情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.25 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

人民元が正式に国際通貨入り!IMFが10月から採用へ!ドルや円などに続く5番目の国際決済通貨!


s_ice_screenshot_20160925-163733.jpeg
*人民元

人民元、国際通貨入り=IMFが10月に採用
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092500069&g=int

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は10月1日付で加盟国(189カ国)に配分する仮想通貨「特別引き出し権(SDR)」に中国の通貨、人民元を加える。経済規模で世界2位となり、貿易量と取引の自由度が一定水準に達したことで、ドルや円などに続く5番目の国際決済通貨としての「お墨付き」を得る。



以下、ネットの反応




















人民元の国際通貨化は前から言われていたので、やっと正式な決定になったという感じですね。ただ、人民元は通貨偽造等が酷いことから、このような問題点を何処まで解決することが出来たのか気になります。

また、10月から一気に国際化することで、人民元の価値も大きく変動することになるかもしれません。最近は中国の富裕層が人民元を売って、ドルやユーロを買っていたことから、元安に歯止めが掛かるのか注目したいところです。


関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
さて、どうなることやら?
銀行自体が偽札を扱っている国、国内の問題も多くイノベーションも低い。
[ 2016/09/25 23:16 ] [ 編集 ]
財テクに人民元・・・まだリスク大きいですかね(´・ω・)
[ 2016/09/25 23:20 ] [ 編集 ]
ふむぅ…IMFがBRICsの音頭をとっている訳だな?
G7はそもそも借金まみれの癖に仕事休み過ぎである

株式市場に活を入れる方法は戦争以外にしてくれたまえよ?
[ 2016/09/25 23:28 ] [ 編集 ]
ReuterやBloombergやSputnikを読まない人は可哀想。次の米国初相場大暴落、金融恐慌で沈む。
[ 2016/09/26 01:49 ] [ 編集 ]
米ドルでもユーロでもタイバーツでも、日本国内で換金すると最も損をする。海外旅行を頻繁にする人の常識です。日本人の知識の無さにつけ込んで、国内の銀行が「ぼったくり」をしているのである。海外旅行を頻繁に行う人の常識です。
[ 2016/09/26 03:37 ] [ 編集 ]
▲犯罪者▲蓮舫▲確信犯▲
衝撃‼️ 蓮舫は日本国籍を選択さえしていなかった
http://agora-web.jp/archives/2021617.html

😡この犯罪者、日本国籍を選択さえしていなかったのに、
議員に立候補したってことですよ‼️

▲嘘つき▲恥知らず▲犯罪者▲

このことを追求しなかったら、日本の司法の崩壊

[ 2016/09/26 06:56 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/26 03:37 ] 名無し さん
結局、流通する通貨量で手数料含め、両替は決まるようなので、
ユーロでもその空港、国等よって違うみたいです。
先日やってたTVの情報も合わせると、流通量が少ない方の国で両替する方がいいそうで。
ドル→日本>アメリカ
ウォン→韓国>日本
の方が多いらしいです。後その国のどこでするかが問題ですよね?台湾のときは通訳にホテルより空港のとある両替所が最も高く両替してくれると言われましたし、ジャカルタの場合はスカルノハッタ空港では両替はしない方がいいと通訳に言われました。そのときは旧日航ホテル内で両替しました。

でも、口座があって、時間に余裕があるなら結局FXが最も手数料等安いです。

ところで人民元は事実上は固定だったので、これで大きく上下する事が出てきそうです。
[ 2016/09/26 07:02 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/26 01:49 ]
この調子だと本当にSDRが国際決済通貨になりそうだ。
アメリカ人と大量に米ドルを抱えてる国や個人以外は余り関係ない話だけど。
現米ドル30%の所を元と円の割増と新ドルが10%、金10%、その他BRICS+カナダ・OZという感じで埋めるのかな、適当だけどw。
日本は金の保有量が少ないが潜在埋蔵量が多いので米国がコケたら奪われずになんとかなるのでは。但し現行の日銀円か新銀行円になるのかは分からないが。
ユーロがこの先崩壊するのか持ちこたえるのか不透明。
[ 2016/09/26 10:09 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム