情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.11 10:00|カテゴリ:噴火関連情報コメント(6)

インドネシアで3ヶ所の火山が同時噴火!シナブン山、ガマラマ山、リンジャニ山で轟音!空港閉鎖などの影響も


s_ice_screenshot_20160811-022024.jpeg

3つの火山が相次ぎ噴火、インドネシア
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/080900300/

 インドネシアは、地質学的に活発な環太平洋火山帯に位置し、およそ130の活火山を擁している。そのうち、シナブン山、ガマラマ山、リンジャニ山の3つが、地鳴りとともに噴煙を上げたのだ。(参考記事:「インドネシアの荒ぶる神 火山と生きる」)

 これまで死者の報告はないが、空港が閉鎖されるなど、人気リゾート地のバリ島に向かう便も含め、交通は寸断されている。



リンジャニ山
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E5%B1%B1

1257年に起きた噴火は、過去3700年間に起きた噴火では最大規模と推定されている[4]。また、中世ヨーロッパの記録文書には、この噴火の翌年の1258年の夏は異常低温で(夏のない年)、大雨による洪水が頻発したことにより農作物が不作だったという記述がある[4]。



インドネシア
https://www.google.co.jp/maps/place/

s_ice_screenshot_20160811-022337.jpeg

世界の災害地図
http://hisz.rsoe.hu/alertmap/index2.php

s_ice_screenshot_20160811-022526.jpeg


今月に入ってからインドネシアではシナブン山、ガマラマ山、リンジャニ山の3つで噴火を観測しました。その内のリンジャニ山は過去3700年間で史上最大級の噴火を記録しており、地球規模で気温を下げたという資料があります。

インドネシアはフィリピンの南部にある島国で、プレートの境目があることから火山の数が多いです。2000年に入って発生したスマトラ島沖巨大地震も有名ですが、このように火山活動が連鎖することも何度か見られています。
日本も他人事ではないと言え、今後も火山活動の変化には注意が必要です。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
Oz、Nzがアセアンに近づくのはいいけれど、大陸プレートがGPSデータを修正しないと行けないほど北へグイグイ押し上げてるそうですね。インドネシアはその影響かな。
[ 2016/08/11 11:21 ] [ 編集 ]
インドネシアでやや大きな火山はあるけれど、日本はない。
今後、噴火を注視しなければならないですね
[ 2016/08/11 11:57 ] [ 編集 ]
メッタに有り得ない天変地異の続出は何を意味するか?
原因から帰納法的証明がすべてと教育された日本人は
結果から見える統計的必然性に気が付かない

電気の実用化、公害裁判の解決の秘策  これは結果論から見出す単純思考の賜物
大学教授、学者の洗脳された思考ではわからなくても染まっていない子供なら判る

簡単に証明出来るが、この発想の転換で容易に、1万年に一度の悲劇が進行している
救うのは、各自の判断力、分析力だ! ソースに頼らず見れば判る世界。
[ 2016/08/11 13:15 ] [ 編集 ]
811
山の日の山の火
[ 2016/08/11 14:40 ] [ 編集 ]
これって富士山じゃん
[ 2016/08/11 22:28 ] [ 編集 ]
なるほど富士山か(笑)

言われるまでインドネシア山かと思い込み。人間てある状況では脳(判断)にノータッチみたいね。

(目撃者、あてならん冤罪。やっぱ現物証拠いるね)などと自戒、反省。
[ 2016/08/12 01:08 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム