情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.29 15:00|カテゴリ:政治・選挙コメント(23)

民進党の野田幹事長、共産党との共闘に釘?「共産党に魂は売らない」


s_ice_screenshot_20161128-212815.jpeg

民進党の野田佳彦幹事長が共産党との野党共闘について、強い口調で懸念の言葉を放ちました。報道記事によると、27日の会合で野田幹事長は「私は自衛官のせがれで、(自衛隊解消を綱領に掲げる)共産党に対する意識は、どなたよりも強烈だ。魂は売らない」と述べ、共産党との協力には限度があると発言したとのことです。

同時に自民党一強の状態に懸念を表明し、あくまでも自民党を崩すために協力するとしています。共産党は野党連合構想で、野党が一致団結して政権交代するべきだと主張していました。


野党共闘「魂売らぬ」=野田民進幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000067-jij-pol

 民進党の野田佳彦幹事長は27日、地元の千葉県船橋市内で開いた会合で、共産党を含めた野党共闘について「私は自衛官のせがれで、(自衛隊解消を綱領に掲げる)共産党に対する意識は、どなたよりも強烈だ。魂は売らない」と述べ、理解を求めた。



以下、ネットの反応



























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
支援者の会合でのはなしじゃない
[ 2016/11/29 15:20 ] [ 編集 ]
選挙間近か?また自民党勝利の削除始めました。
[ 2016/11/29 15:26 ] [ 編集 ]
皆死党 だったかな??

魂 売らずに
何を 売る気だ??
[ 2016/11/29 15:30 ] [ 編集 ]
共産党が悪の権化のような言い方ですね。笑
[ 2016/11/29 15:33 ] [ 編集 ]
こいつら、口はともかく本心では与党に戻ろうとしてないように見える。
少しでもあれば、もう少し違う言い方があると思うんだが。
[ 2016/11/29 15:47 ] [ 編集 ]
小選挙区廃止にして比例区にしたらいいんじゃん
[ 2016/11/29 16:00 ] [ 編集 ]
本音だと思う
・野田は松下政経塾の第一期生、松下政経塾は反共産主義、だから当然。
・同じ組合を支持基盤として野党共闘を模索する政党のトップとしては、問題。
・民進党内の、反組合・ネオリベの「結」系への配慮を考えれば、当然。
・「労働組合ムラ」の関係は、連合系と共産党系は「敵同士」だから、当然。
☆自民と公明の関係を参考にすれば「政治的センスゼロ」のバカ発言で、論外。

今の連合は「安倍政権に組織の命脈を握られている」ようなものだから、野党統一による与野党拮抗状態より、
弱体野党内で唯一の政府与党とパイプを持ちうる勢力(自民党内における公明党の役割)の立場がのほうが望ましい、ので、当然。
[ 2016/11/29 16:47 ] [ 編集 ]
ずいぶん自分の魂の値段を過大評価しているんだな。
現在の安倍政権の現状を作った責任を取って切腹して欲しいくらいだ。
[ 2016/11/29 16:58 ] [ 編集 ]
アチャちゃ~(^^)






股股








尻馬職人が与太政治漫談とは( ̄ー ̄)






クレヨンしんちゃんもコメントに幻滅ぅ~⤴⤴だってさ 


[ 2016/11/29 17:05 ] [ 編集 ]
政治センスの無い立ち位置、筋の悪い過去の行状を引きずり、何を勝手なことをこの期に及んでほざいているのやら。嫌な野郎だ。で、自民党にはいつ入る話がついてるの?次の選挙で民進党ぶっ潰しての手柄みやげか?これだから、蓮舫という政治家が信用ならないのだ。どう考えても、日本の事じゃなく自分の権利欲の為に動いているよね。この人見てると、自民の苦労知らずたちが可愛く見えてくる程だ。
[ 2016/11/29 17:10 ] [ 編集 ]
ええやん。

自民党だって、創価学会に魂売ってないし(笑)

売ってる。
いや、買ってるのは、票。
[ 2016/11/29 17:28 ] [ 編集 ]
こいつが自民から議員枠を貰ってのうのうとしている限り、落選した旧民主党議員は永久に浮かばれん。
[ 2016/11/29 17:28 ] [ 編集 ]
自公へ政権を献上したアメポチだから当然だ。
[ 2016/11/29 20:06 ] [ 編集 ]
この人、民主党の次は民進党も崩壊させるつもりのようですね。
[ 2016/11/29 22:17 ] [ 編集 ]
野田さんは、隠れ自民ですね。
ある意味、野田さんは安倍さんより、いまの政局を握るキーパーソンかもしれない。

野田さんが野党連合をさせない、という機能を果たせば、
安倍政権は安泰であり、米国依存体制は維持できるわけだから。
(野田さんもその米国依存体制から利益を得ている可能性がある)

ただ米国依存体制で利益を得る者の割合は日本国内で徐々に縮小している。
一部の方に限られてきている。
[ 2016/11/29 22:34 ] [ 編集 ]
相手にはそんなもん頼まれても買わんわ。と思われてたりしてw
[ 2016/11/29 23:03 ] [ 編集 ]
蓮舫氏・野田氏 大嫌い。というか,世間の窮状を知らなさすぎ。
こんな奴らに比べれば,岡田氏・枝野氏の方がよっぽどマシだった。
[ 2016/11/29 23:57 ] [ 編集 ]
日本の政治構造
私も枝野氏あたりは期待をかけたい気持ちは個人的にはあるのだが、

岡田、前原、野田、枝野あたりは、米国依存派と聞いている。
その意味では自民に近いともいえる。
(ただ民進の方々の方が、自民や維新の政治家程、新自由主義病にはかかっていないと言える)

一方、小沢、海江田、福島あたりは、社会民主主義的といえる。
共産党も、最近は資本主義を否定しない時点で、
理論的には社会民主主義的とも言える。

多くの国民の総意は実は社会民主主義的な運営だ。
社会民主主義とは、経済成長とともに、福祉や平等も追及するというものである。実際、社会民主主義をとる国家の方が、幸福感や健康度も高い傾向がある(新自由主義的な運営をする、イギリス、日本、アメリカの3国はどこも労働時間が長い)。

日本の政治の貧困は、ヨーロッパのような社会民主主義政権が育たないことにある。
育たないというより、つぶされてきたとも言える。
その犯人は、紋切的にもなるが、

米国である。

理由は、新自由主義的な政治家が日本をコントロールした方が
米国や米国の企業の利益になるからである。

うーむ。なかなか厳しいのぅ。。。
[ 2016/11/30 00:12 ] [ 編集 ]
日本の政治構造 つづき
なので、小沢さんは先月かな、
民進党の解党を薦めた。
この発言にはそれなりの戦略があった。

上でも指摘したように、民進には、
【社会民主主義的・多国共生派】と【新自由主義/米国依存派】の
大きく2つの勢力が混合している。それがすぱっと解党して、

民進の社会民主主義的勢力

自由党

社民党

共産党

で政権交代を狙うというものだった。
まさに日本版「オリーブの木」構想に近い。

自民党が恐れているのはこのパターンである。
そのためにも民進はわれることなく、かつ野党共闘も進まないというのが
自民党にとっても最も良い選択になる。

そのフィクサーに指名されたのが野田さん。

というのが私の見立てである。
[ 2016/11/30 00:23 ] [ 編集 ]
民進党がこれじゃつまんないな、野田がやめて、与党と対立の構図にならないと、政治がつまらないよ
[ 2016/11/30 01:19 ] [ 編集 ]
>> 共産党が悪の権化のような言い方ですね。 笑

実際、悪の権化ですもんね 笑

近年は、共産党の正体を知らない、見抜けない人々が、
目先の甘い言葉に騙されて、ついて行ったりしてますが。
恐ろしい人たちの集まりだと気付いた時には、、、。

哀れです。
[ 2016/11/30 05:01 ] [ 編集 ]
自民党には魂を売る
[ 2016/11/30 12:55 ] [ 編集 ]
>[ 2016/11/29 15:33 ] 夏希2016
>共産党が悪の権化のような言い方ですね。笑

そりゃそうだろ。
共産党と組むなんて思われた時点で支持者は離れていくし、特に共産党を敵視してる労組・レンゴーからも支持を失ったら本当に何も残らなくなる。
支持者は今後の方針について質問せざるを得ないだろうし、野田もハッキリと言わざるを得ないだろうよ。
一部のリベラルもどきに引っ張られて沈没なんて洒落にもならない。

[ 2016/12/01 00:53 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム