情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.16 21:00|カテゴリ:原発関連コメント(11)

福島第一原発1号機で建屋カバーを解体!昨年に屋根を解体、今月から壁の作業!線量に大きな変動はなし


s_ice_screenshot_20160916-173800.jpeg

東電資料 福島第一原発1号機建屋カバー
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2016/images2/handouts_160913_01-j.pdf

s_ice_screenshot_20160916-173731.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-172804.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-172841.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-172901.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-172921.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-172949.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-172957.jpeg

福島第一原発 建屋覆うカバーの壁を解体
http://www.news24.jp/articles/2016/09/13/07340810.html

s_ice_screenshot_20160916-173428.jpeg
s_ice_screenshot_20160916-173436.jpeg

福島第一原発1号機 建屋のカバー解体きょう再開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160912/k10010681501000.html

東京電力福島第一原子力発電所で、放射性物質の拡散を防ぐため、事故を起こした1号機の建屋全体を覆うように設置されていたカバーの解体が、使用済み核燃料の取り出しにむけて12日から再開されます。



ホワイトフード放射能速報地図
https://news.whitefood.co.jp/radiationmap/

s_ice_screenshot_20160916-173502.jpeg






福島第一原発1号機の建屋カバー解体工事の第二弾が始まりましたが、今のところは付近の住民が心配しているような線量の上昇は観測されていません。
というか、既に昨年から行われている建屋カバー解体工事の第一弾で内部の放射能は放出された印象があり、中身は空っぽに近い状態となっているのでしょう。

これから春頃まで解体作業を続け、瓦礫の撤去作業を終えた上で、2021年頃に核燃料の取り出し作業を開始します。1号機は小規模な爆発が観測された建屋で、溶けた核燃料の行方は分かっていないです。
取り出すのは建屋上部のプールに保管されいる予備の核燃料となっており、今後も年単位で作業が継続することになります。

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
批判続出!東電が「嘘」をついて原発の調査を妨害していた
http://matome.naver.jp/odai/2136024346591841101

[ 2016/09/16 21:46 ] [ 編集 ]
東京都内を走った車、中古車業者に輸出で処分してもらおうとした所、
エアフィルターの線量が高く、輸出出来なかったそうです。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/0aa9f89cbb1cbeb2982bc973c5229368
[ 2016/09/16 21:50 ] [ 編集 ]
線量率変化なんてあるわけ無いでソ
ヤバいものはもうそばに無いから当たり前
メルトスルー1号機よりも只のメルトダウン2号機から回収しなさいな
でも
出来ないのが現実
だって危ないものがそばに有るから
メルトダウン2号機の危ないものはそばに有るそして
取り出す処か近づくことすら出来ません
これが現実
残念ショウ
まあなんだ
お手上げ
[ 2016/09/16 22:01 ] [ 編集 ]
なんじゃ、こりゃ
日米合同委員会の議事録
 国、情報公開は応じず
 2016年9月14日 朝刊(東京新聞)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016091402000119.html

主権国民

主権安倍内閣

主権アメリカ ←イマココ
[ 2016/09/16 22:14 ] [ 編集 ]
2015年4月に葛尾村と南相馬で通常の1000倍以上の線量が叩きだされ、周辺地域も高線量を計測。
その直後、高線量を計測したモニタリング・ポストは「故障中」として交換されました。

これ、線量上昇途中に次々に「機器点検中」になったので、実際はさらに上昇していた可能性があります。
高線量を出したのはすべて「震災前に福島県が設置」したものだそうです。
以後、国が設置した機器で高線量は検出されません。

【これは酷い】モニタリングポスト(放射能測定器)の不具合、福島県が77台分の契約を打ち切る!4月上旬に半数のモニタリングで数値が急上昇!一部は1000倍に!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6259.html
[ 2016/09/16 22:38 ] [ 編集 ]
プルトニウム、ウラン、その娘核種などなど・・
危険な核種は、一般的なガイガーやモニタリング・ポストでは測れません。

でもほんの少しでも肺に入ったら、直ちにではないけれど超絶危険。

積もったものが飛散するので、そもそも目立ったガンマ線量の上昇はありませんが、当たり前ですが、壁を取っ払ったら大量に飛びます。

★PM2.5粒子 2.5ミクロン(μm)
★プルトニウム粒子 0.3ミクロン(μm)
★セシウム粒子・ストロンチウム粒子 0.0006ミクロン(μm)
★ウラン粒子 0.0005ミクロン(μm)

大きいPM2.5が中国から飛んでくることからわかるように、風に乗って西日本まで飛びます。

[ 2016/09/16 23:18 ] [ 編集 ]
スギ花粉粒子
30ミクロン(μm)・・・巨大。

花粉症マスク、放射性物質の前に手も足も出ず。
[ 2016/09/16 23:23 ] [ 編集 ]
ここ数日東京では風向きが福島から入る日は線量上昇してるのは事実。
尚 ゴミ焼却場方向から風が入る時も線量上昇も事実。
母子疎開後 仕事柄ここに住むのは既に限界を超えてるが、
本当にもう無理かも知れない。
オリンピックの1年前まで粘るつもりだったが。
[ 2016/09/17 00:32 ] [ 編集 ]
現場の作業員はいつまで確保できるのか?この先建屋周りの作業はいろんな資格が必要な割合が右肩上がりになるのだけど。

身元確認が義務づけられようとしてるがそれで雑用係は本当に確保できるのか?

他の原発の再稼働なんかやってたら作業員なんかすぐにふそくするんじゃあない?
[ 2016/09/17 01:09 ] [ 編集 ]
中国地方には、東北の8000ベクレル(!)/Kg以下の「普通ゴミ」が運び込まれて焼却されています。
季節外れの花粉症が増えたのは多分それ。
普段は空気がいいから免疫がない。
一部水源地域にも広大な埋め立て地が決定しました。

東北のゴミ焼却は詳細がツイートされたり、ブログ記事も多数あったけれど
今は消えている謎。
[ 2016/09/17 10:25 ] [ 編集 ]
13日の作業開始以来、降雨のある地域で線量が一時的にはね上がっています。
降り始めは要注意です。

ちりに付着した放射性物質は防御できるので、花粉症マスクでもしないよりははるかにまし。
雨が上がって乾燥したときに飛びそう。
[ 2016/09/17 12:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム