情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.19 20:34|カテゴリ:地震情報コメント(7)

【大転換】気象庁が余震確率の発表を中止へ!熊本大地震で方針変更!気象庁「分かりません」


s_ice_screenshot_20160819-201726.jpeg
*気象庁

気象庁 「余震の確率発表」を見直し
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160819-00000050-nnn-soci

 
s_ice_screenshot_20160819-201531.jpeg
s_ice_screenshot_20160819-201544.jpeg
s_ice_screenshot_20160819-201558.jpeg
s_ice_screenshot_20160819-201606.jpeg
s_ice_screenshot_20160819-201613.jpeg
今年4月の熊本地震で最初の地震の2日後にさらに大きな規模の地震が起きたことを受け、気象庁は余震確率を公表しないなどの見直しを決めた。
 一連の熊本地震では、最初の大きな地震の翌日、気象庁が「震度6弱以上の余震が発生する確率は20%」と発表した。



以下、ネットの反応
















熊本大地震の時は本震のM7クラスが来る前日に気象庁が「震度6弱以上の余震が発生する確率は20%」と発表したことから、住宅に戻って巻き込まれた人が増えたと指摘されています。

前震で震度7の揺れが発生するのは前代未聞ですが、それでもマグニチュード6クラスの地震を安易に本震と断定してしまったのは気象庁のミスだと言えるでしょう。

結局のところ、本震と余震の区別が難しいのが現実で、後から振り返ってみて「あれが本震だったなあ」と分かるのです。東日本大震災の時も前日にマグニチュード7クラスが起きていますし、大きな地震は前震と本震がセットで発生する可能性が高いと覚えたほうが良いと私は思います。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
遂にさじを投げたかw
[ 2016/08/19 21:15 ] [ 編集 ]
本震、余震 の表記は
損害保険の都合上です。
仮に、熊本県内
5分後に 震度6 来ても 余震だから
本震の査定で半壊認定 済んでたなら
次は、保険金 支払わない話
[ 2016/08/19 21:17 ] [ 編集 ]
たしかに「0%」以外は意味を成さないかもしれない

20%ということは単純に考えると、同じパターンが5回あったら1回あるということで、割りとハイリスクだと思う
降水確率20%とは訳が違う
[ 2016/08/19 23:10 ] [ 編集 ]
地震がまだ続くかもしれないので気を付けてください

これでいいよ

0か100かで話ができないなら中途半端な数字は意味ない
[ 2016/08/19 23:42 ] [ 編集 ]
予測出来ないぐらいの地震が起きていると言うこと。
本来の自然災害とは違って来ているということ。
ヤッパリね。
[ 2016/08/20 03:09 ] [ 編集 ]
降水確率の方もどうしていいか分からん。
[ 2016/08/20 10:35 ] [ 編集 ]
人類はまだ地震予知の科学を持っていない。
ただ一つわかることは日本は地震大国だということ。
原発など建ててはいけない国なのだ。
[ 2016/08/20 15:59 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム