情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.10.22 07:35|カテゴリ:ニュースコメント(17)

三浦九段が再び反論文書!「私はスマートフォンの提出を拒否した訳ではありません」


s_ice_screenshot_20161022-073348.jpeg
*三浦九段

試合中にスマートフォンを利用して不正行為を行っていたと疑われているプロ棋士の三浦九段ですが、再び報道陣に反論文書を送っていたことが分かりました。
三浦氏は二度目の反論文書で「私のスマートフォンに遠隔操作アプリをインストールしたことはありません」と述べ、疑惑を全面否定しています。

その上で、スマートフォンの提出を拒否したわけではなく、連盟から提出の要請が無かったことから自主的にパソコンなどの情報を開示したと明らかにしました。

また、自らの潔白を証明するため、三浦氏はスマートフォンと4台のパソコンを信頼のおける調査会社等に提出したと文書に記載しています。調査会社の選定には連盟と協力する意向があるようで、連盟が応じれば協力するとのこと。

三浦氏を巡っては関係者からも疑うような発言が飛び出ており、未だに誰が正しいのか曖昧な状態になっています。


<将棋>三浦九段の2回目の反論文書全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000140-mai-soci


次に、平成28年8月頃、三枚堂さん(達也・四段)と将棋の研究を行っていた際に、三枚堂さんがスマートフォンを用いて自宅のパソコンを操作しているのを目にしました。私は、そんなことができるのかと驚き「どうやっているの」と聞きました。彼は、私がパソコンに疎いことを知っていたため、詳しい説明はしませんでした。もちろん、私のスマートフォンに遠隔操作アプリをインストールしたことはありません。



以下、ネットの反応

























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
三浦和義;疑惑の銃弾
三浦九段の場合はカンニングしたのに
言い逃れがスゴいですね。
パソコンは連盟職員が三浦九段と共に三浦九段の自宅に行って持ち帰っています。勿論スマホの提出も求められましたが今になって否定しています。
竜王戦の対局についても辞退したのにそんなことはないと否定しています。
三浦九段は早くカンニングを認めなければ
将棋連盟から追放されるかもしれません。
仮に追放されたら
三浦九段としてはどう対処するのでしょうか?
アメリカのロサンゼルスで新団体の設立でしょうか?
[ 2016/10/22 08:23 ] [ 編集 ]
>未だに誰が正しいのか曖昧な状態になっています。
渡辺明が真っ黒だと結論は出てますよ
将棋連盟の対応や週刊文春の不自然な記事を見ればわかります。
[ 2016/10/22 08:30 ] [ 編集 ]
[ 2016/10/22 08:23 ] ましまし

↑こういう発言などを見ていれば「冤罪」がいかに作られるかよく分かると思う。
1週間後には今期の竜王戦は中止されて渡辺明が破滅することになってるよ。
[ 2016/10/22 08:32 ] [ 編集 ]
ネットの意見を見てると何か違うんだよな。
三浦九段がスマホを見ていたかどうか?
そんなもん第三者(渡辺竜王含め)がわかるわけねーじゃん。

知っているのは三浦九段と神のみだ。大原則として悪魔の証明を求めるのは間違っていることであり、そこだけは連盟は反省してほしい。

しつこいけど三浦さんが黒か白か『わからない』が現時点では正解ですよ。
じゃあ何で三浦さんは苦境に立たされてるんだ?て理屈は理解されないかね。

[ 2016/10/22 09:09 ] [ 編集 ]
冤罪について
三浦九段のカンニング疑惑に対して
将棋連盟は処分しておりませんので冤罪になっていません。
年内の出場停止処分は将棋界最大のタイトル戦の挑戦者になったにもかかわらず休場の届けを出さなかったための処分です。区別して考えなければなりません。
[ 2016/10/22 09:31 ] [ 編集 ]
竜王戦に出ないとゴネたのは渡辺明
>年内の出場停止処分は将棋界最大のタイトル戦の挑戦者になったにもかかわらず休場の届けを出さなかったための処分です。区別して考えなければなりません。

だからそれはでっち上げだと三浦が反論している。
区別なんかできるわけない。

>竜王戦の辞退を申し出たとする連盟の説明に対し、「竜王戦は将棋界最高峰の棋戦で挑戦するだけで大変な名誉だ。辞退するわけがない」と反論しました

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010734201000.html

むしろ、竜王戦に出ないとゴネたのは渡辺明。

>今月3日の対局でたびたびの離席と不自然な指し手に疑惑を抱いた渡辺明竜王(32)が、「疑惑がある棋士と指すつもりはない。タイトルを剥奪されても構わない」と、連盟幹部に強く対応を求めていたことを明らかにした。

http://www.sankei.com/life/news/161021/lif1610210033-n1.html

自分の勝手な思い込みの疑い(三浦がカンニングをやっている)で三浦を外さないと自分がおりると渡辺明はゴネた。
本来なら渡辺明に将棋連盟は休場届を要求するべきだった。
しかし、将棋連盟は三浦を切ることにした。

が、昨日の段階で渡辺明の一方的な思い込みによる三浦排除は失当だったと判断し、軌道修正して渡辺明を切る方向で動き始めている。
[ 2016/10/22 12:31 ] [ 編集 ]
これが世の中の役に立つの?
何の騒ぎ?
[ 2016/10/22 12:55 ] [ 編集 ]
将棋は一応400年以上の日本のオリジナルの文化だし、将棋連盟は公益法人だ。
それに、朝日、毎日、読売、産経など主要新聞はすべて関わってる。
結構重要なテーマだと思うね。
さらに、人工知能がついに人間最高のプロ棋士に勝つようになったという観点から見ても面白いし、将棋連盟の対応を見ていると失敗する日本企業の典型みたいなこともうかがえて面白い。
恐らく、この騒動はジャーナリストが後追いで詳しく取材して本にも、もしかしたら映画にもなるかもしれないね。
今は故村山聖九段の映画が始まってるけどね。
[ 2016/10/22 13:06 ] [ 編集 ]
竜王戦第2局は27日・28日
まあ、あと5日いや4日で決まるね。
果たして第2局は実施できるのか。
[ 2016/10/22 14:28 ] [ 編集 ]
12:31
三浦九段は竜王戦出場について大変な名誉であると言っています。
では何故あっさりと降りたのでしょうか?
確かにスマホでカンニングなどと
棋士には大変な不名誉な言いがかりをつけられたなら11日の島九段等の会合をたった2時間で終わらせないで5時間、6時間次の日もと時間をかけて説明しなければなりません。棋士生命がかかっているわけですから。また、将棋連盟に一方的にでっち上げられて出場停止にさせられたなら弁護士に相談して対抗措置をとらねばなりません。三浦九段は今年度たった一人の挑戦権の獲得者ですから。

法的な措置はとらない
連盟に休場届けは出さないでは
カンニング疑惑は別にして非常にいいかげんですね。
厳しく言えば三浦九段にはタイトル戦の挑戦者としての資質に問題があると思います。将棋の解説を見ていても一人だけ異質ですね。
[ 2016/10/22 16:31 ] [ 編集 ]
もう渡辺明は詰んでいる
もう渡辺明には限りになく詰みに近い必死がかかってるんだよ。
三浦は既に自分のスマホやパソコンなどを鑑定に出すと言っている。
場合によっては家族のものも提出すると言っている。
ここまでやれば三浦が本当にシロであるならばシロの物証が出ると思う。
他人のを使った、カンニング用に別のスマホを持っているとか言うのだろうが、使用履歴なども調査すればその言いがかりも封じることが出来るだろう。
三浦が普通の人間ならばここまでやるならばシロに間違いないんだよ。
三浦がクロとするなら、あの遠隔操作ウイルス事件の片山ゆうすけのような元々がサイコパス気質でなおかつスマホやパソコンに長けたIT専門家と同等の能力がないと無理だろう。
しかし、その確率は限りなくゼロに近い。
渡辺明はもう詰んでいる。
[ 2016/10/22 17:11 ] [ 編集 ]
(お笑い↓)

ネコ将棋 第23期竜王戦  猫川竜王 対 猫島九段

https://www.youtube.com/watch?v=QLHrRU_VEcI

将棋は面白いですね!
[ 2016/10/23 03:25 ] [ 編集 ]
コンピュータを使った不正疑惑が出るのは将棋では今回の件が初めてだと思うが、

チェスにおけるコンピュータ不正行為の歴史(Masayuki Hatta a.k.a. mhatta)

という記事は参考になった。処分の決め手となったのはほとんどの場合、自白か現行犯逮捕(不正行為中のトイレに踏み込むなど)。今回の将棋連盟の対応は証拠不十分で、棋界全体の信用を落としかねず、将来に禍根を残すだろう。以下のニュースもあった。

【将棋】速報!将棋不正疑惑問題で棋士説明会 丸山九段「連盟対応は疑問だらけ」
2016年10月21日14時26分 スポーツ報知
[ 2016/10/23 06:45 ] [ 編集 ]
チェスとの違い
チェスには感想戦があるのかな。
私はチェスは知らないので一瞬疑問に思っただけですが
今回の三浦九段のスマホ疑惑では感想戦がとても重要なんですね。
この局面でどう考えたとか優劣はどう感じていたとか別の攻めを考えていたとか対局後に質問できます。
離席でカンニングに忙しい場合は
感想戦で質問を受けた時に将棋ソフトの読み筋がメインですから別の筋がしどろもどろで説明できなくなります。
プロの感想戦ではまずカンニングしたらバレるでしょうね。 週刊新潮によると7月から三浦九段の疑惑がひろまったようですが感想戦からバレたかもしれません。
ですから今月の三浦九段・渡辺明戦では感想戦は短時間だったので渡辺竜王はカンニングに気づきませんでした。
後に多の人の指摘で調べてみたわけですが感想戦を十分にやって三浦九段をその場で追い込むことができたかもしれません。
[ 2016/10/23 08:22 ] [ 編集 ]
ソフト指しで疑心暗鬼になった奴らが将棋界を滅茶苦茶にしている
大平武洋 (@oohira0511)
記事中の記録に見に行かせた。というのはちょっと信じられないです。というより、そんな依頼は反則な気もします。

丸山竜王戦挑戦者
「僕はコンピューターに支配される世界なんてまっぴらごめんです」

JT杯優勝後の三浦九段のインタビュー
「自分の中で吹っ切れたものは確かにありましたね」
「納得のいく、自分の力を出し切る将棋を指すことが全て」
「負けるということはとても大事なんですよね」
「成長したことそのものを見出す喜びを大事にしたい」
「その瞬間だけは、将棋の神様と同じ手が指せる」
[ 2016/10/23 09:17 ] [ 編集 ]
バラエティー政治漫談評論屋の諸君、NHK杯戦で橋vs三を放映したな(((((゜゜;)疑惑騒動前の収録分・だ・か・ら・三ちゃんも動揺は無かったと思うが、ミゴトな惨敗もワロタわ(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)。
[ 2016/10/23 11:45 ] [ 編集 ]
ここのなんでも詳しいぶっちゃ〰。将棋初級解説以下奨励会未満の雑種パクリ
[ 2016/10/23 11:59 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム