる』ため、過去の『対外的に軍事侵略の少なさ』も合わせると『脅威でないわけではない』が、『中国脅威論』の方たちは脅威を『盛りすぎ』だと判断しています。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/309fc1ce116f7707ef6fef35697ff771
日本より貧弱な武装のネパール、ブータン、ラオス、ミャンマーなどが中国に侵略されていない件。(中国脅威論に反対する方のコラムです。)
[ 2016/08/09 13:24 ] [ 編集 ]
>10:09
ネットで韓国人留学生 ロビー活動と検索するとネトウヨ系のブログやサイトが出てくるけど、そういうのを見過ぎて洗脳されただけなのでは?
[ 2016/08/09 14:06 ] [ 編集 ]
ロハスな人
(1)日本は中国との経済的な結びつきが強いし、もしそういうことなら、中国は日本よりも経済的な結びつきが弱いフィリピン
のよう貧しい国から侵略するということですね。
中国は日本との経済的な結びつきがいくつ(例えばGDP比や輸出入の金額)以下になったら
日本に攻撃をするのかと一つ疑問に感じましたが、過去に中国が侵略をしたのはウイグルとかでしたっけ。
それなら少なくとも日本はウイグル以下にならないかぎり、もしくは先にフィリピンなどが狙われるので
中国が攻めてくる云々は杞憂でしょうね。

以下、個人的な意見ですが、予算が余ってるバブルの頃ならまだしも、今の日本にはお金がないので新たに軍事に回すくらいなら
日本が貧しくならないよう、豊かになるように予算を回した方が、
「経済的な結びつき云々」の観点より将来的な結びつきにつながるので、良いのかもしれません。
(中国との輸出入額は日中関係や世界情勢によりますが、経済的なパイが大きければ大きい方が規模は大きくなるでしょう)

勉強不足で至らない点も多いのに丁寧に書いてくださってありがとうございます
[ 2016/08/09 14:23 ] [ 編集 ]
過去に中国が侵略をしたのはウイグルとかでしたっけ。 >
[ 2016/08/09 14:23 ] まさおさん>
ウィグルは『中国の認識では国内』です。
(※チベットもです。善悪の判断は除いてコメントしています。)
もちろん、ウィグルやチベットでの民族弾圧は非常に問題の多い行動ですが、外部出兵はある程度あっても『外部侵略してそのまま占領』した例はほとんどないのです。
フィリピンも『国際関係の悪化を考えると』島嶼部を独占(よくはないです)しようとまでは思うかもしれませんが、『明白なフィリピン領』に軍事侵攻は『今までの例から言えば』考えにくいところです。
[ 2016/08/09 15:25 ] [ 編集 ]
学生さん
あなたが間接的に聞いた韓国ロビー活動の実態が嘘だとは言いません。
そのような場面もあったでしょう。
4年前に私が実際に体験したことをお話します。
日韓技術交流でソウルで講演したときの話です。
アルバイトで通訳をしていたソウル大の学生と夕食時に竹島問題で論争しました。
日本は竹島を武力占拠したことも、近海で韓国船を武力制圧したことも無い。
1905年の竹島編入に異議があったとしても李承晩による武力占拠と日本漁船に対する銃撃は違法ではないかと。
この時の学生は十分に話が分かる人でした。

あなたの伝聞による体験も私の直接の体験も一例にすぎません。
それを針小棒大に取り上げるのはどうかと思います。
[ 2016/08/09 15:46 ] [ 編集 ]
お前らの意見で言うと中国ってバカなのかな?

中国が攻めて来るって中国が一方的に攻めて無傷なのか?

やられたら日本だってやり返すのは中国だって理解してるだろ。

そこまでリスク背負って日本の領土取りに来るメリットがあると思っているのか?

お前ら日本にオスプレイ(兵器)買わせる為に日本人を煽ってる反日勢力だろ?
[ 2016/08/09 15:48 ] [ 編集 ]
15:25 ロハスな人に付け加えます。

国境線が確定した独立国家と言う認識は第二次大戦後のものです。
しかも中東アフリカは欧米が勝手気まま国境線を引きました。
さらにいうと欧米が造り上げた国境線による国家も強大とならないように、部族対立あるいは隣国との紛争が残るように2枚舌3枚舌による汚い政策を押し付けました。
パレスチナ問題がこれの典型です。

翻って、中国4000年の歴史で、対外拡張主義を取ったのは異民族のクビライ大元帝国のみです。
朝鮮半島は楽浪郡帯方郡を置くなど中国の辺境域でした。
この朝鮮半島に対しても古朝鮮の国家形成後は国境紛争はあっても侵略占領と言うことをしていません。
ウィグル、チベット、内モンゴルはいずれも中国内の辺境域です。
欧米の侵略行為とは一線を画すべきものです。
アングロサクソンによる西部開拓は侵略そのものです。拉致についても史上最大の拉致大国です。
リンカーンを民主主義の元祖のように持て囃していますが、一面ではインデアン大虐殺の張本人だったのです。

中国万歳と叫ぶ気はありませんが、中国は基本的に守りの国です。
中国脅威論はプロパガンダです。

自民がんばれ さんのように歴史を勉強せず、脅威の発生原因も無視して、刹那刹那で軍事対応を叫ぶだけでは何の解決にもならないどころか国益を害することになります。


[ 2016/08/09 16:19 ] [ 編集 ]
中国の脅威と言っても、国連の中では日本は敵国のままだからな。他の国からしたら最近の日本政府や右翼の動きをみると日本の方が脅威だろうね。
[ 2016/08/09 17:44 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 13:05 ] まさおさん

(1)中国が攻めてくるかもしれない>
今日明日で攻めてくるようなことはないでしょう。ただし水陸機動団の戦力を整えるのですら5年10年かかります。5年後10年後の日中の政治家の考えや国際情勢までは読み切れません。政治家の判断に関わらず、軍部もしくは現場の暴走から起こる武力衝突もあるでしょう。戦力の整備に時間がかかる以上、最もリスクが高いと考えられる事態に備えて準備を先行させるべきです。
ちなみに今後5年の調達装備の目安となるのが中期防、今後10年の方向性を示すのが大綱となります。
軍事的な合理性がなければ戦争は起きないと言われますが、じゃあ真珠湾から火蓋を切った太平洋戦争に軍事的な合理性があったのかと。
米国の開戦理由「自国のビルを壊された」「大量破壊兵器が見つかった」に軍事的な合理性があったのかと。いや、まぁ始めたときは合理的だと考えたのでしょうけど。

(2)中国が攻めてきた 場合どうするか
どうするか、は相手がどう攻めてきたかによります。例えばサイバー戦を仕掛けて来たらこちらもサイバー戦で応戦するしかなく。
どう攻めてくるかは戦略目標による訳ですが、米国と違って他国に本格的な軍事侵攻した例が少ないので中国が使う戦術の予想が難しいです。南シナ海におけるサラミ戦術のような例はともかく。
正攻法でくるなら弾道弾&巡航ミサイルによる飽和攻撃、からめ手でくるなら偽装漁民を上陸させてのグレーゾーン事態、あるいは離島に対して深夜に特殊部隊を上陸させ島民を人質に、など。
日中の戦闘機の数だけでも相当な差があります。蓋然性は低いものの、中国が損害覚悟で物量で押してきたら日本は非常に不利です。
「三戦(心理戦、世論戦、法律戦)」ならすでに仕掛けられてますけどね。

(3)中国脅威論の妥当性
私としてはここ数十年、急成長を遂げた若い中国が調子に乗ってあちこちに手を伸ばしているように思えます。人口ボーナスのピークはすでに超えていますので、あと10年くらいで落ち着いて貰いたいものです。
ただし将来的には中国が米国のGDPを抜くという予想もあり、その場合には脅威論が本物となりかねません。
ここ最近の歴史的に見れば、他国へ侵略する国家というよりアヘン戦争、日清戦争、日中戦争などむしろやられ役とはいえ。
[ 2016/08/09 18:18 ] [ 編集 ]
沖縄県の行政機関は公明党の後押しによって汚い手を使い利権がらみで自分達の都合のいい県にしようと創価学会員に乗っ取られています。
それは沖縄に彼等との利害関係から公明党に票を投じたり応援するものがいるからです。
また沖縄県の文化芸術芸能はそれを統括するある団体が創価学会によって乗っ取られているため、県の芸術伝統芸能文化はほぼ創価学会の為の資金稼ぎや権力を拡大させる為に使われています。
今の沖縄県の伝統文化や芸術芸能などは皆さん一切応援したり観に行ったりイベントに参加したりしないでください。
この人達は人の私利私欲の為に人を踏みにじっています。
これを許すと沖縄県がさらに創価一色になります。
[ 2016/08/09 18:22 ] [ 編集 ]
日本は勝手に中国が攻めて来るって煽って国民をあらぬ方向に誘導しているが

日本の周辺諸国は以前日本に侵略されているので日本脅威論がもっと深刻なんじゃないか?
[ 2016/08/09 18:55 ] [ 編集 ]
自民がんばれさん>
真珠湾から火蓋を切った太平洋戦争に軍事的な合理性があったのかと。 >
アメリカが『石油を禁輸』するから日本は『仕方なく開戦』したのですよね。
開戦準備万端のアメリカに日本は嵌められたわけなので、『結果的には非合理的』でしたが…。(当時の日本の首脳と軍部の『戦略のなさ』が最大の敗因です。)

「自国のビルを壊された」「大量破壊兵器が見つかった」に軍事的な合理性があったのかと。>
両方とも『濡れ衣の戦争』でしたが、『反米的な政権は潰した』ので、アメリカにとっては一応合理性があったのでしょう。どちらも『泥沼の戦争』になったので、攻められたアフガニスタン、イラクの人達はもちろん、『戦費を負担し、たくさんの兵士がなくなったアメリカの一般国民』にとっても大迷惑だったでしょうが…。

中国よりも『アメリカが謀略面、軍事面に於いても好戦的』という結果がこの例からも見られるのですが…。
[ 2016/08/09 18:56 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 18:56 ] ロハスな人さん
開戦する時には合理性があるように思えても、後になって振り返れば喜劇あるいは悲劇のようです。
WW1開戦だって直接の引き金は、皇太子1人が撃ち殺されて世界大戦…
日本を攻撃する合理的な理由がないと、中国が判断してくれればもちろんそれが望ましいです。未来永劫、想定外の喜劇あるいは悲劇が起きないという保証はどこにもないですが。
戦争は外交の延長、あるいは失敗と言われます。戦争なんて起きるはずがないというのなら、つまり政治家が失敗するはずがないと。日本の政治家を高く評価いただきありがとうございます。
[ 2016/08/09 19:58 ] [ 編集 ]
自民がんばれさん
(1)
「軍事侵攻に合理性はない云々」に関して、合理性がないということは日中関係に関係なく、日本の武力が高かろうが低かろうがこちらの武力は関係なく攻めてくるかもということですかね。
そういう具体性のないものにわざわざ予算を費やすのは、日本の財政状況では厳しいのでは。
合理性がない場合に備えるというのは、(2)の中国が攻めてきた場合どうするか という話につながるのではないでしょうか
これに関しては(2)で議論する方が良いと思うのですがどうでしょうか。

また合理性がある場合も考えておきたいのですが、その場合には武力抑止という概念が登場すると思います。
では武力抑止とは具体的に武力が 何対何 (設備、規模など) に成り立つのですか?

「水力機動隊の戦力」ということですが、これは自衛隊の話ですよね。
このことについて詳しくないので調べつつ浅学ながら感じたことを申しますと
自民がんばれさんはこれについては、中国が尖閣を侵略する万全の準備をするのに少なくとも5年10年はかかるとおっしゃっているんでしょうか。

(2)中国が攻めてくる場合
侵略目標は (a)尖閣 (b)離島 (c)本州 のパターンでしょうかね。
いずれのパターンも侵略されたら日本がどうするのか書いていないように見受けられますが、、、

(3)
米国のGDPを抜かしたら中国脅威論が本物になるという根拠はなんでしょうか。
これも主観だと思われますが。
また、中国があちこちに手を伸ばしてるというには具体的何をしているのでしょうか?

[ 2016/08/09 20:14 ] [ 編集 ]
中国脅威論を唱える人は『軍備の前に敵国条項を何とかする』のが急務なのですが…。
まずは「政治と外交」です。
軍事の話だけをする人には要注意です。

http://www.recordchina.co.jp/a81344.html
「日中は武力衝突に突入するでしょうか?」との質問に馮教授は否定的な見解を示した。第一の理由は日本には平和憲法があるため。開戦するには憲法改正が必要だが、読売新聞の最新世論調査によると52%が憲法9条を支持しており、そのハードルはきわめて高い。

第二の理由がユニークだ。国連憲章にはいわゆる「敵国条項」がある。日本などの「敵国」が軍事行動を起こした場合、国連の決議を待たずして攻撃することができる。もし日本が中国に戦争をしかけてきた場合、中国は即座にミサイル攻撃をしかけることが可能で、あれほど中国のミサイルを恐れている日本が開戦するとは考えられないと分析した。
[ 2016/08/09 20:27 ] [ 編集 ]
本当に面白い事言う人がいますよね。

日本が軍備強化するまで5~10年中国は待ってくれて

軍備強化が整ったら侵攻して来てくれるってどんだけ都合の良い中国脅威論なんだよ(笑)
[ 2016/08/09 20:37 ] [ 編集 ]
自民がんばれさん >
戦争なんて起きるはずがないというのなら>
中国が『積極的には侵略に出る可能性は少ない』とコメントしているのであって、『曲解』はやめてもらえますか?
『海上防衛などの備えが十分できている現状』で『意図的に中国脅威を煽る』のが問題だとコメントしているだけです。

WW1開戦だって直接の引き金は、皇太子1人が撃ち殺されて世界大戦…>
第1次大戦、第2次大戦共に戦争が起こるに十分な『各国の深刻な対立』がありました。第1次大戦も『直接の引き金は偶然』でも、他の引き金があれば起こっていたと推測されます。
戦争を起こさないようにする普段の『政治や外交』がいかに大切かという話です。
なお、自民がんばれさんの話には『コストパフォーマンス』の話が一向に出てこないのです。(ちゃんとコストを考えておられますか?)
だから、『話がかみ合わない』のです。
[ 2016/08/09 20:47 ] [ 編集 ]
中国の脅威論については、国防費が増えているのは事実。

だけど、中国は国内に多くの問題を抱えていて、治安対策費は国防費を上回っている。

国内に多くの問題を抱えているのに、海外で戦争をする余裕はない。

だから中国の脅威をそれほど心配するほどではない。

ただ、しびれを切らして戦前のように日本が暴走しなければいいんだけど。

暴走しても国連の中では敵国だから、再び焼け野原になるだけなんだけどね。
[ 2016/08/09 22:27 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 20:47 ] ロハスな人
>中国が『積極的には侵略に出る可能性は少ない』とコメントしているのであって、『曲解』はやめてもらえますか?
それは失礼しました。

>なお、自民がんばれさんの話には『コストパフォーマンス』の話が一向に出てこないのです。(ちゃんとコストを考えておられますか?)
コストパフォーマンスとは、攻撃する側が負担する戦費のことですか? だとすれば「合理的な開戦理由」に含まれるパラメータの一つ。コストも含めて合理的か攻撃側が判断すること。
あるいは防衛側(日本)が考えるコスト? 約5兆円という防衛費の枠の中で、島嶼防衛に重点的に予算を配分するだけですね。
[ 2016/08/09 22:28 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 20:37 ]

兵器はポチれば即納されるAmazonプレミアムではありません。
中古兵器を除き、予算を組んでから納品まで数年かかります。ですから今後の脅威を予想し、脅威が現実となるまでに戦力化に努めるのです。

ただし新編する水陸機動団については、既存の部隊である西部方面普通科連隊を中核として構成する団であり、すでに自衛隊はある程度の海兵隊機能を有していると言えます。
5年10年というのは想定する強襲揚陸艦(多目的輸送艦)やティルトローター機、水陸両用車が全て揃うまでであって、それまで戦力がゼロという訳ではありません。
その西部方面普通科連隊は、アイアン・フィストやドーンブリッツといった米軍との共同演習において海兵隊としてのノウハウを伝授され練度を高めています。

佐賀)陸自、海で過酷な鍛錬 「水陸機動団」の訓練見る
http://www.asahi.com/articles/ASH9740W1H97TTHB00F.html

【Iron Fist 2016】離島を奪還せよ! 陸上自衛隊西部方面普通科連隊
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28379332

自衛隊が島嶼への上陸訓練、日米共同訓練「ドーン・ブリッツ」で
http://matome.naver.jp/odai/2144159182788924301
[ 2016/08/09 22:39 ] [ 編集 ]
武器屋さん商売ご苦労さまです。
[ 2016/08/09 22:59 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/09 20:14 ] まさおさん
>そういう具体性のないものにわざわざ予算を費やすのは、日本の財政状況では厳しいのでは
約5兆円という防衛費の枠の中で、島嶼防衛に重点的に予算を配分するだけですね。

>侵略目標は (a)尖閣 (b)離島 (c)本州 のパターンでしょうかね。
想定が今なのか10年後か20年後かによりますがね。とりあえず今を想定して返答
尖閣:縦深も身を隠すがない無人島に上陸することが半ば自殺行為。実効支配を国際社会が納得する前に、海空の補給をを断ち上陸部隊を飢え死にさせられれば日本の勝ち。航空優勢と制海権が得られた状況ならF-2によるJDAM空爆でも護衛艦からの艦砲射撃でもやり放題。

離島:基本的には尖閣と同様。ただし有人島を占拠され島民を人質にされると厄介。海上から特殊部隊を潜入させるか空挺による強襲で人質奪還作戦を行う。事前に危機的な状況が把握できたらC-2で機動戦闘車などを緊急空輸および島民を避難。

本州:中国の揚陸能力的に可能性は低いが、いかに上陸前に空自と海自で敵上陸部隊を減らせるかが鍵。地上からは地対艦ミサイル部隊が攻撃を行う。上陸予想地点に陣を引き、BMTを前面に、後方から火砲を駆使して敵を殲滅する。

>これも主観だと思われますが。
今のところ、中国も米国に正面から喧嘩を売るほど馬鹿ではありません。
とはいえ南シナ海で人工島を埋め立てて基地化することに日米から非難されてもやめる気配がないことかわ分かるように、国際的な摩擦を恐れない体質です。ではこの国が米国以上の軍事力を持ったら脅威論が本物となりかねないというのは私の主観ですかね。

>また、中国があちこちに手を伸ばしてるというには具体的何をしているのでしょうか?
現在は南シナ海に進出、ここを完全に拠点とすれば次は「真珠の首飾り」経由でインド洋方面に出るでしょう。
北方へはさすがにロシアがいるので手をださないでしょう。
そして東シナ海、尖閣諸島に食指を伸ばしているのは御覧の通り。
[ 2016/08/09 23:03 ] [ 編集 ]
中国や北朝鮮の脅威を言う人がいるけど、川内原発を再稼働させた理由がよくわからない。
再稼働して攻撃目標としての危険を高めただけ。
[ 2016/08/10 00:29 ] [ 編集 ]
防空壕作って欲しい。
今は、シェルターか。最悪の事が
あったら国民はどこに逃げればいいの。
[ 2016/08/10 01:15 ] [ 編集 ]
去年は『安倍政権の対中強硬外交で日中関係が冷え切って』貿易額が11.8%も減って3,032億8,609万ドルだそうです。(30兆円以上)

下手に戦争したらこれが『消える』んですが、それ以上の利益を得る武力侵攻とはどんな手段があるんでしょうね。(苦笑)

https://www.jetro.go.jp/news/releases/2016/1f835b5650bb0ff2.html
ジェトロが財務省貿易統計と中国海関統計を基に、2015年の日中貿易を双方輸入ベースでみたところ、総額は前年比11.8%減の3,032億8,609万ドルで、リーマン・ショック直後の2009年以来6年ぶりの2桁減少に転じました
[ 2016/08/10 01:20 ] [ 編集 ]
(2)実行支配を国際社会が認めるとは一体どういうことでしょう。
中国が一体何をしたら、国際社会はそう認めるんですか?


あと、10年後20年後の中国が攻めてきたらどうするんですか?

(3)
南シナ海に関しては日米は本来関係ない話では?
例え話ですけど、もし竹島や北方領土に関して中国が韓国とロシアも領土だと批判したら
韓国、ロシアの領土だと認めなくてはいけないのですか?
中国は関係ないとおそらく批判を無視しますよね?
それで無視したからって日本は国際的な摩擦を恐れない体質だということになりますか?


ちなみに中国脅威論が本物になるとは、どういうことですか?

[ 2016/08/10 19:43 ] [ 編集 ]
安倍総理は夏休みだそうです。
『中国の脅威なんか、安倍総理が不在でも簡単に跳ね返せる』そうです。
我が海上自衛隊は強いですからね♪

https://twitter.com/value_investors/status/763034712965132289?ref_src=twsrc%5Etfw
本当に対外危機があるなら総理大臣が2度目の夏休みなんて取ってる余裕ないんですよ。夏休み取れるくらい実は対外危機はないんです。

それに天皇が生前退位を直接的言及は避けながらも国民に語りかけたわけで、そんな最中皇室典範の議論もないまま2度目の夏休みだなんて随分余裕ですよね。
[ 2016/08/10 21:51 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム