情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.05 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

【アカン】国内の8原発13基で強度不足の恐れ!フランスの鋼材問題が波及!東電などが確認、稼働中の原発は停止せず


s_ice_screenshot_20160905-204116.jpeg

国内8原発13基で強度不足疑われる鋼材使用-稼働中の川内原発2基も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-02/OCVGIF6K50XU01

東京電力ホールディングスなど6社は31日、8原発13基で強度不足の疑いがある鋼材を原子炉圧力容器に用いていたと原子力規制委員会に報告した。稼働中の九州電力の川内原子力発電所1、2号機も含まれ、各社は来月末までに鋼材の強度を確認して規制委に報告する。



東京電力 原子炉圧力容器の製造方法及び製造メーカーの調査結果について(報告)
http://www.tepco.co.jp/press/release/2016/1321101_8626.html


2016年9月2日
東京電力ホールディングス株式会社

 当社は、本日、原子力規制委員会より発出された「仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析※の可能性に係る調査について(指示)」(2016年8月24日付)に基づき、原子炉圧力容器の製造方法及び製造メーカーの調査結果について、原子力規制委員会に報告いたしました。

 引き続き、受領した指示内容に基づき、今回調査した原子炉圧力容器における鍛造鋼の炭素濃度領域について評価を進めてまいります。



以下、ネットの反応


















先日に取り上げたフランスの原発強度不足問題の続報です。日本でも複数の原発で疑惑が浮上していると指摘されましたが、東電などの電力会社も疑惑の鋼材が使用されていると確認しました。

強度不足問題の鋼材が使用された原発は8ヶ所で、稼働中の川内原発も含まれています。各社は来月末までに鋼材の強度を確認して規制委に報告する予定ですが、稼働中の原発に関しては現状を維持する方針です。

国民からは半ば呆れ気味の声も多く見られ、原発対策の強化を要望する意見が多数となっていました。







関連過去記事

【酷すぎ】国内8原発13基に強度不足が浮上!圧力容器などの重要設備、川内原発や高浜原発等など!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13226.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
第一発見者のフランス側が該当部品を使用した原発を止めてませんしね。
どの程度の危険があるか、フランスの考えがうかがい知れます。
[ 2016/09/05 22:09 ] [ 編集 ]
日本国内逃げ場なしになりつつある。
[ 2016/09/05 22:48 ] [ 編集 ]
問題ないんだろ?w
やらせとけよ
[ 2016/09/05 22:52 ] [ 編集 ]
現在稼働中の原発は我々国民に生命と健康に深刻な脅威をもたらしているので精神的苦痛も含めて莫大な金額の損害賠償請求をして原発を動かすと損をする事を思い知らせる必要があります。
[ 2016/09/05 23:13 ] [ 編集 ]
日本人は自身の健康と生命を守る権利を放棄したのでしょうか?
[ 2016/09/05 23:16 ] [ 編集 ]
あるときピシーッと亀裂が走る
[ 2016/09/05 23:20 ] [ 編集 ]
川内原発の免震棟撤回 原子力規制委、九電に説明のやり直し要求
『免震重要棟』は地震でも『内部が揺れない』ことが大切なはずなのですが、九電の「耐震施設」にはその機能がないそうです。
さらに『原子力規制員会』からも厳しい叱責があったのですが、避難計画も含めてもう少し真面目に『安全対策に取り組んで欲しい』ですね。

http://this.kiji.is/133229924238558709
 原子力規制委員会は2日、審査会合を開き、九州電力川内原発(薩摩川内市)の免震重要棟新設計画の撤回について議論した。耐震構造への変更を主張する九電に対し、規制委は「免震棟では対応できないことの立証になっていない」とし、次回以降の会合で説明をやり直すよう求めた。

http://hunter-investigate.jp/news/2016/03/post-844.html
川内原発避難計画 バス協定は有名無実 ― だまされた鹿児島県民
2016年3月 4日

http://www.asahi.com/articles/ASJ8M3GTYJ8MTIPE007.html
川内原発避難計画「見直す必要」 三反園知事が周辺視察 朝日新聞 2016年8月19日
[ 2016/09/05 23:25 ] [ 編集 ]
要は金めなんだから電力会社に損させりゃ動かさないだろ。
[ 2016/09/05 23:30 ] [ 編集 ]
圧力容器の強度不足ですか❓
[ 2016/09/06 00:07 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/06 00:07 ] 名無しさんへ
それはもう前から解っていました。今回解ったのは(pwなので)蒸気発生器(①炉に4個ぐらい)の方です。近寄れないので非破壊検査は不可能ですし(内側)過去の資料は抽出サンプルの評価なので参考にもならないと思います。

現在可能なことは炉を停止し圧力を0にすることだけです。
[ 2016/09/06 00:32 ] [ 編集 ]
菅首相「絶対に撤退は無い。何が何でもやってくれ」 勝俣会長「子会社にやらせます」 ←子会社に出来るわけねーだろ
菅首相「絶対に撤退は無い。何が何でもやってくれ」 勝俣会長「子会社にやらせます」 寺田学・元首相補佐官の証言がすごい
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/421.html

寺田学・元首相補佐官が語る東日本大震災の15日間【1/8】 (Huffington Post 2016/8/30)
http://www.huffingtonpost.jp/manabu-terata/earthquake_japan_b_11757078.html

総理「原発が爆発する可能性はないのか」。
班目委員長「ありません」。
総理がしつこく問う。「本当にないのか」。
班目委員長「ありません」。
総理「水素は存在しないのか」
班目委員長「存在しません」。
総理がしつこく問う。「本当にどこにも無いのか」。
班目委員長「ありません。あ、でも、建屋脇の方の・・・・」。
総理「存在するじゃないか!爆発するかもしれないのか??」。

東電から撤退の申し出があったことを総理に報告。
総理から「撤退するって、それじゃあ原発はどうするんだ」と一喝。
「自分たちでコントロール出来ないから、他国に処理をお願いするなんてことになったら、
日本はもう国としての体をなしてない」。
現場の吉田所長に電話する。
総理から「撤退との話があるが、まだ出来るか?」
吉田所長「まだ出来ます」。

「撤退は許されない」
「撤退したら、日本はどうなるのか。東日本は終わりだ」
「自国の原発事故を、自ら放棄する事は、国として成り立たない。そんな国は他国に侵略される。」
「撤退しても、東電は潰れる。だからやるしかないんだ」。
[ 2016/09/06 00:46 ] [ 編集 ]
馬鹿は死んでも(汚染されても)治らない
[ 2016/09/06 01:17 ] [ 編集 ]
「ただちに安全上の問題は無い」・・・便利な言葉ですね。

本来は、「安全の確認が取れないうちは、
大事を取って停める」ものだと思いますけどね。
[ 2016/09/06 06:29 ] [ 編集 ]
国民心中を覚悟せよ

放射能まみれになって苦しむ姿が近々ということ

車の欠陥ならすぐリコール・・・ただし、大型核爆弾搭載車は欠陥があっても走り続けても良い・・・この矛盾
[ 2016/09/06 08:19 ] [ 編集 ]
即時停止のうえ全原発廃炉!!
[ 2016/09/06 12:02 ] [ 編集 ]
周辺住民は、少なくとも電力会社に
「原子炉の強度が設計通りだという技術的データ」
を出すよう、裁判を起こすべきだね。
じゃないと安全に暮らせないだろう。
[ 2016/09/06 16:47 ] [ 編集 ]
東電でも分かったように専門家など居ないんだよ
テレビや新聞雑誌で安全宣言していた御用学者や評論家ども出てこい お前達は犯罪者だ
[ 2016/09/07 03:11 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム