情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.10.18 21:00|カテゴリ:ニュースコメント(25)

天皇陛下、数年前から平成30年の皇位継承を示唆!宮内庁や政府側が直前まで規制?安倍政権は特別立法で調整


s_ice_screenshot_20161018-173213.jpeg

平成30年に大嘗祭(だいじょうさい)を行って皇位を正式に継承する予定の天皇陛下ですが、平成30年の皇位継承は数年前から言及されていたことが分かりました。

東京新聞によると、陛下は2012年に冠動脈バイパス手術を受けた段階で「平成30年までは頑張る」等とコメントしていたとのことです。
別の記事でも天皇陛下がかなり前から生前退位を主張していたと記載されており、かなり前から具体的に検討されていたと言えるでしょう。

ただ、宮内庁や政府側がこれに否定的な見解で、天皇陛下が強く主張するまでは表沙汰にならないように情報を取り扱っていたようです。
天皇陛下は皇室典範改正も視野に入れてシッカリと改正することを求めているようですが、安倍政権は陛下一代の退位に限る特別法を軸に法整備するとしています。


天皇陛下、6年前に強いご決意 「譲位」というお言葉明確に 「『摂政』じゃ駄目なんだ」と
http://www.sankei.com/life/news/161016/lif1610160017-n1.html

会議の様子を知る関係者は「『譲位』という言葉で明確におっしゃった。すでに熟慮を重ね、意思を固めておられる印象だった」と振り返る。出席者は一様に、皇室典範で規定され、大正天皇の前例もある「摂政」で対応されるよう翻意を促したが、陛下は「摂政では駄目なんだ」と強い口調で否定された。いつになく活発に意見が交わされ、「公務を減らして在位されてもいいのでは」との対案も出たが、陛下は最後まで譲られなかった。



政府、18年の天皇陛下退位想定 心臓手術後にお気持ち
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016101801001160.html

 天皇陛下の生前退位について、政府が2018(平成30)年の実現を想定していることが分かった。政府関係者が18日明らかにした。宮内庁関係者によると、陛下は12年に冠動脈バイパス手術を受けてまもない段階で、周囲に「平成30年までは頑張る」と話されていた。



天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201610/17keigen.html


s_ice_screenshot_20161018-172442.jpeg
 
総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。

「皆様方におかれましては、御多忙の中、快くお引き受けいただき、本日お集まりいただいたことに、心から御礼を申し上げたいと思います。
 今上陛下が現在82歳と御高齢であることも踏まえ、公務の負担軽減等を図るため、どのようなことができるのか。今後、様々な専門的な知見を有する方々の御意見もしっかり伺いながら、静かに議論を進めてまいりたいと考えています。
 そうしたことから、今回、識見を有する有識者の皆様にお集まりいただき、御議論をお願いすることとした次第でございます。
 これから御議論いただきますのは、国家の基本に係る極めて重要なことがらであり、予断を持つことなく、十分に御審議をいただき、国民の皆様の様々な御意見を踏まえた提言を取りまとめていただけるよう、よろしくお願いを申し上げます。」



以下、ネットの反応























関連過去記事

平成は30年で終了へ 天皇陛下の皇位継承、平成30年11月に大嘗祭を予定!法整備の期限に!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13821.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
[ 2016/10/18 21:08 ] [ 編集 ]
この問題で、小林よしのりとかが、今回、明仁天皇だけの特別措置としてだけではなく、もっと天皇制全般について皇室典範を見直し、特に、女性、さらには、女系天皇の容認まで踏み込むべき、とか言ってるけど、その場合、今後の人生のあり方などが大きく変わる可能性があり、利害関係をもつ、愛子内親王とかは、どう考えてるんだろ。
正直、黒田清子氏のような生き方を望むこともあろうに・・・
[ 2016/10/18 21:37 ] [ 編集 ]
民主党が女性宮家設立とか言い出したら、
Y遺伝子ガー
とかいちゃもん付けて、
全力でつぶした自民党。

アマテラス ←皇室の祖先、女性

★推古天皇  592年~628年
★皇極天皇  642年~645年  
★斉明天皇  655年~661年  
以下8人10代(再即位)の女帝(女性天皇)
[ 2016/10/18 21:47 ] [ 編集 ]
天皇陛下はすでに2010年の段階で、譲位の意向を宮内庁参与会議で伝えていたという。当然、総理大臣にも伝わっていたはずである。

ところが、今年8月の「玉音放送」がおこなわれるまで、民主党と自民党の総理大臣たちはいっこうに陛下の意向を検討しようとしなかった。陛下を無視したわけである。

これは陛下に対するきわめて失礼な、昔の言葉で言えば不敬な行為(無作為)ではないか。

陛下を敬愛する一国民として、陛下の意向が実現されることを切に願う。
[ 2016/10/18 21:55 ] [ 編集 ]
保守的な所功先生ですら女性天皇・女系天皇・女性宮家の創設を提案しておられる

安倍も時代錯誤的な思想を捨て歴史に名が残る仕事をしてみてはどうだろう
[ 2016/10/18 21:56 ] [ 編集 ]
政治家どもが動かないので、陛下は玉音放送という非常手段を使ったわけだ。

大戦末期と似ているね。
[ 2016/10/18 22:02 ] [ 編集 ]
天皇陛下に対しても無礼極まりなく、陛下のご意向に背き敵対し、
陛下が大切にしたいと考えている現行憲法に対しては全く無視して違反を繰り返し、
国民に対しては息を吐く様に大嘘を吐く安倍晋三。

安倍晋三こそまぎれもない逆賊である。
[ 2016/10/18 22:05 ] [ 編集 ]
天皇陛下は安倍晋三が大嫌い。コイツの思い通りにはされたくない!そう思っているはず。
[ 2016/10/18 22:27 ] [ 編集 ]
眞子さま初ロマンスも気になるんだが
[ 2016/10/18 22:28 ] [ 編集 ]
眞子さまならアタシの横で寝てるよ(嘘)

(笑)
[ 2016/10/18 22:29 ] [ 編集 ]
参院 予算委での三原じゅん子の質問では二重国籍問題がここでも取り上げられたが
質問の最後に、これはお願いになりますとして生前退位について話し出し
「より安定した皇位継承のための生前譲位の恒常化の慣行は明治期に至るまで続いていたと聞いている。皇室典範の立法措置に取り組む際には、伝統的な天皇のあり方に思いをいたしていくことが重要だと考える」
「互いが自立的に一体感を醸し出す君民一体の国柄の維持に思いを馳せてほしい・・」
こんなこと言ってるんだよね。これだとアベ官邸が考えている特別法に対して、自民内にも異論がありそうだね。そういう意見もっとぶつけてやって
[ 2016/10/18 22:32 ] [ 編集 ]
>[ 2016/10/18 21:37 ] 名無し の方、

個人的には「小林よしのり」と言う人の考えには同意したい部分もある。
ただ安倍の天皇陛下に対する行いを見て思ったけど、天皇陛下もなめられたものだな。
[ 2016/10/18 22:37 ] [ 編集 ]
天皇陛下のお気持ちに対して論点ずらしなどと、どういう神経なんだろう。偉くなったもんだなぁ!安倍晋三首相よ。何軽くあしらってるんだよ。陛下は公のこと、未来の日本のことを考えて述べられているのに、安倍ときたら、どうしたらこちらの希望に近付けることが出来るか、条件闘争まがいの提案をしてきやがった。陛下は少しも高いボールなど投げてはいない。満額回答以外は、私は認めない。
[ 2016/10/18 22:50 ] [ 編集 ]
このコメント欄にも、「陛下の意向」、「陛下のお気持ち」云々と、明仁天皇がどう考えるのかを重視するかのような書き込みがあるけど、そもそも、天皇制というシステムそれ自体が、基本的に、皇位に就く人物の意思と関係なく、「天皇」という肩書と役割をそれなりに長期間背負わせるものであるから、「今さら」感があるよなぁ・・・実際、明仁天皇自身、自分の自由な意思による選択で、ではなく、単に、天皇家という特定の家柄・血筋の下に生まれたから、皇位に就いたわけだし。
更にいえば、安倍首相のこの問題に対する態度を非難してる人もいるけど、そもそも、そういう人たちにとって重要なのは、自分たちによる国家統治、国民統制に都合の良い、天皇制というシステムそれ自体であって、天皇本人がどう考えているかは、あくまで、二次的、三次的なものなんだと思う。
[ 2016/10/18 23:42 ] [ 編集 ]
宮内庁とやらをなんとかしたほうがいいと思います。その他の公務員どもも
[ 2016/10/19 07:28 ] [ 編集 ]
・・・いまの時代に皇族の人権を無視した状態を維持し続けている、というのもある。人権どころか、生存している人間としての扱いを閉ざされた人たち、ってくらいのレベルではないのか。

天皇がノーベル平和賞を受賞すれば、大日本帝国の復活を目指す安倍政権の姿が浮き彫りになるんだろうけど・・・
[ 2016/10/19 07:36 ] [ 編集 ]
数年前から東京オリンピックの2年前に皇位継承を考えていたのか。

東京オリンピックの前後に何かあるだろうな。
[ 2016/10/19 07:42 ] [ 編集 ]
バーゼルⅢ全面適用とか、2018年末から2019年初頭は日本だけでなく、世界的に色んな局面で変動期かも。
[ 2016/10/19 08:05 ] [ 編集 ]
先の方々も触れられている通り、天皇制は今や非常に天皇に無理のかかるしかない制度であり、特に日本では今上天皇のこれ以上出来ないだろうという限りの心砕きで、国民に寄り添われ続けて来られたことをおもんばかれば、この理不尽とも言えそうな天皇制を維持していただけるとすれば、ここで本気で皇室の方々のお考えも伺いつつ、ひとつではなく数々のレベルの協議の場を設けるべきだろう。陛下だって一度くらい自由の身になり、皇后陛下とお手をつないでブラブラ行きたい時に行きたい場所に赴き、食べたかったものを食べ、断りたい時は断り、ボ~ッと空をひっくり返って見ていたりしてみたいだろう。何とか、御意に添えますように。
[ 2016/10/19 08:12 ] [ 編集 ]
 産経の記事の2010年(7/22夜)の宮内庁参与会議で、天皇自身が「80歳(2014)まで務め譲位したい」と話してたっていう記事。
http://www.47news.jp/news/2016/10/post_20161016095556.html
[ 2016/10/19 08:46 ] [ 編集 ]
街宣車は騒がないの・不敬じゃなくて?
陛下より安倍を敬うのか?
[ 2016/10/19 13:17 ] [ 編集 ]
陛下は皇室制度上の『永続的な問題』ととらえている
今の天皇陛下の「一代限りの立法措置」となると、8月8日の「お言葉」を受けて、「特定の立法措置」に直結したと受け止められかねない。
言うまでもなく「憲法上の疑義」がある。
それは避けた方がいいのではないかというのが私の考えで、やはり、「皇室制度全般の問題の一環」として、一般法である「皇室典範の改正」として処理されるのが望ましい。

現憲法は国民主権を前提にしているが、天皇は「国民主権の下」での「国民統合の象徴」という位置付けを国民それぞれがより明確にする必要がある。

ところが、保守派や、保守派と逆の立場の憲法学者も、『天皇の行動はなるべく制限するべきだ』、という見解だ。

この考えは、「明治憲法下の天皇象」であり、「国民主権下の象徴天皇」というのは全く違う存在だという認識が欠落している。
『象徴天皇』とは何か?象徴天皇の実質的意味について象徴天皇を『明治憲法下の天皇の延長線上に』考えてきた為、象徴天皇の『能動性』、『積極性』が十分に認識されてこなかったからではないか?

保守派も、反保守派も、「天皇の自由意思が認められるか?」という点を問題にしているが、私は象徴天皇は憲法上の制約の範囲内で『自由の主体』であり、『天皇は自ら生前退位を申し出ることもできる』と考えている。

その事を、主権者である国民に問題提起されたのが今回の「お言葉」だ。
陛下の問題提起は『今の陛下ご自身に限られる問題ではなく』、陛下は皇室制度上の『永続的な問題』ととらえている。
(10月2日・東京新聞・三谷太一郎さん・東大名誉教授・元宮内庁参与・日本学士院会員)
[ 2016/10/19 19:30 ] [ 編集 ]
上の書き込みで、天皇の生前退位の自由、ということが言われてるけど、んじゃあ、いっそのこと、皇室典範上の皇位継承者に、皇位継承の拒否の自由を認めたらどうでしょうか?
[ 2016/10/19 22:07 ] [ 編集 ]
大日本国憲法と天皇
「大日本国憲法」は4条で、天皇は国家元首で「統治権をそうらん」すると規定。
「緊急勅令発布権」や「統帥権」などの「政治的機能を有し」、「国の意思を最終決定する主権者」と位置付けていた。
一方、55条で政治的責任を負わせない為、「国務各大臣は天皇を輔弼(ほひつ)し」と明記。
天皇の『実質的な』権限行使は制限されていた。
[ 2016/10/19 23:35 ] [ 編集 ]
やっぱり 出して来たな。


前回、8月8日に、天皇陛下と皇后陛下が
宮内庁とNHKとのコラボで流した「お気持ちのビデオメッセージ」に続いて

今回、また NHKから、陛下のお考えとして
追加の発言情報が出されてきたね。

今回のこれは、最初の8月8日の暴挙を行う時点で
第二弾として流す事を予め計画されていたものだと見て間違いないな。





















最初のビデオメッセージでは
「生前退位をにじませる発言」として
ぼかして 意思表示をしておいて

第二弾の情報で それを補完する形で
前回のあいまいなメッセージは

明確に
・高齢だから天皇をやめたい(建前)
・摂政で対応するのは嫌だ!
・禁止されている生前退位をし
・禁止されている譲位を、浩宮皇太子にしたい(本音)
・平成30年までしか俺は天皇はやらんよ
・だから憲法改正や皇室典範改正などして
・それを出来るように政府はしなさい

でした。
という事を 伝えてきた。


8月8日の最初のビデオメッセージで
ここまで全部伝えてしまうと
明らかな天皇の越権行為の憲法違反になるので
それをかわす為に、二回に分けて発言の真意を伝えてきた。


これはもう完全にアウッ!だな!

やり方が非常に 姑息で 卑怯。



これで、前回のお言葉の真意は
「噂されている 生前退位を否定し
 生涯命尽きるまで、私が天皇を務めます」
という意味では無かったという事が確定した証拠だぜ。

やはり希望的観測に基づいて
思考停止する事の危険さを改めて認識したわ。

やはり性善説を前提に今の皇室を見ていてはいけねーな。


『80歳になるまでは天皇を務めるが高齢化の影響で』


『努めを果たすのが難しくなる前に皇太子に譲位したい』


参預会議出席者からは摂政での対応を提案したものに、
陛下は『摂政では駄目なんだ』と強く否定なされたとのこと。


その後の会議で陛下は
『それでは平成30年までは頑張りますか』
と具体的な時期も示されたとのこと。


↑ ↑ ↑
てか、何なん?今回公表されたこれらの発言は!
天皇として、有り得ない発言の数々だと思わくね?


・高齢化の影響で・・って言うけどさ、
んなもん建前であって、本音は、長男浩宮皇太子殿下に確実に早期に皇位を譲位したいだけじゃねーか。


・高齢化で公務などの象徴天皇の役目を果たせなくなるからとおっしゃるけれど、そもそも天皇の役目は、お出まし公務は優先すべき重要な役目ではねーじゃん。皇統の伝統と伝承としきたりを受け継ぎ、祭祀を行う事こそが一番大事な事なんじゃなくね?


・そもそも天皇は、職業じゃねーし。
一度天皇になったのなら、その命尽きるまで天皇である事を全うし、見事に崩御してみせ、その生きざまと死にざまをもって、国民に天皇のありかたを示すのが役目なんじゃないんですか?


・じゃあ なんで「摂政」では 駄目なんですか?
高齢で体力低下が理由なら、「摂政」で十分対応可能です。それなのに 何故、摂政ではダメなのか 
その理由は何か?


・もし摂政ではダメな理由が、象徴天皇の重要な役目がお出まし公務などをきちんと務める事が出来る人間がやるべきだ。とフガフガいうなら、今現在でさえ、公務どころか、祭祀すら満足に出来ない浩宮東宮皇太子と雅子に「譲位」しようとする事自体が矛盾してはいね?


・『それでは平成30年までは頑張りますか』ってさ
本当は嫌だけど、仕方ねーから、平成30年までは
イヤイヤやってあげますよ。って意味かよ?

・御自ら、ルール違反である「生前退位・譲位」を
言いだしておきながら、加えて期限を切ってくるとは。


ていたらくと言わずして何つうの?んぁ?


まず 今の憲法・皇室典範には 単に
「生前退位」「譲位」の規定が無いという事ではない。

日本人は過去の歴史から学び
「生前退位」「譲位」を禁止した。
だから、制度そのものを無くした。

天皇の政治利用や、国が荒れる事をさせない為に禁止し、わざと「譲位」が出来ない様に制度そのものを無くしてある。

これって、我が国の危機以外に何があんの?

これって、内廷皇族一家による「国難」だろ?

内廷皇族とは、宮家以外の皇族の意味です。
つまり「天皇皇后両陛下 と 東宮皇太子一家」 だ。

もし 今回の流れで男子嫡男の居ない、東宮皇太子に「譲位」をしてしまったら確実に次の「皇太子」の話題になるのは目に見えてんぜ。

本来なら、秋篠宮様に「皇太弟」そして
悠仁様に「皇太子」というのが 一般的な流れと考えるのが普通じゃね?(これも現憲法、現典範には無い)

たが、

今回の内廷皇族一家は、他の宮家を皇統から排除しようとしているように見受けられるから当然、その先にあるのは、愛子様を皇太子に!というところまで見据えて計画していると 警戒する必要があると思うぜ!
[ 2016/10/21 18:16 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム