情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.23 15:00|カテゴリ:ニュースコメント(22)

日本受注のベトナム原発、建設が中止へ!22日に国会で正式決定!コストの増大が原因 9割以上の議員が賛成


s_ice_screenshot_20161123-134950.jpeg

日本とロシアがベトナムに建設する予定だった原子力発電所について、ベトナム政府は正式に建設の中止を決定しました。11月22日にベトナム政府は建設計画の中止を求める決議案を国会に提出し、9割の議員の賛成を得て可決・成立となります。

この原子力発電所は福島原発事故後に建設コストが増大していたことから、財政面での懸念が続発。事故の恐れからも中止が決定となります。
これでベトナムへの原発輸出は白紙になったと言え、日本側も計画を見直す必要がありそうです。


日本企業が受注 ベトナムの原発建設中止に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161122/k10010780921000.html


s_ice_screenshot_20161123-135133.jpeg
s_ice_screenshot_20161123-135152.jpeg
s_ice_screenshot_20161123-135204.jpeg
s_ice_screenshot_20161123-135210.jpeg
日本企業が受注していたベトナムで初めての原子力発電所の建設計画は、ベトナムの国会で22日、中止されることが正式に決まりました。







以下、ネットの反応























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
吉報は安倍さん一人の手柄
悲報は安倍さん以外の誰かの所為

自由移民党です
[ 2016/11/23 15:06 ] [ 編集 ]
ベトナム政府はマトモな判断力を持っているな。
安倍政権とは大違いだ。
[ 2016/11/23 15:14 ] [ 編集 ]
だからTPP批准を急いでいたのか!
「菅直人がやったこと」と前政権を批判しながら、
> TPPのISDS条項は、受注していた日本企業が、ベトナム政府の判断は不服と訴える事ができる。
を行使して賠償金稼いでやる!
ということなんだね。

もっとも、「信頼できる指導者である、とこのように確信した」トランプ君は、「TPPはなかったことに!」するようだけど…。
[ 2016/11/23 15:16 ] [ 編集 ]
新幹線も地下鉄も原発も高すぎるんだよ!
[ 2016/11/23 15:17 ] [ 編集 ]
正しい判断です‼️
何処ぞの国の政党大違い。
[ 2016/11/23 15:19 ] [ 編集 ]
高すぎるものならサルでも作る。
反省だけならサルでもできる。
[ 2016/11/23 15:19 ] [ 編集 ]
>>15:19
その反省すら出来ないのが安倍政権です。
[ 2016/11/23 15:20 ] [ 編集 ]
 日米がAP-1000、ロシアはVVER-1000を提案していたようですね。ニントゥアン省はホーチミンの近くのようで。

ベトナム、米国の原子炉購入へ
http://www.hotnam.com/news/140311033719.html

ベトナム、原発着工を延期へ
http://blog.knak.jp/2014/01/post-1353.html


ベトナム電力公社向けビンタン4拡張石炭火力発電所建設工事を受注
http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2016/html/0000029767.html

 上記のような石炭火力発電所建設のニュースがあれば、下記のような反対するニュースもあり。成長が望まれるベトナムの電力事情も調べれば面白いかもしれません。
 調べていくと、その資金の出元が日本のODAである可能性も?

ベトナム首相、「石炭火力の新規建設計画はしない」という方針を発表
http://sekitan.jp/info/internationalnews_20160324/
[ 2016/11/23 15:31 ] [ 編集 ]
正しい、間違っていると言う表現は嫌いだし、背景になにがあるかで変わることもあるので、あまり使いたくないけど、これはベトナムがどう考えても正しいでしょうよ、もしくは国民のための決断、繁栄への道と言ってもいいはず。英断だ。
[ 2016/11/23 16:10 ] [ 編集 ]
ベトナム国の良識ある判断

福島第一原発事故での技術的欠如と資金難。
そしていまだに事故原因が分からない現状での嫌気。


もともと原発事故を起こした日本から輸入は無理でしょう。

[ 2016/11/23 16:14 ] [ 編集 ]
この際日本も築地移転も東京五輪も中止しろ。
[ 2016/11/23 16:22 ] [ 編集 ]
原発セールスマンをしてきた安倍首相な顔が丸潰れじゃないか!何とか面目をたてねば。
頑張れ 安倍応援団!
[ 2016/11/23 16:33 ] [ 編集 ]
原発野郎はどう言い訳すんの?
[ 2016/11/23 16:49 ] [ 編集 ]
安倍政権、終わりの始まりか。
[ 2016/11/23 16:50 ] [ 編集 ]
自民がんばれって
ベトナム戦争でアメリカ軍がまいた枯れ葉剤によって深刻な奇形が起き、子供達や両親がどんなに苦しんだのかとか、アメリカが落とした原爆でどれだけの人々が亡くなりまた後遺症がどれだけ悲惨なものだったのか、とか福島の方々がふるさとをなくした不安や悲しみ を少しでも考えたことがあるのか。あなたはひととしてなにか大きく欠けたところがあるのではないか
自民党ってそんなんばかり。早く自ら身を引いて日本国民のための政治をする人達にかわれ。
一刻を争う。
[ 2016/11/23 17:20 ] [ 編集 ]
これが普通の議員であり、国会であり、政治なんだよなぁ。
日本の国会プロレスとは大違い。
まあ、全て日米合同委員会が決めているんだがね。

日本は未だにアメリカの植民地なんだよ。
[ 2016/11/23 17:59 ] [ 編集 ]
ベトナム国会は正しい決断だと思います。
日本の自民安倍政権は原発推進派で利権と選挙票獲得の事しか考えていなく、国民への安全は考えていない連中で全く支持出来ません。
フクイチ原発事故から何も学んでいない政治家達です。
挙げ句の果てに廃炉費用を国民に押し付けるとか問題外の政治家達です、東電は民間企業で東電が負担すべき費用です。
クズ人間の集まりの自民安倍政権と東電の経営陣です。
[ 2016/11/23 17:59 ] [ 編集 ]
当たり前でしょう。
今の原発は高すぎる。

普通の工業製品は進歩するに従いコストが下がって行くが、原発は逆。
米国で同程度の規模の原発で比較すると、1970年代初めは1億7000万ドルだったものが約10年後の1983年になると10倍の17億ドルに。
そしてその約5年後には更に3倍の50億ドル。
さらに計画中の第3世代+原子炉になると100億ドルになる。
原子炉が新しいほど建設費が増え、従って発電コストが高くなる。

アレバのEPRなどは建設費がかさみ過ぎて風力発電に太刀打ちできない。
その代わりメルトダウンしようとメルトスルーしようと緊急避難を必要としない。

日本の原発が安いのはどういうことか、よく考えてみよう。
[ 2016/11/23 18:11 ] [ 編集 ]
良かった。
ベトナムの政治家は日本の政治屋より賢いらしい。
[ 2016/11/23 18:56 ] [ 編集 ]
TPP、ロシア、そしてベトナム。
全部ダメな安倍外交。

安倍さん、そろそろお腹が痛くなって辞めたらどう?
[ 2016/11/23 19:18 ] [ 編集 ]
衆議院解散総選挙どころか内閣総辞職へまっしぐらでしょうか。
どの面下げてとは失礼なので言えないけれどもどのような表情でご帰国なさるのですかね。
[ 2016/11/23 20:31 ] [ 編集 ]
セールスで儲けたところにとっては、これはこれでいいみたいだ。ちゃんと還流もしてるから、お偉いも手に入れる物はあるていど入った。
お偉いにみついできた重工業者がいちばんかわいそうだね。
[ 2016/11/24 00:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム