情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.18 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

オスプレイ墜落事故、米軍が記者締め出し!記者と兵士が言い合いになる場面も!警察も米軍に反発


s_ice_screenshot_20161218-122743.jpeg

オスプレイの墜落事故について、アメリカ軍が墜落現場の規制をしています。沖縄の地元紙によると、墜落現場付近はアメリカ軍が海を含めて封鎖し、海上保安庁も本来の仕事が出来ない状態になっているとのことです。

日米が取り決めた「ガイドライン」の範囲内で取材活動をやろうとした記者もアメリカ軍に追い出され、日本の警察担当者が「規制範囲は日米が協議して決めるはずだ」と語気を強めて反論する場面もあったと報じられています。

警備を担当していたアメリカ軍兵士らがガイドラインの存在を把握していなかった可能性もあるようで、アメリカ軍がかなり大雑把に対応していることを示していると言えるでしょう。
米軍は機体の破片を集めるために規制の拡大を主張しており、これに対して沖縄県側も反発を強めています。



「ノー!」米軍が記者締め出し 通そうとした警官と押し問答 オスプレイ現場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00076163-okinawat-oki

警察官が近づき、「プレス(記者だ)」と伝え、通行させようとしたが、米軍関係者は「ノー」との姿勢を崩さなかった。

 2004年の沖国大ヘリ墜落事故を受け、日米は米航空機事故直後の役割分担を「ガイドライン」としてまとめた。一般人の立ち入り制限では、事故現場に近いエリア「内周規制線」を日米が共同で規制し、その外側の「外周規制線」は日本側が規制を担う。

 「取り決め破り」とも取れる米軍関係者の行動に警察担当者は「規制範囲は日米が協議して決めるはずだ」と語気を強めて反論。米軍担当者は何度も携帯電話で指示を仰ぎ、2時間後にやっと通行を認めた。



以下、ネットの反応


















*管理人コメント
ガイドラインを守らなかったら、その人達をシッカリと裁くべきでは?罰則がない規則なんて、アメリカからすれば簡単に破れるわけで・・・。





関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
問題児の海兵隊ばかり居る基地を押しつけ日米地位協定を変える気もない
たまらず基地反対したら土人だゆすりたかりだ反日だと叩く
これがネトウヨの誇る日本人w
[ 2016/12/18 19:43 ] [ 編集 ]
安倍をはじめとした今の政権の多数派は侵略者であるヤマト民族の子孫。
まぁそんなヤマト民族の子孫の少数とは言えどもウチナンチューとも苦しみを共有しようとする人が居る事は素晴らしいな。
[ 2016/12/18 19:47 ] [ 編集 ]
ネトウヨはある意味NWOのパシリだからな。
当人達には自覚が全くないけどw

パヨクと闘う正義の味方っていう設定なんだろww
[ 2016/12/18 19:52 ] [ 編集 ]
日米ガイドラインさえ遵守しないようでは単なるならず者の集団。
仮に中国に占領されても大して変わらないだろ。
[ 2016/12/18 21:08 ] [ 編集 ]
こんな仕打ちに怒らない奴は、多分日本人じゃないよね。
[ 2016/12/18 21:12 ] [ 編集 ]
自分の頭で思考し行動のできる
警察官の存在を確認できて、少しだけほっとしています。
[ 2016/12/18 21:15 ] [ 編集 ]
あんたらが土人呼ばわりした人たちが
何から何を守ろうとしていたのか さすがにここで気づいてほしい
そして自分たちの命令を下していた奴らが
なにを目的にしていたのかを理解してほしい
で、自立した個人として
己の考えと向き合ってほしい
[ 2016/12/18 21:37 ] [ 編集 ]
パヨクプヨクと言っている場合ではない
[ 2016/12/19 02:06 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム