情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.03 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

沖縄の高江ヘリパッド、自衛隊の大型ヘリコプターが重機を空中搬入へ!基地前は交通規制で免許証の提示が必須に!


s_ice_screenshot_20160902-192759.jpeg

沖縄の米軍施設工事で自衛隊ヘリが重機搬入の準備
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160902/k10010666291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016


s_ice_screenshot_20160902-192821.jpeg
s_ice_screenshot_20160902-192827.jpeg
s_ice_screenshot_20160902-192832.jpeg
s_ice_screenshot_20160902-192839.jpeg
s_ice_screenshot_20160902-192844.jpeg
s_ice_screenshot_20160902-192851.jpeg
沖縄本島北部で進められているアメリカ軍施設の建設工事をめぐり、現地で抗議活動が続く中、防衛省は自衛隊のヘリコプターを使って重機を上空から搬入するための準備作業に着手したことがわかりました。関係者によりますと、防衛省は、ほかの手段がなければ、今月中旬にも実施できないか検討しているということです。



高江 警察交通規制し免許証の提示要求 抗議封じ資材搬入
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-349377.html

資材搬入に伴い、抗議する市民の動きを封じるため、警察は高江橋付近で交通規制した。同訓練場メインゲート付近で通行する車両に警察官が免許証の提示を求めた。













自衛隊のヘリコプターをアメリカ軍基地の建設現場に投入するのは異例で、政府は重要な重機などを上空から搬入することで反対派の抵抗を無視して工事を円滑に進めようとしています。

一方の反対派も道路を車で塞ぐなどして抵抗していましたが、いずれも警察の車両によって強制撤去となりました。今は道路に検問が設置され、運転免許証などの確認作業が行われています。
沖縄県からも強い反発の声明が出ていますが、政府は工事の見直しなどはしない方針です。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
 抵抗市民はすっかり蹂躙されて、しばらくして、この市民弾圧事件は、忘れ去られました~ 日本人はすぐに忘れて、平常感覚の日常に戻っていきました~
とは、今度ばかりは、いかないぞ。
 すでに、日本国民は★戦争不可避確定の大きな罠の囲いの中なんだぞ。次々と恐怖の異常法制成立に国民は現実に取り囲まれている。国民は無関心の役立たずばかり… そこを売国連携者マスコミは狡猾に連携して、最悪誘導だし… 最悪社会への急変の歯車は刻々と回転しているというのに…
①国民主権の象徴の日本国憲法を、なんとあり得ない★腐敗内閣主導で憲法重要規定の独裁用途の条文の書き換え変更を強行しているという超異常事態だからだ。
②米国ネオコン人類の敵・自作自演戦争屋と完全につるんだ★戦争開始前提の日本国の勝手な民主主義弾圧統制社会体制作りが、強盗なみの強行採決・こそ泥なみ極秘採決等々であきらかだからだ。
※「異常偏狂カルト価値観共有者達」の独裁強行で、日本は★平和的民主的憲法を奪われ★戦争に向けての悪意格差拡大経済操作により、経済困窮者達の戦争繰り込みで、国民総動員体制を画策しているからだ。日本国の富の所有権も強奪され書き換えられる。
※「異常偏狂カルト価値観共有者達」の背後は、米国ジャパンハンドラーのコントロールであり、米国の経済植民地化と日本国民の奴隷化の腹黒い魂胆が明らか。
ゆえに、沖縄県民の高江の抵抗はこれまでの公共事業の強行とは、一線を画す★民主主義・平和憲法破壊行為★完全な一触即発の大規模な戦争環境形成の大野蛮行為であるからだ。何に対しての抵抗か?沖縄県民が一番知っている。腹黒い二枚舌裏で狡猾な糸を引き「日本の傀儡政府」を動かす、「超破産大国米国の極悪戦争屋権力」に対しての抵抗なのだ。日本終了に直結する攻防なのだ。日本異常政府は、すぐ背後の★「超腐敗米国戦争権力」の極悪裏切り・日本国収奪をロボットとして代行しているのだ。日本国は米国極悪勢力の「内政干渉の極北」状況下にある。このまま悪化が続きついに、★★「オールマイティ独裁法」が成立した日には、どんな言い訳、泣き言も★「悪魔政府」には通じないのだぞ。完全な強制が猛威をふるい、国民の痛ましすぎる犠牲は未曾有レベルに達する。しかし、誰も停止できない。
[ 2016/09/03 07:56 ] [ 編集 ]
相模原殺傷容疑者 
首相宛ての手紙 「党本部に持参」
http://www.asahi.com/articles/ASJ924QFCJ92ULOB00Q.html
 
http://news.livedoor.com/article/detail/11811980/
 
07:56 の様な、ネット利権集団による成りすましも同類ですな。
[ 2016/09/03 08:46 ] [ 編集 ]
まず周辺地図を
https://pbs.twimg.com/media/CpUFPgcUIAAwNru.jpg

北部訓練場N1北側 工事道路9割完成 G、H地区も着工可能
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-347775.html

北部着陸帯工事 国、農道での搬送検討 自衛隊ヘリ案も浮上
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-346164.html

 現在、N1工事のため県道70号経由でN1表ゲートから工事車両が出入りしています。反対運動はあるものの、県道経由なので重機の搬入も可能。
 琉球新報によれば、新川ダムの堤防にかかる村道の10トン規制や村道の話が出ていますから、ヘリによる重機搬入はおそらくH地区やG地区向けの話だと思われます。N1表ゲートから重機を入れてN1裏ゲートから出すという手段も考えられますが、N1裏ゲートは反対派がテントを張って塞いでいたかな?

<沖縄・高江ヘリパッド>3地区同時工事で運搬車4倍に 1日124台、森への影響避けられず
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/59337

 H地区、G地区に対しては工事用モノレールを使用する案が出ており、今回のヘリによる重機搬入はこの工事用モノレール建設のためかもしれません。
[ 2016/09/03 08:51 ] [ 編集 ]
 なお該当の大型へり、CH-47が吊り下げ可能な重量は約12トンです。NHKニュースの動画ではユンボを吊り下げているようでしたが。重機の重心を勘案しながら、どこに吊り下げワイヤーをひっかけるか、空輸による風圧で重機が大きく揺れたり傾いたりワイヤーがねじれたりしないかテストしていると思われます。
 テストの現場は千葉県の木更津駐屯地。ここは第1ヘリコプター団が駐屯する陸自ヘリの一大拠点です。ヘリの数が多いから航空祭も派手。
http://rikuzi-chousadan.com/ibento_houkoku/2013/kisaradu2013.html

 那覇駐屯地の第15旅団 第15ヘリコプター隊にはCH-47JAが配備されていますから、実際の作業にはこちらの機を使うと思われます。
http://www.mod.go.jp/gsdf/wae/15b/15b/images/15heri/koukuuki.htm

重機吊り下げの例

陸自ヘリ、重機を「駒の湯温泉」へ 2人不明の捜索
http://www.asahi.com/special/08006/TKY200806260081.html
[ 2016/09/03 08:55 ] [ 編集 ]
警察、自衛隊は税金泥棒の集まりですね。

「安保法制は、誰が一番儲かるのか」

三菱重工業と三菱商事、2兆円近い売上増と、2000億円近い経常利益増。
防衛省の予算配分が、そのまま反映。
 
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=94271
[ 2016/09/03 09:25 ] [ 編集 ]
何でこいつら、必要以上に抗議してんだ!

こいつらのやってる事は、日本の公益に合わない。自衛隊出動させて、機関銃で威嚇射撃すればいい。
[ 2016/09/03 10:10 ] [ 編集 ]
【沖縄・高江弾圧から見える憲法改正の恐ろしさ】
http://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/entry-12184829736.html
[ 2016/09/03 10:16 ] [ 編集 ]
>自民がんばれ

オマエが頑張ってリンク貼れば貼るほど、自民党の危険性が見えてくる。
アンチ自民を増やすだけ(笑)

自民党の支持率下げるのが、仕事かな?
夏希とは別の意味で笑えるよ(爆)
[ 2016/09/03 10:20 ] [ 編集 ]
「怒りは限界を超えた」。沖縄、米軍属の犯罪への抗議集会に6万5000人!海兵隊撤退などを決議!!
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/7bad150c8529d687a4629b242131ed14
[ 2016/09/03 10:28 ] [ 編集 ]
この基地外じみた抗議の方がサヨクの危険性が見えてくるわ
まともに報道されないのは、本土の人間が見てどう思うか考えたら、サヨクメディアでもできないわな

基地や施設反対を訴えるなら、これこれこういう理由で海兵隊は沖縄でなくて構わないんだから負担軽減してくれとか論理的にやるべきだろ
[ 2016/09/03 11:16 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/03 10:20 ]
ご安心ください。
先日の調査でも支持率は6割を越え、党紀改正で安倍さんの任期延長が取りざたされている状況です。


米海軍用のオスプレイ、日本配備へ 2026年までに交代
http://www.sankei.com/politics/news/160830/plt1608300009-n1.html

 米海兵隊が使用するMV-22(普天間配備)、自衛隊が使用するMV-22(佐賀もしくは木更津配備予定)、米空軍が使用するCV-22(横田配備予定)に続いて、米海軍が使用するCVM-22の話が具体化してきました。
 これは陸と空母の間の輸送任務に使用する機で、F-35のエンジンを空輸できるのが特徴です。


<宮古島・陸自>防衛省、千代田案を提示 大福牧場配備は断念
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60446
> 配置案を示された下地市長は「(千代田地域に)ヘリポートや弾薬庫などが一切ないと説明を受けた。一安心している」と一定の理解を示した。今後、防衛省が配備に関する資料を提出すれば、関係法例に照らして「速やかに処理したい」と対応を急ぐとしている。

 住民や市民団体、自治体、市議会の有志会からは反対の声が上がっていますが、市長は前向きなようですね。
 最終的に「決定権」を持つのは誰なのでしょう。地権者と市長の意思で配備が可能なのか。


我が国の防衛と予算-平成29年度概算要求の概要-(PDF:4.9MB)
http://www.mod.go.jp/j/yosan/2017/gaisan.pdf
>○ 南西警備部隊に係る整備(746億円)
> 島嶼防衛における初動対処態勢を整備するため、警備隊等
> の配置に関連する奄美大島及び宮古島の庁舎等の整備
[ 2016/09/03 11:25 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/03 11:16 ]
>負担軽減してくれとか論理的にやるべきだろ

日本政府は検討中だったりします。

米軍オスプレイ、沖縄県外での訓練を拡大 日本が費用負担
http://jp.reuters.com/article/okinawa-idJPKCN1173UG
[東京 1日 ロイター] - 日米両政府は1日、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)に配備する新型輸送機オスプレイの県外訓練に必要な費用を日本側が負担することで合意した。同基地の移設計画が難航する中、県外での訓練を増やすことで、沖縄の基地負担軽減に向けた取り組みをアピールしたい考え。
[ 2016/09/03 11:30 ] [ 編集 ]
現場見てると無能警察の違法行為があまりにもひどいですね。やりたい放題やっている。無能だから憲法とかわからないのだろうね。正義の市民の方々には頑張っていただきたいです。
[ 2016/09/03 12:12 ] [ 編集 ]
いつもの赤シャツちびっこ群小倅ドもが吠える吠える😄😄😄😄ホント因縁専門愛国者一味だな👍👍
[ 2016/09/03 13:51 ] [ 編集 ]
「正義」とか安易に使うな、きな臭い
あ、「真実」もかw
[ 2016/09/03 15:55 ] [ 編集 ]
ここの自民支持者って、大企業の幹部や上級官僚なの?w
そうでないなら
この高江への矛先が、将来自分にも却ってくるってことを肝に銘じておけ

自民を支持しようが、安倍にとってはお前らも単なる家畜にすぎない
[ 2016/09/03 16:09 ] [ 編集 ]
普天間代替施設が嫌ならゴキナワ人は沖縄から出て行け!
[ 2016/09/13 21:03 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム