情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.09.27 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

【ズサン】TPPの政府資料に18ヶ所も翻訳ミス!国有企業を国内企業、外務省は訂正へ!民進党「大変なミスだ」


s_ice_screenshot_20160927-004626.jpeg
*外務省

政府が作成したTPP(環太平洋連携協定)の協定文書の和訳に計18ヶ所も間違った部分があることが分かりました。報道記事によると、誤りが判明したのは協定文書や説明書の和訳で、国有企業を国内企業等と記載していたとのことです。

これは26日に民進党の会合で発覚した情報で、民進党などの野党は強く反発しました。TPPは安倍政権が最重要政策の一つとしているだけに、ズサンな翻訳内容に疑問の声を投げ掛ける方が相次いでいます。


TPP和訳に誤り18カ所=外務省が訂正、野党は反発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000147-jij-pol

 外務省は26日、民進党の会合で、環太平洋連携協定(TPP)の協定文書などの和訳に18カ所の誤った記述が見つかったことを明らかにした。
和訳は臨時国会で審議するTPP承認案に付属する文書で、同省担当者が一部訂正を申し入れた。



以下、ネットの反応

























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TTIP交渉決裂、その原因はずばり何か?
あのヒラリー氏すら『TPPに反対しないと大統領選は絶望』なので、TPPが合意に至るわけがないのです。
TTIP(欧州版TTP)がとん挫し、その危険(グルーバル企業が参加国の経済に絶大な権限を得る)が明らかになったことも踏まえて、なぜ官邸はTPPを強行採決しようとするのでしょうね。
http://jp.sputniknews.com/opinion/20160901/2713732.html
◎28日、独のジグマール・ガブリエル副首相は米国とEUとの大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(TTIP)交渉は決裂した事を明らかにした。その2日後に今度は仏からさらに衝撃的な声明が表された。30日、仏外務省のマティアス・フェクル長官対外貿易担当が自身のツィッター上で「米国は全く何も与えないか、またはパンくずのようなものしか提案しようとしない。

http://jp.sputniknews.com/business/20160129/1510989.html
なぜTTIPは危険なのか?活動家達は合意文書へのアクセスを要求

◎TTIP(環大西洋貿易投資パートナーシップ)の諸文書の合意が秘密裏に行われている事に、キャンペーングループは、すでにかなり以前から不満を表明している。中でも特に大きな不満を呼び起こしているのは、TTIPが合意に至る事で、グローバル企業が、巨大な権限を手に入れる可能性がある事だ。民主主義よりも強力な、資本主義が作られてしまう。
[ 2016/09/27 12:22 ] [ 編集 ]
米日FTAでしょ
[ 2016/09/27 12:31 ] [ 編集 ]
交渉、ちゃんと話し通じとったんかいな。。
[ 2016/09/27 13:37 ] [ 編集 ]
日破壊と虐殺に邁進する政府は自国民が運営しているのか?
[ 2016/09/27 13:49 ] [ 編集 ]
たぶんミンス主導のTPPだったらこの5倍は誤訳出てたろうな
ミンスのTPPは日本の不平等条約だったからな
[ 2016/09/27 14:41 ] [ 編集 ]
オーイ甘利
伸びてる。
[ 2016/09/27 14:54 ] [ 編集 ]
今頃、過去の民主党を毎回持ち出すのって痛いね。今の話をしてんだよ。
[ 2016/09/27 15:05 ] [ 編集 ]
18ヶ所で済んだかどうかすら分からないんだから
日本語で正文作らせろよ
難しい専門用語ばかりで内容より
外人の運用の仕方で決まると言われてるんだから
[ 2016/09/28 06:04 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム