情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.12 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(17)

【正論】大島堅一教授「原発は高い。賠償も入れると一キロワットで13.1円。火力より上」


s_ice_screenshot_20161211-225715.jpeg
*原発

立命館大学国際関係学部の大島堅一教授が賠償費用や建設費用に使った税金などを含めた原発費用を計算し、「原発は高い」という結論を出しました。

大島教授によると、経済産業省が新たに発表した福島原発事故の対策費用21.5兆円などを考慮した場合、原発の発電費用は一キロワットあたり13.1円になるとのことです。
これは政府や電力会社の試算である火力発電所の費用よりも遥かに高い値で、一キロワットあたり2円ほどの割高となります。

一方で、政府は21.5兆円に増加した廃炉費用を入れても、原発の価格は安いと強調していました。ただ、政府の「原発が安い」という試算は安全運転が前提条件となっており、福島原発事故のような事故対策費用は含まれていません。

大島教授は「政府試算の建設費の前提を、英国で新設されるヒンクリーポイント原発の建設費に置き換えただけでも、発電費用は一七・四円に跳ね上がる」と指摘し、政府の試算結果に疑問を投げ掛けています。

このように政府の試算は理想論に基づく希望的な数値であると言え、実際の事故費用を入れると原発は非常に高い電力となるのです。政府は最悪を想定した費用を算出する必要があり、それをするまで「原発は安い」なんて言うべきではないと感じられます。


↓世耕大臣は安いと強調
s_ice_screenshot_20161211-225453.jpeg

事故処理費増え「原発は高い」 立命館大教授・大島堅一氏に聞く
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201612/CK2016121102000125.html?ref=rank

 
原発の発電費用を研究してきた立命館大学国際関係学部の大島堅一教授が、原発で一キロワット時(エアコン一時間分)の電力量をつくるために必要な費用を、実際にかかってきた費用を基に「一三・一円」と試算した。政府が九日にまとめた福島第一原発の処理費用二一・五兆円を反映した。本紙のインタビューで、政府の「最大でも一〇・四円で、さまざまな発電方法の中で最も安い」とする試算を「架空の前提に基づくため実態を反映していない」と否定した。
s_PK2016121102100048_size0.jpg












関連記事
情報速報ドットコムのツイキャスもよろしくお願いします! http://twitcasting.tv/kennkou1/show/
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
勇気ある発言
現場からの声は貴重だ

国民は騙されつづけてきた

再稼働を待つ50数機の原発村人に物申す

原発はいらない!!原発に殺される
[ 2016/12/12 06:22 ] [ 編集 ]
都合が悪い記事はひたすら無視する原発ちゃんであったm9(^Д^)プギャー
[ 2016/12/12 07:25 ] [ 編集 ]
 平成22年の頃から、系が負担すべき割高な揚水発電のコストを原発にかぶせれば、原発のコストが高いと主張している教授ですね。

「コスト等検証委員会」による原子力発電のコスト試算の概要と評価
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwi-9LjkmO3QAhVDyrwKHdnpBaYQFggwMAM&url=http%3A%2F%2Feneken.ieej.or.jp%2Fdata%2F4192.pdf&usg=AFQjCNHJw1cRdoQyz9lAMJpRfEGSbNhACw&sig2=fKTe5DQDrIxN3-OVUwY0lg
>従来原子力の「隠れたコスト」と言われてきたものとして立地単価・開発単価・揚水発電コストなどがあるが、このうち揚水については今回は積まれていない。これは、揚水発電は必ずしも原子力発電のためだけにあるものではないこと、再生可能エネルギーの大量導入に伴い必要となる系統対策コストも積まれていないことなどから、妥当な判断だと言うことができる。
[ 2016/12/12 07:40 ] [ 編集 ]
自民党の河野太郎クンも東電破綻処理、株主・貸し手責任の完遂が前提と言っている
http://www.taro.org/2016/12/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%AB%87%E8%A9%B1.php
「原発は安い」というコスト計算に意味はない
 福島第一原発事故により多額の賠償・廃炉費用が発生するという経験をした後でも「原発は安い」と主張されている。「原発は安い」と言うのであれば、通常炉・事故炉を問わず賠償・廃炉費用は利益(過去利益を含む)から捻出すべきである。託送料金上乗せを求めるならば、「原発は安くなく、電力会社が負担に耐えられない」ことを認めなければ筋が通らない

8月に特命担当大臣を外れ正気を取り戻したか
[ 2016/12/12 07:56 ] [ 編集 ]
廃炉の仕方もこれから研究。いくらかかる?
使用済み燃料の処理法もわからない。六ヶ所村で何兆円使った?
稼働しなくても、燃料棒を冷やすだけで電気を使う。
凍土壁の電気代は、「実験」の名目で、盗電が出さないで、国が税金から出している。
放射能の健康被害については隠蔽と無視。診断、治療の費用。
体調不良による労働力の低下。
死亡による経済的損失。
地震のたびに原発のことを心配しなければならない精神的負担。
こういったものを含めれば、原発の電気は天文学的な金額になるだろう。



[ 2016/12/12 08:43 ] [ 編集 ]
 原発の電気が安いわけない。設置費用、設備保守、使用済み燃料の処理。さらに原発事故が発生すれば福一をご覧のよう。汚染水で太平洋の海洋汚染広がり、世界中から漁業補償を請求されるかも。パンドラの箱を開けてしまった罰が下る。
[ 2016/12/12 08:59 ] [ 編集 ]
わざわざ危険で高い原発を推進するのですから売国自民党信者は許せませんね
[ 2016/12/12 09:21 ] [ 編集 ]
核のごみは、一般ごみではない。拡散を拒否しろ
韓国の放射線量は、福島事故後の日本の60倍らしい。

サムソンが、爆発事故を起こし、
理由も調べず、交換した品が、また、爆発を起こすという、
ずさんぶりでもわかるように、韓国の技術力は、日本より下である。

最初は、ソニーの日本人技術者を、ヘッドハンティングしていたので、
部品は、ほとんど、日本製に近かったため、
初期のものは、性能を維持していただけだった。

これは、松下幸之助も言ってたことだが、
韓国企業は、もうこれで、日本製品の作り方はわかったと、
うぬぼれた段階で、その技術者を、クビにするような真似をしやすい傾向にある。

そういう体質の韓国で、
原発や、放射能対策など、できるわけがなく、
報道されないままに、事故を起こしては、そこらへんに、
放射性物質を、一般ごみとして、捨てていたらしいことが、
他のブログなどでも、拡散されている。

そうなると、アホ集団に弱い、地方の日本人などが、
これらの日本人の皮をかぶった、アホどもに、
日本の行政などの上を押さえられると、あとは、びくびく、従うだけで、
一人として、毅然と、行政の問題行動に、異議を唱えられる人間がいないため、
原発問題も、ずさんな対応を、ホイホイ、受け入れてしまう可能性があり、
すでに、砂地の上に、平気で、原発を建てるなどの、
異常行動を、「 はいっ! 」と、敬礼しながら、
せっせと、やってきたわけですな。

コストという面から議論するより、もはや、原発は、一種の兵器として、
日本各地に、埋め込まれたものであると、まだ、認められないのかね?

あの過剰な原発埋め込みは、後に、『 兵器 』として、
日本を脅すための、仕組みに過ぎなかったものである。

電力が余っているのに、「電力不足だから、電気をストップするぞ。」
と、脅すのは、一般国民向けに、
「 原発反対の風潮に、クギをさすため 」に言っているだけである。

もっと、問題なのは、
原発を日本に押し付けてきたのは、日本人ではなく、
外部の勢力であり、これが、下っ端に過ぎない日本の行政に対し、
今度は、何かにかこつけて、
「 言うことを聞かないなら、あれを、ふっ飛ばすぞ。」
と、やってるわけだ。

それで、2017年度の、経済誌『 エコノミー 』の表紙には、
原発が、爆発する、もしくは、
世界のどこかで、核爆発を起こす、というということをにおわす絵が、
表紙になっている。

それが、日本でなければいいのだが。

日本は、愚民だらけなので、隣の県で、原発が爆発しても、
うちの県は、大丈夫、なぜなら、隣であって、違うから、
などという、幼稚園性以下の知性の人達が、ほとんどなので、
しかも、その行政のトップが、
放射性物質を、一般ごみとして、捨てていた国から来たような連中だった場合、
なおさら、問題に、歯止めをかける人間がいないという状況となっている。

福島から、汚いトラックを全国に、かけずりまわらせて、
南から北まで、放射性物質を運び込み、
放射能と無関係な地域で、わざわざ、放射性物質を排出するために、
福島産のがれきを燃やしたり、埋めたりするなどは、
もってのほかで、狂気の沙汰である。

各自治体ごとに、住民は、放射能ごみの搬入を、断固拒否すべきである。

もし、その住民の意向を無視する知事は、
日本人の健康について、なおざりにする人間であり、
とっとと、リコールすべきである。


[ 2016/12/12 09:35 ] [ 編集 ]
電力会社に天下りする経産官僚
献金をもらう議員
彼らによって推進される原発。
ほんの一部の人間のために国民全体がひどいめに遭う。
これが原発の本質だ。

地震大国日本で、原発を支持するやつは国の滅びに荷担しているよな。
[ 2016/12/12 09:40 ] [ 編集 ]
この期に及んで原発がいいと平気でのたまう世耕とか、国民に多大な迷惑を掛けている当事者意識が全く無い。
[ 2016/12/12 09:45 ] [ 編集 ]
フクイチ原発の廃炉や補償費用が当初の見積もり11兆円からたった5年での再見積もりで22兆円に倍増。
しかも廃炉の工程見通しは立たず今後もどんどん膨らんでいきその支払いは国民負担。
なのにいまだに原発のコストは安いと発言する連中に誰か算数を教えてあげてください。
[ 2016/12/12 10:49 ] [ 編集 ]
日本の原発コストが欧米に比べ安いのは原発が古いから。
原発は新しいものほど加速度的に建設費が高くなり、欧米の新型炉では1兆円越え。

親分のアメリカではもう原発は商業的には成り立たない。
米国でほぼ同程度の規模の原発の建設費を比べると、1970年代初めは1億7000万ドル、約10年後の1983年になると10倍の17億ドルに。そしてその約5年後には更に3倍の50億ドル。
第3世代+の新型炉になると100億ドルになる。
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO60890030Q3A011C1EA1000/

英国で3.2ギガワット(GW)の原子炉を建設するコストの推定値は2008年に40億ポンドだったが、フラマンビルとオルキルオトの経験から、今では70億ポンド。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0305I_T00C12A8000000/?df=2

原発はエネルギー源とシテ正当化できない(GEいメルトCEO)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=14436

ついでに原発輸出の危険性。
米電力会社、三菱重工に9300億円賠償請求。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HRJ_Y5A720C1TJC000/

日経など経済誌を読んでいる人は原発が高い事は承知しているはずだが、原発推進派のの人は経済には関心が無いのだろうと思う。
[ 2016/12/12 11:37 ] [ 編集 ]
>平成22年の頃から、系が負担すべき割高な揚水発電のコストを原発にかぶせれば、原発のコストが高いと主張している教授ですね。

大島教授は揚水発電抜きでも原発は高いとデータ込みで初めから出してる。
揚水発電入れるともっと高いという話でしかない。

おかしな歪曲デマはやめろ。
 
[ 2016/12/12 16:11 ] [ 編集 ]
託送料に次々に上乗せしてきりがない。最終処分場もないので結局は高くつく。ウランを永久に使う夢のサイクルなんて無理なのは判りきっているのに。そして全ての原発を廃炉にする費用も考えてなく、国民負担にしてしまえとする経産省の馬鹿さ加減。債務不履行の足音が近付いてきましたね。ゲリ三はどうするの?逃げるね。
[ 2016/12/12 16:33 ] [ 編集 ]
ぜーんぶ正しく計算してみればこんなもんじゃすまないでしょ
未来の負債は計算できないってか?
[ 2016/12/12 21:16 ] [ 編集 ]
いや、安いということになってる。
安い、と断言できる。
だって、そういうことになってるから。
どういう手を使っても、「安くしてみせる」

1000年に一度、未曾有の大地震。
もう、起こりません。
[ 2016/12/13 00:54 ] [ 編集 ]
数千年に一度の南海トラフ超巨大地震が発生するでしょう。
原発に影響があるのは浜岡原発でしょう。津波よりも恐いのは静岡の直下 地震だ
[ 2016/12/13 16:05 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム