情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.29 10:00|カテゴリ:ニュースコメント(7)

朴槿恵大統領、検察の事情聴取を再び拒否!野党は弾劾に向けて動く!日本亡命説も浮上?


s_ice_screenshot_20161128-220130.jpeg

連日のように数十万人規模の抗議運動が起きている韓国ですが、あまりにも世論の反発が強いことから「朴槿恵大統領が亡命するでは?」という説が浮上しています。国民の党前代表であるチョン・ジョンベは「朴槿恵大統領は辞任したとたんに拘束されるので、合理的に考えても自主的に辞任はないだろう。朴槿恵大統領本人としては亡命するべきではないかと思う」と述べ、亡命の可能性があると指摘。
中国や北朝鮮は韓国との関係から厳しいとして、安定的な日本を選択する可能性が高いと見られています。

辞任すると即座に逮捕となる可能性があることから、朴槿恵大統領の辞任は考えられ難いです。朴槿恵大統領は検察の取り調べを延期するとしており、これに対して国民や野党の反発がドンドン強まっています。
野党は弾劾訴追案をまとめ、早ければ今月中にも正式な提出となる見通しです。韓国の政治情勢はかつて無いほどの混迷期に入ったと言え、今後の対応に注目したいと思います。


朴槿恵氏、正念場の1週間 弾劾に向けた動きなど連日続く
http://www.sankei.com/world/news/161128/wor1611280031-n1.html

 【ソウル=名村隆寛】朴槿恵大統領による検察の事情聴取の再拒否で始まった今週は、大統領弾劾に向けた具体的な動きなどが予定されている。世論の強い反発を受ける朴氏にとって、試練の日程が続く。



朴槿恵大統領の弁護士、検察の事情聴取を再び拒否(2016/11/28 17:21)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000088817.html

 検察は、朴大統領に対し、29日までに事情聴取に応じるよう要請していましたが、朴大統領の弁護士は「協力できない」と回答しました。朴大統領は、野党が29日までに推薦する特別検察官の候補から1人を任命しなければならず、日程的に難しいなどとしています。



朴槿恵大統領 亡命の可能性を示す 亡命するとしたら日本?
http://gogotsu.com/archives/23947

国民の党前代表であるチョン・ジョンベが朴槿恵大統領の亡命の可能性を主張した。チョン・ジョンベ元代表は「私は電話をして、翌月の日中韓首脳会談に朴槿恵大統領が行ったらいけないと言った。今国外を出れば国の恥さらしだ」と明かした。








関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
今のパククネは近未来の安倍晋三
安倍の最後もこうなるよ。
[ 2016/11/29 10:11 ] [ 編集 ]
こうやってすぐに安倍に話を切り替えるアホ
[ 2016/11/29 10:18 ] [ 編集 ]
もう日本は北の楽園間近だね。
宗教、パチンコ、サラ金、安部政権、言論統制。
朴さんも日本首相ならマスコミは絶賛、国民は支持率60%で贅沢三昧出来たのにね。
[ 2016/11/29 10:25 ] [ 編集 ]
日本に来ても、あなたの居場所はないよ。
起死回生で北朝鮮に亡命しては?
[ 2016/11/29 11:43 ] [ 編集 ]
 チョンキムチはどうでもいいんだよ サムスンもどうでもいいんだよ 歴代の韓国大統領の末路を見てみろ 暗殺か 収監か 死刑判決か 自殺か

 いつものことなんだよ 
[ 2016/11/29 11:47 ] [ 編集 ]
蓮舫もびっくりの、高木槿恵って名前でどっかの役場に戸籍登録されてない?
フジモリ大統領の例があるからな。
[ 2016/11/29 13:04 ] [ 編集 ]
 日本への亡命?
 朴大統領は韓国内では親日派扱いですからね。とはいえ亡命なら米中へ行ってください。

 それにしても日本への亡命というと、朝鮮戦争における李承晩を連想します。なにせ戦争勃発2日後には日本への亡命を打診してますからね。漢江の橋を爆破してソウルを見捨てて逃げ出し(漢江人道橋爆破事件)、短期間に国土の大半を取られ、逃げる最中には共産主義者の自国民を大量虐殺し(保導連盟員事件)、挙句に戦時統帥権を投げ捨てて(大田協定)、逃走につぐ逃走。
 マッカーサーに怒られて亡命は頓挫しましたが。
[ 2016/11/29 14:31 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム