情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.27 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(16)

【中途半端】日本が反対した核兵器禁止条約、日本も交渉参加へ!広島出身の岸田文雄外相らが要望か


s_ice_screenshot_20161127-031246.jpeg

当初、アメリカの意向もあって日本政府は核兵器禁止条約交渉の交渉開始決議には反対しましたが、その後に交渉への参加を決定しました。

これは前の決議に反対した時に広島出身の岸田文雄外相などから参加を求める声があったことを考慮したと思われ、日本政府は正式に来年3月の核兵器禁止条約交渉に参加すると表明しています。
決議に反対しながら交渉に参加するのは日本だけで、今回の動きは異例中の異例だと言えるでしょう。
*個人的に今の自民党だと次期首相は岸田さんが一番マシそうな印象。


核兵器禁止条約、日本も交渉参加 開始決議に反対ながら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000006-asahi-pol

 日本政府は、来年3月に国連で始まる核兵器禁止条約交渉に参加することを決めた。日本政府関係者が明らかにした。10月の国連総会第1委員会で採択された交渉開始決議には反対したものの、被爆地広島出身の岸田文雄外相の意向もあり、交渉の場で日本の考えを訴えることにした。



以下、ネットの反応

























カラー 世界の原発と核兵器図鑑―わかりやすい原子力技術の知識

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
でも岸田さんって
反知性魑魅魍魎集団の自民党において
唯一まともそう
[ 2016/11/27 17:15 ] [ 編集 ]
> *個人的に今の自民党だと次期首相は岸田さんが一番マシそうな印象。

マシな奴を自民党が選ぶと思いますか?
[ 2016/11/27 17:18 ] [ 編集 ]
>広島出身の岸田文雄外相

広島1区。選挙対策だろう。これこそ田舎のプロレス。核兵器のような人類的な課題に地元の事情を持ち込むな。広島が、日本が、という狭い了見では核兵器は永久に廃絶できない。カストロ議長は世界的な視野を持った人だったから西側陣営の国民からも尊敬された。日本の政治家には爪の垢を煎じて飲ませたい。
[ 2016/11/27 17:22 ] [ 編集 ]
>唯一まともそう
こういう人多いだろうなあ
ちょろすぎぃ
[ 2016/11/27 17:47 ] [ 編集 ]
自民でマシなのは野田聖子だけ
[ 2016/11/27 17:58 ] [ 編集 ]
>広島出身の岸田文雄外相  唯の月給取り
外務省をとことん貶めてしまった、官僚上がりの唯のサラリーマン政治屋でやんしょ!

TPP,北方4島、中韓外交、拉致問題、核外交etc. どれをとっても最悪の状況であって、直接の担当大臣なればド・アフォ〜アベのせいにしたくてもそれは無理というもの。

原爆の被害に関してはそれなりの知識はあるのだろうが、フクイチの現状に対してもなんら政治的行動がみられないは人間として最も大事なものが欠けているということだ。

広島県民の動向を注視したい!

[ 2016/11/27 18:12 ] [ 編集 ]
最早誰にも分からない、意味不明の日本政府の動き。エ?反対していなかったっけ?何でここに居るの?どっちなの、一体全体。とのささやきが聞こえそう。
[ 2016/11/27 18:18 ] [ 編集 ]
×官僚上がり
〇世襲
[ 2016/11/27 18:27 ] [ 編集 ]
原爆を落とされた側である日本の国民にも「原爆投下は当然の報いだ。自業自得だ。」という意見を持つ人は結構いる。核兵器禁止など必要なのか?
[ 2016/11/27 18:27 ] [ 編集 ]
 そういえば、トランプ氏の核政策はどうなのでしょうね。
 興味がないのかもしれません。オバマ大統領のように広島に行くでもなく、関心がないと。だからこそ日韓に現実味がない核武装とか言い出す。
 日本は米国の傘の下にあることを認識しているからこそ、核兵器禁止条約に反対しながら国連で23年連続で核廃絶決議案を提出するという、まるで矛盾した行動にしています。その核の傘も米国次第という。
[ 2016/11/27 19:29 ] [ 編集 ]
いくら偏差値教育の弊害とは言え、ここまで思考能力が低下したおっさんたちがいたらヤバいよね。管理人さんの冠中途半端もなにも、日本の防衛政策と日米同盟に関する米国の行動原理に、日本政府が関与できないことくらい理解しないとね。自分の憂さ晴らしで日本の将来を憂う与太漫談じゃ話にならんだろうよ。核保有国でもない日本に意思決定出来ないから、交渉くらい参加して何が悪いのか??意味不明なんだが??
[ 2016/11/27 19:34 ] [ 編集 ]
その前に書き込みが稚拙過ぎて【ワロタ】って管理人さんも⬆で書いてないか👍👍

ここまで幼児教室は珍しいけど、ソレ系のコメはその程度なんじゃねえの‼
[ 2016/11/27 19:57 ] [ 編集 ]
交渉参加すべきだが、反対した理由との矛盾をきちんと説明せよ
核兵器禁止条約の制定に向けた交渉を進めるとの決議に日本政府は反対した。反対理由を岸田外相は次のように述べた。「核保有国と非保有国の対立を一層助長し、亀裂を深める」と。それなら日本が交渉に参加するのは「核保有国と非保有国の対立を一層助長し、亀裂を深め」たいからなのか?「対立助長、亀裂拡大」をさせないために反対したのに、今後は「対立助長、亀裂拡大」をさせるために交渉に参加するということなのか?わけがわからない話だ。岸田外相には、この矛盾をきちんと説明してもらいたい。中国・北朝鮮・ロシアの核兵器を理由に、また日本が米国の「核の傘」に守られていることを理由に、日本政府の「反対」方針を支持する者がいる。その者たちは、相手の核攻撃にこちらも核攻撃で対抗して戦争に勝てばいいと思っているのだろうか。それで何を守るつもりなのだろうか。あるいは、「核の傘」の抑止力は将来にわたって破綻せず核戦争はありえないとの保障があると考えているのだろうか。軍事的抑止力は相手が合理的で賢明な判断をすることを前提にしている。相手は常に合理的で賢明な判断をし続けると確信しているのであろうか。核兵器がある限り、使われない保障はない。拡散しない保障はない。ISにさえ渡らない保障はない。だから核兵器は廃絶しないと危ない。人類の破滅を回避するには、核保有国が自国の安全保障にこだわり核保有に固執するのでは危うい。国際世論が核保有国に圧力をかけて核兵器を違法化していくしかない。123カ国もが核兵器禁止条約の決議に賛成したのは、日本の被爆者が核兵器の非人道性を世界に訴え続けてきたからだ。それなのに日本政府が核兵器禁止条約の制定に向けた交渉を進める決議に反対したのは、日本国民に対する裏切りに等しい。日本政府の反対は、驚きをもって受け取られ、日本の名誉を著しく傷つけた。これは安倍政権の軍事国家路線の一環と言えるだろう。安倍政権は、武器輸出の原則禁止から武器輸出の推進に大転換した。国民をだますため「武器輸出」を「防衛装備移転」と変え、大本営発表のような言葉のごまかしをした。大学への研究費を削って防衛省の研究助成金を増やしあ軍事研究に大学を組み込み始めた。アフリカのジブチへは海賊対策で自衛隊を派遣すると言いながら、今は海賊はほぼいなくなったのに恒久的な海外軍事基地にしようとしている。そんな安倍政権だから、平和国家日本の国是に真っ向から反する核兵器禁止条約反対に回ったのも当然なのだろう。安倍政権を倒し、国際世論と協力して核兵器禁止に向けて主導する平和国家日本を取り戻す必要がある。
[ 2016/11/27 21:57 ] [ 編集 ]
21:57 さんのコメントにうすら寒い思いをした。

>相手は常に合理的で賢明な判断をし続けると確信しているのであろうか。

相手どころか、現在の我が国のトップにさえこの確信が持てない。
[ 2016/11/27 22:09 ] [ 編集 ]
詐欺本 「福島第一原発廃炉図鑑」 出版記念
御用学者 開沼博 悪質詐欺トークイベント

http://synodos.jp/society/18230
 
http://synodos.jp/society/18230/2
 
[ 2016/11/28 01:40 ] [ 編集 ]
選挙が言われ始めるとその気もないのにポーズを取り始める。
本当に信念なら自分が外相なんだから、職位の重みを利用出来たはず。
いい加減に自民党員の嘘つきから目を覚ますべき。
[ 2016/11/28 09:22 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム