情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.08.31 23:00|カテゴリ:ニュースコメント(17)

ロシアのプーチン大統領が訪日へ!安倍首相と来月2日に会談!ロシア「平和条約締結問題も視野」


s_ice_screenshot_20160831-215532.jpeg

ロシア大統領が12月訪日=安倍首相と来月2日会談―高官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00000144-jij-int

極東ウラジオストクを訪問する安倍晋三首相との首脳会談が9月2日に行われることも発表した。インタファクス通信が伝えた。

 ロシア側が、大統領訪日の具体的時期に踏み込むのは初めて。経済協力を中心とした日ロ関係の発展に強い意欲を表明するとともに、訪日計画を早期に公表することで、日ロの接近に難色を示す米国をけん制する狙いもあるとみられる。



以下、ネットの反応























安倍政権になってからロシアとの関係はかなり変わっている傾向が見られ、ロシアも安倍首相の外交政策を評価する論調になって来ました。今回の会談とプーチン大統領の訪日は非常に重要な政策決定の場となる可能性が高く、ロシア側は平和条約の締結を示唆しています。

日本とロシアは太平洋戦争からずっと平和条約を締結しておらず、仮に締結となれば教科書にも記載されるような偉業となるでしょう。
また、平和条約と同時並行で北方領土問題の交渉も行われる見通しで、日本とロシアはアメリカの横槍を警戒しながら交渉を前に進めようとしています。
*年末年始の解散総選挙に備えて、安倍政権が外交上の成果を手に入れようとしている感じも?



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
フライドチキンの広告に目をやられました。

「じゃあ見るな」って話になるんだろうけどさ、広告多過ぎるんじゃない?
まとめブログ?の方がまだ読みやすいです。
[ 2016/08/31 23:23 ] [ 編集 ]
北方領土は帰って来ないよ。先行して経済協力始めちゃったもん。結局内弁慶なんだよ、この人。
[ 2016/09/01 00:33 ] [ 編集 ]
いよいよ安保破棄、日本独立の可能性も
ドル買い介入も含めて米債に返還、譲渡の見苦しい歴史、ある専門家は3000兆円と言い、私は1000兆円超は確実と見ていますが、日銀も支配され、増税連発で
国民は貯金無しが大半の事態に!

プーチン氏が福島を米国が爆破したと、真っ先に非難し最善の事後処理も提案
しています。米政策の日本絶滅方針は時間の流れの中、現実の変化で明確です。

去年から関東東北地域の4000万人避難を日ロで話し合いが進行してますが
まさか米の反対にもメゲズ、暗殺もされず、誰も出来ない事を阿部さんが
やるとは、驚きが尊敬に変わりました。

米国は去年から通常戦力でロシアに連敗中です、米国内の分裂も時間の問題で
今が独立のチャンスなのでしょうか? 9/2 以降に真実が判るでしょう
[ 2016/09/01 00:54 ] [ 編集 ]
安倍辞任=北方領土を完璧に失った!
http://ameblo.jp/jcjk-now/entry-12128797219.html

ついにロシア政府が激怒した!
 
2/11「北方領土を国民にタダであげる」と発表。

5月からタダでバラまかれます。もう終わりです。
(転載以上)

日本のメディアは、伝えない
[ 2016/09/01 00:56 ] [ 編集 ]
アメリカが黙ってないでしょ 俺は厳しいと思う
[ 2016/09/01 04:30 ] [ 編集 ]
同床異夢。ほめ殺しに気付かないのは裸の王様。
[ 2016/09/01 07:03 ] [ 編集 ]
北方領土返還はまだムリ。
[ 2016/09/01 07:36 ] [ 編集 ]
米にばれないように誰にも気づかれないように、こそっと素知らぬ顔で締結すればいいと思います。ほんで、何年後かにあれーこんなんが締結してあったーと騒げばいいのでは
[ 2016/09/01 07:58 ] [ 編集 ]
今度来日するのはどのプーチンかな。日本側はあれほどのちゃらんぽらんを演じる影武者は難しい。
[ 2016/09/01 09:13 ] [ 編集 ]
 極東ロシア軍にも近代化の動きはありますが、NATOに接する西部軍管区、ウクライナ・グルジア・イスラム過激派に接する南部軍管区に比べれば完全に後回しですね。

 北方領土に配備されている主な部隊は、国後・択捉島の第18機関銃砲兵師団と、択捉・シムシル両島の地対艦ミサイル部隊。
 第18機関銃砲兵師団は師団の割には3500人程度と小規模で、装備は旧式。2015年に最新の防空ミサイルが配備された以外は目立った装備更新はないとのこと。
 太平洋艦隊から分遣されている地対艦ミサイル部隊の現在の装備は1960年代の配備された旧式のリドゥートで、一応、更新の話があります。これについては地球温暖化により北極海航路が開けてきたことに対するシーレーン防衛という観点もあるでしょう。

ロシア海軍太平洋艦隊はクリル諸島に新たな地対艦ミサイルを配備する
http://rybachii.blog84.fc2.com/blog-entry-2792.html

 なお北方領土については軍事力そのものより軍事インフラの整備のほうが優先とのこと。1994年の北海道東方沖地震で被害を受け、その後も老朽化による劣化が目立つと。択捉・国後の5ヶ所に分散している軍事施設を各島1ヶ所づつに集約・近代化する計画もありますがあまり工事が進んでいないようで。これについては、ロシア国防省幹部が現地に訪問して工事を急ぐよう指示することで日本を牽制しているという見方と、逆に軍事インフラ建設を遅らせることを日本への取引材料とする見方もあるようです(北方領土を返還せずとも非軍事化を手土産にする)。
 ソ連時代にも基地を置かなかったマトゥワ島(松輪島)に海軍拠点を設ける計画についても、兵力を北側に移動させて北方領土の非軍事化への伏線という説が。
[ 2016/09/01 09:33 ] [ 編集 ]
ロ日間の「エネルギーリング」は長期的だが現実的プロジェクト
ロシアから『安価な電力供給』の話まで持ち上がっているのですね。
ロシアとの協調は安倍政権のいい仕事と言えそうです。

http://jp.sputniknews.com/opinion/20160824/2687616.html

東方経済フォーラムでは、ロシア極東からアジア太平洋市場にエネルギーを供給する契約締結の可能性について討議されるだろう。ロシア極東には、余剰発電容量があるため、すでに中国に電力が供給されているが、これはロ中両国にとって有益だ。アレクサンドル・ガルシカ極東発展相によれば、次の一歩となるのは、極東から日本そして韓国への電力の供給だろう。
[ 2016/09/01 09:43 ] [ 編集 ]
全方向イケイケばかりで思考にまとまりが感じられない。
統合失調症ではないかと心配しています。
[ 2016/09/01 10:31 ] [ 編集 ]
早く樺太と稚内の間にガスパイプラインを繋げて安い資源を売ってもらいましょ!
[ 2016/09/01 13:22 ] [ 編集 ]
ロシアは独裁傾向が強いが、これを機に日本でも民主主義がどーたらの批判を気にする必要が無くなる、、とか?
[ 2016/09/01 14:17 ] [ 編集 ]
あっちの国も、そっちの国も、こっちの国も、ロシアへと靡きますなぁ…
[ 2016/09/01 16:33 ] [ 編集 ]
日ロ平和条約で大きな敵は米帝のみに!
世界で過去の第一大戦からすべて英米合作の戦争商売とバレてしまった。
米税収2/3は宗主国英王朝にとられ、

日本の毎年50兆円以上が為替介・・米債転換・・米に預け返還見込み無し・ 
国債費18超円以上、これが毎年、米財政不足と戦争資金に回ってる。

日ロ平和条約締結は仮想敵国を無くし・、米上納金を無くす快挙!

武闘派阿部 の真骨頂が発揮されそう、ロシアは現在世界最強の実績! 
米の各州が独立を狙い 分裂寸前では日本独立を邪魔出来ないだろう。
[ 2016/09/01 20:20 ] [ 編集 ]
こいつら条約守んの?

どうせまた一方的にすっとぼけて破って来そう
[ 2016/09/03 11:42 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム