情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.04 06:00|カテゴリ:国内の災害情報コメント(4)

【寒い】北海道帯広で44年ぶりの大雪!東北地方でもあられ!今年は記録的な寒さになる可能性も


s_ice_screenshot_20161103-204430.jpeg

11月3日に北海道の帯広で、11月上旬としては44年ぶりの大雪を観測しました。帯広空港では20センチの積雪を記録し、11月上旬に観測された値では記録的な量となっています。
冷たい寒波の影響で東北地方北部の秋田県でも氷混じりの「みぞれ」が降り、気温は一桁台まで落ち込みました。

今年は2011年以来の「ラニーニャ現象」が発生しており、非常に寒い冬になると見られています。ラニーニャ現象とは太平洋の赤道付近の海水温が下がる現象のことで、これが観測されると例年よりも寒くなることが多いです。
先月からの天候不順で野菜が不足していることから、食品への影響も懸念されています。


北海道で44年ぶりの大雪 秋田ではあられ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161103-00000060-nnn-soci

s_ice_screenshot_20161103-204520.jpeg
s_ice_screenshot_20161103-204524.jpeg
s_ice_screenshot_20161103-204530.jpeg
s_ice_screenshot_20161103-204538.jpeg

天気予報
http://weather.yahoo.co.jp/weather/

s_ice_screenshot_20161103-204440.jpeg

気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

s_ice_screenshot_20161103-204338.jpeg
s_ice_screenshot_20161103-204357.jpeg
s_ice_screenshot_20161103-204408.jpeg

気象庁 エルニーニョ監視速報No.288
http://www.jma.go.jp/jma/press/1609/09c/elnino201609.html


報道発表日
平成28年9月9日

概要
エルニーニョ/ラニーニャ現象に関する大気・海洋の状況(2016年8月)と今後の見通しについて解説します。

本文
ラニーニャ現象が発生しているとみられる。
今後冬にかけてラニーニャ現象が続く可能性が高い(70%)。
s_ice_screenshot_20160911-051500.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051505.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051526.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051540.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051649.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051702.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051710.jpeg
s_ice_screenshot_20160911-051721.jpeg


















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
おお~(゜ロ゜;ノ)ノ
こりゃ、早めにスタッドレスはいとかなぁ~アカンがなぁ~┐(´д`)┌
[ 2016/11/04 06:21 ] [ 編集 ]
重そうな雪、、

腰に気をつけてね。

[ 2016/11/04 11:55 ] [ 編集 ]
本州でも今シーズンは大雪かなぁ…。
[ 2016/11/04 12:21 ] [ 編集 ]
日本はどこでも畑耕して作物とれる状態にしたほうがいいんじゃないかなあ
家とかマンションとかショッピングモールとか建てないで
コンクリートは土に戻して
自分たちの食べる分だけでも作れるようにしとかないと…
[ 2016/11/04 22:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム