情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.01 08:00|カテゴリ:政治経済コメント(9)

イラク・モスル近郊で当局が日本人を拘束!フリージャーナリストの常岡浩介氏、家宅捜索を受けた中田氏とも交流


s_ice_screenshot_20161101-001146.jpeg

中東のイラクでイスラム国との戦闘を取材していたフリージャーナリストの常岡浩介さんが現地当局に拘束されてることが分かりました。

常岡さんは数年前からイスラム国を取材しており、今回はイラク軍のモスル奪還作戦を撮影していたところを拘束されたと報じられています。10月27日にはツイッターを更新していることから、それ以降に捕まった可能性が高いです。

これとは別件で10月31日にイスラム学者の中田考さんが家宅捜索を受けていますが、常岡さん拘束との関係は不明となっています。


イラク・モスル近郊で、当局が日本人ジャーナリストを拘束
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161031-00000524-fnn-int


s_ice_screenshot_20161101-000404.jpeg
s_ice_screenshot_20161101-000406.jpeg
s_ice_screenshot_20161101-000414.jpeg
s_ice_screenshot_20161101-000431.jpeg
過激派組織「イスラム国」からの奪還作戦が続くイラク・モスル近郊で、日本人ジャーナリストが拘束されたことがわかった。
関係者などの話によると、フリージャーナリストの常岡浩介さんは、10月27日、モスルから北東に20kmほど離れた街で取材していた際に拘束された。



以下、ネットの反応





























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
この件がらみで中田考イスラム学者が引っ張られたのだな。報道によればクルド人部隊の方に拘束とのことらしい。ISに拘束よりは多分まし。彼の身近で別の国の報道陣が大怪我を負っているらしいし、日本政府もこれ以上もたもたしてると評判が落ちると焦っているのだろう。つくづく頭を下げることを知らない政府だ。中田さんにもっと早くから協力を仰げば何をして良いか、何をしてはいけないか、くらいはもう少し的確な判断が取れただろうに。
[ 2016/11/01 08:32 ] [ 編集 ]
よくわからんが現地当局が拘束ということはIS側から取材していたということかな。
[ 2016/11/01 08:37 ] [ 編集 ]
海外のジャーナリストは行くけれど、日本の大新聞やテレビの記者はこんな危険なところに取材に行かない。命が惜しいからね。机の上で海外のニュースを翻訳するだけ。

現地に行くのはフリーのジャーナリストだけ。そしてつかまえられたり事件に巻き込まれたりすると、「なんでそんな危険なところに行ったのか」とバッシングされる。損な商売だね。
[ 2016/11/01 09:37 ] [ 編集 ]
よくわからないけど。

結局は、自己責任でしょ!

渡航の自由が認められてる事は、自分の安全は自分で確保する。それが出来ないなら渡航すべきでは無い。冷たい様だけど現実だ!
[ 2016/11/01 10:56 ] [ 編集 ]
自己責任というかおかしいわな。
クルド側に拘束されることが。
とりあえず、ISの工作員の疑いあり!ってことだ。
疑惑が晴れないうちは解放しちゃダメでしょ。
[ 2016/11/01 13:10 ] [ 編集 ]
絶対に助けたくない!自己責任だからwww
[ 2016/11/01 13:56 ] [ 編集 ]
中田考先生も常岡さんも嫌いじゃない。無事、帰ってほしい。
[ 2016/11/01 20:37 ] [ 編集 ]
今日のジャム・ザ・ワールドでモスルの奪還作戦について、直接話を聞く予定だったらしいから、普通に取材だったらしいな。
[ 2016/11/01 20:38 ] [ 編集 ]
イラク軍じゃなくてペシュメルガ(クルド人部隊)に同行取材だよ
部隊の大物のコネで同行してるのにイスラム国に関わりがあると言う理由でクルド自治政府に拘束されるわけがない
誰かがデマの流して取材の妨害をしてるんだろう
中田考のがさ入れもどうでもいいことをさも一大事のように報道させるただのパフォーマンス
[ 2016/11/01 23:49 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム