情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.11.29 21:04|カテゴリ:政治経済コメント(6)

特定秘密保護法案に元警察幹部が懸念表明!警視庁や公安も秘密指定が可能に!元幹部「警察の権限を際限なく拡大させる」


Police car, Tokyo
Police car, Tokyo / 305 Seahill

元警察幹部が特定秘密保護法案への懸念を表明しました。元北海道警幹部の原田宏二さんは「犯罪歴などの適性評価の調査項目を考えると、最終的には警察が調査を行うことになると思う。法案は、警察の権限を際限なく拡大させるおそれがある」と述べ、特定秘密保護法案で警察の権限が大幅に強化される可能性を危惧しています。

実際、山本太郎議員の質問で判明したのですが、特定秘密保護法案の「特定秘密」を指定する権限を持っている政府関係者には、内閣府以外にも公安を含めた各省庁の関係者も含まれているのです。
特定秘密は一度でも決定されれば、30年後までは非公開となり、政府の判断次第で公開する日時を延長することが出来ます。

そのため、誰も知らない内に特定秘密がドンドン増えていく可能性を秘めており、政府の解釈次第ではTPP(環太平洋連携協定)や増税のような情報も規制されてしまうかもしれないのです。
テレビや新聞に一度も情報が載っていなかったのに、気が付いたら税金が2倍になっていたということもあるかもしれません。現に財務省やその関係者たちも特定秘密を指定する権限を保有しているわけで、これは大変恐ろしい事です。


☆特定秘密保護法案に元警察幹部が懸念表明
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131129/t10013429751000.html

引用:
参議院で審議が行われている特定秘密保護法案に反対する集会が28日夜、都内で開かれ、元警察幹部が「この法案は警察の権限を際限なく拡大させるおそれがある」などと懸念を表明しました。

集会は、フリージャーナリストらでつくる「アジア記者クラブ」が開いたもので、東京・千代田区の会場にはおよそ120人が集まりました。
取り上げられたのが、28日の参議院の特別委員会でも審議の焦点の1つとなった「適性評価」という規定です。
適性評価は、特定秘密を取り扱うことになる公務員や民間業者が情報を漏らすおそれがないか、過去の犯罪歴や飲酒や借金の状況などを細かく調査する仕組みです。
集会では、これについて元北海道警幹部の原田宏二さんが「犯罪歴などの適性評価の調査項目を考えると、最終的には警察が調査を行うことになると思う。法案は、警察の権限を際限なく拡大させるおそれがある」などと懸念を表明しました。
:引用終了

☆ジャーナリスト 田中稔‏@minorucchu
URL https://twitter.com/minorucchu/status/403734082258870272/photo/1/large

引用:
「特定秘密」を指定する行政機関の長とは、こんなに多かったのか。本日、山本太郎議員の質問主意書に対して安倍首相が回答した。本当にオイオイ、だね。 pic.twitter.com/uhUnlCJdxJ
tokutehimitusimonnsyo112201.jpg
:引用終了
*特定秘密を決めることが出来るのは、内閣総理大臣、原子力防災会議、安全保障会議、地球温暖化対策推進部長、知的財産戦略本部長、郵政民営化推進本部長、道州制特別区域推進本部長、社会保障制度改革国民会議、官房長官、公正取引委員会、国家公安委員会、金融庁長官、消費者庁長官、総務大臣、公害等調整委員会、法務大臣、公安審査委員会、公安調査庁長官、外務大臣、国務大臣、財務大臣、国税庁長官、原子力規制委員会など。

☆特定秘密の保護に関する法律案に関する質問主意書
URL http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/185/meisai/m185058.htm

yamamototatrou112201.jpg
yamamototarou11220202.jpg
yamamototarou1122030303.jpg

☆「知る権利狭めない」首相、懸念払拭に躍起 秘密法案、参院審議入り
URL http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131127/plc13112713170009-n1.htm

引用:
 法案に反対する民主党の桜井充氏は「国民の懸念を無視し強引に衆院を通過させた」と批判。自民党の宇都隆史氏も「法案成立が不可欠な理由を国民に説明しきれていない」とした。

 首相は「法案は恣意的な指定が行われることがないよう重層的仕組みを設けている」と強調。閣僚ら「行政機関の長」が都合の悪い情報を特定秘密に指定して隠蔽する行為に対し罰則は不要との認識も示した。

 秘密指定の妥当性を確認する第三者機関に関し、米国が国立公文書館内に設置するなど行政内部のチェック機関が一定機能を果たしていると説明。首相自身による監視をめぐり「一定機能を果たせる」とした。
:引用終了

☆秘密保護法の真意は公安権限の拡大にある


☆秘密保護法案 29日も紛糾、「官房長官来ていない」



現在、特定秘密保護法案は参議院で議論を行っている最中で、12月6日頃までには可決する方針となっています。参議院での可決を止めるのは非常に厳しいのが現実ですが、衆議院で特定秘密保護法案に賛成した議員らに圧力を加える事で、法案の審議を延期することが出来るかもしれません。

衆議院で特定秘密保護法案に賛成した政党は、自民、公明、みんなの党の3党です。みんなの党は特定秘密保護法案を巡ってちょっとした分裂状態になっているので、一番の狙い目だと私は見ています。
残り時間は少ないですが、やれるだけのことはやっておきましょう。


徹底解剖 秘密保全法―生まれも育ちも中身も「秘密」に包まれて


秘密保全法批判―脅かされる知る権利


経済大国なのになぜ貧しいのか?


アメリカに潰された政治家たち


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)


官邸、内閣府にいたからこそ書ける いま、日本にある危機と希望 (ワニプラス)


わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!

関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
だからヤバいんだって。自民党擁護してるひと、お願いですから一人でも多く目をさましてください。
[ 2013/11/30 07:28 ] [ 編集 ]
(新)日本の黒い霧
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/0085d97a1f1390ce2c9d1dac86552ea0
情報が錯綜していますが、上の記事を読むとこんな世界も垣間見えてきます。
[ 2013/11/30 07:52 ] [ 編集 ]
山本太郎さんなら参議院でこんな法案きれいさっぱりやっつけてくれますよ!
[ 2013/11/30 22:54 ] [ 編集 ]
職務質問されたらこっちも「ヒミチュー!」
て、言ってやろう。
[ 2013/12/01 02:03 ] [ 編集 ]
虫が湧かない
こういう記事には絶対湧いてこないね
さすがに何も言えないか。基本、皮肉や意地悪、あげあし取り言うだけだしね
[ 2013/12/01 23:29 ] [ 編集 ]
警察国家へ着々と
12月より道路交通法が改正されて、自転車で逆走したら罰則が設けられるようになりました。
表向きの理由は事故防止とのことですが、タイミングから裏読みすると
「任意の人を逮捕できるようにするため」
なんではないかと警戒しています。
そのうち同じ理由をつけて子供を自転車の後ろに乗せるのも罰則つきになるかもしれませんね。
法律を周知する間もなくいきなり改正されたのは怖いです。

Twitterから流れてきたのですが、ちゃんと警視庁のサイトに書いてあったのでデマではありません。
それにしてもGIGAZINEなどの大手ブログは取り上げていないのは不気味です。
[ 2013/12/02 07:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク