情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.06 13:30|カテゴリ:政治経済コメント(30)

【TPP強行採決】民進党、農水相の不信任案提出へ!8日の本会議でTPP可決!愛媛新聞「採決は容認し難い」


s_ice_screenshot_20161106-104730.jpeg

11月4日にTPP(環太平洋連携協定)が強行採決されたことを受け、最大野党の民進党はは山本有二農林水産相の不信任決議案を衆院に提出する方向で調整していると発表しました。

民進党によると、与党が審議を終了してTPPを強行採決してしまったことから、「現時点で山本氏を追及する手段が他にない」として不信任案の提出が決まったとのことです。
与党は8日(火曜)の衆議院本会議でTPP承認案を可決するとしており、週明けから国会は荒れ模様になると見られています。

一方で、TPPが強行採決されたことに対して、農業と関わりがある自治体からは不満の声が噴出。愛媛新聞は社説を発表し、「与党の強行採決は民意軽視のおごりで許容し難い」と指摘しました。
農協の意向も無視する形となり、強行採決は今後の選挙にも影響を与えそうです。


民進、農水相の不信任案提出へ調整 「手段ほかにない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000078-asahi-pol


TPP特別委採決強行 民意軽視の「おごり」 容認し難い
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201611064537























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アホな記事だな
管理人は強行採決の定義を調べるべき
[ 2016/11/06 13:43 ] [ 編集 ]
安倍政権は大きなミスを犯した。
パリ協定よりオバマさんに言われた在任中のTPPを優先してしまったのである。
日本の取り組む環境は、大嘘だった。
[ 2016/11/06 13:59 ] [ 編集 ]
しがたい。できないってなぜ言えないのでしょうね?
内閣不信任をなぜだせないのでしょうね?
民主党も自民党に看板付け替えたらどうでしょうね。
国民にかなわない希望だけ持たせて自民より悪質ではないでしょうか。
単独政党でいきましょうよもう。それとも自民党にも入れない中途半端な政治屋さんなんでしょうか、民主党の人たちは。自民党に寄生、国民に寄生。可決後は用済みで廃党でしょうか。
[ 2016/11/06 14:12 ] [ 編集 ]
よく言われることだけど、民進党は連合と手を切らない限り無理。
当然のことながら、労組は業界ごとに事情が大きく異なるからね。
みんなに良い顔しようとすると、結局何も言えなくなる。
いったいいつまで同じ失敗を繰り返すつもりなんだろう?
[ 2016/11/06 14:34 ] [ 編集 ]
 各業界にいい顔をしたい(票田を逃がしたくない)のは自民も同じはずですが、TPPは農業票を逃すリスクを覚悟で推進してますねぇ。そういやウルグアイラウンドの時は対策費として6兆出してましたが。
[ 2016/11/06 14:48 ] [ 編集 ]
「閣内不一致」山本農相が地元・高知のJAまつりで「TPP反対」の署名をしていた
山本が署名したのは「TPPの詳細を速やかに開示し、国会・国民の議論を保障すること」「合意は撤回し、協定への調印・批准は行わないこと」を求めた文書。
全国規模で署名が集められ、最終的に衆参両院議長宛の請願として提出された。

昨年11月、山本の選挙区の高知県須崎市で開かれたJA土佐くろしお主催のJAまつり。
毎年4000人が集まる年に1度の大イベントの一角で、農商工団体が「消費税10%増税中止」と「TPP合意撤回」の署名集めをしていた。

そこで団体のメンバーが、もち投げに参加していた山本を見つけ、声をかけた。
「自民党議員だし、無理だろうな」とあきらめ半分だったが、山本は「増税中止は署名できないが、TPPは大筋合意以外に対策は必要。今の段階では反対なので署名させていただく」と言ってサインしたという。

「うれしかったです。金融相も務めた有力者の山本さんが署名してくれた。心強い気持ちになりました。自民党の『TPP反対』の公約もウソじゃなかったのかなと思いました」(須崎民商事務局の西森克記氏)

山本は「増税反対」にはあえて署名せず、「TPP反対」だけに進んで署名した。
心底「TPPは問題あり」と考えていたのだろう。(10月29日・日刊ゲンダイ)

TPPの問題や危険性を理解していた山本農相は、首相にTPPの撤回を進言するか、辞任するか、決断するべきだ。

[ 2016/11/06 14:56 ] [ 編集 ]
強行採決の定義調べたって自民党が強行採決しなくなるわけじゃなしイミフな要望と思われ
[ 2016/11/06 15:47 ] [ 編集 ]
TPPは暮らしにどんな影響を与えるのか?
【TPPで豊かになるのか】
実質GDPは約14兆円の拡大が見込まれている。(27日・安倍首相)➡2013年には3.2兆円と言っていたが、4倍の14兆円に膨れ上がるのはあり得ない。(27日・鈴木宣弘・東京大大学院教授)

【重要5項目の国会決議は守られたのか?】
関税撤廃の例外や、セーフガード措置を獲得した(18日・安倍首相)➡米には新たに「約8万トンの輸入枠」が設けられた。
牛肉・豚肉のセーフガードも『期限付き』だ。(共産・畠山和也氏)

【生活はどう変わるか?】
関税が無くなると、安く、様々な物が手に入るようになる。(27日・安倍首相)➡国民が安い輸入品に走ると、食料自給率は低下する。その後に、国産の安全な物を食べたいと思っても、もう、作ってくれる人はいない。(鈴木宣弘・東京大大学院教授)

【農産品の輸出は増えるのか?】
2019年の輸出額1兆円の目標に向けて対策を実施すれば、輸出は必ず軌道に乗る。(17日・山本農相)➡輸出額の「5割が加工品」。さらにその「原料の3割を輸入」に頼っている。

自給率39%の日本が輸出を伸ばすというのは、世界の笑い者。(27日・田代洋一・横浜国立大名誉教授)

【工業製品の輸出入はどうなる?】
工業製品や、サービスの輸出、投資も促進される。(5日・安倍首相)➡肝心の完成車の「対米輸出の関税」を最長期間、維持すると譲ってしまった。(17日・民進・近藤洋介氏)

【著作権に関するルール変更の創作への影響は?】
海賊版のように、権利者の利益を不当に害する場合でなければ、被害者による告訴なしで摘発される事はない(19日・中岡司・文化庁次長)➡著作権の保護が強化され、利用者側には規制強化になる。
コミックマーケットや2次創作の活動が萎縮する懸念がある。(28日・民進・宮崎岳志氏)

【ISDS条項の影響は?】
提訴に至るまでのハードルを上げる仕組みが加えられている。
「提訴される事はない」と考えている。(27日・岸田文雄外相)➡原発ゼロに転じたドイツ政府が、ISDS条項を含む同様の協定で、「スウェーデンの大手電力会社から」多大の損害を被ったとして訴えられた。(27日・共産・笠井亮氏)

【食の安全は守られるのか?】
TPPには『我が国の食品の安全を脅かすようなルールは一切ない』。(27日・安倍首相)➡「遺伝子組換え食品の安全性評価が後退する」だけでなく、「厳格な食品表示」も出来なくなる懸念がある。
「食品添加物の指定基準」が緩められ、「米国からの承認要求」が強まる可能性がある。(27日・山浦康明・日本消費者連盟・元共同代表)
(10月30日の東京新聞を参考に作成)
[ 2016/11/06 15:49 ] [ 編集 ]
アニメ業界や外食産業その他建設IT業界はブラックな労働環境で崩壊しかけてるし安倍自民はもうすぐ壊れる日本にトドメを刺す気満々ですね
[ 2016/11/06 16:00 ] [ 編集 ]
まぁ・・・
言うまでもなくかなりの格差社会になるだろうな
確かに外国産の安い食材の入手は楽になるだろうけどね

農家にはどうせ補助金配ってりゃ黙るだろとか思ってんだろうさ

[ 2016/11/06 16:11 ] [ 編集 ]
>[ 2016/11/06 15:47 ]

アホか
強行採決なんてプロパガンダでしかないってことだよ
定義見りゃ、野党の気分しだいでなんでも「強行採決」とレッテル張りできることがわかる

アゴラより
強行採決って何?
http://agora-web.jp/archives/1648411.html
[ 2016/11/06 16:50 ] [ 編集 ]
強行採決だけはしてほしくなかった
[ 2016/11/06 17:54 ] [ 編集 ]
どの記事にもいちいち絡んでるおかしなネトサポがいるけど、一日中張り付いてる暇があるんだか、それがお仕事なのか。
いずれにしても、思考回路が破綻してるみたい。
[ 2016/11/06 17:56 ] [ 編集 ]
ヒラリーもトランプもTPP反対なのに日本だけがなぜ強行するのか? 安倍政権のTPPインチキ説明総まくり
TPPで日本人やアメリカ人の大部分は損しかしませんが、その損した分を『誰が得をするのか』を冷静に見極めたいですね。
http://lite-ra.com/2016/10/post-2657_2.html 
◎安倍政権は2013年の段階では「TPPによって10年間でGDPが3兆2000億円上昇」と公表していたが、これに対して理論経済学や農業経済学、財務会計論などの多岐にわたる研究者たちで構成された「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」は、同年、「GDPは約4兆8000億円減少」「全産業で約190万人の雇用減」という影響試算を出している。

 さらに、アメリカのタフツ大学も今年1月、「日本のGDPは10年間で0.12%(約56億4000万円)減少、約7万4000人の雇用減」という影響試算を公表。これらは政府とはまったく真逆の評価だ。

 この影響試算の食い違いについて、元農水相でTPP批准に反対してきた山田正彦氏は著書『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』(サイゾー)で、政府試算は〈関連産業や雇用への影響など、ネガティブな面を考慮に入れず、地域別の試算もなされていないため国民生活への悪影響が出てこない〉ものだとし、一方の「大学教員の会」やタフツ大学の試算はネガティブな面も含めて試算された結果であることを指摘している。つまり、政府試算は〈ネガティブな面をほぼ無視した数字〉でしかないのだ。
[ 2016/11/06 18:08 ] [ 編集 ]
これまでの強行採決
審議討論を一方的に打ち切り → 与野党の賛成反対討論 → 採決
今回は
審議討論を一方的に打ち切り → 一方的に採決 → 与党の賛成討論
採決の後に既成事実作りのための与党議員による賛成討論 ←議会制民主主義の破壊
強行採決を超える奇襲採決。ナメすぎ、野党もいいようにヤラレすぎ、本当に反対?
[ 2016/11/06 18:26 ] [ 編集 ]
例の荒らしはとうとう管理人に迄食って掛かるようになった感じだな。
[ 2016/11/06 18:39 ] [ 編集 ]
食の安全基準は何ら影響を受けない?
TPPでは食品の安全性について、国際的な安全基準(SPS協定)の順守を規定しているだけだから、『日本の安全基準が影響を受けることはない』。政府はこうした見解を出しているが、これも間違いである。

米国は、「日本は化学的根拠に基づかない国際基準以上の厳しい措置を採用している。これをSPS協定に合わせさせるのがTPPだ」とかねてより言っており、条文にはその通りのことが書いてある。

例えば、米国の牛にはBSEの危険性がある。日本はこれまで、BSEの発症例がほとんどない「20ヶ月以下」の牛に限定して輸入を認めていた。
ところが米国から「TPPに参加したいなら規制を緩めろ」と言われたため、『入場料』として、自主的に「30ヶ月以下」にまで規制を緩めてしまった。

米国は「清浄国」となっているが、BSE検査率ほ「1%未満」で、ほとんど検査されていないだけだ。
しっかりとした「危険部位の除去」も行われていない。(10月28日付・日刊ゲンダイより抜粋) 

毒があるまで食い続けろと言われているようなもの。
アメリカ主導の「科学主義」ほど恐ろしいものはない。
[ 2016/11/06 21:24 ] [ 編集 ]
ネトウヨは今まで強行採決の定義なんて一言も言っていなかったのに、いよいよ言い訳に窮して、苦し紛れの強行採決の定義とやらをひねり出してきた。
つくづく暇な連中だ。ただの逃げ口上、まともな議論をする気などサラサラない。
その場をしのいで、時間稼ぎをすれば目的は達成される。
反知性主義の常套手段だ。
類は友を呼ぶ。正に安倍というこの親分にして、ネトウヨというこの子分ありだ。
[ 2016/11/06 21:35 ] [ 編集 ]
自民党の実に見事な戦略勝ち。

山本の失言は、強行採決ありきの筋書き通り。
今日からの報道は、農相辞任劇一色になる。

山本が辞任すれば、直ちに野党との手打ち式。
手打ちが終われば、国会議論はTPPの実行と対策の現実路線となり、強行採決は昔話になって、国民もTPPを受け入れる。

波が静まってところで、総選挙!
政府からのTPP対策補助金が欲しい農民は、自民党支持で、アベ政権安泰。

そして憲法改悪。

三文芝居の筋書きは見えている。
しかし、民進党は打つ手がない。
[ 2016/11/06 21:57 ] [ 編集 ]
強行採決=レッテル貼りとか流石にネトサポウヨ訳わからん
野党のせいにする図々しい卑怯な言い分もあるんだね
[ 2016/11/06 23:36 ] [ 編集 ]
筋書きはどうか知らんけど、不信任案はあぶり出された気がするね。
ちらっと他サイト覗けば、蓮舫よ、お前が言うな一色。
いくらネットとリアルに乖離があるとは言っても
まだ、昨日の今日感が残るなかで辞めろはねぇ。
他に攻め方あったような気がするが・・・
[ 2016/11/06 23:37 ] [ 編集 ]
「日本」終了のお知らせ?!
[ 2016/11/07 01:54 ] [ 編集 ]
民進党幹部にも野田のようなTPP推進者も居るし、強行採決は民進党の立場も立てた筋書きだね。安保法案の時の髭佐藤と福山の馴れ合い漫才。
[ 2016/11/07 07:50 ] [ 編集 ]
現在オーストラリア政府は米国のフィリップモリス社から、米豪FTAのISD条項によって莫大な損害賠償を求められてられている。
タバコの包装に「健康のために、吸いすぎに注意しましょう」という広告を入れたことが不当な貿易障害にあたるとして訴えられたのだ。
TPPでも同じことが起こるのではなかろうか。
[ 2016/11/07 11:48 ] [ 編集 ]
民進党は第二自民党。 維新の会は第三自民党。
「野党」と一括りにされる事が多いが、民進と共産の姿勢は全く違う。

共産は「TPPは多国籍企業の利益を最優先、各国の産業・雇用・国民生活を犠牲にする」と言って、TPPをハッキリ批判・否定してる。ISDS条項や、諸外国でのグローバル化の弊害にも突っ込んでいる。


対する民進はどうか。そもそも民主は政権時代、思いっきりTPPを推進してた。そして今もTPP賛成派だ。

「え?反対してるでしょ?」と思ったら大間違い。

民進は、実態は自民と同じ大企業や富裕層の言いなり党だ。支持母体の連合は財界御用組合。

民進は確かに自民に色々言ってる。しかし、その色々の中身は、大臣の失言&進退問題、手続きのミスばかりで、TPPの中身や本質への批判は無し。「拙速な決議に反対」は、裏を返せば「少しでも後ならOK」だ。

本性は賛成派で、反対を装って反対票を騙し取る為に、こういう事をしてるんだ。
[ 2016/11/07 12:33 ] [ 編集 ]
諦めない。TPP断固反対。グローバル資本を粉砕せよ
共産社民が主張すべきは大臣クビではなく「TPP絶対反対」だ。

大臣の進退は小さい話。それより、大企業や投資家による支配をより強め、グローバル化を進めて格差を広げるTPPの完全撲滅・批准阻止に全力を注げ。

大企業御用マスコミは完全無視してるが、国会前ではTPP反対デモが行われている。反対運動は、これまでのデモ活動に加え、組織を挙げてTPP推進企業へのボイコットを呼びかけるべきだ。

操り人形に過ぎない自公民維を叩くだけでは限界もある。消費抑制・不買運動を広め、TPP等数々の搾取政治の首謀者である財界に直接かつ実効性のある攻撃をすべきだ。

特にコンビニ不買を呼び掛けよ。

数あるTPP推進企業の中でも、コンビニ不買を強調すべき理由

①コンビニは経営トップが早い段階からTPP賛成を公言する等、そっち系の色が強い
②コンビニは多くの人が日常的に接する物であり、不買を呼び掛ける効果が大きい
[ 2016/11/07 12:34 ] [ 編集 ]
本会議でのTPP採決が明日で、米国大統領の選挙結果が分かるのが明後日くらい。
今週は大忙し。
[ 2016/11/07 13:17 ] [ 編集 ]
TPPが失敗すれば中国主導の通商ルールに席巻されるる?
南シナ海問題だけじゃなく、AIIBの不参加にしても、「日本が中核的な役割を担ってきたADB(アジア開発銀行)の座が中国に脅かされかねない」との理由だけで、米国とイの一番に不参加を決めてしまった。
ところが、英国やドイツなどの先進国は次々と参加を表明。
日本は完全に梯子を外された格好になった。

「AIIB」の金立群総裁は19日に北京市で開いた国際諮問委員会で、参加国が創設時より、26か国増え、来年には「ADB」の67ヶ国・地域を上回る80ヶ国以上になる見通しを示したという。
安倍政権が「嫌中」という狭いモノサシで世界を見ている間に、日本はドンドン取り残されてしまっている。

黒塗りの資料で情報開示もロクにせず、審議時間も不十分なままの、TPPだって根っ子は同じ。
米国のオバマ大統領が訴えている「TPPが失敗すれば中国主導の通商ルールに席巻される」という台詞に踊らされているだけだ。
[ 2016/11/07 14:16 ] [ 編集 ]
今の世界情勢の中で大国である中国を『包囲する』という非現実的な発想自体が破綻している
安倍とプーチン大統領は9月にウラジオストクで首脳会談を行い、12月15日にはプーチン大統領が訪日して、安倍の地元・山口県を訪れることが決まっている。
ロシアは「クリミア併合」や「ウクライナへの介入」で世界から批判を浴び、欧米諸国が経済制裁を科している。
そんな中でプーチンに近づくのは、国民ウケをねらった北方領土の返還に加え、ロシアが急速に関係を深める中国を牽制するためだ。
だが、安倍政権は中国の海洋進出について「法の無視」と厳しく非難していたはずだ。
ロシアの「クリミア併合」だって「法の無視」は変わらないのに矛盾した対応だろう。
要するにどれもこれも、安倍政権の「中国敵視」政策が、すべての迷走外交の要因なのだ。

政治評論家の本澤二郎氏がこう言う。
「今の世界情勢の中で、大国である中国を『包囲する』という非現実的な発想自体が破綻している。ドゥテルテ大統領のように中国と敵対するのではなく、うまく取り込みながら自国の権益を確保する。それが最善の外交戦略です。しかし、安倍政権はそれが分からない。『中国敵視策』を取り続けないと、悲願の憲法改正が出来ないからでしょう」

安倍政権の「中国憎し」の歪んだ外交によって日本は世界から独立し、国民生活もズタズタにされるのだ。


[ 2016/11/07 15:08 ] [ 編集 ]
⬆(10月29日付・日刊ゲンダイ)
[ 2016/11/07 15:41 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム