情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.07 20:30|カテゴリ:政治経済コメント(10)

【連鎖】韓進海運に続き現代商船も危機的状況に!世界6位の海運業者、赤字で次々に売却へ!


s_ice_screenshot_20160907-121352.jpeg
*海運

韓進海運に続き現代商船まで…世界6位の韓国海運業が崩壊の危機
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/07/2016090700623.html

当初現代商船が法定管理(会社更生法適用に相当)を回避できたのは、現代証券の売却などで1兆2000億ウォンの資金を確保できたからだ。債権団主導の経営再建を脱してからわずか1カ月で余裕資金が1兆2000億ウォンから7000億ウォンに急減したことは危険信号と言える。

 現代商船は世界的な業況からみて、2018年までは営業赤字が避けられないとみている。今後2年間の損失は1兆5000億ウォンを超えると推定される。



以下、ネットの反応
















現代商船は世界6位の海運企業で、韓進よりも規模が大きい大財閥となっています。そこが経営難で苦しんでいるわけで、韓国経済が崖っぷち寸前になっていることがわかると言えるでしょう。
先日に現代証券の売却などで1兆2000億ウォンの資金を確保しましたが、これで売れる物は全て手放した状態になりました。

2018年頃が事実上のタイムリミットだと言われており、今後も動き次第では韓進よりも酷い事態になるかもしれません。下手をすると世界経済崩壊の引き金にもなる恐れがあると言え、現代商船は注目したほうが良いです。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
YouTube
ネット右翼のチャンネルをブロックする方法。

http://support.google.com/youtube/answer/56113?hl=ja
 
これで、虎ノ門ニュースやKAZUYAチャンネルなどの
子供に見せたくない詐欺チャンネルは表示されなくなる。
[ 2016/09/07 20:48 ] [ 編集 ]
破綻のニュ-スがあってから、たまたまでしょうがでかいコンテナを載せたトラックが毎日ガタガタ音立てて通ってましたが、幾分減って良かった、今だけでしょうが、世界的に経済が不安定化してますが、この先もっとデカイ破綻があるのでしょうね、何が起きるのでしょうか?
[ 2016/09/07 20:57 ] [ 編集 ]
・・・米韓FTAの行く末=TPP参加後の日本・・・
[ 2016/09/07 21:00 ] [ 編集 ]
アベノミクスの効果がどんどん出てきたな。
[ 2016/09/07 21:05 ] [ 編集 ]
1月頃だかに、バルディック海運指数の
事を阿修羅掲示板でみて。しばらくは海運から目が離せないと掲載してたんだよね。
[ 2016/09/08 00:37 ] [ 編集 ]
警報! 
米国金融株ETFに9月6日売りサイン登場。
NY市場を牽引してきた大手銀行株にも大きな売りサインが点滅。
[ 2016/09/08 03:23 ] [ 編集 ]
船舶輸送は生命線だから深刻な事態。
[ 2016/09/08 05:09 ] [ 編集 ]
世界経済の崩壊楽しみです。もう頑張らなくていいから早く崩壊してほしい
[ 2016/09/08 05:41 ] [ 編集 ]
米国では自動車向けサブプラーム・ローン破綻が始まってるそうだね。
住宅ローンも付け替えでごまかしただけなので韓国とどっちの破綻が先か。
EU・日本も秒読み。ロシア・北朝鮮は破綻処理済みだし中国は文化大革命の前歴があるから何とかなるだろう。
[ 2016/09/08 11:36 ] [ 編集 ]
イタリアの一部銀行は取り付け騒ぎかわおこっていたり、三菱UFJ銀行のビットコイン案があるようだし益々怪しい動き。
農家じゃないからお米の備蓄と水.トイレットペーパーなど安価な時に買い足してます。
[ 2016/09/08 15:03 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム