情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.02 12:00|カテゴリ:ニュースコメント(29)

【酷すぎ】再び福島からの避難者にイジメ!今度は先生も加担、イジメ相談後に「菌」などと名指し


s_ice_screenshot_20161202-110718.jpeg

先月に福島から横浜に避難した子どもがイジメられている問題が批判されましたが、今度は新潟市に避難した小学4年生の男児がイジメ行為にあっていたことが分かりました。

報道記事によると、この男児は同級生からイジメ行為を受けていたことから、担任の40代男性教諭に相談したのですが、今度は担任の先生もイジメ行為に加担して男児のことを「菌」等と呼んでいたとのことです。

しかも、この日は福島県でマグニチュード7.4の大地震が発生した時間帯で、男児の父親の安否が心配されていました。地震の不安がある状態で担任の先生が追い打ちをしたと言え、非常に悪質な行為です。

担任は「認識不足だった。何とかして謝罪したい」とコメントしていますが、ネット上ではあまりにも酷い対応に教員の資格取消を求める声が殺到しています。男児は2011年の東日本大震災後、家族と一緒に自主避難していました。


原発避難の小4に担任が「菌」発言 いじめ相談の5日後
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000028-asahi-soci

  保護者によると、児童は11月22日、担任から昼休みに教室で連絡帳を渡された際、ほかの児童がいる前で、自分の名前に「菌」をつけて呼ばれた。この日は早朝、福島県で最大震度5弱の地震が発生。児童は福島県で働く父親と連絡が取れないまま登校した不安感も重なり、強くショックを受けた様子だったという。祝日をはさみ、24日から学校を休むようになった。



以下、ネットの反応





















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
イジメ、強姦、強盗すべて年齢関係なく
死刑適用で良いのでは?
そうでもしないと無くならないよ。
[ 2016/12/02 12:13 ] [ 編集 ]
TVに出演するお笑い芸人、芸能人もね。何と言っても彼らの影響が一番強い。さらに櫻井誠や日本会議系文化人もね。
[ 2016/12/02 12:16 ] [ 編集 ]
>福島から横浜 
西日本の者から見れば目くそ鼻くそ...これも虐めになるか。 抹消していいよ。
[ 2016/12/02 12:24 ] [ 編集 ]
将来、震度7の地震が新潟市を襲うであろう。
又は、その先生が暮らしている場所で。

神奈川県でも震度7の地震が
[ 2016/12/02 12:26 ] [ 編集 ]
美しい国にどんどんなってきてますね。

「おもてなし」とか「思いやり」とか言葉だけ先行している感がありますが、中身はすっからかんだよ。

言葉だけ先行は今の政治そのもの。
なんでも安倍批判に繋げるなと怒られそうですが、国を代表する大人が子供達に示しのつかない事ばかりやっていては良い国にはなりませんよね。
[ 2016/12/02 12:32 ] [ 編集 ]
ネットできるまえの教師はもっとひどかったとおもう。どうせクラス内でなにやってもバレないと、やりたいほうだいのクズ教師もいたね。
俺の小学校4ねんのたんにんは、先生のつくえに灰皿あってクラスで普通にたばこすってたよ。言うこともいやみっぽいことばっかだったし。
[ 2016/12/02 12:32 ] [ 編集 ]
世の中には色々な人間が居るが、総じて経験から勝手なことを言わせてもらうと”先生”と呼ばれる仕事についている人で、まだ感心した人に会ったことが無い気がする。学校の先生、政治家のセンセイ、医者の先生、その他諸々の事を教えるのを職業としている人。何故かこの”先生”という人に共通して感じるのは、サディスト傾向。懐の浅い、イライラしやすいのも共通性として感じる。そういう傾向の人が選ぶのが”先生”と呼ばれる職業なのか、その職業に就いているとそうなるのか、そこのところは分からないけど。そこの先生、怒らない、怒らない、あなたのことを別に指していませんから。
[ 2016/12/02 12:33 ] [ 編集 ]
諸悪の根源
偏差値教育、教育制度

文科省を信じてはいけない。
[ 2016/12/02 12:44 ] [ 編集 ]
学校の先生、政治家、医者

学校の先生は職業病で上から目線になりがちですね。
政治家はもともと精神疾患があるのか
政治家になると精神疾患にかかってしまうのか。難解ですね。
ひとつ言えることは政治家は第一に事務所経営者です。国会議員だと地元の事務所経営と東京の事務所経営をしっかりしなければなりません。これが結構大変なんですよ。
[ 2016/12/02 13:06 ] [ 編集 ]
子供同士なら仕方ない・・・と書こうとしたら担任の先生が言ったのか・・??
[ 2016/12/02 13:18 ] [ 編集 ]
福島へのいじめ、嫌がらせは氷山の一角
[ 2016/12/02 14:24 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/02 12:44 ] 名無し

君は何も信じられるモノがないんだね、かわいそうに(笑)
[ 2016/12/02 15:07 ] [ 編集 ]
国会議員が「死ね」って言ったら賞をもらえる国だからね
子供は菌っていわれるぐらい我慢しろ、って民進党からのメッセージだよ
[ 2016/12/02 15:19 ] [ 編集 ]
↑12:44さんではないけど、今時お上を素直に信じてるのもおめでたすぎない?いまは北斗の拳みたいな時代に片足で、知識プラス動物的嗅覚も大事だと思うよ
[ 2016/12/02 15:19 ] [ 編集 ]
この先生はくずですね。
傷付いた生徒のことなどどうでもよいらしくなんでも民進党に絡めて書くひと同様。
与党でもない弱り目野党をそこまでディスるのは何故?
やはり与党の支持率は嘘なの?
[ 2016/12/02 15:26 ] [ 編集 ]
 いじめた生徒はともかく、教師は実名を出せ 許せん
この国は加害者の人権擁護が過ぎる 弱い立場の生徒を菌呼ばわりするような教師はライセンスを剥奪すべきだろ
[ 2016/12/02 15:26 ] [ 編集 ]
先生は馬鹿しかいない。
[ 2016/12/02 15:57 ] [ 編集 ]
一部のバカな教師のおかげで全体がそう見られる上に、ネトウヨや嫌公務員厨など心の貧相な輩をのさばらせることになる。

世の中病んでるなぁ。まあ、一番病んでるのが国のトップなんだけど。
[ 2016/12/02 16:16 ] [ 編集 ]
12:32さんのいう通り
子供は世間をよく見てる
大人の背中をよく見てる

それでも強く生きていかないといけない
東日本大震災は起こってしまったんだから、これを乗り越えるためについてるであろう政府の嘘や方便を真に受けず、このおかしい世の中を上手く生きないといけない
[ 2016/12/02 16:20 ] [ 編集 ]
また、被災者虐めか。
潜在的には数え切れんやろな。

関係者捜して狩ったろ。
同じ目に合したるわ。
[ 2016/12/02 16:36 ] [ 編集 ]
ベクレてるガキが悪い
ベクレてる奴は福島から出てくるな
[ 2016/12/02 18:14 ] [ 編集 ]
↑↑ はい削除
[ 2016/12/02 18:20 ] [ 編集 ]
こういう教師 および児童は学校から
逆に追い出してやればいい。
おまえ達が、いじめ菌だろうが!!
[ 2016/12/02 19:04 ] [ 編集 ]
新潟県は震度7も経験しているし、原発事故も起きている。
福島は他人ごとではないはずなのに、何を学んできたんだ、馬鹿教師。
[ 2016/12/02 19:45 ] [ 編集 ]
不毛だな
東電社員の子供をいじめる方がよっぽど圧力になるというのに
[ 2016/12/02 20:19 ] [ 編集 ]
人間は自分が言われた事がないとわからないのだよ。
[ 2016/12/02 21:22 ] [ 編集 ]
日本自体がブラックなイジメ国家と成り果ててしまった。
[ 2016/12/02 21:29 ] [ 編集 ]
この教師が本当に反省してるなら、フクシマの一番被曝濃度が高い
学校に転勤させればいいんじゃないかな?


絶対に嫌がるだろうけど
[ 2016/12/03 00:00 ] [ 編集 ]
原因を作ったやからは懐ぽかぽかで誰も責任とらず、被害にあった人々はこの先おびえて暮らすことになる。たいした国だね
[ 2016/12/03 00:06 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム