情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.10.16 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

【危険物】爆発が頻発した韓国サムスン電子の「ノート7」、米運輸当局が持ち込み禁止に!航空機で事故の恐れ


s_ice_screenshot_20161016-065205.jpeg

爆発が頻発している韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」について、アメリカの運輸局は航空機内への持ち込みを禁止すると発表しました。ノート7は爆発事故の多さから爆弾と同じような扱いになる見通しで、持ち込んだ乗客は罰金や訴訟の対象になる恐れもあるようです。
韓国側もノート7の生産を中止して緊急対応をしていますが、その事故率の高さから世界規模で波紋を呼んでいます。今後は訴訟沙汰になる可能性もあり、韓国サムスン電子は厳しい状態になるでしょう。


米、「ノート7」の機内持ち込み禁止
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H2V_V11C16A0000000/

 【ニューヨーク=共同】米運輸当局は14日、発火する欠陥が判明した韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の航空機内への持ち込みを乗客に禁止する命令を発表した。違反者を刑事訴追したり、罰金を科したりする場合もあるとした。









以下、ネットの反応























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
日本では普通にCMやってる。
厳密にはGALAXYとGALAXY ノートは違うんだろうが、どういう神経で
やっているのか。
電池の供給元が日本で発売しているのは違うとか、そんなノリなのか。

つくづく品質というものに関する感覚が日本とズレている。
[ 2016/10/16 12:05 ] [ 編集 ]
正当な評価だろ
[ 2016/10/16 12:27 ] [ 編集 ]
車載の大出力無線でストーブが着火したり金糸銀糸が発火したらしい件を思い出した。

想定外の盗聴送信に電気食われてるんじゃ…
[ 2016/10/16 14:02 ] [ 編集 ]
電源落として、バッテリー取り外しても
発火するのかな?
そうだとしたら、凄いな、

良い子の皆さんは、決して触らないように!

サムソンって、元は日本人技術者が作ったんでしょ。韓国に厚待遇で迎えられ、そのあとひどい扱いだったって。

なんか、そういう日本人技術者が恨みから、何か細工した? なーんて妄想をたくましくしてしまったよ。
[ 2016/10/16 17:41 ] [ 編集 ]
[ 2016/10/16 17:41 ]さま

無きにしも非ず(笑)

昔のイタリアは「マセラティ」のクルマ、待遇に不満を持つメカニックマンが自社製品への面当てにダッシュボードの奥にコーラ瓶を突っ込んでた、なんてエピソードを聞いたことがあります(^_^;)

※'70年代の話らしいので今の時代とは違いありえない話でしょうけどね
[ 2016/10/16 17:56 ] [ 編集 ]
[ 2016/10/16 17:41 ] 名無し

とっくに辞めてますよ。
一時韓国企業はパナソニック(生産技術等)、ソニー(デザイナー等)を引き抜きました。
しかし、吸い尽くしたら、用無しです。
その後、サムスンについて本も出したりしてました

僕は1992年の東芝のDRAM技術供与あたりから手口が最悪だと思ってます。
[ 2016/10/16 19:45 ] [ 編集 ]
「【国際】バッテリー爆発の韓国サムスン電子、影響は世界的規模に 回収対象外の中国では反感高まる―中国紙

問題のバッテリーは韓国メーカーが生産したもの」引用

http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/49489062.html
[ 2016/10/16 22:24 ] [ 編集 ]
スマホ充電用大容量バッテリの飛行機規制も始まってる。行く先々の土地での調達もつらい。
[ 2016/10/17 09:25 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム