情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.03 10:00|カテゴリ:地震予測コメント(9)

南海トラフ巨大地震が他の大地震と連動する恐れ!発生から3日間は400倍、南海トラフ後も警戒が必要に!


s_ice_screenshot_20161103-055954.jpeg

政府の中央防災会議の部会が東日本大震災のように南海トラフ巨大地震が周囲の地震活動を活発化させて、更なる連動地震を誘発させるリスクがあると指摘しました。

検討会は「地震の発生を事前に予知することは難しい」との見解を発表すると同時に、西日本で南海トラフ巨大地震が発生すると、東日本大震災や熊本大地震のように周囲の断層が連動する可能性があると発表。
具体的には本震発生から3日間は通常の発生頻度の400倍で誘発する恐れがあり、地震の発生から1〜2週間程度は警戒が必要だと明らかにしています。

東日本大震災の時も本震発生から短時間で、長野の震度6強や静岡の震度6強が連発しました。

南海トラフ巨大地震 予知困難との見解あらためてまとめ 国の検討会
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00340653.html

一方、南海トラフの一部で大規模地震が起きた場合には、地震の発生から1〜2週間程度に、周辺で新たな大規模地震が起きる可能性が高く、発生から3日間が特に高いとした。
マグニチュード8クラスの地震が起きた場合には、発生から3日間は、通常の発生頻度の400倍だという。
























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
で、いつどの位の規模がどこに来るのか?
南海トラフの怖さはわかった。で、肝心なことは『いつ』来るかだよ。防災意識や備蓄の注意喚起は踏まえて、問う。具体的な情報を…。
[ 2016/11/03 10:41 ] [ 編集 ]
うーむなるほど!いつでも世紀末を胸に生きている小生としては大好きなテーマだ《。。》v
みなさん!思いっきり好きな事をやって後悔しないようにね!

[ 2016/11/03 10:51 ] [ 編集 ]
南海トラフ地震と米大統領選挙
このブログは南海トラフ地震がいつ起きるのかを追い続けている。
だが何故か南海トラフ地震と米国大統領選がリンクしてしまったようだ。
そして、「GANTZ」事件を通して、選挙結果を述べている・・・当たるのか?
当たったその先には・・・・?

  http://blogs.yahoo.co.jp/martingood0323
[ 2016/11/03 11:18 ] [ 編集 ]
また復興税やら国民から取るんだろ、自分等は打ち切って、、
どんだけ海外にバラマイテんだ、、地震は避けられないなら、いざの時、復興、国民援助に使える用にしろよ。
まぁ日本が存在できてるレベルで済んだらだけど、、あのダラダラ避難訓練って意味あるのか、南海トラフなんて想定外レベルだろ、
しかし中国の軍事脅威論を煽るし、人工雨も起こせる国、既に海外では、、何故か日本が人為●●を論じないのは可笑しいよね。
[ 2016/11/03 11:27 ] [ 編集 ]
世界の七不思議

「事前に予知は難しい」→ 原発は安全で再稼働
[ 2016/11/03 12:25 ] [ 編集 ]
日本は南海トラフ大地震への備えは出来ているのだろうか?
みんなできるだけ考えないようにしているが…
[ 2016/11/03 12:28 ] [ 編集 ]
相模トラフ巨大大地震の予知は!
相模トラフ巨大大地震と南海トラフ巨大大地震は!数十分で連結の可能性が有りそう!太平洋プレイトは!西側に押したがるから!フイピンプレイトを連動しながら!西側に押されて!20分前後は動いてから、収まりそうかな?
[ 2016/11/03 14:13 ] [ 編集 ]
政府予測で南海トラフ地震の死者数は最悪32万人と言われている。
その一方で原発をやめない日本政府。完全に矛盾している。
地震や津波で大被害があっても大勢亡くなっても復興は可能だが日本国土が深刻な放射能汚染したら
二度と復興できなくなる。
南海トラフ地震対策で真っ先にやるべきことは即時の脱原発にほかならない。

[ 2016/11/03 15:43 ] [ 編集 ]
妙に楽天的な原発推進派

一国心中になって、初めて青ざめて海外へ逃げる気?
[ 2016/11/03 18:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム