情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.11 12:56|カテゴリ:ニュースコメント(7)

ノーベル賞授賞式にボブ・ディラン現れず!代理のパティ・スミスが「はげしい雨が降る」を熱唱!


s_ice_screenshot_20161211-125053.jpeg

12月11日にノーベル賞の授賞式が行われましたが、最後まで歌手のボブ・ディラン氏が姿を見せることはありませんでした。事前に「先約がある」と通告していたとは言え、実際にノーベル賞の授賞式に出てこないのはかなり珍しいです。

名代として歌手のパティ・スミスが授賞式に登場し、「はげしい雨が降る」を熱唱しました。ボブ・ディラン氏に渡されるノーベル賞も公開され、ボブ・ディラン氏が不在ながらも式典はかなり盛り上がっています。
*緊張したスミス氏がやり直す場面も


2016 Nobel Prize Award Ceremony
https://www.youtube.com/watch?v=TvZmrygK3F0

s_ice_screenshot_20161211-124844.jpeg
s_ice_screenshot_20161211-124906.jpeg
s_ice_screenshot_20161211-124909.jpeg
s_ice_screenshot_20161211-124918.jpeg
s_ice_screenshot_20161211-124939.jpeg
s_ice_screenshot_20161211-125005.jpeg
s_ice_screenshot_20161211-125046.jpeg




















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
安倍昭恵も大絶賛の大阪・塚本幼稚園、遂にロイター電で世界デビュー
『「国家に危急あらば、勇気をもって身を投げ出すべし」 

戦前日本の価値観を今の園児に叩き込む日本のツカモト幼稚園』

http://twitter.com/gaitifujiyama/status/807238332987998208
[ 2016/12/11 13:24 ] [ 編集 ]
コレって、懐柔したのか反目したのか、その答えは風に吹かれている。
[ 2016/12/11 13:33 ] [ 編集 ]
ノーベル賞とは格が違うが、国民栄誉賞とか、安倍の人気取りにホイホイでてく方々も、ディランくらい突っ張ってみろよな。
私は、国民をコケにするバカ首相の人気取りには協力いたしませんってね。
[ 2016/12/11 17:44 ] [ 編集 ]
パティスミスの人間味がすばらしい。
[ 2016/12/11 22:34 ] [ 編集 ]
本日の、ありがたい説法
  まず、誰かが、誰かに、賞をやるという行為そのものが、ナンセンス。

  これは、

  『 賞をやる側に、決定権があり、
    世間で、賞賛されるようになるには、
    俺達に、気に入られることが先決だ 』

  これは、『 威張りん坊 』のための儀式に過ぎない。w

  同じことをしていても、あるいは、同じ人に対して、

 『 俺らが、気に入ることをするならば、褒めてやるが、
   もし、俺らが、気に入らないことをするなら、
   それが、正しければ正しいほど、非難してやろう。 』

 といっているのと、同じなのである。

 こういうことには、一定以上に、精神が覚醒した人間は、
 決して、かかわらない、巻き込まれないようにするものだ。

(ボブディランが、そうだとは言わないが)

 賞なるものを作り出し、偉そうに、審査なるものを作り出し、
 審査するに値する人間などという、傲慢極まる虚像を作り出し、
 しかも、他者に、賞をやるなどいう行為は、
 実は、単に、賞を、やる側の立場の人間としての傲慢さを、
 満足させてやる、愚劣な行為に過ぎないのである。

  そもそもだよ、お前らが、道端で、ずっこけて、頭打って、
  倒れているときに、ボブディランに、助けてもらったことあるか?
  ねーよな。w

  『賞賛すべき人』を、選出する行為とは、
   その一方で、
  『賞賛すべきでない人』を選出する行為と等しい。
  『賞賛すべきでない人』のことを、何も知らないのに、である。
   実に、ナンセンスというか、ある意味、野蛮で、卑劣な行為なのである。

   しかし、世の中には、
  『 誰に、賞賛されるわけではないけれども、
    誰かが、歩くであろう、歩道を、毎朝、掃除している人もいる 』

    のである。

  『 人に賞賛されるならやるし、されないなら、やらない 』
   という人間は、そもそも、本物ではない。


  そこには、『道を綺麗にしたい』という、一次的目的ではなく、
  『 道を綺麗にしているように見せかけて、
    それを、さも、恩きせがましく、他者に、自分に感謝しろと迫り、
    ひれ伏して、感謝し、自分より、身を低くして、
    平身低頭しないならば、そいつは、悪い奴だと言ってやろう。』
  といった、2次的目的
、それも、
  本筋から、かけはなれた、自己重要感を他人に、執拗にせまりたいという、
  欲求から、そのような行為に及んでいるだけなのである。

  たとえば、私事だが、
  今にも、死にそうな人を、何人も、救ったことがある。
  これが、自衛隊の救助なら、目に見える。

  「あ~、あんなことして、すごいね。」となる。

  しかし、昨今の日本および、世界は、
  心が病んでいる人々が、ほとんどなのである。
  多くは、自覚症状もない、重症患者だらけだ。
 
  それが、社会の構成員なのである。
 
  その場合、精神的に人を助けることは、神業であり、
  真に、それが出来る人は、少ない。
  
  が、もし、誰かが、それをやったところで、
  それは、目に見ることが出来ないのである。
  
  そういう人は、それを、おおげさに、吹聴することもない。

  『 そういう真に感謝すべき人材は、決して、
    表彰されることはないのである。』


 ところが、神だけは、見て、知っているのである。

 これが、人間界の『 表彰の顛末 』である。

 したがって、

 『 人に表彰されるような人間になろうとするな。
   神に、拾い上げられる人間になれ。 』
 
 これが、今日の説法である。




 
[ 2016/12/12 04:18 ] [ 編集 ]
パティスミス
ボブディランもボブディランだけれど、代わりに出て来て歌って途中で分らなくなるなんて???
それもクソ面白く無い歌で、、、、
スエーデンを舞台にみんなでお芝居ごっこ。
[ 2016/12/12 06:44 ] [ 編集 ]
なにが ありがたい説法 だよ。長いだけでクソつまらん。
[ 2016/12/12 07:18 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム