情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.10.02 17:05|カテゴリ:政治・選挙コメント(15)

石破茂氏が安倍政権の北方領土交渉にNO!「2島だけでは駄目。先送ってはいけない話」


s_ice_screenshot_20161002-170048.jpeg

自民党の石破茂氏が北方領土交渉について、4島一括返還が望ましいと主張しました。

石破氏は安倍政権の2島返還路線を「仮に(歯舞、色丹の2島)先行だとしたら、あとの2島がどうなるか、先送ってはいけない話だ」と指摘し、4島一括で交渉を進めるべきだと発言。安倍政権の方針に疑問を投げ掛けました。

ただ、今までの交渉は4島一括でやっていたことから交渉が頓挫したという経緯があるため、自民党支持者などからは「非現実的」として批判の声が多く見られます。
安倍政権は12月に日露首脳会談を行い、そこで具体的な合意を目指す予定です。

北方領土交渉、2島では駄目=自民・石破氏
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100100317&g=pol

自民党の石破茂前地方創生担当相は1日、東京都内で開かれたパネルディスカッションで、安倍晋三首相が意欲を示すロシアとの北方領土交渉について「4島一括(返還)が一番望ましい」と語った。



以下、ネットの反応



























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
>安倍政権の2島返還路線
官房長官が報道を否定したのを知らないのかな?
ちょっとはニュース見たほうがいいと思うよ
[ 2016/10/02 17:18 ] [ 編集 ]
まず、安倍を降ろして、

石破を降ろして、

稲田を議員辞職させる!

日本再生への道
[ 2016/10/02 17:38 ] [ 編集 ]
自民から共産党に至るまで占領軍MG大帝に ひれ伏す。
日本に野党は存在せず、民主国家偽装の学芸会、それが国会! 
選挙も出鱈目だけど、ネズミを捕る良い猫で 安倍総理で良いでしょう・

異質なのは、安倍首相が 米国の日本絶滅計画の進行が明らかになり、
独立に立ち上がった事!
日本存続の為、独立宣言するのに、日ロ平和条約締結が必要で 
米国の暗殺が心配される。
[ 2016/10/02 17:57 ] [ 編集 ]
ロシアは基地かなんか作ってんだろ
無理無理
ありえんわ
そんならお前が交渉役で行けばいんじゃねえの
総理の後釜狙って自分は安倍とは違うアピールか知らんけど
石破、、、お前だけは絶対ないありえないまじでない
谷垣出せ谷垣を
[ 2016/10/02 18:28 ] [ 編集 ]
実効支配されて返ってくる見込みがないから、せめてちょっとでも返ってくればいいかって考えなら
竹島とかどうするんですかね…
周りの岩でも返してもらって満足するの?笑
[ 2016/10/02 19:02 ] [ 編集 ]
資質的には石破氏の方が安倍氏より能力が高い上に、『自民を割りたい?』みたいなので、どちらかと言えば、石破氏を応援したいところです…。
ですが、四島返還を言いだしたら『日露関係がこじれるだけ』なので、『ロシアとの経済協調優先で、二島返還なら儲けもの』という姿勢は安倍政権のやり方が正解だと思います。
(※他の外交政策や内政もロシア政策のように『理性的に』やってくれればいいのですが…。)
[ 2016/10/02 19:20 ] [ 編集 ]
石破さんの言ってることが、正論でしょう。
安倍ちゃんは、北方領土返還は眼中にない。

要は、プーチンとの親密を山口の河豚で演出したいだけ。
次期衆議院選挙の対策です。

きのう、予算委員会で安倍ちゃん、朋美ちゃん、野党の追求で(涙)、冷や汗。
録画して何度も何度も観てるが、可笑しくてオカシクテ。
野党の追求は、眼を見張った。
野党もやれば出来るんじゃのーーーーーー。よく理解しました。
無党派

[ 2016/10/02 19:21 ] [ 編集 ]
保守は本来こういう発言をするべきでしょ。
安倍や稲田は単に勇ましいことを言うだけで、信念が無い。
[ 2016/10/02 19:30 ] [ 編集 ]
2島返還で安倍晋三は素晴らしい自民党で良かった!と騙して解散総選挙になるシナリオ?
[ 2016/10/02 19:39 ] [ 編集 ]
ファントムメナス(見えざる敵)
少し前の ”そこまで言って委員会” でも扱われた話題だがロシア軍基地をそこにおいて、沖縄と同じような扱いにする、というのも、上手い作戦 と思う。 

どちらかと言うと、保守側 と思っている私だが(そりゃ 4島 全返還が 本来の筋と思うが)、 これを上手く利用できれば 米 とおまけで ポチぞう君 をけん制する手に使える。 

 独立国家に他国軍が常駐して、しかも航空管制権を握られている実質的に属国状態で、”少し状態をよくしてやる” という ”にんじん” に満足してしまい(いや飛びついてしまい)、そして、それを実践する今の○民党を、あたかも”保守”であるかのように思い込んでいる ”勘違い保守” には理解できないかもしれない。 

正直BESTな”戦略”だと思うぞ。

これに対し、朝敵が、どのような意見をだすかで、ファントムメナス(見えざる敵・脅威)を調査してみたい。







[ 2016/10/02 22:01 ] [ 編集 ]
安部政権大嫌いだけど、2島返還が現実的ならそれをやるべきだね。
4島返還とかぬかしてる奴は交渉の何たるかを分かっていない。およそ50年前の交渉でも2島返還が目前になったときやはり4島返還じゃなきゃ駄目だ!となり御破算になった。←アメリカの横槍説も濃厚だが。。
これに驚いたのは寧ろソビエトの外務官僚だ。

『日本人は交渉の仕方を全く理解していない、ロシア人ならまず2島返還の確約を取り付ける。残りの2島は今回の返還後の何年か何十年後かに頃合いを見つけて交渉テーブルに着かせるように働きかけるだろう。それが交渉のセオリーだ』
[ 2016/10/03 00:27 ] [ 編集 ]
「2島」なら、フルシチョフからプーチンまでず〜っと有効確認してる日ソ共同宣言を根拠に、平和条約を締結して引渡しを受ける、という策で、完全に大義名分が通る。これしか、ロシア側に「認めさせる」根拠はない。

それを無視して、「何が何でも4島一括全面返還! 今住んでるロシア人? 知るかそんな奴ら!」などと言い張るだけで物事が思い通りになると思い込んでるような馬鹿は、あらゆる詐欺特に権力犯罪のカモでしかない。

サンフランシスコ条約では、樺太は「ポーツマス条約で得た権益を」放棄、でも千島は何の条件もつけずに放棄していて、日本外務省が偉そうに国民に吹聴する「千島樺太交換条約」など一顧だにされてないこと(逆ならまだわかる。樺太は全面放棄だから)、千島全島を正式領有してた時代から戦後も15年ぐらい経つまで、択捉以南は「南千島」と当然のように日本中の誰もが呼称していた、という事実を知った時、俺は「騙されてた! もう信じちゃいけない!」という意識を強烈に持ったね。
[ 2016/10/03 02:07 ] [ 編集 ]
2島返還が歯舞と色丹になりそうだから問題なんだよ
[ 2016/10/03 04:45 ] [ 編集 ]
2島は良くても小さい方の島の2島じゃ駄目だろ
[ 2016/10/03 09:53 ] [ 編集 ]
おい、日ソ共同宣言に明記されてるのは「歯舞」「色丹」だけだ。ちゃんと条文調べて読め。
「2島」の意味を「国後」「択捉」にねじまげようっても、絶対に無理だ。
「千島列島」は放棄したが、歯舞と色丹は北海道本島の付属諸島だ、という論法(地図を見ればわかるが、占守島から国後島までは”列”を成してるが歯舞と色丹はその”列”から外れてる。地質的にも、根室半島の先端が沈降してところどころ沈み残ってああなってるのがわかってる)で、なんとか話をつけようとしてるんだ。サンフランシスコ条約やポツダム宣言といった、連合国が否定できない、連合国自身の公式見解に矛盾しない説明は、それしかない。

面積だと国後択捉はずいぶん大きいが、付属水域は歯舞色丹も十分大きい。何より、正式に日本領になれば、北海道の漁民が堂々出漁できるようになる。この漁業権益は非常に大きい。「4島」に固執し、この漁業権益を潰し続けてきたのが戦後の日本政府主導の「返還運動」だ。

だいたい、札幌と地続きの北海道本島でさえ過疎化がひどくて、石北本線や宗谷本線や、根室本線さえ維持できないんだろ。さらに遠隔地に広大な領土獲得して、一体どうするんだっての。根室本線も維持する余裕もないくせに(釧路以東さえ廃止にならないのは、根室の先の「領土」への野心があるから、という説がある)さらにあんなとこ維持するのに、いくら持ち出しになるのやら。東京五輪以上に、税金の無駄な垂れ流しになるだけだ。「返還運動」とは比べ物にならない額の、な。
[ 2016/10/03 15:36 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム