情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.11.30 21:00|カテゴリ:原発関連コメント(22)

敦賀原発で作業員10人が放射能入りの水を浴びる!1次冷却水が約160リットル、約27万ベクレル!


s_ice_screenshot_20161130-172054.jpeg
*敦賀原発

福井県にある敦賀原発2号機で作業員10人が放射性物質を含む水と接触していることが分かりました。日本原子力発電によると、11月30日に約160リットルの放射性物質を含んだ1次冷却水が漏えいし、作業中だった作業員10人に水がかかったとのことです。

水を浴びた作業員に怪我などは無く、いずれも身体汚染や身体内部への放射性物質の取り込みはありませんでした。敦賀原発は再稼働を目指して審査を受けていますが、多くの有識者たちから安全性に疑問があると指摘されています。
*漏れた冷却水の放射線量は推定で2.72×100000ベクレル


敦賀発電所2号機 原子炉補助建屋地下2階 A冷却材貯蔵タンク室での作業員の被水について
http://www.japc.co.jp/tsuruga/news/2016/20161130.html

 
s_ice_screenshot_20161130-171936.jpeg
s_ice_screenshot_20161130-171944.jpeg
第18回定期検査中の敦賀発電所2号機において、平成28年11月30日10時49分頃、原子炉補助建屋地下2階(管理区域)A冷却材貯蔵タンク室内の弁点検工事に伴い、点検対象弁の取り付けボルトを緩め、溜まり水を受け皿に回収しようとしたところ、水が飛散し周囲にいた作業員10名が被水しました。



以下、ネットの反応
























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
スレチすみません。
韓国軍が中国軍の船1隻を沈めた!?大統領の件もさることながら…これはもしや軍事衝突か?日本は巻き込まれることはないのか?真実はいかに。。。
[ 2016/11/30 21:09 ] [ 編集 ]
リッターあたりで2000ベクレル以下ですから
ほとんど
人体に影響ありません。
定期点検でも被曝のおそれがあります。 注意して欲しいですね。
[ 2016/11/30 21:22 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/30 21:09 ] イッキさん
 他メディアから同様の報道がない以上、鵜呑みにしないほうがいいでしょう。
[ 2016/11/30 21:25 ] [ 編集 ]
21:09
韓国軍が爆破?

台湾で大騒ぎですが
何かありました?
かね。
[ 2016/11/30 21:30 ] [ 編集 ]
そもそも人間には無理ゲー
原子炉は、人間には向かないわ。
[ 2016/11/30 22:36 ] [ 編集 ]
普通のプラントなら残圧確認用のニップルでも付ければ済むことなのに原発はそれも不可能!熟練した作業員が細心の注意と工夫を用いて何とか熟してきたが、最早熟練の作業員不足は深刻ですね。

電力会社で直接雇用し育てるしか道は残されていないと思いますが。

それも、望み薄いでしょうね。
[ 2016/11/30 22:38 ] [ 編集 ]
韓国海軍の件はネットでは報道ありましたよ
「大韓民国現地ニュース」ってとこで11/28付で記事がありました。


 「韓国海軍、中国の軍籍の潜水艦1隻を拿捕、1隻を撃沈 死者数不明」

  http://korean.hatenablog.com/entry/2016/11/28/083405

日本のマスゴミは全然報道しないんですけど、何なんですかねえ・・・
すぴんこんとろーるっちゅうやつですかそうですか。
[ 2016/11/30 22:40 ] [ 編集 ]
[ 2016/11/30 22:40 ]
ですからその「韓国新聞」およびそれを訳した「大韓民国現地ニュース」しか報道がないのですよ。
これが事実なら、中国、韓国、欧米のマスコミが黙っていないでしょ。そうしたら日本のマスコミは関係なしに個人のブログなどでも翻訳して紹介され、光の速度で拡散されますよ。
[ 2016/11/30 23:58 ] [ 編集 ]
これで被爆しない方がおかしいだろ。
[ 2016/12/01 00:00 ] [ 編集 ]
2016/11/30 21:22 >
リッターあたりで2000ベクレル以下ですから
ほとんど人体に影響ありません。
そうですか。影響無しですか・・・とは言っても
敦賀原発で度重なる不備での事故何度起こせば気が済むの?
もしこれが2000ベクレル以上だったら?ここ管理体制に疑問を持ちますよ。
あっ。やっちゃった~って多過ぎ敦賀原発。
[ 2016/12/01 01:18 ] [ 編集 ]
この国ではもう、放射能関係の真実の報道は望めない。必ず”問題ない”という断りが付くから。それ以上の事を知りようが無いという、情報統制の風情だ。どちらにしろ、この国に放射能の影響が及んでいない場所は無いと思って、それぞれの生き方で対処する以外方法が無いという事だ。非常に危うい現実が分かりやすく、感じられるようになって来た、とも言えるな。
[ 2016/12/01 08:19 ] [ 編集 ]
>ほとんど人体に影響ありません。

人体に影響を与える確率が低い、ならわかるけど
ほとんど人体に影響ありません、と言い切れる根拠はわからんですわ。
個人的には、これも東大話法って感じる言い方。
[ 2016/12/01 10:19 ] [ 編集 ]
10:19

2000ベクレルというのは
みなさんが経験済みです。
あなたももちろん経験済み。

原発事故後にそれまでの基準値がかわって暫定基準値になりました。5年まえです。

暫定基準値は魚、野菜で2000ベクレルです。

あなたも経験している数値ですから
身近な数値でしょう。
[ 2016/12/01 11:02 ] [ 編集 ]
10:19さんに同意。事故前に、どれだけ日本の原発は絶対に絶対に安全です!と言い切ってきたかを知っていればね。

物事に絶対などないし今はすべて自己責任とやらにされてしまうのに、
では自己の判断をしようとすると、経済上・政治上それも許さない風潮。
[ 2016/12/01 11:27 ] [ 編集 ]
11:02さん

だから私の回りは私含め病気が多いのかな… 知らないうちに無理やり放射能を身近な友達にさせられた結果ですかね
ああもちろん、病気の原因、それだけはわからないんですよね。何故かね。
[ 2016/12/01 11:31 ] [ 編集 ]
11:31

よわりましたね。
敦賀原発の作業員の10人は浴びてしまったようですがあくまでも一過性のものです。
それとは区別して日常の被曝の影響を考えたいですね。

私の家も某原発から100キロ圏内ですが
知り合いが40歳で白血病で亡くなっています。
[ 2016/12/01 12:05 ] [ 編集 ]
流石世界最高レベルの安全性が保たれている日本だ。
[ 2016/12/01 13:51 ] [ 編集 ]
>11:02

他人が経験しているって、何でわかるの?測ってないよね。
何で暫定基準値になったの?
それまでの基準値との差異に対する論理的根拠は?
核種の差は論じなくていいの?
等々...

現政権もそうなんだけど、断じるからには理由が必要かと。
[ 2016/12/01 14:51 ] [ 編集 ]
10:19

たとえば
2011年3月23日に
水戸市では
5000ベクレルの雨が降ったようです。
原発事故の当時は雨の汚染はあまりニュースになりませんでした。
ニュースにすると外出する人が減って経済的な影響が大きいからです。
[ 2016/12/01 15:58 ] [ 編集 ]
>15:58

・5000ベクレルの雨というのは同じリッター辺りなのか?
・水戸市民でないものは経験していない。つまりみなさんでない。

おそらく「この程度、なんてことない」って言いたいんだろうけど
そうならばこそ、きちんとした理由が必要。
[ 2016/12/01 19:52 ] [ 編集 ]
12:05に書いてありますよ。

敦賀の10人の場合は一過性のもの。
それと区別して
日常の生活で雨は何度も降っていますから十分注意したいものですね。

また数値は単に頭に入れるだけでなく
自身の感覚でとらえたいですよね。
そうすれば私の指摘も自ずからわかります。
原発事故のときにはベクレルは何度も出てきましたから
自分なりの判断基準や感覚を作っておくことが大切です。それがみなさんが経験済みということです。
これは至極基本的なことです。
[ 2016/12/01 20:37 ] [ 編集 ]
脱原発で行こう!!
[ 2016/12/03 11:01 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム