情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.06 08:00|カテゴリ:政治経済コメント(11)

トランプ次期大統領が中国を猛批判!南シナ海問題に初言及!「中国は基地建設の許可を得てない」


s_ice_screenshot_20161205-204401.jpeg


ドナルド・トランプ次期大統領が中国の南シナ海問題について初めて具体的な言及をしました。12月4日にドナルド・トランプ氏は自身のツイッター上に「南シナ海のど真ん中に巨大軍事施設を建設することに関して、われわれに了承を求めただろうか? そうは思わない!」と投稿し、中国の軍事基地建設を批判。

合わせて中国の経済政策についても、自国通貨切り下げや米国製品に対する関税に問題があると指摘しています。ドナルド・トランプ氏は大統領選挙の時も中国を猛批判しており、「チャイナ」と発言した数をカウントする支持者も出現していました。


トランプ氏、為替操作や南シナ海めぐり中国を痛烈批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000008-jij_afp-int

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は4日夜、中国についてツイッター(Twitter)に連続投稿し、為替操作を行ったり、南シナ海(South China Sea)で軍事力を示威したりしていると痛烈に批判した。







以下、ネットの反応























関連記事


ブログパーツ
中国とロシアがトランプの台頭を喜んでいるって、
言っていたのはどこの誰だっけ?
あいかわらず、いい加減なメディア、政冶評論家。
[ 2016/12/06 08:31 ] [ 編集 ]
中国を擁護する気はないが、強いアメリカが覇権主義に基づくなら困ったオッサンだ。
[ 2016/12/06 09:45 ] [ 編集 ]
>「南シナ海のど真ん中に巨大軍事施設を建設することに関して、われわれに了承を求めただろうか? そうは思わない!」

そりゃ中国はアメリカの許可が要るなんて思ってないですがな
[ 2016/12/06 09:48 ] [ 編集 ]
中国を繁栄させたのはアメリカ人、それがそもそも間違いだった、中国共産党は昔のままにしておくべきでしたね
[ 2016/12/06 10:38 ] [ 編集 ]
アメリカは衰退の一歩を踏み出したと見てます。
中国とロシアを敵に回して覇権を維持出来るほど今のアメリカは強くないと見てます。(今の所まだ中国だけですが、)

アメリカファーストと言うけれど、いままでもどんだけ世界にワガママを通してきたか。

TPPの梯子を外し、もっとアメリカにとって有利な条件で個別に条約を結ぼうとしているようだが、本格的なアメリカ離れが起こり得るのではないかな?

その時怖いのはアメリカが武力を行使する事。
それしか選択肢が残っていない場合、トランプならやりかねないという恐怖がある。
[ 2016/12/06 10:53 ] [ 編集 ]
 トランプ自信は中国と本気で争そおうとは考えていない まして戦争などトランプを大統領として承認したキッシンジャーやブレジンスキーも望んでいない
ビジネスパートナーとしてメリットがあれば大いに利用するだけ 
 日本は米国のパートナーではなくカネを収奪するだけの奴隷だから、米国から見れば日本は中国よりも格下 日本にとっての悪夢は米中ががっちり手を組んだ瞬間だ その時はミッドウェーかハワイまで米軍が引くかもしれない そうなれば日本は軍備膨張する中国に飲み込まれるかもしれない だから米中が揉めている間は日本にとっては安堵する期間になる
 またロシアとは早期に平和条約を締結すべきだろう 歯舞群島・色丹島のみを返してもらい、国後・択捉は諦めるしかない その代わり、条約締結とセットで、ロシアのLNG・石油の売買について50年契約を結ぶべきだ シベリア鉄道の北海道乗り入れも実現する 日本の高速鉄道をモスクワまで引く契約も締結すべきだ
[ 2016/12/06 11:38 ] [ 編集 ]
中国政府、トランプ氏の批判ツイートに沈黙
http://www.afpbb.com/articles/-/3110274
[ 2016/12/06 11:54 ] [ 編集 ]
トライアングルの図なんだけど

習近平とプーチンが握手。プーチンとトランプが握手。
で、習近平とトランプは殴り合い。
米中関係はいままでなかったほど緊張するとそのしわ寄せは日本と韓国に。
日韓は軍事的なストレスに置かれるがその裏では
習近平とトランプが がっちりと握手。
わかりやすい構図になる。
[ 2016/12/06 13:59 ] [ 編集 ]
 米政権の次期閣僚の顔ぶれを見れば、何も変わっていないことが明白。今さら何を米国に期待するというのか。
 日本はこれからもいままで同様 カネの無心をされ続ける。国民資産である年金や積立保険金、銀行預金を毟り取られ続ける。

 自公に投票したり、TPPが国益になる と妄信したり、そんな愚民ばかりの国家がこれからどうやって生き残っていくというのか。

 今はもうリーマン・ショック2.0が いつ発生するのか しか興味がなくなった。際限なく世界中が紙幣を刷り散らかし、デリバティブ取引総額が5京円とか6京円とか 言われている現在の世界。 もはや一旦リセットするしかないところまで来てしまった。リセット=金融大崩壊。
 ソフトランディングなど幻想。08年の金融危機がただのリハーサルだったことに世界が気付くのに もうそんなに時間は必要ない。
 
 実に恐ろしいことだ。イタリアの銀行危機は近日発生するだろう。ECB、IMF、ユーロ各国の中央銀行が禁じ手を使って救済するだろう。だからそれがリーマン2.0にはならない。

 そうやってまたシステムの欠陥を誤魔化して、問題の先送りをするだけ。でもそれは将来さらに大きな危機を誘発するための”種まき”でしかない

 恐ろしいことだ。 2018年秋にはそれが勃発するのではないか
[ 2016/12/06 14:10 ] [ 編集 ]
トランプ氏の狙いは、通貨完全変動相場制を中国に求めることでしょう。

中国側もそのことは分かっている話でしょう。


今後、米国はあらゆる手段を使っていくことでしょう。


日本側は中国の元(げん)完全変動相場制に移行してもらいたいと望んでいるでしょう。
[ 2016/12/06 17:09 ] [ 編集 ]
イヤイヤ、これは、タダのリップサービスだろ。
まだ、トランプはアメリカ大統領になってないよ。
12月19日に大統領就任選挙があるだろ。

11月8日に行われた大統領選挙では、共和党のドナルド・トランプ氏が当選し、同日行われた連邦議会選挙でも共和党が上下両院を制した。
12月19日に大統領選の各州の選挙人による投票が実施され、2017年1月6日の上下両院合同会議で開票、トランプ氏が正式に第45代大統領に選出される。

だから、トランプは今も過激なこと言うのは当たり前。
日本の馬鹿メディアは、いちいちトランプ発言を取り上げて大げさにしてるだけ。
本当に取り上げなきゃいけないのは、就任したあと。

あと、このチャイナ発言は、南シナ基地問題より、中国の輸入のことを遠巻きで言ってるように見えるのだが。
こっから、外交交渉で南シナ基地か?中国製品の関税か?を交渉のテーブルに持っていくことが出来る。
トランプは、ビジネスマンで世界の警察を辞めると言ってる人物だぞ。
なんで、日本のメディアは、こうもズレたことを平気で言っているんだ? アホしかいないのか?

世界報道ランキング73位=政権放送でウソばかり=「マスゴミ」・・・・これが正解だ。
[ 2016/12/07 01:44 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク