情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.01 21:00|カテゴリ:ニュースコメント(14)

【驚愕】今年は1950年代とソックリ!?五輪や安保騒動等が同じ件!1950年の大ヒット:ゴジラ&君の名は⇒2016年も・・・


s_ice_screenshot_20160901-153811.jpeg

1950年代の出来事
映画「ゴジラ」が大ヒット
映画「君の名は」が大ヒット
日米安保で安保闘争
東京オリンピックの準備

2016年の出来事
映画「シンゴジラ」が大ヒット
映画「君の名は。」が大ヒット
安保法案で反対運動
東京オリンピックの準備















これは凄い面白い発見ですね!確かに1950年代と今は類似する部分が多く見られ、微妙に異なる歴史を同じように踏んでいるのは興味深いと言えます。
1950年代以降はバブルがドンドン進んで、最終的にはバブル崩壊まで日本は行きました。これから日本がどうなるのかは分からないですが、ここまでソックリだとちょっと不気味です。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
そっくりといいますか、意図的にも繰り返しているんではないですかね。単純にいえばですけど。
[ 2016/09/01 21:19 ] [ 編集 ]
意図的な策略

「じいちゃんと同じ途を!」気持ち悪すぎる
[ 2016/09/01 21:20 ] [ 編集 ]
Bon Projection!
新海誠作品は、触れ得ない、儚い『何か』、
極まった思いの琴線を映像表現したもの。

そこに『君の名は』って、昭和分が濃過ぎ。鈴木臭い。
新海誠監督は自分を大事にしたほうがよい気がする

お昼どきにFMでラムちゃんとかに褒めちぎられているSF!

    グレッグっう、ンガ、んぐっ!!!

[ 2016/09/01 21:33 ] [ 編集 ]
はい電通
[ 2016/09/01 21:46 ] [ 編集 ]
>1950年代以降はバブルがドンドン進んで、最終的にはバブル崩壊まで日本は行きました。

 2012年以降はアべノミクスがドンドン進んで、最終的には財政・年金崩壊まで日本は行きます。
[ 2016/09/01 21:50 ] [ 編集 ]
大スターの子息誘拐事件
『身代金200万円を出せば正美ちゃんを返す』

あの時はビックリ。
まさかトニー谷の息子が誘拐されるとは。
50年代最大の誘拐事件だった。
[ 2016/09/01 21:56 ] [ 編集 ]
安倍が爺様の真似したいだけじゃん。
ますます、20世紀少年のともだちと化してきたな、安倍ちゃん。
[ 2016/09/01 22:41 ] [ 編集 ]
第五福竜丸と空母ロナルド・レーガン。
[ 2016/09/01 22:56 ] [ 編集 ]
50年代はアベノミクスも存在せず、未来への希望があっただろうね。
[ 2016/09/01 23:12 ] [ 編集 ]
所得倍増計画 1960 

所得税倍増計画 2020
[ 2016/09/02 00:29 ] [ 編集 ]
20世紀少年なつかしいな
古き時代を真似ようとしているのなら、あやかっての経済成長が狙い?
それとも単純にブームの再来がこのぐらいの期間なのか
[ 2016/09/02 00:37 ] [ 編集 ]
これはなかなか興味深いね。
そういえば、どっかの本で歴史は70年周期で繰り返しているという本があったな。
[ 2016/09/02 06:03 ] [ 編集 ]
日米安保で安保闘争と今回の兄ちゃん達を担いでの騒ぎを同列にするのは無理あるでしょw
[ 2016/09/02 08:47 ] [ 編集 ]
これはその4つがたまたま一緒なだけで全然似てないと私は思います。
1950年代の日本って言ったらこれから発展するしかないっていう
希望に満ちた時代であったはず。
今は逆にこれから衰退するしかないっていう状況でどっちかっていうとまるで逆だと思います。
むしろむのたけじさんや瀬戸内さん野坂さんのような戦中を知ってる人たちが言っていたように
今は戦前戦中に似てきているっていう論のほうが納得できます。

[ 2016/09/02 21:40 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム