情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.17 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(53)

日米合同委員会の議事録、政府が情報公開を拒否!外務省が不開示と判断!日米関連の重要会議


s_ice_screenshot_20160917-155100.jpeg
*官邸

日米合同委員会の議事録 国、情報公開は応じず
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016091402000119.html

 日米合同委員会の議事録を非公開とする日米合意の文書が、国側の証拠として裁判所に提出され、誰でも閲覧できる公開状態になっているのに、国が情報公開を拒否していることが分かった。安全保障に関する情報公開を必要以上に広い範囲で制限する国の後ろ向きな姿勢が浮かんだ。 (清水祐樹)



外務省 日米地位協定Q&A
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/qa12.html

問12:日米地位協定の実際の運用については、日米合同委員会で合意される秘密の合意で決められているというのは本当ですか。
(答)
 日米合同委員会は、日米地位協定の実施に関する協議機関です。日米合同委員会における協議を経た合意事項は、そのほとんどが施設・区域の提供、返還等に関する事項であり、従来より、米側との協議の上で、その全文又は概要を公表してきています。今後とも、日米合同委員会での合意についての公表に努力していきたいと考えています。



以下、ネットの反応
















裁判所に証拠提出された文書は訴訟記録となり、民事訴訟法では誰もが閲覧を請求することが出来るとなっています。それなのに、日本政府は日米合同委員会の議事録を公開しなかったということです。

外務省の公式ホームページには「米側との協議の上で、その全文又は概要を公表してきています。今後とも、日米合同委員会での合意についての公表に努力していきたいと考えています」というような記述がありますが、全く情報公開の努力をしていないと言えるでしょう。

日米合同委員会では日米同盟に関するあらゆる事案について話し合いが行われており、基地利用から軍事作戦、領空問題などが議論されています。
中には国民生活とも直結するような問題があるわけで、情報公開の要求は正しい権利です。今回の非公開に関して、国側は明確な説明を国民にする必要があります。



関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
特定秘密文書だか何か法律出来んかったっけか
それの延長線上で出さなかったんじゃねーの

こういう秘密文書(議事録)は日本国民にとっての不利益を押し付けようとしてるんじゃねーかな
明確な利益であるなれば実績として堂々と公表するだろうからね
或いは中国やロシアをけん制する内容も同じで公表するだろうね

もしかしたら大統領がトランプになった場合のことを話し合った可能性もあるわな
まぁ碌でもない内容だろ
[ 2016/09/17 20:30 ] [ 編集 ]
占領軍が日本人抹殺計画を伝える場! 公表出来ません
沖縄を返しても、日本はモルモット化 データだけ米軍に渡すのが現状。
ロシア平和条約締結で安保破棄 日本で日本独立宣言! 
独立国として対米平和条約締結がベスト

日本の生存はプーチン様しだい なのだが 日本人に理解できる人は皆無。
[ 2016/09/17 20:37 ] [ 編集 ]
これで「自主独立のために憲法改正」とかどのツラ下げて
[ 2016/09/17 20:49 ] [ 編集 ]
日本政府が公開したくてもアメリカがストップをかけるだろ!属国なんですよ!日本は!まだアメリカから独立してないんです!ステルス支配され続ける日本!
[ 2016/09/17 20:52 ] [ 編集 ]
政権交代でディスクロージャ
時代は、ディスクロージャ(情報公開)

民主主義の破壊

安倍政権では、主権が、政府に変わっている。
[ 2016/09/17 21:07 ] [ 編集 ]
情報公開拒否 何故だー!!!

書籍の宣伝ではないが、「日本は何故「基地」と「原発」を止められないのか」を読んでみましょう。前、1/3だけならネット上のPDFでも読める。ググって探してね。

要するにまだ「占領下」なのですよ。
[ 2016/09/17 21:12 ] [ 編集 ]
政権交代しかない
[ 2016/09/17 21:14 ] [ 編集 ]
東京新聞、頑張ってますね。
(中日新聞も)

いま比較的信用できる大手新聞社は

この2つだけ。
[ 2016/09/17 21:15 ] [ 編集 ]
「日本は民主国家だ」という発言が見られますが、「官僚独裁民主主義」あるいは「一見民主主義」という変種です。英語の読めない人に情報は与えられていません。真実を知る者が多数派になる事はありません。
[ 2016/09/17 21:24 ] [ 編集 ]
東京新聞頑張ってください。
[ 2016/09/17 21:49 ] [ 編集 ]
日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?
(週プレNEWSより)
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/04/38278/

日米安保は憲法に優先するのですが、その具体的な内容に踏み込んだのが『日米地位協定』で、これがあるがゆえに『膨大な横田空域』が米軍の支配下だったり、オスプレイがまったく制約なしに日本の空を自在に飛び回れるわけですね。

その日米地位協定を根拠にして具体的なことを決めているメンバーが日米合同委員会なわけですが、そのメンバーの一人、黒川氏は先日『甘利氏を無理やり不起訴』にする工作をしたらしいですね。
いやあ、どんな「素敵なメンバー」が揃っておられるのでしょうか?

http://ameblo.jp/et-eo/entry-12001516327.html
日米合同委員会の面々に顔出ししてもらおう!

●日本側代表 
外務省北米局長    冨田 浩司  
●代表代理
法務省大臣官房長   黒川 弘務  
農林水産省経営局長  奥原 正明
防衛省地方協力局長  中島 明彦
外務省北米局参事官  鈴木 秀生
財務省大臣官房審官  星野 次彦 
[ 2016/09/17 22:24 ] [ 編集 ]
夏希、はるこ、かばいきれずスルーw
腹立つ、コイツら。
[ 2016/09/17 22:26 ] [ 編集 ]
矢部宏治さんの「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」(集英社インターナショナル)によーく詳しく載ってるよ。
日本は情報公開に関してメチャクチャだから、アメリカの公文書館の資料を時間をかけて、かき集めてまとめた本なので非常に参考になった。
我々の知るのが遅すぎた位だ。次々と今まで知らされなかった腰を抜かされるような話が出てくる。
東京新聞では以前にも「こちら特報部」という名物コーナーで何度か目にした記憶がある。
日米合同委員会は月に2回、南麻布のフランス大使館の西隣にそびえ立つ、「ニュー山王センター」というホテルのような大きな施設で行われている。毎月だ。もちろん、今までニュースになった事なんかない。報道ステーションで一度特集したかも知れない。
会議の内容やメンバーはもう、色々な所にでているから、書かないけど、アメリカ側の参加者は六本木ヒルズの北にあるトンネルの上にあるヘリポートに降り立って、そこからニュー山王センターやアメリカ大使館に車で移動している。
パスポート無しでツーカー状態だ。まるで占領地みたいだ。
もちろん、こんな国は日本だけだ。韓国でもフィリピンでもあり得ない話だ。
この国は本当に独立国なのだろうか?
いづれにしても鳩山元首相の時代から口火を切り、翁長沖縄知事を生んだり、何度かの大集会を経て、大きな課題が少しづつ動き出している感じだ。
面白くなってきた。
[ 2016/09/17 23:06 ] [ 編集 ]
なめるなよ、テロリスト政権が。
日米合同委員会日米地位協定が日本の問題の元凶。
日本に移民を入れろと口出ししているのはアメリカ。
中韓を従わせているのもアメリカ。
アメリカは最大にして最悪の反日国家。
[ 2016/09/17 23:16 ] [ 編集 ]
よく考えたら、当たり前の話なんだが。
米は日本を守るという「建前」があるので、日本を守る米軍の行動が
「日本の憲法」で制限されることがあってはならない → 当然の話

従って、安保条約は、日本国憲法よりも上位。
米軍人の権利は、日本人よりも上位。
(沖縄を見れば、誰でもわかる)
すべて、日本を守るという「建前」があるためにそうなっている。
[ 2016/09/18 00:01 ] [ 編集 ]
救国に立ち上がった 阿部総理を 支援しよう !
日本の、あらゆる情報はNASAに集まる、政治決定も99%極東軍が決定。
福島爆破後の対応が興味深い! 万年に一度の災害ミサイル爆破でも
安全が原発の条件だったはず・・
1、福島の石棺化を認めず 汚染垂れ流しを強要
2、汚染計器の改悪、数値発表も改ざん
3.人口統計、寿命統計も改ざん
4、放射能被害を原爆病と診断を禁止
5、放射能汚染物質の全国で焼却開始・・焼却被害は食べる被害の約400倍!!

これでは、無能で定評の阿部総理でさえ 日本絶滅を憂うしか無い!
過去の独立の動きを見せた田中総理 他多数が短命で終えている

まず独立が必要、ロシア御用達SPにして日ロ平和条約締結が第一条件で
そのうえで 安保破棄 日本独立でしょう。 誰も無しえなかった事に挑戦する
阿部総理を応援しましょう。
[ 2016/09/18 00:07 ] [ 編集 ]
0007なにゆうてますの…それと安「倍」ね、安さ倍増、円安倍返し、公安倍配置とか覚えるとよいです
[ 2016/09/18 00:21 ] [ 編集 ]
ん?0007、よく読んだらあれか、ゴメンゴメン
[ 2016/09/18 00:23 ] [ 編集 ]
>日米合同委員会は月に2回、南麻布のフランス大使館の西隣にそびえ立つ、「ニュー山王センター」というホテルのような大きな施設で行われている。毎月だ。もちろん、今までニュースになった事なんかない。
>パスポート無しでツーカー状態だ。まるで占領地みたいだ。 もちろん、こんな国は日本だけだ。韓国でもフィリピンでもあり得ない話だ。


↑これだけでも知らない人はたくさんいると思う。国内で右だ左だ男だ女だ若いの老害のと分かれて争っているのがまるでバカみたいな話だ…
[ 2016/09/18 01:07 ] [ 編集 ]
この見方は古いですよ
日本のゴロツキどもがやりたい悪事を、
アメリカにやらされているんだよと偽装しながらやる
勿論、協力者のアメリカにもアメをあげる

原発内で国民に知られたくないことをしようと思ったら
(例えば核兵器用の核濃縮とか)
ここから先は日米原子力協定によってお見せできませんと言えばいい
なんせそれは国際条約であって、憲法より上位にあるから何でもできちゃう
矢部氏はアッチ側の人間だから消されないんだよ
[ 2016/09/18 02:00 ] [ 編集 ]
単なるアホだろ
http://www.videonews.com/commentary/160917-01/

 NPO情報公開クリアリングハウスが昨年12月に、日米合同委員会の議事録の公開を求めて国を提訴したことは既報の通りだが(「政府は情報公開法の免除規定を拡大解釈している」)、その裁判で政府の外交文書の公開に対する異常な姿勢が明らかになる新たな展開があった。
 他でもない、情報公開クリアリングハウスが情報公開を求め、国がこれを頑なに拒否していた文書は、政府が別の裁判で自らの主張を裏付けるために証拠として提出しており、誰でも見られる状態になっていたことが明らかになったのだ。
 自己目的の達成のためには公開した文書でありながら、市民からの公開請求に対しては外交文書であることを理由に公開を頑なに拒否するという、政府のダブルスタンダードが明らかになった。
[ 2016/09/18 04:17 ] [ 編集 ]
アメリカに開示を求めたほうが早いんじゃ……。
[ 2016/09/18 08:22 ] [ 編集 ]
どらえもんのどこでもバケツで墓穴掘ったり場違い戯れ言限定ですかはぁ😞💨

[ 2016/09/18 10:12 ] [ 編集 ]
鳩山元総理「官僚たちは総理である自分ではなく『何か別のもの』に忠誠を誓っているように感じた」
鳩山由紀夫氏:首相の時はわからなかった「見えない敵」の正体/『それはつまり「日米合同委員会」の決定事項が、憲法も含めた日本の法律よりも優先されるということ』
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-518.html
鳩山元総理
「官僚たちは総理である自分ではなく『何か別のもの』に忠誠を誓っているように感じた」

自民党政権と官僚機構が完全に一体化していたということです。

この先、特定秘密保護法によって、ますます国民には何も知らせない国になるわけで、非常に恐ろしいことだと思います。

[ 2016/09/18 10:34 ] [ 編集 ]
安倍政権で始まった【富士山会合(日米合同委員会別会合)】 普通に日経にも書いてあるw
富士山会合
2016.06.11
http://takashin110show.blog119.fc2.com/blog-entry-2609.html

「富士山会合」
南シナ海問題「日米や周辺各国連携を」 富士山会合http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK05H0R_V00C16A6000000/

 日米の専門家らが国際問題を話し合う「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)の2日目の討論が5日、都内で開かれた。

隠したいのはこの会合。
メンバー

ゲイリー・ラフヘッド元米海軍作戦部長

エバンス・リビア元米国務副次官補

ジム・ケリー元米国務次官補

カート・キャンベル前米国務次官補

「前」「元」がズラリ。
wikiでは明らかになってないがこの人達の現在の所属が問題。

ジョセフナイ、アーミテージ、マイケルグリーン・・・いつもの皆様ですねw
[ 2016/09/18 10:50 ] [ 編集 ]
(安倍)首相「日米同盟に輝きを」 富士山会合であいさつ
首相「日米同盟に輝きを」 富士山会合であいさつ :日本経済新聞
2016年6月3日
http:// www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H27_T00C16A6MM8000/

富士山会合という名のジャパンハンドラーの集まりー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sntvor

日本の政策は
日本の国会ではなく、

富士山会合

で決まる!?

ちなみに、オバマより上!
[ 2016/09/18 11:00 ] [ 編集 ]
安倍ちん
「戦後レジュームからの脱却」

勝共連合(統一教会)政策


安倍ちん
「強い日本をとれもろしゅ」

アメリカの52番目の州へ(51番目は、韓国)

[ 2016/09/18 11:05 ] [ 編集 ]
中国で共産党が行う仕事を、日本では官僚が行っている。官僚はその対価として国民から「みかじめ料」(税金ともいう)を請求する。中華人民共和国は比較的新しい国(1949年建国)で既得権益者が日本より少なく、伸びしろが大きいので、共産党幹部が沢山取っても比較的問題は少ない。成熟国家日本は、政官財学マスコミが取った後にはほとんど何も残らない。一般日本国民には夢が無い。
[ 2016/09/18 11:13 ] [ 編集 ]
〈21:15〉東京新聞(中日新聞)頑張ってますね

6月18日東京新聞、1面に4段見出しで「官邸前『脱原発』集会200回に」という記事が載った。

官邸が発信する情報だけでなく、相対するデモや集会など市民側の動きも1面で報じる姿勢はいかにも東京新聞らしい。
1面題字下に「読者と共に」というスローガンはダテではない。

だからこそ「プレジデント」(7月18日号)が外国人記者の評価に基づいて「日本のマスコミ」信頼度ランキングを実施した所、東京新聞が断トツの首位に躍り出たのだろう。

ファクラー氏ら記者は東京新聞の「ウォッチドッグ・ジャーナリズム」(権力監視型報道)を評価しているようだ。

「プレジデント」誌上では「日本でベストの調査報道を展開している」
「メディアの役割は権力側の話をオウム返しに繰り返すのではなく、それを監視し、批判する事であるという事を理解している」
「ニューヨーク・タイムズを読んでいるようなリベラルな価値観を持っている」などとコメントしている。(現代ビジネスより抜粋)

2012年・東京新聞「特報部」が原発報道でJCJ(日本ジャーナリスト会議)大賞(8月11日・「日本プレスセンター」東京・内幸町・うちさいわいちょう)にて受賞。
[ 2016/09/18 12:21 ] [ 編集 ]
おいおい、安倍政権は内弁慶か?www
[ 2016/09/18 12:29 ] [ 編集 ]
しかし、まぁ~21世紀になっても双方共に、『自称専門大御所サマ』が〇〇と言ってるからって、怪しい商売擬きで投稿する人も居るのね。

でもそれって
つられたセミプロレベルの中堅が付和雷同、そして一般ファンがそれを『真に受け』信じ込むアレだよね。

自分で判断もせず自分の感覚も信じられず?回りに合わせた口をきくゼンマイ仕掛けの機械。


双方の養分は同じでそのまま騙されているのだから、相当お人好しと言えばお人好しなんでしようが・😅


それ以上に
本当に信じ込み解説投稿も・インチキと知りながら売る人間、カルトをそのまま信じる人間、アホ呼ばわりされるのはどっちだぁ~の世界じゃないの?
[ 2016/09/18 12:38 ] [ 編集 ]
本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 前泊博盛 (編著)
今回の日米同号委員会の議事録が非開示になるのがなぜ問題なのかは『日米地位協定』がどんなものかを知ることが第一歩ですね。

http://www.magazine9.jp/rev/130612/
◎  日米地位協定とは何か。本書によれば、「アメリカが占領期と同じように日本に軍隊を配備し続けるためのとり決め」のことである。このとり決めでアメリカ側がもっとも重視している目的とは、①日本の全土基地化 ②在日米軍基地の自由使用であるという。

 えっ? そんなことできるわけがないじゃない。だって日本は独立した法治国家でしょう。日本国民なら誰でもそう思う。ところができてしまうのだ、この協定が存続する限り。

◎ 書名にある「本当は憲法より大切な」とは、要するに、日米地位協定が、日本国憲法を含めた日本の法体系より上位にあるとり決めだということなのである。しかも、この協定は、安保条約よりも上位にあるとり決めでもある。このことも本書で解説されている。

 砂川判決以降、「戦後日本」は、憲法9条と日米同盟という巨大な矛盾を抱え込み、その力学に引き裂かれていく。本書では、原発事故、TPP、検察の調書捏造事件などが、日米地位協定から演繹されるロジック(というかトリック)から指摘されていて、瞠目する(例えば、放射性物質は大気汚染防止法から「適用除外」されている)。

 また、イラク、フィリピン、韓国、ドイツ、イタリアと米軍の関係と、日本のそれを比較することで、日米地位協定がいかに異常な二国間協定であるかもわかりやすく説いている。
[ 2016/09/18 12:57 ] [ 編集 ]
〈00:01〉従って安保条約は日本国憲法より上位。


「インナーサークル」(日米合同委員会のメンバー)

法務省の「事務次官」の17分の12が元メンバー。その12人の内の9人が事務次官の上の「検事総長」になっている。

過去60年以上にわたり、「インナーサークル」出身の人達が権力機構のトップになる構造が出来上がっている。

鳩山さんの時のように「日本国憲法」によって選ばれた『首相』に対して、エリート官僚が反旗をひるがえすようになる。

官僚達は憲法より上位にある『安保法体系』に忠誠心を誓っている。

官僚達は法律が存在基盤なので、「安保法体系」という上位の「勝つ方に」つく。裁判で負ける側には付かない。

『安保法体系』は密約法体系だ。(安保法体系に明記されていないが安保法体系の中にある「隠された法体系」)。

『密約法体系』はアメリカ政府との交渉の中で、どうしてもアメリカの言う事を聞かなければならないのだが、とてもじゃないが、日本国民の目には触れさせられない「密約了解事項」として日米双方の交渉の担当者がサインする。これらは「条約」と同じ効力を持っている。

それゆえに、
沖縄や福島で起きている『人権侵害』が止められない。
裁判所が、不可解な判決を出している。
政治家が選挙に通った後、公約と反対のことばかりするという事が、次々と起こってしまう。(参考:日本はなぜ原発と基地を止められないのか・矢部宏治・集英社インターナショナル)

[ 2016/09/18 13:07 ] [ 編集 ]
ほらほらアメリカで爆発騒ぎだぜ、又又自作自演ってコメントしないとカルト信者がお待ちざますよ。
[ 2016/09/18 13:45 ] [ 編集 ]
なんじゃそりゃ。とりあえず言いたかったか?
支離滅裂だね。
[ 2016/09/18 16:52 ] [ 編集 ]
構ってちゃんだからね
[ 2016/09/18 16:59 ] [ 編集 ]
諦めない
16日、福岡高裁那覇支部は、「前知事の」埋め立て許可を翁長現知事が取り消した処分について、「違法」だとして国側の勝訴の判決を出した。およそ予想どおりの判決である。

安倍政権は、東村高江のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)工事を強行し、辺野古も裁判が決着すれば力ずくで工事を進めるのだろう。
民主主義の手続きを使って沖縄県民がどれだけ反対の意思表示をしても、「お前達は無力だぞ!」というのが政権のメッセージである。

辺野古には、戦いに勝つ方法は「諦めない」ことだというスローガンがあった。
インドの独立もアパルトヘイトの廃止も、支配者は、「理」を説いて抵抗する弱者に「無力感」を味わわせ、諦めさせようとした。同じことが沖縄で起こっている。

諦めずに戦えば、「理」のない支配者は敗れる。(9月18日・東京新聞・山口二郎・法政大学教授)
[ 2016/09/18 20:54 ] [ 編集 ]
基地の外でも米軍の治外法権がまかりとおる元凶
2004年に米軍ヘリが沖縄国際大学の構内に墜落した。もちろん、米軍基地の外だ。ところが米軍がやってきて、墜落現場を勝手に封鎖して事故処理をしてしまった。あからさまな主権侵害行為で、大げさに言えば一種の侵略行為だ。ところがこれを、日米合同委員会の合意で、日本は米軍に認めてしまっている。1953年に「日本の当局は(中略)所在地のいかんを問わず合衆国軍隊の財産について、捜索、差し押さえまたは、検証をおこなう権利を行使しない」と。国民も国会も知らぬところで、米軍の占領期以来の権益を守り日本国民の利益に反する取り決めがなされている。日米合同委員会の構成メンバーも日米でアンバランスだ。日本側は高級官僚、米国側は在日米軍高級軍人という構成だ。文民統制の原則からいえば、米国側メンバーも国務省主導で駐日大使館員などで構成しなければおかしい。しかし「日米合同委員会はうまく機能しているし、日本政府も変更を求めていない」として米国軍部は既得権益を手放さない。結局、米軍関係者、日本の高級官僚、検察が一体となった「日米安保村」が日米合同委員会体制を守っているという構図だ。だが、多くの方が指摘しているように、その結果、日米の軍事関係は他国に類を見ない異常なものとなっている。しかし大手メディアは、日米地位協定や日米合同委員会の実態をほとんど伝えないから国民の大部分は知らない。首都圏空域が米軍の管制下にあるという世界に例を見ない国であることも多くの国民は知らないであろう。米軍基地に飛来して日本に来る米国人は入国審査なしで日本全国に行けるから、米国人だけは日本に何人いるか不明ということも知らないだろう。そういうことを伝えない大手メディアは中立・公正な報道をしていると言えるのだろうか。また、トランプ発言で話題になった駐留米軍経費負担は、2004年の米国防総省資料によれば、日本は駐留経費全体の75%を負担しているとのこと。ちなみに、韓国は40%、ドイツは33%である。大手メディアは、そういう基本的な知識も伝えるべきであろう。今は国民に実態が知らされず、政権与党の都合のよいプロパガンダばかりが垂れ流されがちのため、健全な国民世論形成もなされにくくなっている。
[ 2016/09/18 21:51 ] [ 編集 ]
【02:00】ここから先は「日米原子力協定」によってお見せできませんと言えばいい。

砂川裁判で最高裁が「憲法判断をしない」としたのが「安保条約」そのものでなく、「安保条約『のような』我が国の存立の基礎に重大な関係を持つ『高度な政治性を有する問題』」という曖昧な定義になっている。

その為、「国家レベルの『安全保障』」については、最高裁が絶対に「憲法判断」をせず、法的コントロールが及ばなくなった。

この時、駐日大使と最高裁が編み出した「統治行為論」を行政官僚や司法官僚達が「基地以外の」問題にも使い始めるようになった。

官僚達が「我が国の存立の基礎に重大な関係を持つ」と考える問題については、自由に「治外法権状態」を設定できるような法的構造が生まれてしまった。

【日米原子力協定】日本が原発を止めたくても日本側だけでは何も決められない。
アメリカの了承なしに日本側だけで決められるのは「電気料金」だけ。

憲法の機能が停止しているので、「脱原発」を掲げて首相になっても何も決められない。
無理に変えようとすると、鳩山さんの様に失脚させられてしまう。
 
2012年6月27日に「原子力基本法」が改正され、「安全の確保については、我が国の『安全保障に資すること』を目的として行う」(2条2項)という条文がこっそり入った。
これにより原発に関する「安全性の問題」は、全て法的コントロールの「枠外へ」移行した。
[ 2016/09/18 21:59 ] [ 編集 ]
米国の知日派と外務官僚、政治家、メディアのインナーサークル
~猿田さんは日米で弁護士資格を取られている。
稲嶺名護市長の訪米を企画運営されたり、翁長沖縄県知事の訪米でも同行国会議員、県議員団のアレンジをされるなど、基地問題を巡り、ワシントンを動かすロビー活動を積極的にされている。
きっかけは、余りにも米国の連邦議会議員が沖縄を知らない事に驚かれたと聞いていますが?


そうです。2009年に鳩山首相が普天間基地の沖縄県外移設を提案しました。
その際、米下院の沖縄問題を担当するアジア太平洋小委員会のトップの議員に私が会ったら、辺野古という単語も知らないばかりか、「沖縄の人口は2000人か?(正解は140万人)」と聞くんです。
この時、辺野古移転を求めている「米国」って、一体、誰のことを指すのだろうか?と思いました。


~沖縄問題担当の議員ですら何も知らない?


昨年、米国の軍事予算を決める「国防権限法」の文言を変える為にロビー活動をしました。
条文に『辺野古が唯一の選択肢』という言葉が入っていたので、「削除」を働きかけました。
すでに下院では法案が通っていたのですが、ロビーしていても、下院議員はこの条文の存在すら知らなかった。
「削除」を求めるのに、基地問題の最初から話さなければなりませんでした。
最終的にはこれを「削除」することに成功しました。


~しかし、日本では辺野古移転も米国、米軍の意向であるかのように伝えられていますよね?
その米国って言うのは、誰なのか?ジャパンハンドラー、知日派って呼ばれる人達ですか?


日本に対して影響力があるのは、確かにそうした人達です。でも彼らが自分達の意向を米国の意向として日本に押し付けているかというと、それだけではなく、実は日本の意向もある。
日本政府は莫大な資金を米国のシンクタンクに提案したり、米国でロビイング活動をしたりしています。
そうやって、「知日派」や「シンクタンク」を動かして、自分達が日本で進めたい政策を米国から後押ししてもらう。そういう構図もあるんですね。

2014年の夏前、稲嶺市長と訪米した時に日本の○○という衆議院議員がワシントンに来ていた。
ちょうど集団的自衛権行使容認の閣議決定の前です。
日本のメディアが山のように集まっていて、何事かと思ったら、知日派の代表格であるアーミテージ元国務副長官やマイケル・グリーン元国家安全保障会議アジア上級部長らと会談し、彼らに「集団的自衛権の閣議決定を100%支持する」という事を言ってもらったんですね。

○○さんが会談の中身を記者に話すと、メディアは大きく取り上げていました。
一部の知日派の発言が「米国の意向として」大きく報道されるのです。
だから、○○さんは、わざわざ米国まで来て、会談した。(3月4日・日刊ゲンダイ・猿田佐世・さるたさよ・日米弁護士登録・新外交イニシアティブ事務長)
[ 2016/09/19 00:57 ] [ 編集 ]
カラゲ野郎がコラ~根拠を示さんかいワレ。与太の根拠が雑誌新聞の類いとは、普通根拠と言えば、外交文書や公式記録関係だろうよ(^^)火病の人たちはスゴスギ~(^^)
[ 2016/09/19 05:51 ] [ 編集 ]
泣く児と火病衆には勝てません。火病人専用SP欄なんじゃね
[ 2016/09/19 06:38 ] [ 編集 ]
連投ご苦労さん。
[ 2016/09/19 09:32 ] [ 編集 ]
この記事は日本人ロビイスト本人へのインタビュー、本人の言葉なのだから、あんたにやる気があるのなら、猿田さんのことを調べて本人に聞いてみたら?手紙でもいいし。
[ 2016/09/19 09:38 ] [ 編集 ]
>カラゲ野郎がコラ~根拠を示さんかいワレ。

(爆)(爆)(爆)(爆)(爆)
あー今日も楽しい
ほら、なんだっけラップバトル?あれに出たらいんじゃね?ここで毎日釣りするより健康的よ。バトルネーム募集中!
[ 2016/09/19 11:16 ] [ 編集 ]
バトルネーム
火病指定Gとか顔文GEEBRAとか?
[ 2016/09/19 11:19 ] [ 編集 ]
米国の知日派と外務官僚、政治家、メディアのインナーサークル②
~日本の読者は、米国が日本に集団的自衛権行使を求めているんだと思いますね。

ワシントンの知日派、シンクタンクなどを通じて、日本の意向を拡大させる。
私はこれを「ワシントンの拡声器効果」と呼んでいます。
JETRO(日本貿易振興機構)のCEOがワシントンの有力シンクタンクで基調講演し、それを日本で大きく報道させる。そういうこともやっています。

ただし、思ってもいないことを米国の知日派に言わせるのであれば、捏造、偽造ですが、そうではありません。
相乗効果としての「拡声器」効果という言葉が適切だと思います。

~その「拡声器効果」のために、日本政府はどれぐらいのお金を使っているんですか?

ブルッキングス研究所には日本大使館から2900万円(2013年)、JICA(国際協力機構)から2500~3000万円(2012年)、CSIS(戦略国際問題研究所)には日本政府から6000万円以上(2014年)と、「米国側が」公表した数字はありますが、知り合いの新聞記者が日本の各省庁に取材したところ、日本からそういう数字は出てこなかった。
出どころが不透明なんです。

日本政府が2013年までに3年間で1億3600万円を払ったロビイスト事務所は「TPP推進議員連盟」を「米国議会内に」つくってます。(猿田佐世・国際弁護士・新外交イニシアティブ事務局長)

[ 2016/09/19 21:13 ] [ 編集 ]
また君か・・・
[ 2016/09/19 21:18 ] [ 編集 ]
米国の知日派と外務官僚、政治家、メディアのインナーサークル③
~TPPも米国からの外圧のように報じられていますが、日本が「議員連盟」をつくらせたわけですか?

米国ではTPPに慎重な態度をとる人も多い。今では米国の方が反対運動が盛り上がっているくらいです。

~日米関係に影響力を持つ「知日派」と呼ばれる人はどれくらいいるんでしょうか?

私のインタビュー調査では5~30人との回答でした。

~たったそれだけですか?だとすると、大統領が誰になっても、日米関係はそうした人が仕切ることになる?

トランプ、サンダースがあれだけの人気を得ていることでも分かるように米国は多様性の国です。
でも、そもそも日本への関心が余りないんですね。
日本自体は経済大国だし、米国にとっても重要な国ですよ。
しかし、日本はずっと米国の意向に反することは基本的にやらないので、米国も日本に対して新しい政策を打ち出す必然性がない。
新大統領が今までと異なる対日政策を考える発想そのものがないと思います。

~それは日本側にも問題がありそうですね。

米国は日本のことをとてもくみしやすい国だと思っているでしょうね。近年、日本が従来の日米関係から少し踏み出した政策を打ち出したのは鳩山首相の時くらいです。
だから、5~30人の知日派、エキスパートがいれば十分なのです。
米国には中東や欧州の専門家はもっと多いんですが、それは一筋縄ではいかない国が多いからです。

~先程、「拡声器効果」の話をされた。それもあるでしょうが、外務省が米国の顔色を伺っている。言いなりになっている。
そんな部分もあるんじゃないんですか?

官僚はすごく優秀だし、懸命に仕事をしておられる。ただ、スムーズな日米関係こそが国益に資すると考える方が多いのではないでしょうか。
[ 2016/09/19 21:48 ] [ 編集 ]
ふむふむ。
[ 2016/09/19 21:52 ] [ 編集 ]
ザハロワ報道官 シリアでの米国政府の血塗られた実験の数々を語る(スプートニク)
今回のアメリカをはじめとする有志国の『シリアへの誤爆』に対してロシアとアメリカの外交戦が凄まじいことになってますが、『ロシアの口撃』がえらいことになってます。

アメリカ様もそろそろ国際社会でわがままを通すのが難しくなってますね。
そろそろ『日米合同委員会という茶番』も終わりが近そうですね♪
http://jp.sputniknews.com/politics/20160919/2789409.html
ザハロワ報道官のこうした対応は、パルエル国連大使が、米国がテロ組織「ダーイシュ(IS,イスラム国)と事実上協力しているとロシア外務省が非難したことに、恥を知るべきだと述べたことに対するものだ。

ザハロワ報道官は、自身のFacebookの中に「親愛なるサマンサ・パウエル様。『恥』という言葉の意味をお知りになるため、シリアに行かれ、現地の人達とお話しすることをお勧めします。米国政府の積極的参加の下、すでにほぼ6年、彼らの国では血塗られた実験が行われていますが、そこに今も住んでいる人達と、お話しするようお勧めします」と書き込んだ。
[ 2016/09/19 22:14 ] [ 編集 ]
米国の知日派と外務官僚、政治家、メディアのインナーサークル④
~もっと日本側が主張すれば、米国の日本の見方も変わるんじゃないですか?

そう思います。鳩山さんみたいに「県外移設」という政権が続くとなれば、米国も対応を真剣に検討しなければ、ということになる。

~辺野古移転にしてもアーミテージ氏ですら「県民が反対であれば造れない」みたいなことを言っていますよね?
日本政府が辺野古を譲らないのは誰の意思なのか?忖度なのか?遠慮なのか?

最終的には日本政府が「辺野古しかない」という選択をしているんですよ。
アーミテージ氏は「ダメなら代替案を出せ」と言っているし、同じく知日派の代表格、ジョセフ・ナイ・ハーバード大教授も「中国に近すぎる」と言いました。

米国のスタンスは「何が何でも辺野古」ではなくて、「日本が辺野古でいいというから、それでいい」というもの。
日本が造ってくれるなら、喜んで受け入れる。そういうスタンスだと思います。

1960年代に「沖縄返還交渉」の際に米国側の交渉担当者だったモートン・ハルペリンさんを日本にお招きし、講演などをセッティングしたことがありました。
沖縄返還交渉の時に日本政府が「返還してほしい」と言わないので、「返して欲しいなら、そう言ってくれ」とわざわざ言ったそうです。
忖度なのでしょうが、これでは外交になりません。
また、限られた米国の人々とやり取りをするだけではなく、別の政治家・専門家との関係も構築して、そこにも人間関係をつくっていかなければならないと思います。

~安倍政権はどうなのでしょうか?
「集団的自衛権」の行使は外圧や忖度ではなく、自分がやりたいように見えますね。
 
安倍首相には「軍事力」に対する強い信奉があるように思います。
軍事予算を増やし、「軍需産業」を育てて立派にしていきたい。
安倍さんだけでなく、周辺もそういう価値観なのだと思います。(3月4日・日刊ゲンダイ・猿田佐世・国際弁護士・新外交イニシアティブ事務局長)
[ 2016/09/19 22:29 ] [ 編集 ]
【21:18】【21:48】またお前か。引用先を提示していれば無断引用にはならないんだよ。
そうじゃないと、誰も論文なんて書けないだろ。
[ 2016/09/19 22:41 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム