情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.26 13:11|カテゴリ:政治経済コメント(16)

年収1220万円以上は配偶者控除ゼロに!自民党が具体案、与党で見直し調整が進む


s_ice_screenshot_20161126-130626.jpeg

政府与党が推進している配偶者控除の見直し案ですが、自民党は夫の年収制限を「1120万円超の世帯」とする方針で検討をしていると明らかにしました。1220万円未満まで控除が受けられるようにする予定で、同時に控除の年収要件を103万円から150万円まで引き上げるとしています。

また、控除の制限は一気に無くす形を変更し、夫の年収が高くなればなるほど利用できる控除額をなだらかに減らしていく仕組みを検討していると報じられていました。
かなり大幅な変更となる見通しで、企業の経営方針にも影響を与えることになりそうです。


配偶者控除 夫年収1220万円でゼロ 政府・与党調整
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000067-san-bus_all

 
s_ice_screenshot_20161126-130436.jpeg
政府・与党が所得税の配偶者控除の見直しで、夫の年収制限を「1120万円超」の世帯とした上で、「1220万円」未満まで控除が受けられるようにする方向で調整していることが25日、分かった。対象となる高所得者の手取りが急減するのを避けるため、控除額を段階的に縮小させる緩和措置を設ける方針だ。










関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
65億の不正流用の罪を明らかにしてからにしてくれ。
犯罪だぞ。
[ 2016/11/26 13:15 ] [ 編集 ]
それと、多国籍企業からごっついカネもらってるらしいで そんでTPP締結したらしい 正義のミカタで言ってた!
[ 2016/11/26 13:31 ] [ 編集 ]
>[ 2016/11/26 13:31 ]

それが事実ならとっくに収賄で逮捕されてるはずだよな
65億の件も犯罪なら警察が動いている
で、誰か逮捕されたっけ?
[ 2016/11/26 13:42 ] [ 編集 ]
入り口は高額所得者限定とうたい出口は庶民まで枠を拡大。法案を通してしまえばあとは閣議決定にていくらでも変えられてしまいます。
[ 2016/11/26 13:55 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/26 13:55 ] 名無し

>入り口は高額所得者限定とうたい出口は庶民まで枠を拡大。法案を通してしまえばあとは閣議決定にていくらでも変えられてしまいます。

あのね。元々配偶者特別控除ってのがあってね、

『控除を受ける人のその年における合計所得金額が1000万円以下であること』

ってのが適用要件のひとつになっているのですよ。ずっとね。民主党政権よりも麻生政権よりもずっとずっと前からこの要件です。所得要件は別に珍しいものではありませんし、入り口だけという類のものでもありません。

税金は妄想ばっかりの不勉強な左翼さんが語れるものではありませんよ。批判したいなら最低限の勉強をしてからになさい。

妄想論拠の批判はみっともないだけです。
[ 2016/11/26 15:51 ] [ 編集 ]
安倍らは賄賂が普通になってるから高級ゴルフグラブなんかトランプ氏にもっていったけど、トランプ氏は受け取らなかったじゃん。
これが正しい在り方じゃね?
[ 2016/11/26 16:07 ] [ 編集 ]
これも徐々に引き下げる感じだろうな
[ 2016/11/26 16:17 ] [ 編集 ]
お金持ちに頼ろう
[ 2016/11/26 17:40 ] [ 編集 ]
こんなのガス抜きにもならんだろ

国民の大半の生活は圧倒的に苦しいままなんだから、別世界の話
庶民の生活そのものを向上させないと評価にならんよ


>>13:42 原発反対に反対
何を今更ww
検察も安倍の飼い主ジャパンハンドラー(CIA)の支配下だし
警察も公務員の既得利権のヤクザと化して安部の同類じゃん
もう検察も警察も司法も国民に信用されてないよ
[ 2016/11/26 19:07 ] [ 編集 ]
あらあら。こんなのに騙されんなんて、希望的観測にすがっちゃって〜(笑
騙されるさ。ほぼ間違いなくね。

所得控除の節税効果なんてささやかなもの。
こんなものにこだわるより、本当は稼げるなら稼いだ方がお得。
実際は夫の扶養からハズレてしまう130万円の壁の方が影響は大きいかったりするしね。

パート収入103万円までだと、所得税の計算上税額0円となるのもあって、これまではこの103万円にこだわり、130万円の差額である27万円を稼ぎそこなっていたわけだが・・・
わかった?
この改正はリアルにパート収入が増えるってことにつながるだろ。こうなると誰が疑う?って話。
これは野党にとってはトドメの一撃になるかもしれんね。
[ 2016/11/26 20:13 ] [ 編集 ]
130万円の壁はもう無いですよ。今年の10月から。
106万円超えると(会社の規模にもよりますが)社会保険強制加入です。(健康保険料、厚生年金個人で加入になりますよ)。
130万以下だった人はすでに社会保険料を払う分負担増になってます。
103までに抑えていた人は106万超えると負担増になります。社会保険料は年金、健康保険を合わせて3万円位でしょうか。
[ 2016/11/26 22:42 ] [ 編集 ]
年収1220円以上あったら配偶者控除なんて要らんでしょう。

当然ですわ。今まであった方がオカシイ!!!

[ 2016/11/26 22:49 ] [ 編集 ]
連投すみません、2つ前の投稿で3万円位っていうのは月々払う金額ですのでよろしく。

[ 2016/11/26 22:54 ] [ 編集 ]
騙されないで!130万円の壁はありますよ!!!
まったく要件も確認せずにデタラメなことを。これだから左巻きは嘘つきって言われるのですよ。以下の要件を確認してみましょう。

2016年10月からの社会保険の加入要件

①週20時間以上
②賃金月額8.8万円以上(年収106万円以上)
③勤務期間1年以上
従業員数501人以上の企業(被保険者数)
⑤学生は除く

将来はともかく現状は上記要件を満たす人のみが社会保険加入となります。従業員数501人以上の企業で働くパート主婦が対象ですから、これに該当しない企業で働く主婦は従来通り130万円を越えなければ夫の扶養となることができます。つまり、中小企業のパートの場合は130万円の壁はまんま残っているということです。ちなみにあらたに社会保険の加入対象となったパート労働者は全パート労働者の2%と言われていますから、現段階で130万円の壁がなくなったは暴論と言うしかありません。

また、厚生年金保険は個人で加入することはできません。厚生年金適用事務所(要は企業)が加入し、保険料の支払いは必ず労使折半となります。ここも嘘または無知ですね。

3万円くらいというのはおそらく国民年金・国民健康保険を基準にしていると思われますが、厚生年金・健康保険の場合は個人負担分は総額の半分となりますから、3万円の保険料を払う人は月収17、8万円レベルの人となります。

普通のパート主婦レベルの月収で厚生年金・健康保険料が3万円となることはあり得ませんね。月収10万円レベルの人がどのくらいの保険料を支払うのか気になる方は下記で調べてくださいね。

左巻きのデマに騙されないように注意が必要ですよ!!!

厚生年金保険料の料率

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-gaku/gakuhyo/0921.html

健康保険料

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h28
[ 2016/11/27 01:25 ] [ 編集 ]
01:25 訂正
誤 2016年10月からの社会保険の加入要件

正 2016年10月から新たに社会保険加入することになる対象者の要件
[ 2016/11/27 01:36 ] [ 編集 ]
今の制度がそのまま将来も続くとは思わない事だな。
色々な方法を駆使して常に新しい情報を手に入れるようにするべきだ!!
[ 2016/11/27 11:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム