情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.12.22 22:34|カテゴリ:原発関連コメント(4)

福島第一原発、汚染水タンクの「せき」から新たな漏えい!3ヶ所で同時発生!大雨が降っていないに漏れた!老朽化が原因?


131222_011222.jpg
*堰から漏れている水
先日に「タンクのせきでまた水漏れ!漏えい量は1.6トンで、β線を570ベクレル検出!」とお伝えしましたが、12月22日になってから新たな場所でも汚染水が漏れているのが発見されました。東電の報告によると、G6と呼ばれているタンクエリアの北側とH5と呼ばれているタンクエリアの北東側で、堰(せき)から漏水しているのを発見したとのことです。

これで前回の報告と合わせて、計三ヶ所から漏えいが発見されました。汚染水の漏えいが発見された日に大雨は降っておらず、東電は「堰や汚染水タンクの構造に何らかの欠陥があるかもしれない」と述べています。

確かに、数ヶ月前に汚染水の漏えいが発見された時は台風の通過時でしたが、今回は台風のような大雨は全く降っていませんでした。また、堰の継ぎ目部分から漏れているのが確認されているため、堰を止めているパーツその物が緩くなっている可能性が高いと考えられます。

堰が壊れたということは、汚染水タンクから漏れた汚染水を食い止めるための堤防が壊れたということです。汚染水タンクは東電が非常に安いタイプを発注してしまったため、数年単位の使用には耐えることが出来ません。堰の崩壊は汚染水が直に漏れだすということであり、今後も注意が必要です。


☆せき漏水、新たに3カ所=汚染水タンク、福島第1―東電
URL http://news.nicovideo.jp/watch/nw889011?cc_referrer=nicotop_news&topic

引用:
 東京電力は22日、福島第1原発で汚染水を貯蔵するタンク群を囲むせきのうち、新たに3カ所で漏水が見つかったと発表した。タンク群では21日にも1カ所で漏水が見つかったが、いずれも原因は不明という。

 東電は今秋、台風などの大雨でせきにたまった水があふれたため、コンクリート製のせきのかさ上げを始めたが、今回大雨は降っておらず、せき自体に問題がある可能性が出てきた。 
:引用終了

☆福島第一原子力発電所H5、G6タンクエリアの堰からの漏えい(続報3)
URL http://www.tepco.co.jp/cc/press/2013/1233126_5117.html

引用:
本日(12月22日)確認されました、H5タンクエリア北東側およびG6北タンクエリア北側の堰からの漏水に関する続報をお知らせいたします。

 G6北タンクエリア北側及び西側の堰からの漏水については、堰に発生したヒビから漏水していることを確認しました。現在、G6北タンクエリアの堰内には、約11cm(パトロール定点)の雨水と思われる水が溜まっていることから、午後7時20分に近傍のG6南エリア堰内への移送を開始しました。

 また、当該箇所より漏えいした水は側溝及び排水路へ流入していないことから、海への流出は無いものと考えています。

 今後、G6北タンクエリア北側堰については漏えい箇所(堰の外側)に、土のう及びビニルシートにより漏えい水受けを設置し、漏えい水が土壌に染み込まないように処置を行い、同タンクエリア西側堰については漏えい量が微量であることから、コーキング剤による補修を行うこととします。

<参考:堰からの漏水(4箇所)の対応状況>

 ・H5タンクエリア西側(12月21日確認)
  土のう及びビニルシートにて水受けを設置し、漏えい水受け内の水をH5堰内へ戻し中。堰内の水についてはH6エリアへの移送を実施(12月21日午後11時35分から12月22日午前2時40分まで実施)。

 ・H5タンクエリア北東側(12月22日確認)
  土のう及びビニルシートにて水受けを設置し、漏えい水受け内の水をH5堰内へ戻し中。

 ・G6北タンクエリア北側(12月22日確認)
  堰内の水をG6南タンクエリアへ移送中(12月22日午後7時20分開始)。土のう及びビニルシートにて漏えい水受けを設置予定。

 ・G6北タンクエリア西側(12月22日確認)
  堰内の水をG6南タンクエリアへ移送中(12月22日午後7時20分開始)。漏えい箇所をコーキング剤にて補修予定。

 ※上記4箇所とも、海への流出はないものと考えております。
:引用終了

☆汚染水タンクの配置状況 福島第一原子力発電所 各タンクエリア堰内水の状況について
URL http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_131021_14-j.pdf

G6タンクエリアの北側とH5タンクエリアの北東側で漏えい
osennsuitannku1222012202020.jpg

☆福島第一原子力発電所H5タンクエリアの堰からの漏えい
URL http://photo.tepco.co.jp/date/2013/201312-j/131222-01j.html

対策実施後 撮影日:平成25年12月21日
131222_02122.jpg


GMP基準認可 ヨウ素250mg錠剤


エアカウンターS


ガイガーカウンター SOEKS-01M(2.0L-JP) NUK-079 ロシア製


食品の放射能汚染 完全対策マニュアル (別冊宝島) (別冊宝島 1807 スタディー)


福島原発でいま起きている本当のこと~元・現場技術者がすべてを語った!


死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
関連記事



ブログパーツ
直ちに影響はありません から大丈夫。
霞が関や東電株持ってる政治屋に汲んで使ってもらえばいいよ。
そろそろ大気解放しちゃうのかな?
[ 2013/12/22 23:37 ] [ 編集 ]
無題
こんなニュースがあるのに、まだ再稼動と言っている原発信者達は、正気の沙汰とは思えない。
[ 2013/12/22 23:41 ] [ 編集 ]
国会の
噴水にでも使ったら?
[ 2013/12/22 23:55 ] [ 編集 ]
だめだこりゃ
[ 2013/12/23 00:09 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク