情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.04 23:00|カテゴリ:政治経済コメント(12)

【大転換】明治時代以来の規制緩和を実施!銀行の営業時間の制限を撤廃!夜間や休日に営業も?


s_ice_screenshot_20160904-170606.jpeg

s_ice_screenshot_20160904-170020.jpeg
s_ice_screenshot_20160904-170028.jpeg
s_ice_screenshot_20160904-170057.jpeg
s_ice_screenshot_20160904-170104.jpeg

銀行の営業時間が自由に 明治時代以来の規制を緩和
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000082690.html

明治時代から続く規制を緩和します。金融庁は今月の下旬から、銀行の営業時間を自由に変えられるよう制度を改正します。
現在、銀行は平日の朝9時から午後3時までの6時間、休まず開けておくことが義務付けられています。しかし、過疎地など来客が少ないところは銀行の負担が重く、店舗を撤退する要因になっていました。






銀行の営業時間が自由化されることで、都心のような利用者が多い場所では今まで以上に銀行の利便性が向上することになるでしょう。ただ、人が少ない地方の方では逆に営業時間が短縮され、銀行の使い勝手が悪くなるかもしれません。

場所によってかなり差が出てくる可能性が高く、結果的に都市圏への一極集中を加速させる要因になりそうです。今月下旬から営業時間の自由化が開始されることから、早めに銀行の営業時間をチェックしておくと良いと思います。

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
今更何がやりたいんだろうね。

今はネットバンクでコンビニのATMが24時間365日手数料無料で使えるところも沢山あるし

振り込みはスマホで出来るから殆ど意味なくね?

情弱用かな?
[ 2016/09/04 23:17 ] [ 編集 ]
はい地銀は終了ね。
[ 2016/09/04 23:22 ] [ 編集 ]
自由化したからといって、大手が地方に進出するメリットってあまり感じないけどな
地銀は、地域に定着して馴染んだ個人病院と似たようなもんだろ
[ 2016/09/04 23:26 ] [ 編集 ]
地銀の不採算店舗は、ほぼ撤退って事でok?
[ 2016/09/04 23:37 ] [ 編集 ]
オレ、オレだよ時間延長だよお母さん
ATM.あんたら手数料儲けすぎ

[ 2016/09/05 00:20 ] [ 編集 ]
サービス残業合法化しちゃったんで、
タダ働きさせ放題w

当の銀行は、マイナス金利で3000億の赤字!

日本を壊し放題の安倍政権!!
[ 2016/09/05 00:30 ] [ 編集 ]
民間銀行の破綻から日本のデフォルトは始まるんじゃないか?
[ 2016/09/05 00:39 ] [ 編集 ]
BANK銀行の金融支配は終わりということ。
銀行は預金を元手に事業を拡げられるだろ。
[ 2016/09/05 00:49 ] [ 編集 ]
預金封鎖へのステップ
[ 2016/09/05 00:55 ] [ 編集 ]
誰向けの政策なんだか……
銀行窓口を利用する人間なんて高々知れてるのに今更時間延長とか……
やはり銀行の規模縮小化の口実を与えたいだけなのか?
[ 2016/09/05 02:36 ] [ 編集 ]
むしろ一般商店は(欧米様に合わせて)
深夜に営業するなという意見を最近見かけるけどね

で、衰退した地方には、将来的に
どんな人たちが日本の土地を買って住み着くことになるんでしょうね
[ 2016/09/05 04:20 ] [ 編集 ]
いよいよ始まり出した感じですね…
[ 2016/09/05 07:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム