情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.12 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(20)

日本とインドが原子力協定に署名!日本企業の原発輸出が本格化、核拡散防止条約の非加盟国とは初!


s_ice_screenshot_20161112-043640.jpeg

11月11日に日本とインドの両政府が原発輸出を含む原子力協定に署名しました。この原子力協定ではインドが日本の原発関連企業を受け入れるとしており、中国やアメリカに続いて日本と協定を締結したのは14カ国目です。

インドは人口増加と経済成長の相乗効果で電力が慢性的に不足していることから、原発のような発電所を増設しています。2050年を目標に、インドは原発比率を現在の2%から25%へ引き上げる予定です。
インドのナレンドラ・モディ首相と日本の安倍晋三首相は旧知の仲で、原発以外の分野でもかなり意気投合して協力するとしています。

↓署名式の様子
s_ice_screenshot_20161112-043655.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043703.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043712.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043718.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043723.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043730.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043742.jpeg
s_ice_screenshot_20161112-043754.jpeg


首相官邸 日印首脳会談
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201611/11india.html

平成28年11月11日、安倍総理は、総理大臣官邸でインドのナレンドラ・モディ首相と首脳会談等を行いました。
儀じょう隊による栄誉礼及び儀じょうに続き、両首脳は会談を行い、その後、署名式・文書交換式及び共同記者発表を行いました。



日本からインドへ原発輸出可能に、両国が原子力協定に署名
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00000079-reut-asia

[東京 11日 ロイター] - 日本とインド両政府は11日、日本企業からインドへの原子力発電所関連機材の輸出を可能にする原子力協定に署名した。核保有国であるインドは核拡散防止条約(NPT)に加盟していないが、1998年に核実験の凍結(モラトリアム)を宣言。






関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
溜息
[ 2016/11/12 06:49 ] [ 編集 ]
【原発輸出の真実】①輸出先の核廃棄物を日本が引き受ける②原発事故が起きたら日本の税金で補償③原発稼動の費用も税金から融資
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-653.html

このブログの以前の記事。
インドの場合も、日本が核廃棄物を引き受けるんだろうか。
[ 2016/11/12 07:15 ] [ 編集 ]
 モディ首相が来日されているのであれば、日本の飛行艇US-2輸出の正式決定が待ち遠しいです。

インド、救難飛行艇12機購入へ 新明和工業が生産
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H58_V01C16A1MM8000/
[ 2016/11/12 07:57 ] [ 編集 ]
>原発稼働による「核のゴミ」である使用済み核燃料は全て日本が引き取ることになっている。

安倍、正気か?
日本なんて、どうなったっていい…らしい。
[ 2016/11/12 08:43 ] [ 編集 ]
自民がんばれは 戦争でひとを殺し合うのが大好きなんだね
[ 2016/11/12 08:44 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/12 08:44 ]
US-2は非武装の救難用飛行艇ですよ。
平成25年に辛坊氏ら2人を宮城県沖1200キロで救助した件とか知りませんか?
周囲を海に囲まれた我が国にとって、航続距離、飛行速度、着水能力の観点からこれ以上の救難機はないと思われますが。もしあるなら教えて下さい。
[ 2016/11/12 09:08 ] [ 編集 ]
さすが自民がんばれさん、すごいですね
知識豊富、安倍一味のことならまかしとけ!ですね。
それにしてもあんたらが戦争商売、原発商売が大好きなのは困ったものです
インドの原発の使用済み核燃料を、この狭い放射能汚染された日本でさらに引き受けるとは
正気の沙汰ではないですね 安倍には子供も孫もいないし将来の日本がどうなろうと、知能も低くて考えられないのだろうが…悪魔よりひどいね
[ 2016/11/12 09:26 ] [ 編集 ]
海難救助艇US-2は二式大艇を始祖とする名機ですぞ。戦争に関係なく海難救助にはインドに大きな力添えとなることでしょう(´・v・`)
[ 2016/11/12 10:19 ] [ 編集 ]
やはり安倍晋三が、大切な安倍の広報部長の辛坊治郎を「いくらカネがかかってもいいから最新鋭の救助船使って絶対助けろ」と自衛隊に厳命したんだろね、どうせぼくちゃんのカネじゃないしってことで。
[ 2016/11/12 10:40 ] [ 編集 ]
タイがダメなのでインド選ぶ神経がよく判らん。インドも安易にやるから、いつまで経っても途上国なんだよ。

それにまだ原発熱心な国あるよ。お隣の大国中国というさ。でも中国には安倍は行かないんだよね。だって中国大嫌いだし。
[ 2016/11/12 10:46 ] [ 編集 ]
>2016/11/12 07:15 名無し様
>①輸出先の核廃棄物を日本が引き受ける②原発事故が起きたら日本の税金で補償③原発稼動の費用も税金から融資

これってホント?
本当だとしたらインド原発のマイナス要素は全て日本国民負担って事だよね。大赤字じゃないですか。そんな契約で敏腕セールスマン面してんのか下痢ダッシュ野郎は!

過去に某国産車ディーラーで働いていたけど、社長の息子の営業マンでノルマの半分も売れないくせに売った車は全て大幅に原価割れの契約を取り続けて1店舗潰したクソ野郎がいたけど、そいつを不意に思い出してしまった。
[ 2016/11/12 12:03 ] [ 編集 ]
いかにも安部らしい、最悪の約束をする人だな。
[ 2016/11/12 13:51 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/12 10:46 ] 
 中国が嫌いだろうと好きだろうと付き合っていかざるを得ず。来月、日中韓で首脳会談をやるかもしれません。韓国の方はチェスンシルゲートのゴタゴタで会談どころではないかもしれませんが。
 首脳会談で北朝鮮問題を話している最中、いつの間にか(中国が嫌がる)南シナ海の話や米国新大統領とのつきあい方への話になるかも?
[ 2016/11/12 13:57 ] [ 編集 ]
インドには頑張ってもらわなきゃ困る(投資的な意味で)
[ 2016/11/12 14:55 ] [ 編集 ]
安倍も、安倍内閣も、安倍信者も、日本が憎くて憎くて仕方ないんだろうなぁ。
[ 2016/11/12 20:15 ] [ 編集 ]
安倍・モディ両首相が会談、「インド新幹線」23年に開業
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/48850877.html
 安倍晋三首相とインドのモディ首相は11日に会談し、日本の新幹線方式を採用したインドの高速鉄道を2023年に開業することを確認した。日本は鉄道建設を通じ、製造業の基盤強化を目指すインドを支援する。
 一方、海上自衛隊の救難飛行艇「US─2」の輸出は継続協議となった。
 高速鉄道の対象の路線はインド西部のムンバイ─アーメダバード間で、両国は昨年12月に新幹線方式を採用することで合意していた。今回の会談で工期を詰め、今年中に設計、18年着工し、23年に開業することを決めた。
[ 2016/11/12 21:44 ] [ 編集 ]
原爆製造目的の国にしか売ることのできない原発。

原子力協定などいつでも白紙にされるのでしょうね。

政府はそれを見越して隠れ武器輸出。

戦争屋安倍政府だから出来る愚行。
[ 2016/11/12 23:27 ] [ 編集 ]
山本太郎の成果を 横取りする、学歴詐称の安倍晋三というクズ

http://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/66067106.html
 
[ 2016/11/12 23:56 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/12 23:27 ]
まさか商業発電用軽水炉(AP1000予定)で原爆が作れるとでも思ってますか?
さすが反原発派は無知ですね。
インドのプルトニウム生産炉はカナダから技術導入を行った重水炉です。
[ 2016/11/13 01:19 ] [ 編集 ]
インドが出した核のゴミは日本で処理する=日本の道路のアスファルトの下に埋める。

これホントなんだよ。ん?信じない?
[ 2016/11/13 13:30 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム