情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.24 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(50)

【安保法制】南スーダン情勢悪化、自衛隊PKO部隊増強を検討!駆け付け警護などの新任務に備えた訓練開始へ!


s_ice_screenshot_20160824-161635.jpeg

南スーダン情勢悪化の中訓練=警備要員増員検討も―安保法制でPKO部隊・陸自
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000043-jij-pol

南スーダンでは7月に急激に治安が悪化し、現地にいる部隊が宿営地外での活動を一時見合わせた。政府は現地の情勢を判断しつつ、実際に任務を付与するかどうか判断する。

 政府関係者によると、任務の危険性が高まることから、派遣部隊は普通科や陸自テロ対策部隊「特殊作戦群」の隊員ら警備要員の増強が検討される。



s_ice_screenshot_20160824-161434.jpeg
s_ice_screenshot_20160824-161438.jpeg
s_ice_screenshot_20160824-161445.jpeg



以下、ネットの反応
















1ヶ月ほど前から南スーダンの情勢は悪化しており、戦闘激化から日本の民間支援部隊は撤収しました。PKOで派遣されている各国の部隊以外は殆どが下がっている状態で、反政府軍と政府軍の戦闘は昨年よりも激しくなっています。

自衛隊は南スーダンでのPKO活動を止める気配はなく、陸自テロ対策部隊「特殊作戦群」の隊員らを追加の増援として派遣することを検討中です。
強行採決された安保法案が適応される初めての事案となる可能性が高く、南スーダンの情勢次第では政府の対応も変化するかもしれません。




関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
安保法制で中国軍と中国の石油利権を守ろうぜww(南スーダンPKO)
https://youtu.be/E82a3rKjyfU?list=LLzNnUN39IxaOXStbaO9t6bA
[ 2016/08/24 20:11 ] [ 編集 ]
この人達、自分のやっていることがどんな影響を及ぼし得るか本当に分かってるのか不安だ。
妙なイデオロギーに支えられた奴らとそれに群がるイエスマンコバンザメばかりだとするとちょっと、、、
[ 2016/08/24 20:44 ] [ 編集 ]
新安保での活動はろくでもない結果しかもたらさないと思う。
作らないほうが絶対良かった。
[ 2016/08/24 20:54 ] [ 編集 ]
海外で日本人が教われるような自体が頻発している中で、このような自衛隊の活動が日本人の安全を守る行為になるんだけどね、国際貢献にもなるし
それに海外を助けておくことで日本が中国から攻撃を受けたときに手を貸してもらえるようになる
一方的に守ってもらおうとしても無駄、そんな都合の良い話はない
[ 2016/08/24 20:59 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/24 20:59 ] 名無し様
私は逆にテロの標的になる可能性が上がると思いますね。
[ 2016/08/24 21:04 ] [ 編集 ]
自衛隊員が死んだら何と言い訳すんの?

なんにせよ、戦争に加担することが平和につながるとは、どんな思考してんだか。
[ 2016/08/24 21:17 ] [ 編集 ]
憲法で自衛しかできないことになってんのになにやっちゃってんの?
[ 2016/08/24 21:21 ] [ 編集 ]
集団安保は反対だけど、どうしてもやりたかったら正式に米国から依頼を
受けて検討した結果、やむをえず通したという形になぜできなかったのか。
気を利かして通してやったから、約束どおり安保で守ってくれるはずだと思っても
米国にお前らが勝手に決めたんだろう、知るかと言われればそれまでではないか。
日本人が自主的に保守化して好戦的になったという筋書きがほしかったのではないか。
[ 2016/08/24 21:23 ] [ 編集 ]
>それに海外を助けておくことで日本が中国から攻撃を受けたときに手を貸してもらえるようになる

バカじゃない?今日本が助けてるのは中国なんだよ
第二次大戦では沖縄において日本軍でさえ沖縄のひとを助けなかった。
戦争はごく一部のやつらの金儲けのためだけにおこる。国と国との戦いなどではない。軍隊はそいつらの言いなりに動くだけ。
自衛隊には日本を守るという崇高な目的のもと、絶対的に信頼してたのに。自衛隊を利権争いのために動かす政権なんていらない。日本の政権を取り戻したい。
[ 2016/08/24 21:36 ] [ 編集 ]
安保法制では現に戦闘行為が行われている現場以外なら自衛隊が活動できると以前の非戦闘区域と言う概念より遥かに前線に近い場所で活動を可能となるよう改悪されたわけである。

自衛隊員が危険に曝されることを承知でありながら、議論も全く為されぬまま自民党の人間かまくらーずによって暴力的に委員会で押し切られた。その成立の過程は議会制民主主義を踏みにじったものであり、議事録は聴取不能とされたものを、後に捏造された経緯があった経緯は多くの方もきっと今も記憶に強く残っていることだろう。

駆けつけ警護となれば相手方と戦闘行為になることは容易く想定されうるのだが、戦闘となれば明らかに海外での武力行使と区別不能となる。相手方が国家を名のれば警備ではなく戦争と呼ばれるものそのものだ。

やはり安保法制には現行憲法に禁じられた、戦争行為を駆けつけ警護という国民騙しの嘘つきの言葉で、自衛隊員にさせて、海外での戦争実績を作り、なし崩し的に憲法9条を骨抜きにする悪意が満ちている。

安保法は戦争法だと合点出来よう。
[ 2016/08/24 21:36 ] [ 編集 ]
オリンピック終わった途端に、
北朝鮮だの武器商人丸出しの嘘つきマリオさん。
[ 2016/08/24 21:40 ] [ 編集 ]
経緯があったのは 

と訂正します
[ 2016/08/24 21:44 ] [ 編集 ]
あ~ついに始まるか
俺の中で勝手に戦争ビジネスじゃねーかなと結論が出てるな
銃器だか兵器の輸出も緩和されたんじゃねーっけ?忘れたけど
人の生き死には金になんじゃねーの大儀だの正しいたの尤もらしい事言って死地に突っ込ませてさ

もっと世の中仲良くなんね~もんかね~同じ人間なのにな~
嫌な世の中だね~まったく
[ 2016/08/24 21:46 ] [ 編集 ]
今の方向性が継続すれば、世界は各国の政府ではなく、
無国籍な独占資本が支配する場になる。
国家、国民、軍隊はその道具にされる。
親米右翼はもちろん、ネットで時おり見かける
資本主義という問題を忘れ、日本人という民族を叩くことで
自己満足している親米左翼(逆民族主義)も
その構造が見えていないと思われる。
[ 2016/08/24 21:48 ] [ 編集 ]
選挙の間は票が減るので自粛。
[ 2016/08/24 21:51 ] [ 編集 ]
盆休み中に読んだ読売新聞の記事で知ったけど、南スーダンの大統領に、「国連軍に国内を占拠される訳にはいかない。」との理由でPKOの平和維持軍の増員を断られたらしいよ。当事国の許可が無いと、軍隊の派遣は出来ないそう。どっちが本当?
[ 2016/08/24 21:55 ] [ 編集 ]
いったい何を目指しているのか?国民への説明もなく自衛官の死を政治利用するなかれ
BKO参加5原則の第1の「紛争当事者間の停戦合意」は本当に成立しているのか?実質的に崩壊しているというのが実態ではないのか?安倍首相はよく「法の支配」を口にする。だが、実際にやっていることは「人の支配」そのものではないか。権力者が専門家や国民多数の法律解釈を無視して恣意的に行政権力を行使している。今回の件もその一つだろう。BKO参加5原則に従えば自衛隊は撤退すべきだ。南スーダンの状況を国際社会が改善していくことは大切だ。だが、それは現地住民の伝統的な秩序を利用しなければうまくいかない。それを国連が支援していく形にすべきだ。イラク戦争での米軍の失敗を見てもわかるように、現地の複雑な事情を知らぬ外国の軍隊が主導しても安定させられるものではない。自衛隊が戦闘に巻き込まれて戦争当事者になれば泥沼に陥るだけだ。自衛隊が現地住民と敵対して現地住民の恨みをかえば日本人全体の安全にも危険をもたらす。PKOに兵員を派遣する国には途上国が多い。それが外貨獲得の手段になっているからだ。だから日本の自衛官をPKOに派遣することは、途上国の外貨獲得を妨げている面もある。途上国の兵士は犠牲になってもよく自衛官は犠牲になってはいけないというつもりはないが、現実はそうなっている。日本政府は、南スーダンに派遣されているPKOの兵員はどの国から何人派遣されているかを国民に知らせ、自衛隊は今の状況で南スーダンで何を目指して駐留しているのかを説明すべきだろう。なんだか自衛官が死ぬのを待って、それを政治利用しようとしているかのようにも見える。
[ 2016/08/24 22:10 ] [ 編集 ]
これぞ美しい国、日本です。
自民党に投票した人は当然派遣支持ですよね。
[ 2016/08/24 22:18 ] [ 編集 ]
ドイツの例から「積極的平和主義」を考える
海外に自衛隊を派遣した以上『自衛隊員の方たちに必ず犠牲者が出る』だけでなく、『必ず誤って虐殺する事態も生じる』覚悟をしておいた方がいいでしょう。

我々日本国民(及び政府)は本当に『国内外に犠牲者を多発させる責任』をきちんと考えているのでしょうか

http://blogos.com/article/85802/
◎ドイツ軍のアフガニスタン派遣を巡っては、2009年9月には「クンドゥス爆撃」と呼ばれる事件も発生しています。アフガニスタン北東部のクンドゥス付近で、武装勢力タリバンがタンクローリーを強奪する事件が起き、派遣ドイツ軍のゲオルグ・クライン大佐はタンクローリーが自爆テロに使われると判断し、米軍に対してタンクローリーの爆撃を要請しました。ところが、タンクローリーの周囲に現地住民が集まっていたため、爆撃により民間人に多数の死者が出る惨事となり、ドイツ国内外で政治問題化しました。また、現地のドイツ軍憲兵の調査で民間人の死者があったと報告されていたにも関わらず、フランツ・ヨーゼフ・ユング国防相は「爆撃に民間人の死者は含まれなかった」と虚偽の発表をしたために、更迭される事態にまで発展しました。

これらドイツの事例と同じようなことが、自衛隊派遣で起こらないとは限りません。むしろ、必ず起きると考えた方が間違いないと思われます。

不安定な地域に赴くことは、撃たれる可能性、撃つ可能性が存在し、なにより自衛官が死傷する事もあるという認識を、どれほどの日本国民が覚悟を持って受け入れているのでしょうか。仮に今後、自衛隊が派遣先で戦闘に巻き込まれ死傷者を出した、あるいは民間人を誤って殺傷してしまったという事が起きた場合、その責任は誰が取る事になるでしょうか。このような事態が起きた場合、政治問題化することは容易に想像できますが、国際社会に積極的平和主義を行うと宣言してしまった手前、死傷者が出た、出してしまったと積極的平和主義を取り下げる事は簡単にできません。
[ 2016/08/24 22:35 ] [ 編集 ]
駆け付け警護で実際に死者が出たら確実に憲法違反だよ。今までは付随的違憲制(つーか権力側の都合)で最高裁は自衛隊関連の訴訟を退けてきたけどもう無理筋だろう。だから今の政府は何としても9条を無くしたいんだろうな(呆)
[ 2016/08/24 22:37 ] [ 編集 ]
自衛官は、戦場へ

最高司令官は、ゴルフ場へ

#天ぷら野郎
天カス以下と話題
http://my.shadowcity.jp/BgoVZs2CQAA-BVK.jpg
[ 2016/08/24 22:52 ] [ 編集 ]
たかじんのそこまで言って委員会
安倍総理 、私はお国のために死ねる。→△
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/dd/97f5af6160fcc90981e16efd1d57d29e.jpg
[ 2016/08/24 22:56 ] [ 編集 ]
人道云々以前に戦略的意義が見えない
[ 2016/08/24 23:04 ] [ 編集 ]
[ 2016/08/24 21:55 ] 名無しさん
>盆休み中に読んだ読売新聞の記事で知ったけど、南スーダンの大統領に、「国連軍に国内を占拠される訳にはいかない。」との理由でPKOの平和維持軍の増員を断られたらしいよ。当事国の許可が無いと、軍隊の派遣は出来ないそう。どっちが本当?

どっちが本当って、それとこれとは別のニュースですよ。南スーダンの大統領が嫌がっているのは本当ですが、国連としては増派したいところ。これは、まだ話し合いの最中のはずです。

ここで取り上げているのは、それとは別の話で『駆け付け警護などの任務が付与されることを想定した訓練が始まる』という話。

実際の新任務については『現地の情勢を判断しつつ、実際に任務を付与するかどうか判断する。』とありますから、これは新任務が決まったというニュースでも派遣が決まったというニュースでもありませんよ。

ちなみに、ケリー米国務長官が主張した増派は武装解除を進める武力介入部隊ではなく、治安確保を目的とした防護部隊です。警察的なお仕事だけど、悪者がロケット砲持ってるというようなことですね。憲法違反の疑いはあるものの、戦争に行くのとはちょっと違いますよ。

思い込みが激しい人たちの脳内ではさっそく犠牲者が出ているようですが、まだこれから訓練を始めるところですから、犠牲者が出る予定は全くありません。

発狂するにはまだ気が早すぎますよ。もう少し待っててくださいね(笑
[ 2016/08/24 23:16 ] [ 編集 ]
>発狂するにはまだ気が早すぎますよ。もう少し待っててくださいね(笑


死者がでるまで呑気にしてろと。よく(笑)えるな…
[ 2016/08/24 23:35 ] [ 編集 ]
2316は南スーダンの現状を知らないようだが大丈夫か?
[ 2016/08/24 23:52 ] [ 編集 ]
とうとう日本人が外国の紛争地で殺し殺されるときが来るのか。
よけいな怨恨をしょいこむだけだと思うからやめてほしい。
[ 2016/08/24 23:52 ] [ 編集 ]
これをきっかけに日本も自作自演自爆テロ演じて他国に侵略戦争仕掛けるのかな?
(9.11みたいに)
[ 2016/08/25 01:29 ] [ 編集 ]
さすが凄い住人揃いですな!まだpkoと戦争を混ぜご飯とは・・そりゃ安保法に反対する論理、本当に心配してるならPKO参加に反対しろっうの。 
[ 2016/08/25 03:35 ] [ 編集 ]
誰もPKOと戦争をごっちゃにしてなくね?
PKOとしての要件を満たすのか?って指摘があるくらいだし。
それかごっちゃにしてると思わないと気が狂うのか。
いい加減現実見ろよお花畑ウヨク。
[ 2016/08/25 04:42 ] [ 編集 ]
おぉ~っとズバリ指摘で逆切れか~(^^)

じゃ~聞くが



いつ国連の防護軍が編成され日本がそれに参加したんだ??


安保理で国連防護軍を議論中なんだが。
アンタらよ
いつも駆け付け警護駆け付け警護って政治の伝染病を絶叫してるが

あんなんは屁。


それより自衛隊の宿営地に避難した、住民や国連職員の保護防御が一番困難だろうが、安保法も読まずグウタラ憂さ晴らししてんじゃねえっうの。

自衛隊が武器使用出来る条件位理解してみ。
[ 2016/08/25 05:05 ] [ 編集 ]
ブヨク(ネトウヨ)って知能指数低いのに勝手に自分で勘違いして発狂して因縁つけてくるよな。

これだから植松君とキチガイネトウヨはタチが悪いwww
[ 2016/08/25 05:08 ] [ 編集 ]
ウヨとか書いてチンタラ憂さ晴らししてる連中を相手に説明しても無理じゃね?武器使用ルールも知らないみたいだよね^^^^^^)。
[ 2016/08/25 05:17 ] [ 編集 ]
武器使用ルール教えてよ
[ 2016/08/25 05:24 ] [ 編集 ]
今南スーダンで行われとるのがPKOじゃ無かったら、尚更自衛隊がいちゃまずいって話にしかならんじゃないか。
何を言っとるんだこいつは。
[ 2016/08/25 05:41 ] [ 編集 ]
自衛隊の武器使用ルールは自衛隊法に書いてありますョ~(^^)簡単に言えば、個人の(部隊含む判断による、警察職務権限に準ずる使用ですね。詳しく書いたら、又ヒケラカしになるので自衛隊法を読まれたら・。

[ 2016/08/25 06:00 ] [ 編集 ]
戦死者が出たら自民党に入れた人のせいですね
[ 2016/08/25 09:32 ] [ 編集 ]
⬆⬆⬆チミって本当痛い奴だな~9時すぎ投稿のチミね。だから、PKOに反対するのが筋って書いてあるじゃないか!まさか、現在のPKO協力法じゃ戦死の心配はねえって意味じゃないだろうな??‼❗
[ 2016/08/25 10:31 ] [ 編集 ]
ウヨチャンもサヨチャンも同類ざんしょ。書いてる中身は法律成立前と一緒、何が問題なのか意味を理解出来ないお惚けくんたちざます。
[ 2016/08/25 10:41 ] [ 編集 ]
安全なPKO活動など無い。髭の隊長さん、良心があればそろそろ口を開いたら如何がかと。
安全な活動と言われたカンボジアPKOでも実は大変で、選挙監視団で派遣された日本の警察官は実は治安維持活動もさせられて、自動小銃を自腹で現地調達してたってNHK特集でやってた。
AK47とマガジン(弾倉)込みで30ドルw それで助かるならオレでも買うわ。

[ 2016/08/24 20:11 ] >中国の石油利権を守ろうぜww
ペトロチャイナのネオコン利権が正しいのでは? 中国尖閣油田も然り。
[ 2016/08/25 11:30 ] [ 編集 ]
前からそうなんだけど、九州方面のかたが何故か多そうなミリ好きのひとって、読んでもらいたいから書いてくるんだろうに、
簡潔にコメントを書かないからまともに読んでもらえない。

●こういう根拠で
●自分はこう思う

それだけ書けばいろんなひとが興味を持ってくれるかもしれないのに、

●まず罵倒
●何か匂わせる
●質問する
●また罵倒

これじゃ読んでもらえないよ。普通に書けば私も読みたい。勿体無いね
[ 2016/08/25 11:52 ] [ 編集 ]
安保法制≒戦争法案 ではなく、安保法制を通す際の政府の行動の支離滅裂さが
『安保法制』を結果的に戦争法案にしている?という疑いを持たせているのですね。

◎安保法制を違憲な法律にしないために『憲法審査会を開催』します。
アドバイザーとして『政府自民党の信任した専門家』長谷部教授と二名の憲法学者が参加します。
⇒ 安保法制は『集団的自衛権の部分が違憲』なので修正してください。
⇒ 助言をガン無視&憲法学者たちをDISり出す。

◎菅官房長官『 安保法制が合憲という憲法学者がたくさんいます。』
⇒ 三人しか合憲判定せず(全員日本会議系)、他の学者は違憲・又は違憲の疑いがあると判定
⇒ 憲法学者全体をDISりだす。

◎安保法制が説明不足と新聞等で世論調査がでる。
⇒ 安倍首相『安保法制の説明をきちんと果たします。』
⇒ 野党『国会で安保法制の説明を』
⇒ 安保法制に関する説明は一切なし。なぜか安倍首相が『改憲を果たします』と『公約にもなかった行動』を力説。
[ 2016/08/25 12:56 ] [ 編集 ]
先に地震被災地に送ること優先してこそじゃないのか?

世界平和の為の活動が先だと思うんだが?
[ 2016/08/25 16:36 ] [ 編集 ]
(>_<)まだ集団的自衛権が憲法違反とか😅あのさ集団的自衛権の行使を容認したのは安倍内閣ってだけなんだけど。歴代内閣は違憲臭い~行使を容認しなかっただけだよね。個別的自衛権も充分違憲でしょうに、単2解釈改憲で容認しただけざます。自分たちの解釈だけが正義はサヨクの十八番だよね。

[ 2016/08/25 17:51 ] [ 編集 ]
戦争は金儲け 商談的自衛権
[ 2016/08/25 18:16 ] [ 編集 ]
いざというときに、
味方や助けてもらえる相互関係には
憎しみより優しさが大切

日本は大戦後、そうして世界復帰したし、
海外へも行けるようになった。

そういう心が日本を美しくしていると思うんだ
[ 2016/08/25 18:29 ] [ 編集 ]
誰も相手にしないパヨ・パヨ・パヨッス君も惨めだわな。
[ 2016/08/25 19:53 ] [ 編集 ]
国連、中立から交戦へ
「国連PKOの性質が大きく変わっていることを、多くの日本国民は知らないのではないか?」。
アフリカのシエラレオネなどで国連PKO幹部を務めた東京外語大大学院教授、伊勢崎賢治は感じている。

従来のPKOの役割は停戦監視などが主だったが、1994年6月ルワンダでの大虐殺をきっかけに「住民を保護する責任」という考え方が生まれた。

伊勢崎は「住民保護は現在の国連PKOの最重要任務で、その為の武力行使も認められている。
今は国連が現地住民を救う為に『交戦主体』として戦争をしなきゃいけない時代だ」と話す。

南スーダンでは今年2月にも北部の都市、マラカルの国連施設で民族対立が絡む武力衝突が起き、少なくとも19人が死亡した。
伊勢崎は「自衛隊が住民を守らねばならない事態が起きない保証はない。
襲いかかってくる敵は自衛隊を普通の軍隊と見なして攻撃してくる」と警鐘をならす。
[ 2016/08/25 20:14 ] [ 編集 ]
現地の人敵に回す恐れ
一等陸佐で隊長だった大坪義彦は任務の拡大を評価しつつ、「一定の武器使用はできるようになったが、究極はできない。
いくら法整備をしても、現場での判断の難しさは変わらない」と冷静に受け止める。
一方で「逆の側面も出てくる」と大坪。
武器をちらつかせることで、相手を刺激してしまうリスクだ。
「(武器の)下手な使い方をすると、(駐在している国の)国民を敵に回してしまいかねない」

世界各地の紛争地で活動する日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事の谷山博史は、世界最強とされる米軍でも「駆け付け警護」に失敗した経緯から、「駆け付け警護で実際に人を救出することは極めて難しい。
多くのケースは武力ではなく、『交渉』で解決に導かれてきた」と自衛隊による救出は現実的ではないと指摘する。
「(駆け付け警護によって)自衛隊が戦闘の一方の当事者となれば、それ以後、『攻撃対象』となる可能性が高い。
戦後70年間かけて築き上げてきた日本の『資産』や『信頼』を失わせる」と危ぶむ。(4月4日・東京新聞)
[ 2016/08/25 20:39 ] [ 編集 ]
安倍晋三が今か今かと切望していることとは
自衛隊の本格的な海外での武器使用と実質戦争参加となって日本人の血が流れ、憲法第9条を逸脱する既成事実が実績として作られることを安倍晋三は今か今かと切望しているのだろう。
[ 2016/08/25 23:24 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム