情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.01 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(30)

日銀の黒田総裁が事実上の白旗宣言!黒田総裁の任期中は断念、物価上昇2%を2018年に先送り!


s_ice_screenshot_20161101-213642.jpeg

11月1日に日本銀行は金融政策決定会合で、物価上昇率2%の目標達成時期の見通しを2018年に延期すると決定しました。物価上昇率2%は安倍政権が誕生した直後の2013年に決まりましたが、それから3年が経過しても実現せず、遂には日銀の黒田総裁の任期中には不可能という結論になります。

物価上昇率2%は事実上の断念だと言え、アベノミクスの柱である好循環のインフレという政策は崩壊が確定的になりました。少なくとも、当初の目標だった黒田総裁の任期中に実現することは不可能だと言えるでしょう。

日銀は物価目標が達成できなかった原因として、消費増税後の景気低迷や諸外国の景気低迷などを指摘しています。17年度の消費者物価指数の上昇率見通しも1.7%から下方修正され、1.5%となることが決定しました。
18年度の見通しも1.9%から1.7%に引き下げとなり、厳しい経済状況を反映してマイナス傾向が鮮明になっています。


日本銀行 経済・物価情勢の展望(2016 年 10 月)
http://www.boj.or.jp/mopo/outlook/gor1610a.pdf

s_ice_screenshot_20161101-213949.jpeg
s_ice_screenshot_20161101-213926.jpeg

物価上昇2%、「18年度ごろ」へ先送り 日銀決定会合
http://www.asahi.com/articles/ASJBV4WB3JBVULFA017.html

 日本銀行は1日の金融政策決定会合で、物価上昇率2%の目標達成時期の見通しを「2017年度中」から「18年度ごろ」に先送りした。黒田東彦(はるひこ)総裁は13年4月に始めた大規模な金融緩和で、2%の2年程度での達成を目指したが、18年4月までとなる任期中の達成を事実上断念することになった。



日銀が2%達成時期を再延期、当面無風観測拡がる
http://jp.reuters.com/article/boj-qqe-inflation-idJPKBN12W3KC

[東京 1日 ロイター] - 日銀は1日の金融政策決定会合で、2%の物価目標達成時期を従来の2017年度から18年度に先送りした。一方、物価上昇のモメンタムは継続しているとして追加緩和は見送った。




















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
消費増税後の景気低迷や諸外国の景気低迷

天候が悪いとでもいっとけよほれ
[ 2016/11/01 22:04 ] [ 編集 ]
10年経っても20年経ってもアベノミクスは失敗しましたって宣言しないんだろうね
[ 2016/11/01 22:04 ] [ 編集 ]
どこまで行っても道半ば…。

でも、議員報酬と公務委員給与は上げますよ(`・ω・´)ゞ
[ 2016/11/01 22:13 ] [ 編集 ]
この人恥を感じないのか或いは嘘がバレなかったシメシメと思ってるのか
国民を愚弄するなよお前
[ 2016/11/01 22:13 ] [ 編集 ]
日本経済破壊工作は予定通りだろ!黒田は報酬たんまり貰っただろ。
[ 2016/11/01 22:16 ] [ 編集 ]
アベノミクスの失敗~。安倍の負け~。負け犬~。
[ 2016/11/01 22:20 ] [ 編集 ]
それでもアベノミクスは道半ば。
何年経っても道半ば。
いつまでも覚めない悪夢が今後も続く。
[ 2016/11/01 22:21 ] [ 編集 ]
はるこおじさんの脳内だけは景気回復しているようで
[ 2016/11/01 22:49 ] [ 編集 ]
黒田に責任負わせて安倍政権延命でしょ。
[ 2016/11/01 22:58 ] [ 編集 ]
野党の皆さんへ
衆議院選挙が追い風になってきた。
アベノミクスの崩壊である。

日銀黒田総裁の2%目標に改革をしてこなかった安倍晋三の責任。







[ 2016/11/01 23:03 ] [ 編集 ]
消費不振の真因、天候不順ではなく「不安と節約」の連鎖

[東京 28日 ロイター] - 日本国内における個人消費が低迷している。政府は天候不順を大きな要因として挙げているが、果たして正しいのか。私は高齢化の進展による年金生活者の増大と将来の年金カットによる不安感があると指摘したい。

不安感は子育て世代や20代などにも広がり、節約志向を顕在化させている。政府が手をこまねいていると、消費低迷が長期化する兆しが見え始めている。


http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN12S0Z3
[ 2016/11/01 23:06 ] [ 編集 ]
マイナス金利で減益3000億円 日銀に懸念伝達
金融庁、3メガ銀調査
2016/8/13 2:01日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06024580T10C16A8MM8000/?n_cid=NMAIL003

 金融庁は日銀のマイナス金利政策が、3メガ銀行グループの2017年3月期決算で少なくとも【3000億円程度の減益要因】になるとの調査結果をまとめた。

同庁は収益悪化が銀行の貸し付け余力の低下につながるとみて、日銀に懸念を伝えた。
[ 2016/11/01 23:12 ] [ 編集 ]
2018年といえば、日銀の国債保有残高が日本の名目GDPを越えると言われている年。海外の投資家たちが、一斉に株や為替を売り浴びせるかもしれない。そうなれば、急激な円安とインフレが起きるかもね。
[ 2016/11/01 23:35 ] [ 編集 ]
日本国経済は、もうメチャクチャ。

責任感じてるのか安倍晋三。

韓国と競っていますね。
[ 2016/11/01 23:57 ] [ 編集 ]
そりゃ物価上昇率0ですからね。
[ 2016/11/02 00:06 ] [ 編集 ]
問題は永遠に先送りするだけの楽なお仕事
[ 2016/11/02 00:49 ] [ 編集 ]
もし実際に2%達成したら国債金利が跳ね上がって日本終了だからなあ
もはやこの悪い状態をそのまま維持するしかないんだよね
アホな金融政策の副作用はやはり大きかった
[ 2016/11/02 02:20 ] [ 編集 ]
こいつらはまともな国家経営が出来ない
しわ寄せは全て庶民に擦り付ける
とにかく庶民は節約節約
新聞購読やめる、テレビ捨てる、NHK解約、雑誌はできるだけ立ち読み、
高いからコンビニでは買い物しない、
旅行しない、外食しない、耐久消費財は壊れるまで購入しない、
いくらでも節約できる。
[ 2016/11/02 04:41 ] [ 編集 ]
おーい、工作員おとこのはるこ。

コメントしろよ。

[ 2016/11/02 06:33 ] [ 編集 ]
此の偉そうな人今まで嘘やったの
[ 2016/11/02 07:43 ] [ 編集 ]
消費税増税が間違いなく元凶。
[ 2016/11/02 07:46 ] [ 編集 ]
2%またまた先送りか?
死ぬまでやってろ、と言いたい所だが、まずはコイツらを引きずり降ろさないとならない。
その上で、現政権もろとも罪を償わせないと取り返しのつかない事になる。
一刻も早くやらないと。
[ 2016/11/02 07:57 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/02 08:38 ] [ 編集 ]
それでもそんなのどこ吹く風で解散選挙も自公が勝ちますよ、っと。そして、国民の負託を受けて云々でまたやりたい放題しはじめますよ、っと。
[ 2016/11/02 10:17 ] [ 編集 ]
認めなければ負けじゃない的な見苦しさは失笑もん
[ 2016/11/02 12:59 ] [ 編集 ]
アベの廻りはみんな大本営
[ 2016/11/02 13:51 ] [ 編集 ]
日銀総裁はクロだ
[ 2016/11/02 17:01 ] [ 編集 ]
06:33
荒らしを呼び込むのはやめてくれませんか。
[ 2016/11/02 18:26 ] [ 編集 ]
さてはて、散々、勝手気ままに理由付けしてばら撒いてきたお金、どう始末してくれるんでしょうかね、と愚痴ったところで、当の黒田は、辞めてしまって、知らんぷりか!?
[ 2016/11/02 19:18 ] [ 編集 ]
国民を甘やかすなってどこかの人が言ってたからわざと不景気にしてるんだろう
[ 2016/11/03 07:41 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム