情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.24 17:00|カテゴリ:ニュースコメント(22)

映画「この世界の片隅に」、海外展開のクラウドファンディングに支援殺到!新規支援中止を呼び掛ける異例事態に!


s_ice_screenshot_20161124-082034.jpeg

大ヒット上映中の映画「この世界の片隅に」で、海外展開に必要なクラウドファンディング(募金)を行ったところ、目標値の1000万円を遥かに上回る1600万円以上のお金が殺到したことが分かりました。

あまりにも予想以上に支援者が殺到したことから、監督の片渕須直さんが自身のツイッター上で「これ以上額を積み増しても使途が設定出来ていません。新規のご支援はいったんお控え願えないでしょうか」と呼び掛ける事態になっています。
後に関係者で話し合っていることを明らかにし、余ったお金も何らかの形で使うことになりそうです。



クラウドファンディング この世界の片隅に
https://www.makuake.com/project/konosekai2/


s_ice_screenshot_20161124-082013.jpeg
私たちはそんな本作を、日本の皆様だけでなく世界中の人々にも観ていただきたいと考えています。2016年11月現在、イギリス、フランス、ドイツ、メキシコ、アメリカを始め世界15カ国での配給が既に決定しておりますが、この国々に片渕須直監督が赴くための渡航費用・滞在費用をご支援いただけないでしょうか。














関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
「反戦じゃないからいい」と、ネトウヨに支持されてる映画ね。
でも戦争って肯定すべきもんかね?
自分の日々の生活、家族友人や周りの人々、自由で束縛されないことを大切にするなら、反戦って当たり前じゃないか。
[ 2016/11/24 17:13 ] [ 編集 ]
まだ見てないからわからないのだけれど、この映画のスタンスはどっちなんだろう?
反戦?それともその逆?
戦争賛美でないなら良いと思うのだが…
[ 2016/11/24 17:19 ] [ 編集 ]
観ればわかるよ
[ 2016/11/24 17:23 ] [ 編集 ]
この映画について何か言う権利があるのはこの映画を見た人だけである。
[ 2016/11/24 18:02 ] [ 編集 ]
映画 この世界の片隅に

安倍信者の詐欺誘導コメントが悪質過ぎますね。

http://news.livedoor.com/article/detail/12324956/
 
[ 2016/11/24 19:25 ] [ 編集 ]
ネトウヨは本当に薄っぺらい。
作者の本当の意図すら読めないとは。

なんでもかんでも反日だのサヨクだの言ってるレベルだから、当然か。
[ 2016/11/24 19:36 ] [ 編集 ]
日本語判らない奴には批判が通用しない、無敵。
バカにはイヤミも通じない
[ 2016/11/24 19:39 ] [ 編集 ]
ネトウヨどもに好かれるなんて、作者も不本意でしょう。
なぜクズみたいな輩が増えてしまったのか。なにが、ウチュクシイクニだよ。キチガイだらけじなないか。
[ 2016/11/24 19:42 ] [ 編集 ]
良いものを作れば、認めてくれる人がいる。
創作活動をおこなっている人に対しては、最良ですね。
アニメ業界の経営者は電通の慣例の通りではなくてちゃんと仕事してほしい。
現場の人達がんばって。
[ 2016/11/24 19:54 ] [ 編集 ]
残りのお金は次回の有料作品の糧になればいいな。
[ 2016/11/24 21:16 ] [ 編集 ]
 日本人が太平洋戦争で学んだことは、戦争で負けてはいけない、世界で孤立してはいけない、でしょうね。
[ 2016/11/24 21:17 ] [ 編集 ]
ハンドルネーム・自民がんばれ、
お前の言っていることは、全く意味不明だ。
バカかよ?!
じゃあ戦争で殺したり殺されたりするのが理想なのか?
いつもいつもふざけたコメント送りやがって!
消えろ!!!
[ 2016/11/24 22:30 ] [ 編集 ]
1925の記事読んで愕然としました。まさかこの映画で「反戦じゃないからいい」なんて言葉が飛び出るとは予想外すぎます。どう見ても戦争の理不尽さを描いたとしか思えなかったんですが。
そうなるとこの支援過剰もトンデモ感想を持った人間から出された可能性があるんでしょうか?
まあこれでこの作品が外に広がるならそれもいいかもしれませんが釈然としない。
[ 2016/11/24 22:53 ] [ 編集 ]
この作品はぜひ外国のひとに見てもらいたい作品だと感心しました。
70年以上前のひとつの国で起きたことが実に活き活きと明るいタッチでテンポよく描かれています。それは一服の清涼剤であり深い共鳴感を見るひとに与えてくれます。
若いひとには特におすすめの映画です。 最初に外国で上映してと言いましたが
もちろん日本でも話題になる映画でしょう。
最後に反戦映画かと問われれば
そういった思想的な要素はありませんでした。
[ 2016/11/24 23:01 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/24 22:30 ] 
 もし歴史にifがあれば、いつの時点で日本が戦争を回避できたかは諸説あるところですが。
 いずれにせよ国際連盟から脱退し、世界の秩序に喧嘩を売ってABCD包囲網にて追い込まれたのが史実における日本です。戦果をあげることで有利な講和に持ち込もうと真珠湾攻撃にて開戦。
 その後の日本国民や日本軍がなめた辛酸については解説するまでもないでしょう。
 この教訓から戦敗国の悲惨さや孤立の愚かさを学ばずして、歴史から何を学ぶというのでしょうか。
[ 2016/11/24 23:19 ] [ 編集 ]
能年ちゃんが活躍出来た事が嬉しい

朝鮮ヤクザにいじめられてひどい目に合わされているのに、
草の根の活動が徐々に芽吹いてきた
[ 2016/11/25 00:01 ] [ 編集 ]
勝てば官軍、だなんてのは、反知性主義だな。
[ 2016/11/25 00:41 ] [ 編集 ]
あの戦争で負けたせいで
天皇を祭り上げることで集中した主権を政府が濫用してたが、国民主権へと移行したし
日本の民主化は完成されたもんだし(戦前はさんざん女性運動が活発だったにも関わらず女性に非選挙権すらなかった)
小作人も土地を得ることができた。

持つものと持たざる者の格差は今もあるが
戦後のGHQの介入によって持つ者の資産や権力が持たざる者へと拡散するようにはなった。

市民にとっちゃそれはそれで良いと思うが
戦前の持つ者、いわゆる上流階級や政府関係者など甘い汁を吸っていた人にとっちゃ苦々しい出来事だったろう。

そして戦前の上流階級や政府関係者の子孫や思想を受け継いだ人間が目指すのが
摂政や、憲法改正。
歴史を学べば色々なことがわかる。
[ 2016/11/25 06:58 ] [ 編集 ]
自民がんばれ。

日本に対し敵国条項がまだ生きていることをお忘れなく。

太平洋戦争で自国のみならず、中国、朝鮮〜東南アジア〜ミクロネシアなどの太平洋諸国にも多大な犠牲者を出し、日本の蛮行に対し怨念を抱く人々が数多存在することをお忘れなく。

安倍を支持する人には、あなたのような危険思想の持ち主がたくさんいるのでしょうね。

覚えておきますから。
[ 2016/11/25 08:39 ] [ 編集 ]
21:17
自民党がんばれ

戦争に負けてはいけないとのコメントは国家の論理かもしれません。

日本民族の論理を考えれば
戦争は負けてもよい。
ではないでしょうか。
戦争に負けても領土はとられない賠償金もとられない
何よりも人的被害は極小にするべきです。
1万年のスパンで考えれば
日本はあと一回や二回や三回は戦争をするかもしれません。
その時に

戦争は負けてもいい。
これが民族の知恵でしょう。
[ 2016/11/25 09:15 ] [ 編集 ]
6:58

素晴らしい文章だった
[ 2016/11/25 09:23 ] [ 編集 ]
トランプの真意はAIIB参加。
アメリカは長い事、戦争ばかりやって来て、インフラ整備が老朽化し、遅れている。
トランプで公共投資するというんだが、一方で減税もするので原資がない。 
誰も不思議に思わないようだが、どこからカネを調達するのか? そこで「AIIB」ですw 
アメリカはAIIBに参加する。中国からカネを調達して、中国に新幹線を作らせる。 
(だって日本の新幹線高いものw) 
[ 2016/11/25 11:15 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム