情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.10.29 20:00|カテゴリ:ニュースコメント(24)

TPPの日本語訳に誤訳!Tariff commitment(関税の譲許)とTariff elimination(関税撤廃)を間違える!


s_ice_screenshot_20161029-072817.jpeg

TPP(環太平洋連携協定)の日本語訳に誤訳があることが判明しました。

民進党の玉木雄一郎議員がTPPの翻訳文に記載されていた「Tariff elimination」を「関税に係る約束」と記載していたことに疑問を感じて調査したところ、外務省がミスを認めたと報告しています。

本来「Tariff commitment(関税の譲許)」としなければならないものを「Tariff elimination(関税撤廃)」と誤表記したようで、結果的に翻訳文から「関税撤廃」の文字は消えていたとのこと。

間違った理由として「ニュージーランド政府のホームページに間違え」と外務省側は説明しており、玉木議員は「日本の国会議員にTPP協定文の原文の間違いを指摘されて、ニュージーランド政府も驚いているかもしれない。いろんなことが起こるなぁと、私自身ビックリする」とコメントしています。

s_ice_screenshot_20161029-072254.jpeg











関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
だから、丁寧な説明も、内容も提示もなく、のり弁状態で議論するのは危険なんでしょうね。

あ、のり弁は大好きです!
[ 2016/10/29 20:07 ] [ 編集 ]
全く問題ない。TPPは日本の国益に叶う。安い海外産に圧されるくらいなら日本産が情けない証拠。日本国内だって松阪牛の肉と普通の牛肉が違うようにこれからはより努力が報われる世の中になる。本当に良いものなら高くても売れる。ヒュンダイとトヨタ、どちらに乗りたい?
ブサヨは楽してたいからTPPに反対するだろうが甘ったれるな。競争が資本主義には必要だ。
[ 2016/10/29 20:14 ] [ 編集 ]
独占によって自由競争もなくなる。
経済の支配は政治の支配に
そしていずれ文化、思想すべての支配に及び
それに対抗する手段も奪われるのがTPP。
[ 2016/10/29 20:34 ] [ 編集 ]
共産主義者はTPPだな
[ 2016/10/29 20:41 ] [ 編集 ]
20:14
ワロタ
競争には必ず損する方負ける方がいて、TPPでは日本がほぼ損だから反対してるだろーが
それに「全く問題ない」ってなんだよw
誤訳がある上に翻訳されてるのは文書のうち3割ほど お前どーやってTPPは日本の国益に叶うって判断してんだ?まさか原文そのまま全部よんだのかよ?

[ 2016/10/29 20:47 ] [ 編集 ]
わぁーすごい、8000ページもあるのに誤訳が1つだけってすごくないですか?
苦労して翻訳された方に感謝です☆
[ 2016/10/29 21:04 ] [ 編集 ]
その前に、ニュージーランドって、英語の国じゃなかったの?
なんで間違えるんだ?

TPPは日本の国益に叶う → 国際社会では、英語力が大事だと教えてくれた(笑)
[ 2016/10/29 21:04 ] [ 編集 ]
致命的な誤訳だぞこれ
[ 2016/10/29 21:18 ] [ 編集 ]
そもそもTPP文書には日本語正文がない。これって、とんでもない英語従属じゃない? フランス語やスペイン語の正文はあるんだよ。

国会議員で、英語文書をきちんと読んだ人がいるの? そもそも英語読める議員がほとんどいないじゃない? 漢字に振り仮名をつけている安倍さんは、英語読めるの?

官僚は適当に誤訳しているっぽい。そんなものをどこまで信用できるの?

そんなものに調印するのは、めくら判というんです。あとでとんでもないことになったら、誰がどう責任を取るの? 原発と同じで、誰も責任を取らないのが日本流でしょうね。
[ 2016/10/29 21:22 ] [ 編集 ]
今のTPPとは少々違いますが、昔「GATT ウルグアイ・ラウンド交渉」で世界的に大もめになったニュースがありましたね。アレも結局最終的にはとん挫したんですよね確か(´・_・`)
あのときアメリカと一戦交えたのが「牛肉・オレンジの輸入自由化」でしたが、今はハテどうなっているのでしょう? 何も影響ないでしょ? 個人的にはTPPをいくら国会承認したところで、最終的には何処かでとん挫すると思っています。14兆の儲けも「絵に描いた餅」だと思いますけどねェ(´・_・`)

※ようは「ガタガタしなさんな」ということですかね。ただし強行採決はいかんです。
[ 2016/10/29 21:32 ] [ 編集 ]
>21:22
うるせーだけだからこんなとこでグジグジ言ってないで国会に電話して文句垂れろ
与野党とも問題だな、はい終わり
[ 2016/10/29 21:33 ] [ 編集 ]
観てのとおり、日本側は交渉一つすることなくすべて丸呑みしています。
だから日本語訳正文が存在しないのです。
[ 2016/10/29 21:34 ] [ 編集 ]
>ヒュンダイとトヨタ、どちらに乗りたい?

トヨタよりはヒュンダイ車が目新しくていいかな(笑) 国産車ならトヨタ車以外なら買います(笑)
一番いいのはドイツ車とイタリア車。ベンツにBMW、アウディにポルシェ、アルファロメオにフェラーリ。いいクルマばかりですなぁ(´・ワ・`)

※冗談はともかく、自動車の輸入自由化がなされても国産車が負けることはないでしょう。あのフォード車でも撤退したぐらいだし・・・。
[ 2016/10/29 21:49 ] [ 編集 ]
>競争には必ず損する方負ける方がいて、TPPでは日本がほぼ損だから反対してるだろーが

そんな気がしないでもないが、アメリカもアメリカが損するから反対ってやってるよね。

日本も損する。アメリカも損する。で、結局、誰が得するの?フリーメーソン?

[ 2016/10/29 21:51 ] [ 編集 ]
得するのはアメリカ1%
巨大多国籍企業が世界を支配する為にTPPがある
TPPとはつまりNWOである
[ 2016/10/29 21:54 ] [ 編集 ]
ミスも意図的?
アメリカのテキストでも「Annex 2-D: Tariff Commitments」となってますからね。
ただスケジュールは「Japan Tariff Elimination Schedule」となっていて、
日本政府のは「Elimination」がぬけて、
「Japan Tariff Schedule」となってます。これは意図的なのか?

ちなみに、アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長の内田聖子さん(参考人質疑の参考人として意見を述べられていました)によると
英文では8320ページのTPP協定文で、日本政府訳は2328ページだそうです。

岸田大臣曰く、他国の部分は概要と言う形にしているそうですが。
[ 2016/10/29 22:46 ] [ 編集 ]
「ISDS条項」または「ISD条項」が最大問題点
Wikipedia より抜粋引用
> 投資家対国家の紛争解決とは、投資受入国の協定違反によって投資家が受けた損害を、金銭等により賠償する手続を定めた条項である。国際的な投資関連協定でこれを規定する条項は「ISDS条項」または「ISD条項」と呼ばれる。国内法を援用した締結済条約の不履行は慣習国際法(国家責任条文32条に反映)および条約法に関するウィーン条約27条で認められておらず、適用法規は国際法であることが多いため、国内法に基づいた司法的判断と異なる結果となる場合がある。    (抜粋引用終)

 米国云々というよりは,多国籍企業(超国家企業というほうがいいかも)を優遇するのがTPP。
 大西洋横断貿易投資パートナーシップ協定(略称: TTIP)にもISDS条項がある。
 超国家企業による各国の主権の侵害が,TTPやTTIPの問題点。
[ 2016/10/29 23:32 ] [ 編集 ]
誤訳は論外として、「ニュージーランド政府のホームページに間違え」という言い訳がわからん。
原本から翻訳するものではないの?
[ 2016/10/29 23:53 ] [ 編集 ]
傀儡による契約書改ざん。
[ 2016/10/30 00:17 ] [ 編集 ]
翻訳業ですけど、英文の原文に間違いって、けっこうありますよ。いかにも絶対間違いなさそうな文書でも間違ってることあります。
[ 2016/10/30 02:33 ] [ 編集 ]
幕末明治の開国
【不平等条約締結】

平成の開国
【不平等条約締結】
[ 2016/10/30 06:24 ] [ 編集 ]
0233ってはるこだろ
はるこが滲みでてキモ
[ 2016/10/30 09:21 ] [ 編集 ]
ppap

ペンパイナッポーアッポーペン
[ 2016/10/31 00:05 ] [ 編集 ]
似た単語でもあるまいに
間違いが意図的に見える
どうなるんやろか日本の将来
[ 2016/10/31 12:21 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム