情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.18 21:00|カテゴリ:原発関連コメント(29)

原発廃炉費用の国民負担、脱原発の超党派議員から反対の声!「まずは株主や銀行に負担させるべきだ」


s_ice_screenshot_20161118-164531.jpeg
*福島原発

安倍政権や電力会社が原発廃炉費用の国民負担を検討している問題で、脱原発系の議員らが相次いで反対を表明しました。政府は原発廃炉費用だけではなく、過去50年間分の原発費用も国民負担とする案を検討していますが、これについて国会議員らからは「まずは株主や銀行に負担させるべきだ」などと批判の意見が噴出します。

これに対して経済産業省は「東電は破綻させずに責任を果たさせることを当時の(菅)政権が選んだ」と説明するも、当事者の菅直人氏は「事故直後で事故対応の人が散ってしまう、その問題が心配だった。法的整理は今やっても大丈夫だと思うし、やるべきだと思う」と反論しました。

経済産業省の方針は変わらず、今後も原発費用の国民負担について議論を継続するとしています。


s_ice_screenshot_20161118-152600.jpeg
s_ice_screenshot_20161118-152610.jpeg
s_ice_screenshot_20161118-152636.jpeg
s_ice_screenshot_20161118-152646.jpeg

“脱原発”超党派議員「まずは株主や銀行に負担を」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20161118-00000007-ann-bus_all

 東京電力・福島第一原発の廃炉・賠償費用について、経済産業省が国民負担を検討していますが、脱原発を掲げる国会議員らからは「まずは株主や銀行に負担させるべきだ」という声が相次ぎました。







以下、ネットの反応

























関連過去記事

【原発】東京電力の法的整理、大手銀行が拒否!廃炉や賠償費用が17兆円に!メガバンク「債権放棄は嫌だ」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-14247.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
http://business.newsln.jp/news/201507240319500000.html
Fairewinds Energy Educationは16日、原発撤廃論者として有名なアーニー・ガンダーセン(Arnold Gundersen)氏に対するインタビュー記事を掲載し、福島第一原子力発電所には100年、総費用にして5000億ドル(約60兆円)の費用がかかるとする見通しを公表した。
18兆円では全然足りません。
[ 2016/11/18 21:13 ] [ 編集 ]
東電の筆頭株主である偽ユダヤ株主へ請求書を叩きつけてやりましょ。
[ 2016/11/18 21:14 ] [ 編集 ]
こんなお金払いたくない。
下らないテレビもみないし、太陽光パネル取り付けて
節電して電気料金おとそう。馬鹿らしい。
[ 2016/11/18 21:25 ] [ 編集 ]
JALだって、まず株主や銀行に負担させて整理した。それでJALはうまく再生した。
東電も同じようにするべきだろう。
[ 2016/11/18 21:25 ] [ 編集 ]
原発に限ったことじゃないけど脱原発議員さん、、財政難→増税、年金や社会保障を削減て、国民の責任ですか、国家運営託された政治家、官僚の先を見据えない無能、無策じゃないですか。
でやけと、身を斬る改革何時するの
公務員上げてるやん
[ 2016/11/18 21:26 ] [ 編集 ]
福一の廃炉費用を日本人口で割ると、日本国民1人あたり約47万円です。
[ 2016/11/18 21:37 ] [ 編集 ]
また国民を騙すのか。
[ 2016/11/18 21:41 ] [ 編集 ]
>福一の廃炉費用を日本人口で割ると、日本国民1人あたり約47万円です。

そんな金があるなら、私は熊本か鳥取に寄付したいです。
[ 2016/11/18 21:45 ] [ 編集 ]
第2の福島おきる前に原発とめろ。全て廃炉にしてからだろ。
がらくた。
[ 2016/11/18 21:56 ] [ 編集 ]
支持率上がるな
[ 2016/11/18 21:59 ] [ 編集 ]
反対に反対さん・・・?
[ 2016/11/18 22:19 ] [ 編集 ]
反対に反対さんは国民負担にノリ気なそうです(笑)
[ 2016/11/18 22:27 ] [ 編集 ]
はるこも国民負担に文句言わないみたいよw
貧乏貧乏とか言いながらw
[ 2016/11/18 22:32 ] [ 編集 ]
反対に反対w
[ 2016/11/18 22:34 ] [ 編集 ]
1歩譲って,東電歴代幹部、従業員、株主、関連政治屋、官僚、企業が誠意を見せよ!
銀行債務放棄は、いや???
俺ら税金で東電助けるのいや!!!
[ 2016/11/18 22:40 ] [ 編集 ]
>過去50年間分の原発費用も国民負担とする案……
それじゃ、今までの電気代に、原発費用は含まれてなかったのか。
こりゃ驚いた。
[ 2016/11/18 23:07 ] [ 編集 ]
まずは1000株を1株に株式併合をするべきだ。配当金を出すお金があるなら、廃炉や賠償に回すべきだ。
[ 2016/11/18 23:12 ] [ 編集 ]
この癒着は 何処だかの 国より酷いな
まぁ、だから、ここぞとばかり そちらばかり報道するのだろう.
[ 2016/11/18 23:25 ] [ 編集 ]
はるこさん一言どうぞ
[ 2016/11/18 23:46 ] [ 編集 ]
まずは株主と銀行に負担させろ?
そんなの当たり前だ!
やっと今ごろになって出てきたか。
[ 2016/11/18 23:49 ] [ 編集 ]
原発のコストパフォーマンスは一番優れているらしい
低コスト。wwwww

[ 2016/11/19 02:56 ] [ 編集 ]
 結局のところ 脱原発、全原発廃炉、廃棄 を実現しなければ、国民へのつけ回しは永遠に続く。

 永遠・・・ そう永遠だ。なぜなら使用済み核燃料棒ほかの高レベル放射性廃棄物の処理、保管期間は10万年必要だからだ。

 10万年・・・  人類が生存しているか も分からない遠い未来。そこまで人類が生き延びるなら費用は降りかかってくる

 原発とは、人類が発明した発電システムのなかでもっとも電気代が高価で最もリスクの高い 馬鹿げたシステムなのだ
[ 2016/11/19 08:06 ] [ 編集 ]
自分達が勝手にドンドン進めて原発の巨大利権を独占している経産省が、原発事故の尻拭いを国民に支払わせようとは言語道断。
盗っ人猛々しいという言葉は彼らの為にある。
[ 2016/11/19 10:31 ] [ 編集 ]
原発推進をした推移の中で、東電の関係者株主を筆頭に過去50年間従事してきた方々と推進派の政局に携わって来られた全てが先ず、身を切る出費をなさるのが筋でしょう!
最初にしなければならない負の遺産を少なからず負うべき義務を、当事者が背負われるのが当然の義務では無いでしょうか。
今現在も進行形なのですから、その方々も、同類項の内、負の遺産を背負って頂くのが正義というものではないでしょうか。
[ 2016/11/19 14:32 ] [ 編集 ]
はるおのバカと、

反対に反対のくそ野郎は、

どうした?!

なんか言ってみろ!?くず野郎!
[ 2016/11/19 18:13 ] [ 編集 ]
廃炉するかどうかはやる気の問題、電気使ったことある人から少額でもとれば資金はできるし、実際に作業するのは株主でも銀行員でもない。考え方どうこうよりやらない人の意見で決めて何ができるのか。笑えるね。
[ 2016/11/19 18:21 ] [ 編集 ]
さすが、低コスト!!
原発は低コストww

金のかかる話ではないはず。低コストのはずなのでww
[ 2016/11/19 20:04 ] [ 編集 ]
08:06
私たちは数十年のうちに死ぬからまだいいけど、こんな自分で出したわけでもないゴミを管理しなければならない後世の人たちはたまったものじゃないですね。
[ 2016/11/19 21:15 ] [ 編集 ]
安い原発ww
さすがのコストの低さに、原発推進派が

「原発コストは安い」とサ。

原発は安いなwwww
[ 2016/11/19 23:42 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム