情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.04 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(14)

【歴史的】戦艦武蔵の「幻の設計図」が発見される!NHKに公開、200枚以上の設計図 


s_ice_screenshot_20161204-200403.jpeg

世界最大の戦艦だった「武蔵」の貴重な設計図が発見されました。その数は約200枚で、武蔵を建造した三菱重工業長崎造船所に残されていたと報じられています。この設計図はNHKに公開され、本日放送の「NHKスペシャル(12月4日)」で取り上げる予定です。

戦前の戦艦武蔵は最高機密扱いになっていたことから、設計図を含めて製造のノウハウも大部分が失われていました。現代の技術を使っても再現は困難と言われているほどで、それだけに今回の設計図発見は歴史的な価値があります。


戦艦「武蔵」 200枚に上る「幻の設計図」NHKに公開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161204/k10010794821000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

太平洋戦争中フィリピン沖で撃沈された旧日本海軍の戦艦「武蔵」の建造に使われた200枚に上る設計図が今も残されていることがわかり、初めてNHKに公開されました。専門家は「歴史の一部を確定する上で貴重な資料だ」と話しています。



戦艦武蔵
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%94%B5_(%E6%88%A6%E8%89%A6)


s_ice_screenshot_20161204-200421.jpeg
s_ice_screenshot_20161204-200438.jpeg
s_ice_screenshot_20161204-200648.jpeg
武蔵(むさし)は、第二次世界大戦中に建造された大日本帝国海軍の大和型戦艦の二番艦である。当時は武藏と表記された[2]。この名を持つ大日本帝国海軍の艦船としては3隻目にあたる。また、武蔵は大日本帝国海軍が建造した最後の戦艦でもあった。

排水量 基準:65,000トン(完成時)
満載:72,809トン(完成時)
全長 263.0m
全幅 38.9m
吃水 10.4m

機関 ロ号艦本缶12基
艦本式タービン4基4軸
150,000馬力
速力 27.46ノット(公試成績)
航続距離 16ノットで7,200浬
乗員 約3,300名

兵装 新造時:
46cm(45口径)砲3連装3基9門
15.5cm(60口径)砲3連装4基12門
12.7cm(40口径)連装高角砲6基12門
25mm3連装機銃12基36門
13mm連装機銃2基4門
最終時:
46cm(45口径)砲3連装3基9門
15.5cm(60口径)砲3連装2基6門
12.7cm(40口径)連装高角砲6基12門
25mm3連装機銃35基105門
25mm単装機銃25基25門
13mm連装機銃2基4門
12cm28連装噴進砲2基56門
装甲 舷側 410mm、甲板 200mm、主砲防盾 600mm











関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
大和・武蔵に特徴のバルバス・バウ(先端の尖り)の形状が極秘で実際にどれぐらい突き出ていたが分かんなくて絵や模型ごとに違うそうですが、設計図が出てくればはっきりしますね。
[ 2016/12/05 00:07 ] [ 編集 ]
(;^Д^)キメェぞ管理人
ドウデモいい
[ 2016/12/05 03:58 ] [ 編集 ]
こんなバカな物を作らなくて済むような世界を実現するにはどうすればよいか
[ 2016/12/05 07:45 ] [ 編集 ]
⬆管理人さんにまでイチャモン間抜けなコメ書いてる暇があったら、艦と共に眠る犠牲者の冥福でも祈れよ―間抜けな最古パス君―
[ 2016/12/05 07:46 ] [ 編集 ]
確かに最後は無用の長物と化してしまったが、当時の技術、資材、時間など膨大なコストをつぎ込んで造った艦船だ。
貴重な歴史的資料が残っていたことは素直に良いニュースではないか。
長崎原爆は免れていたんだな。
[ 2016/12/05 18:52 ] [ 編集 ]
所詮は人殺しの道具。
教訓とする以外、一切の価値を認めてはいけない。
[ 2016/12/05 19:35 ] [ 編集 ]
そこまで頑張ったというのはすごいとは思いますが、
巨大な戦艦が戦力として有意義かどうか、という判断が抜けていたと思います。

当時、米国の海軍、空軍の力を把握していた日本の上層部もいました。
繰り返し進言しましたが、その意見はことごとく無視されました。結果、敗戦。

当時の戦略性のなさ、データにもとづいて合理的に判断を調整する力が
当時の日本の上層部に欠けていた、そのことを明らかにしているのが武蔵、
とも言えます。
[ 2016/12/05 19:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> そこまで頑張ったというのはすごいとは思いますが、
> 巨大な戦艦が戦力として有意義かどうか、という判断が抜けていたと思います。
>
> 当時、米国の海軍、空軍の力を把握していた日本の上層部もいました。
> 繰り返し進言しましたが、その意見はことごとく無視されました。結果、敗戦。
>
> 当時の戦略性のなさ、データにもとづいて合理的に判断を調整する力が
> 当時の日本の上層部に欠けていた、そのことを明らかにしているのが武蔵、
> とも言えます。


前提条件として日本はロシアに勝ったというのがデカイんですよ。
太平洋戦争の時よりも日露戦争の方が戦力比で日本は遥かに劣っていました。
アメリカは数十倍でしたが、日露戦争時は100倍とも言われているほどです。
ロシアに勝てたから、10倍程度のアメリカも行けるだろうと思っていた部分もあります。
[ 2016/12/05 20:05 ] [ 編集 ]
19:35さんに同意。
いくら当時の最新の技術であれ、格好がよかろうが人を殺す道具にすぎない。いまだに人殺しの道具を作ることが技術の進歩につながってしまうとは、人間はなにも進歩してないね。
[ 2016/12/05 20:13 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/05 19:50 ]
 日本軍は航空機を重視してましたよ。だから大和型3番艦信濃は戦艦から空母に設計変更になっています。
 世界の海軍の中ではイギリスと並び空母をいち早く建造しています。真珠湾攻撃も航空機によるもの。
 日本は大和、武蔵で戦艦の建造を打ち切りましたが、米軍は建造を続けてました。戦艦ミズーリはなんと湾岸戦争にも参加してましたし。
 旧日本軍の非効率性やミスを擁護する気はありませんが、世間一般でいう「日本は時代遅れの戦艦に固執したから戦争に負けた」というのは誤解でしょう。
[ 2016/12/05 22:19 ] [ 編集 ]
戦前は鍋、やかん、お寺の鐘まで供出され、鉄を使う軍事装備にした。

8月15日の朝まで降伏に反対した本営員が居た。「映画・日本で一番長い日」。
戦地にも行かない連中が。。歴史の残して置くべき書類を焼き尽くした。

子供の模型作りじゃーあるまいに、設計図があろうが、戦艦を見ていい想いはない。
[ 2016/12/06 03:08 ] [ 編集 ]
続)竹やりの軍事教練、学徒勤労動員の閣議決定。学徒出陣。特攻出撃。

>専門家は「歴史の一部を確定する上で貴重な資料だ」と話しています。
バカを言うな!
[ 2016/12/06 03:24 ] [ 編集 ]
なんだか勘違いしている人がいるようだが。戦争に関わるものをむやみに否定しても何の教訓も残さない。
当時の軍部や政府への評価と、命令されて任務を果たした技術者との評価は別にすべきだ。
武蔵の設計図が見つかったからと言って、今時、再建しようという酔狂な人はおるまい。
べつにミリオタ的趣味から貴重だと言っているのではなく、資料をつぶさに見ていけば、歴史にうずもれた事実が判明するかもしれないからだ。
それは技術的なことかもしれないし、造船にまつわる人々の思惑かもしれない。
そういった小さな事実の積み重ねが、当時の日本の問題をより浮き彫りにするかもしれない。
[ 2016/12/08 23:58 ] [ 編集 ]
2016/12/08 23:58さんに賛成
同感です
[ 2016/12/24 23:01 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム