情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.12.24 14:58|カテゴリ:政治経済コメント(7)

南スーダンPKOで自衛隊が韓国軍に1万発の銃弾を提供!政府は三原則の例外扱い!スーダンは戦闘が激化中!米軍も負傷!


122410101010101022kassyoui.jpg
アフリカの南スーダンに派遣されている自衛隊の部隊が韓国軍に1万発の銃弾を提供していたようです。日本には「武器輸出三原則」という規則があり、武器に直接関係する装備の輸出を禁止しています。車や燃料ならばギリギリセーフかもしれませんが、今回の件では銃弾という武器に直接関係している物を渡しているので、武器輸出三原則に違反している可能性が高いです。

日本政府は武器輸出三原則の例外扱いというスタンスですが、銃弾が例外になるようならば、武器輸出三原則という規則の意味は無くなってしまいます。自民党政府になってから、このような「例外扱い」で法律を無視するような行動が目立ってきており、このまま進むと法治国家としての日本は崩壊してしまうかもしれません。
まあ、福島原発事故の時点で東電が例外扱いを受けていますし、その時点で日本は法治国家として終わっていたのでしょう。

南スーダンという国について簡単に説明すると、2011年に建国された非常に新しい国で、今は国連が主導で新国家の建設が行われている最中です。新国家に対しては反対している方も多く見られ、一部は反乱軍となって各地で暴れています。韓国軍が配置されている場所の近くにも反乱軍が迫ってきており、今回の要請はそれに対処するために行われました。
国連は新たに6000人の部隊を増派することを決定しているため、スーダンでの戦闘は更に激化する可能性が高いです。
*映画「ブラックホークダウン」を彷彿させるような状況


☆南スーダンPKO 自衛隊が韓国軍に弾薬提供 「3原則」の例外に(13/12/24)


☆初の銃弾提供、韓国軍に=南スーダンPKOで-政府
URL http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013122300157

引用:
政府は23日、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍に対し、陸上自衛隊の小銃弾1万発を提供した。国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき、国連を通じて行った。自衛隊の銃弾が海外で他国の部隊に提供されるのは初めて。「緊急の必要性・人道性が極めて高い」として武器輸出三原則の例外扱いとした。ただ、同法には弾薬を含む兵器の提供を明記した規定はなく、法解釈が曖昧だとして国会で論議を呼びそうだ。
 UNMISSと韓国軍は22日、日本政府に銃弾の提供を要請。UNMISSに参加している各国部隊で韓国軍と同じ口径5・56ミリの小銃を使用しているのは自衛隊しかないことから、無償提供に踏み切った。菅義偉官房長官は23日夜、(1)韓国隊隊員や避難民の生命・身体の保護のためのみに使用(2)UNMISS以外への移転を厳しく制限-することを前提に「武器輸出三原則等によらない」とする談話を発表した。
:引用終了

☆南スーダンPKO、6000人増派を勧告 国連事務総長
URL http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312240038.html

引用:
 【ニューヨーク=春日芳晃】国連の潘基文(パンギムン)事務総長は23日、内戦突入の危機にある南スーダンで国連平和維持活動(PKO)をする国連南スーダン派遣団(UNMISS)に、軍事要員5500人、警察要員423人を増派するよう国連安全保障理事会に勧告した。

 増派は、住民保護の強化が目的。安保理は23日、緊急会合を開いて対応を協議。24日に関連決議案を採択する予定だ。

 潘氏は勧告で、5歩兵大隊、攻撃ヘリ3機、実用ヘリ3機、軍事輸送機1機などの追加配備を要請。緊急を要するため、要員やヘリは南スーダンの周辺国で展開中の他のPKOから確保するよう提案している。
:引用終了

☆米軍機に攻撃、乗組員4人けが 南スーダン
URL http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312210334.html

引用:
【ジュバ=杉山正、ワシントン=奥寺淳】南スーダンで21日、米軍機が攻撃を受け乗組員4人が負傷した。米国防総省によると、米軍機は、反乱軍が掌握する中部ボルの米国人を救援するため、着陸しようとしたところを砲撃されたという。地上から反乱軍が攻撃したものとみられる。

 米NBCテレビなどによると、攻撃を受けたのは垂直離着陸機CV22オスプレイ。負傷者のうち1人は深刻な状態。米軍機は行き先を変更し、負傷者はケニアで治療を受けるという。
:引用終了

☆南スーダン4万人避難、米軍機狙撃され4人負傷
URL http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131221-OYT1T01015.htm

引用:
【ジュバ=黒岩竹志】政情不安が続く南スーダンで、戦闘を逃れて首都ジュバ近郊などにある国連関係施設の敷地内に避難する周辺住民が21日、国連の推計で約4万人になった。

 国連平和維持活動(PKO)の一環として派遣されている陸上自衛隊の宿営地付近では、避難民の間で風邪の症状が広がり、隊員が医療支援や給水支援を行っている。

 在南スーダン日本大使館によると、南スーダン国内には、国際協力機構(JICA)職員や民間援助団体関係者など約120人の日本人が滞在していたが、15日の戦闘開始以降は国外退避が相次ぎ、21日までに約半数がチャーター機や民間機で出国した。

 南スーダン政府軍の報道官によると、マシャール前副大統領派は21日、北部ユニティ州を制圧。これに加え、ジョングレイ州の州都ボルも掌握しており、勢力範囲を広げつつある。政府軍は21日、部隊をボルに派遣し、奪回を目指している。
:引用終了


国連PKOと国際政治‐理論と実践‐


変わりゆく国連PKOと紛争解決―平和創造と平和構築をつなぐ


「アラブの春」の正体 欧米とメディアに踊らされた民主化革命 (角川oneテーマ21)


政府は必ず嘘をつく――アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること (角川SSC新書)


最新&最強 世界の兵器
関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
おやおや。
南朝鮮は敵国だとか、安倍さんを信じようとか寝言を言っていた人々が息をしていないようですね。

秘密保護法体制下なら、日韓通貨スワップの復活も楽勝でしょうねぇ。
まぁこれも安倍さんが親韓という現実から逃避した結果です。
じっくり楽しむと良いでしょう。
[ 2013/12/24 15:27 ] [ 編集 ]
特定秘密保護法をめぐって深まった自民容認派と反自民の対立見てて面白いのが、お互いに韓国が嫌いってのは同じみたいで、親韓の押し付け合いみたいになってるんだよね。

確かに、統一協会・創価学会と民主・共産・社民・朝日・毎日って感じで互いにクサイ所はあるんだけど、どっちも自分に不利になる事は認めないのな。

まぁどちらが正しいにせよ、反韓の世論が高まって韓国と距離を置くようになるのは良いことだと思う。
[ 2013/12/24 23:30 ] [ 編集 ]
嫌寒みたいこといっているわりにはどこ見ても寒ドラオンパレードじゃ。お笑いバカエティーといっしょでどんなノータリンがみてんのかね。
[ 2013/12/24 23:55 ] [ 編集 ]
無償提供が輸出にあたるんですか?
そもそも武器輸出三原則って、誰が決めたんでしょう?政府ですよ。
憲法でも法律でもない、政府の独自基準なんです。
政府が政府の基準では反していないというのの何がおかしいのでしょう?

それはさておき、国連事務総長は日本による銃弾提供は適切だったとの声明を出しました。
国連の活動として頼まれているのに断れば、国際的な非難を受けるでしょう。
国連加盟国には協力する義務があるんですから。
[ 2013/12/25 20:20 ] [ 編集 ]
もともと国連は治安維持程度の派遣を考えていた。

しかし南スーダン軍第4師団の武装蜂起から各地に一気に火がついてしまった。

韓国軍はすでに4万人以上の避難民を受け入れてるが、最悪防衛戦に突入すれば、

当初の治安維持程度の弾薬量じゃ予備含めても心ともない。

そもそも自衛隊の弾薬規格は韓国軍の小銃にはもちろん最適化されてない。

にもかかわらず韓国軍は弾薬支援を要請した。この時点でいかに緊急性が高いかわかるだろう。

足引っ張ってるのは日本野党と韓国政府。現場は文字通り必死だ。
[ 2013/12/26 00:07 ] [ 編集 ]
拡大解釈
武器輸出三原則の基本はこれ。

・共産圏諸国向けの場合
・国連決議により武器等の輸出が禁止されている国向けの場合
・国際紛争の当事国又はそのおそれのある国向けの場合

さて、国連軍はどれにあたるのでしょうね?
[ 2013/12/26 12:28 ] [ 編集 ]
↓ 寒ドラ云々・・・
全く関係ないコメントしてるコイツが一番、ノータリンじゃん。
[ 2013/12/26 13:07 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
人気記事
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク