情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.10.06 10:00|カテゴリ:政治経済コメント(20)

富士通がパソコン事業をレノボ傘下に!パソコン事業の厳しさから身売りへ!


s_ice_screenshot_20161006-024023.jpeg

日本経済新聞によると、富士通がパソコン事業を中国レノボに移動する方針を決定したとのことです。レノボと富士通が合併事業として半分ずつを負担する方向で、今月中にも合意すると報じられています。
富士通のパソコン事業は年々赤字で縮小しており、パソコンの調達コストを下げるために富士通はレノボにパソコン事業を移動することにしました。

ただ、レノボは本社の方に情報が筒抜けになるという話も見られ、値段が安い代わりに問題も多いと言われています。これからレノボで富士通のパソコンが今まで通りになるかは不透明です。


富士通、パソコン事業をレノボ傘下に 合弁事業で調整 月内合意めざす
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05IEW_V01C16A0000000/?dg=1&nf=1

 富士通はパソコン事業を中国レノボ・グループの傘下に移す方針を固めた。合弁事業とし、レノボが過半を出資する方向で調整している。月内の合意をめざす。富士通は今年2月に非中核分野としてパソコン事業を分社しており、レノボに主導権を渡すことでIT(情報技術)サービス事業などに経営資源を集中する。



以下、ネットの反応





















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
日本の技術が吸い取られる
[ 2016/10/06 10:06 ] [ 編集 ]
アベノミクスの円安で、日本企業を中国に安売りする安倍晋三と自民党。
 
[ 2016/10/06 10:14 ] [ 編集 ]
パソコンから見てますが、タイトルが見えません。
なにか不具合がありそうです。
[ 2016/10/06 10:25 ] [ 編集 ]
富士通と言えば世界最速が売りだった京だが
今や量子コンピューターに移行しつつあり、日本は完全に出遅れてる

日本会議の前時代的な道徳教育なんぞする暇があったら
基礎教育から大学専門教育までの機会を国民に与え、裾野を広げ才能を発掘するのが大事だろうに
カネが無いとマトモに進学できない世の中にして
教育をおろそかにばかりしてるよな

いくら大学の研究機関にカネを与えても、突出した発明ってのは出てこない
天才ってのは既得利権のカネ持ちボンボンの間だけでは生まれてこない

数年後には技術すらも発展途上国になってるだろうよ
時代の移り変わりはあっと言う間だ
[ 2016/10/06 10:25 ] [ 編集 ]
富士通… ち〜ん!。
[ 2016/10/06 10:26 ] [ 編集 ]
技術大国日本()も終わります
[ 2016/10/06 10:46 ] [ 編集 ]
この記事、タイトルがありませんが、「言葉を失う」って意味でしょうか?
当時はタモリが嫌いでFM-7を敬遠してたら、結局富士通PCは1台も買わずじまいになりました。
[ 2016/10/06 10:56 ] [ 編集 ]
タイトルがないな
[ 2016/10/06 10:59 ] [ 編集 ]
地道にモノ作りに頑張っても、メダルも国民栄誉賞は貰えません、どころか国の愚策で
雇用も収入もこの有り様ばかりです。

[ 2016/10/06 11:04 ] [ 編集 ]
10:25氏へ
道徳教育は阻害要因にはなりえますが突出した子は機会を与えなくてもでてきますよ。
今はまだ社会活動(生産等)において集団主義は必要です。
教育においてもピラミッドは確実に形成されます!所得以外でも。
簡単にしかかきませんが大卒までに学力が本当に高い同一水準に達せればいいですよね。
[ 2016/10/06 11:56 ] [ 編集 ]
日本企業の国内再編統合が遅すぎた結果と言えますね。
ファブレス企業として残し、EMSに任せるのも出来たはず。
私が以前、別のところで話していたのですが、
日立工機が日立グループは売却検討すると日経新聞に載っていました。
私は、もっと早く売却すべきだと話していましたが、ようやくその通りになりました。
日立国際も半導体事業部門を売却すると書いてありました。
日立国際も日立製作所か子会社と合併することも考えられます。

連結子会社の選択と集中は、製造業各社は必要不可欠であると言うことですね。生き残るためにシャープや日本電気のように海外に買収される時代になったのでしょう。
[ 2016/10/06 12:28 ] [ 編集 ]
前と一緒だなあ
自民党政権中に大量の技術流出
売国
[ 2016/10/06 13:26 ] [ 編集 ]
情報漏えいがつきもの・・??
 LENOVO は中国企業。また多くのハードディスクは2015年のニュースでは,次のように書かれていた。

> ロシアのカスペルスキーラボによると、何者かがハードディスクドライブのファームウェアに感染するスパイウェアを開発していたことがわかりました。ウェスタンデジタル、シーゲイト、東芝などのHDDで動作するというこのスパイウェアは、「世界のほとんどのPC」に侵入できるというのです。日頃の行いのせいと言うべきか、このスパイウェアを開発した犯人は、アメリカ国家安全保障局(NSA)なんじゃないかと疑われています。
 
 私は NSA がキライだし,自称右翼の人たちは中国ダイキライ。
じゃどこのPCを買うのかな? のこるは大手ではVAIO でしょうか。日本企業ではないが HP のは MADE IN TOKYO (だったかな?)と書いてありますね。
 ヤマダ氏ではないが,ネットに繋がっているものには,情報漏えいがつきものだと覚悟してかからなければならない世の中にどんどんなってきているのでは。
[ 2016/10/06 13:59 ] [ 編集 ]
自分は昔からネットのセキュリティなんてものは全く信用していない。
snsにも普通に馬鹿正直に個人情報晒しているし、高い高いセキュリティソフトを導入してもいない。そんなことをいちいち気にするくらいなら、現実世界で身を守る方法を確立させた方が余程効率的だと思うぞ。
最後は肉体がモノを言うのが人の歴史の常だからね。なんちって!
[ 2016/10/06 14:44 ] [ 編集 ]
あ~・・・
PCだってこれからもまだまだ必須な技術だろうに
今後百年は生きていけると思うけど日本みたいな大量生産に向かない国には厳しいのかね・・・

そこ捨てたら本当に後進しちゃうと思うけど・・
[ 2016/10/06 15:02 ] [ 編集 ]
大抵の人はパソコン要らず、スマホで事足りるようになってきたからねぇ。

うちは常に自作PCだし、関係ないや。
[ 2016/10/06 20:06 ] [ 編集 ]
FUJITSUパソコン昔話
大昔 FM-X てのもあったけど,MSXからは早期に撤収。
昔 名機? FM-TOWNS てのもあった。独自OSでプロテクトモードのプログラムも動いた。FM-TOWNS用の Windows95 もあったらしい。

FM-7はdosマシン。FMVのVはdos/v の v。
Windows95 以後FMVは官公庁によく納入されていた。TVのCMでは岸部一徳が木村拓哉をおちょくるシリーズが面白かった。家庭用機はホームユーザー用に数多くのバンドルソフトがプリインストールされていた。

 というのが,いまや昔話。
[ 2016/10/06 23:11 ] [ 編集 ]
FM-7はBASICマシン、開発コードは「FM-8Jr.」。
7、New7、77、77AVと人気を博し、CMでも南野陽子を起用、(NECは斉藤由貴、共にスケバン刑事)。
16βという、そこそこ売れたビジネス機があったために、個人・ゲーム向け16Bit機でNEC(PC98)、シャープ(X68000)に後れを取る。

 そこに向けて開発されたのがFM-TOWNS。東京ドームでの発表イベントが天皇の崩御で延期されたよな記憶があるものの、さらなる改良を重ね、宮沢りえ、観月ありさを使ってのCMにも注力したものの、VM以降の98の市場席捲には逆らえなかった感じ。
[ 2016/10/07 01:24 ] [ 編集 ]
ト○タやホ○ダなどの自動車アッセンブリメーカーもいずれは同じ運命にあるのかな。
日本国内で生き残るのはデ○ソーやアイ○ンのような部品サプライヤーだけかも。ト○タ自身もアド○ィックスやジェ○テクトとか部品サプライヤー化してるし。
コストダウンで切磋琢磨の時代、生き残ったLENOVOが果たして勝ち組なのかも分からない。
[ 2016/10/07 10:51 ] [ 編集 ]
10/06 23:11 です。
マチガイ直しです。

dos マシーンでまぁまぁ売れていたのはFM-R。電車につり広告も出していたと思う。
FM7はモトローラ製のMPUを積んでいるということで,当時の私の同僚は高く評価していた。私にはチンプンカンプンだったが。
[ 2016/10/07 13:00 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム