情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.26 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(31)

民進党の野田幹事長、自民党に憲法草案の撤回要求!二階幹事長は拒否!野田氏「「国民を軽んじている」


s_ice_screenshot_20160926-045541.jpeg

野田民進幹事長、自民憲法草案の撤回要求=二階幹事長は拒否
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2411145?news_ref=nicotop_topics_topic

 与野党幹部は25日のNHK番組で、26日の臨時国会召集を前に議論を交わした。民進党の野田佳彦幹事長は憲法改正論議に関し、「国民の権利を軽んじている」として、自民党の憲法改正草案の撤回を要求。これに対し、二階俊博幹事長は「すぐさま撤回するつもりはない」と拒否した。



『日本国憲法改正草案』がヤバすぎだ、と話題に・・・
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

o0635028012303108739.jpg
o0584025812303108738.jpg





野田幹事長の政治的なポジションがちょっと分かり難いですね。首相時代は消費増税などで自民党と協力した経緯があるだけに、憲法等の問題に何処まで反対を主張するのか気になります。
少なくとも、今の時点だと自民党の憲法改正草案には反対という路線です。

ただ、国民からの人気が低い上に、民進党内部からも反発の声が多いことを考えると、野田前首相の幹事長就任は民進党にとってはマイナスの方が大きいと思います。
何を言っても信用してもらえない可能性があり、蓮舫氏の感覚に疑問を強く感じました。





関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
もうこういう茶番いいかげんやめろよ。
民進党が与党になってもどうせ改憲やるに決まってる。
アメリカ様のご意向で日本政治が動いてる位、みんな気づいてるっしょ
[ 2016/09/26 12:08 ] [ 編集 ]
下記。全くその通り どの党がなっても米国指令には勝てない。離れようとしたとたんにⅢⅠⅠが実行される
[ 2016/09/26 12:16 ] [ 編集 ]
野田ブタの起用こそ国民を馬鹿にしていると思われますが。
[ 2016/09/26 12:23 ] [ 編集 ]
野ブタのフガフガなイチャモンはどーでも良くね?

つぅーかさ、何で清和会から嫌われてる二階が自民党の幹事長になったんかね?

ただ政治力に関しては二階は天下一品であることは間違いなしだからね。

あのイクメン議員と言われた男の不倫問題が文春の報道。あれは野党ではなくしてる二階派から心よく思わない連中から文春にリークされたもの。つまり自民党清和会の連合ということ!w
[ 2016/09/26 12:25 ] [ 編集 ]
野田さんと安倍さんの消費税論は本当に同じなのでしょうか?

民進党は少なくとも景気の動向を見ながらの増税を推奨しているのではないですか? また、少なくとも今の自民党よりは無駄を排除する努力もしていた。

自民党は国民の生活が一向に良くならないのに、見せかけの株価を吊り上げ短期的な好景気感を作り出し強引に消費税を上げようとした。

多くの支出をしたにも関わらず見た目の景気が上向かなかったのは大きな誤算なのかもしれませんが、それでも「この道しかない」と言って国民をさらなる泥沼へと導こうとしている。5年後か10年後か分かりませんが、近い将来今の無茶苦茶な景気対策のツケを国民が払う事になるはずだ。
[ 2016/09/26 12:32 ] [ 編集 ]
中日のGMが選手にかなりプレッシャーをかけた結果でしょう、職はく奪は当然、上島が出てんのかと思ったら違った、景気を浮上させる事だな、今年は極端に良く無い、今までにないほど悪い、昨年度は上り調子だったけど、先が見通せなくなってきてる、なにか起きないと、景気は持ち直せはしないだろう。それを行使するのが政治家の仕事ではないのか。自分らの懐は温かく、国民には北極のように冷たく、これから先何が起きるのだろうか。
[ 2016/09/26 12:44 ] [ 編集 ]
国民の権利を軽んじているから撤回せよ、ではなくて、
軽んじていると思っている部分を、縷々、説明してくれると勉強になるんだけどなあ。
あっいや、安倍用語、使っちゃったよ。笑
[ 2016/09/26 13:13 ] [ 編集 ]
また野田君が敵役を演じて国民を騙す茶番をやってますね!年末に蓮舫と安倍晋三で解散させるためにまた茶番をやるんだろうね!
[ 2016/09/26 13:42 ] [ 編集 ]
【要拡散】自民党の憲法改正の本当の目的は、全権委任法。
自民党の憲法改正の本当の目的は、全権委任法。
http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

そして緊急事態宣言がなされた場合、次の段階へと向かいます。

・内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定する事が出来る ← ?!

・何人も公の機関の指示に従わなければならない ← ?!!

・衆議院は解散されない ← ?!!!

・両議員の任期及び選挙期日の特例を持たせることが出来る ← ?!!!!!!

国家緊急事態になりさえすれば、選挙もされないという事です。

あの大東亜戦争中でさえ、選挙はあったのですが。

解散せずに売国法案を通したい場合は、内閣は
国家緊急事態の状態が 継続すること を望むでしょう。

その間はやりたい放題で法令を定めることができるのだから。

要するにこれは、「国家緊急事態」を利用した、「全権委任法」です。
[ 2016/09/26 13:50 ] [ 編集 ]
野田の本音は、「今の自民党草案ではあんまりひどくて、民進党は乗れないよ。民進党も乗れるような草案に書き変えて出してくれば、俺たちも協力するよ」ということです。
[ 2016/09/26 13:53 ] [ 編集 ]
【沖縄・高江弾圧から見える憲法改正の恐ろしさ】
http://ameblo.jp/tiger-mask-fighter/entry-12184829736.html

取材陣へも弾圧!
報道の自由を弾圧!

ここまで安倍自民党はやる

高江市民の踏ん張りで、よ~く見える?

国民の権利を全否定

高江弾圧、都知事選、憲法改正(改悪)、緊急事態条項は、

全て線で結ばれています。

憲法改正(改悪)

の対案は、現行憲法
[ 2016/09/26 13:57 ] [ 編集 ]
野田をdisって、何か国民にいいことがあったのか?

結局、安倍自民党に力を与えるだけ!
[ 2016/09/26 14:00 ] [ 編集 ]
野田氏ってこんなに嫌われてたのか…ここコメ。

彼の「印象や発言態度は」旧政治家らしい重みも感じられるのだが。少なくとも安倍麻生氏らのような口先三寸せせら笑いや上から俺様態度(カッコいいを間違えてる得意気中二みたいな)はふつうに持ってない人物に見えるが。中身、思考は国民には奉仕しない人、と認知済みみたいな…??
[ 2016/09/26 14:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 野田氏ってこんなに嫌われてたのか…ここコメ。
>
> 彼の「印象や発言態度は」旧政治家らしい重みも感じられるのだが。少なくとも安倍麻生氏らのような口先三寸せせら笑いや上から俺様態度(カッコいいを間違えてる得意気中二みたいな)はふつうに持ってない人物に見えるが。中身、思考は国民には奉仕しない人、と認知済みみたいな…??

野田前首相の時に過去最大級の国会前脱原発デモがあったのを忘れたのか?
右左問わず、あらゆる人達から嫌われています。
[ 2016/09/26 15:13 ] [ 編集 ]
野田ブタ 子ブタ 茶番は 止めろ ブ〜〜
[ 2016/09/26 15:30 ] [ 編集 ]
野田ブタが嫌われている最大の理由、、、、アメリカ大使館へ呼ばれ、殴られ、眼帯をして会見に登場し、消費税アップを発表したこと。弱虫ブタだから、、、
[ 2016/09/26 15:34 ] [ 編集 ]
え?この条文で憲法改正議論するの?12条、13条、29条で???

別にいいけど、この条文を例に議論するからには、とりあえず「公共の福祉」と「公益及び公の秩序」の違いがわかってないと議論できないよ。

批判してる人は理解できてるのかな?そうは見えんけど・・・・。

この改正が行われた場合、基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないということが明確化されるわけだが、実際には現行憲法下でも、「公益及び公の秩序」という観点による基本的人権への制限は行われている。もう一度、行っておこうか?

現行憲法下でも「公共の福祉」ではなく、「公益及び公の秩序」という観点による基本的人権への制限は行われているんだよ。

福島第一原発事故による警戒区域への立ち入り制限が良くこの例として挙げられてるけど、ISへの渡航制限も「公益及び公の秩序」の概念じゃないかな。「公共の福祉に反しない限り」というのは、ざっくりいうと「他人の人権を侵害しないがぎり」ということだからね。ISへいくだけなら他人(憲法の話なのでここでは他の日本人)の人権を侵害してるとは言えないだろ。ゆえに、この場合も「公益及び公の秩序」の考え方による制限とした方が妥当だ。

つまり、「公益及び公の秩序」による制限は現状でも見たことあるレベルでおこなわれている話ってこと。したがって、これをもって、国民より国家だ!とか基本的人権の否定だ!全権委任法だ!とかいう批判はおかしいということになる。

もちろん、だからといって手放しで賛成できるものではない。この改正どうしてもおこないたいのであれば、「公益及び公の秩序」による制限が乱用されないことへ担保が必要だろう。憲法に明記されれば、これを根拠に次から次へと今はない制限がかけられる可能性がないとは言えない。自民党の改憲草案では国家を縛るという概念が欠落しているのは事実だ。

で・・・

だな。わかったか?難しい話だろ?賛成か反対かどっちだよ!?と思っただろ?実は俺にもわからん。だから、初手からこの条文で憲法改正議論するの?と思ったわけ。ここから議論すると話しが難しくて普通の人はついてこれない。知ってる人でも明確に答えを出すのは難しい。憲法を国民に訴えていくなら、素直に9条からいった方が良いと思うけど。
[ 2016/09/26 15:45 ] [ 編集 ]
もう、政治に期待せずに、自己防衛の段階に入っていると思います。ただ、野党が消滅するのは不味い。時間稼ぎすら出来なくなる。
[ 2016/09/26 16:38 ] [ 編集 ]
緊急事態条項に被災地首長・震災理由の議論 違和感
津波で流された家が道路を塞ぎ、その先に助けを待っている人がいる。
「個人の財産である家は勝手に壊せない。そこで、人命救助のために財産権を制限する必要がでてくる」これが、緊急事態条項を必要だと主張する人達の挙げる例だ。
「必要があれば壊して先に行く。法律があろうとなかろうと関係ない。5年前の現場では、ありとあらゆる対応をして、人命を救おうとした」。
1200人余りが犠牲になった宮城県気仙沼市の菅原市長は極限状態に置かれた震災直後の状況を振り返った。

震災当時、現場からの情報を基に、消防や警察、自衛隊などの協力を得て対応に当たった菅原市長は「自衛隊や東京消防庁の応援は最短で来てもらえた。緊急事態条項がないため、できなかったことはなく、その為の憲法改正の必要は感じない」と話す。

岩手県山田町の佐藤町長は「連携に必要な政令などは、作るのであれば早ければ早いほど良い」として、緊急事態宣言によるのではなく、震災前の備えとして、事前に政令などを整備する必要性を指摘する。

気仙沼市の菅原市長は「すでに『災害対策基本法』には、緊急政令ができることが定められている。こうした法律を利用し、不十分であればそれを見直す方が現実的だ。憲法議論にするが為に、それが進まない事を危惧する」と震災を理由にした改憲議論の違和感を口にする。

陸前高田の戸羽市長も「賛成でも反対でも、この5年を検証した議論が必要だ。中身の話をせずに、震災だから、というだけで考えを押し付けるのは違うのではないか」と話す。(3月15日・東京新聞)
[ 2016/09/26 18:10 ] [ 編集 ]
たとえ野ブタだろうと誰だろうと、誰が言ったからという事ではなく、話の中身そのものに耳を傾けなければならない。
気持ちは分かるが。
その上で野ブタの言っていることは正しい。
[ 2016/09/26 18:14 ] [ 編集 ]
プロレスごっこが始まったか。
民進党は自民党のサポート党
[ 2016/09/26 18:54 ] [ 編集 ]
劇団「自民党」
先程2ちゃんねるを見ていたら、安倍首相が所信表明演説をしている途中で、「自衛隊に敬意を表そうではありませんか」と言ったところで自民党の連中が一斉に立ち上がって、スタンディングオベーションをしたという記事があって、これにはさすがの2ちゃんねるでさえ、安倍首相や自民党を非難するコメントが溢れていて面白かった。
[ 2016/09/26 19:20 ] [ 編集 ]
自民改憲草案ベースの議論などボイコットせよ、永続的福祉国家をつくる議論こそせよ
自民改憲草案など「憲法改正」に値しない。それがベースの議論などボイコット以外にない。そんな議論に乗れば、「議論の結果、こういう改憲案になりました」と利用されるだけだ。現行憲法はよくできている。自民改憲草案など論外だ。日本が直面する難題の解決に現行憲法が妨げになっているから憲法をこう変えたい、という澎湃たる国民世論など全くない。難題解決を妨げているのは、「夢をもう一度」の安倍政治の方だ。現行憲法は、国民の自由と権利を守り、社会保障を国に義務付け、平和的生存権を保障している。その精神を推し進めることは、難題解決の方向とも一致している。現行憲法の精神を一層推し進めて、難題を解決していく政治にしていくべきだ。日本が将来にわたって国民が助け合う温かい福祉国家であり続けるためには、その制度つくりは先送りできない。待ったなしだ。安倍の改憲ごっこに付き合って時間を浪費している場合ではない。
[ 2016/09/26 20:07 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/26 18:10 ] 名無し

ああ、東京新聞ソースか。道理で。

>すでに『災害対策基本法』には、緊急政令ができることが定められている。

その通りだよ。ただ、現行憲法下では「公共の福祉」がこの法の根拠になるものだから、かなりアバウトな根拠となる。

[ 2016/09/26 15:45 ] 名無しにも書いたが、それこそ、本当は「公益及び公の秩序」による人権の制限に該当する事例なんだよ。

法理論上は「公共の福祉」によって、緊急政令が出せること自体がおかしい?という疑問があるってこと。

たぶん、勘違いしてる人が多いと思うが、「公共の福祉」による人権の制限というのは、他の個人の人権を侵害する場合はあなたの人権は制限されますよということ。憲法上は、個人の尊厳が最も強い権利となっているので、これを制限できるのも他の個人の権利というわけだ。「公共の福祉」でいう公共は必ずしも社会という意味ではないんだよ。

したがって、たとえば現行憲法下では、誰にも迷惑かけない前提なら、災害時に、家と一緒に死にたいんだ~と避難しないのもありという話にもなる。しかし、現実はそうはいかんわな。こういう人を警察が見つけちゃったら強制連行。法令上の罰則規定もあったりする。

これでは、「公共の福祉」に反してないのに、何を根拠に罰したり身柄を拘束するのだ?って話になりかねんだろ。だから罰則規定を設けたり、災害時に強制連行したりするための根拠として「公益及び公の秩序」による人権の制限が必要という理屈が出てくるんだよ。

たぶん、東京新聞なんかはいつものご都合主義で詭弁ばかりなんだろうけど、いるか、いらないかでいうなら「公益及び公の秩序」はいる。法の理屈だけをいうなら、むしろこの方が良い。ただ、ここまではっきり憲法に明記されると乱用が怖いってこと。はっきりしてない現状のままなら乱用しようがないからね。

でも、立憲主義をいうなら法と憲法の整合性は必要だろ?でも、乱用されたらどうすんだ?って懸念も残るだろ?この堂々巡りが終わらない。

だから、この問題は難しいんだよ。とりあえず、せっかくネット見て勉強してるんだから、東京新聞なんて低レベルな極左マスコミをあてにするのはやめた方が良い。反対するにしても、ネット上の方が良い意見がでてるよ。ネットっていっても、ここのコメ欄じゃないけどね・・・。
[ 2016/09/26 20:41 ] [ 編集 ]
20時41分に質問
「だから、この問題は難しいんだよ」とのことだが、そもそも「難しい」以前に国民から「公益及び公の秩序」の規定がなくて困っているからその規定を憲法に入れてほしいとの世論は起きていない。だから、そもそもそんな議論をする必要はないと思うがいかがか。「東京新聞なんて低レベルな極左マスコミ」だそうだが、そう見なす根拠は何か。
[ 2016/09/26 22:30 ] [ 編集 ]
[ 2016/09/26 22:30 ] 名無し へ返答
>そもそもそんな議論をする必要はないと思うがいかがか。

って、その通りだよ。名無しだからわからなかったかな?

[ 2016/09/26 15:45 ] も俺の意見なんだわ。だから、ここを切り口にした野田さんに疑問符なのさ。こんな議論を国民に見せたってやっぱり無意味だよねぇ。

[ 2016/09/26 20:41 ] は興味があって勉強したいという人に向けていった意見。俺個人としても興味がある分野だから、法律に詳しい人と意見交換でもできればと思ったんだが、絡んできた(失礼?)のが君一人とは・・・。やっぱり、9条じゃないと極左の人すら絡んできてくれないねぇ。

二つ目の質問は愚問だね。東京新聞については、しばき隊を擁護するような記事を書いていたりするわけだから、極左といわれても仕方がないだろ。東京新聞の異常性については検索すればいくらでもでてくる。ここで詳しく語るまでもないと思うが。

東京新聞が低レベルである所以は、これも山ほどありすぎて困っちゃうが、たとえば、以前に「コスタリカの平和憲法を見習え!」なんて馬鹿げた特集組んでいたことがあったが、知っての通り、コスタリカ憲法では有事の際には軍を招集できることになっており、コスタリカは米国の集団安全保障の傘にも入っている。コスタリカ国内には米軍基地もあるぞ。

しかもだ。コスタリカ人はコスタリカ軍として戦場に行くことは無くても、米軍兵士として戦場に行くことがある。実際、コスタリカでは裁判になったりもしている。日本人が米軍兵士として戦場に行くことはないよな?で、コスタリカを見習うのか?

このようにひとつの特集を例にとっても東京新聞は突っ込みどころ満載。これでは取材不足といわれても仕方がないし、ご都合主義の編集と言われても仕方がないだろう。だから低レベルなマスコミだとしている。

今、ぱっと思いついたのがコスタリカの話であって、他にもいくらでも事例はあるぞ。まだ、いるかい?
[ 2016/09/27 00:00 ] [ 編集 ]
極右、ネトウヨに嫌われてるなら健全なる新聞の証
頑張ってるね東京新聞

[ 2016/09/27 01:49 ] [ 編集 ]
レッテル張りの批判ばかりで、国家主義者と論争してもつまらないよ。
天下国家のことは、現実の生活の中から考えたほうが分かりやすい。
その意味でも東京新聞は応援したいな。
[ 2016/09/27 02:27 ] [ 編集 ]
とりあえず自民党案は撤回だな 面白い展開
[ 2016/09/27 02:42 ] [ 編集 ]
野田は公明党のように「民進党は加憲」と言ってたようだが、旧民主党も旧維新・みんなも「改憲」ではなかったか。テレビの聞き違えだったかな。
[ 2016/09/27 11:08 ] [ 編集 ]
00時00分に再質問、26日22時30分より
「そんな議論をする必要はない」は私と同意見であり評価したい。ただそれなら「だから、この問題は難しいんだよ」では誤解する。そんな議論をする必要はないことを伝えるには、「そんな改憲を望む国民の声はなく、不必要かつ危険な改憲案だから、そんな議論をする必要はない」と明確に書くべきであった。「二つ目の質問は愚問」というのは理解に苦しむ。「東京新聞なんて低レベルな極左マスコミ」という認識が世間の共通認識になっているなら「愚問」と切り捨てる人がいることもわかる。しかし世間にそんな共通認識があるとは聞いたことがない。産経新聞が仏ル・モンド紙に「極右新聞」と評されたことは聞いたことがあるが、東京新聞については海外紙がそんな評価をしている話など聞いたことがない。世間の共通認識とは違うあなたの見解について、その理由を尋ねるのは自然なことではないのか。だから私の質問を「愚問」と切り捨てる方が愚かだと思うがいかがか。「コスタリカの平和憲法を見習え」は読んだことがないが、一般論で言えば「見習え」と言ってもすべて見習えなどと主張することはまずない。見習うべき点を示して紹介するのはジャーナリズムの当然の使命だ。日本が外国に見習うべきことはたくさんある。もちろん取材不足の点はあるだろうが、読者に紹介する意義の方がはるかに大きい。コスタリカの記事のことが「東京新聞なんて低レベルな極左マスコミ」の根拠だと言われても、いったい何のことやらさっぱりわからない。いったいどういう論理展開でそういう結論になるのか、丁寧に説明していただきたい。東京新聞だけではないと思うが、いろいろな新聞が調査報道をして、読者への啓蒙をしている。日銀の大規模金融緩和の果てに国債バブルが崩壊すれば金融危機まで起こりかねないことを警告したり、自衛隊イラク派遣に関わった防衛症背広組の元幹部に安保法の危険性を聞いたりして読者に伝えたりなど。また、今の日本の底辺で生活に困窮する人を取材して問題解決を訴えたりと。これらはジャーナリズムとしてすべきことであり東京新聞もやっている。なぜそれが「東京新聞なんて低レベルな極左マスコミ」となるのか、さっぱりわからない。ぜひ、納得いく説明をお願いしたい。
[ 2016/09/27 21:10 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム