情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2013.12.31 12:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(2)

冷凍食品から基準の150万倍の農薬を検出!何者かが意図的に混入した可能性も!群馬県警が捜査へ!


20131231-092521nouyaku.jpg
食品大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の冷凍食品から、農薬「マラチオン」が基準の150万倍も検出されました。マルハニチロホールディングスの久代(くしろ)社長は記者会見で、「何者かが意図的に混入した可能性もある」と述べ、群馬県警に調査依頼をしたとのことです。
既に群馬県警は12月30日から動き出しており、業務妨害などの疑いで捜査を開始しています。また、先日に行われた県は立ち入り調査の結果、「通常の製造工程での汚染の可能性は低い」との調査結果が発表されました。

おそらくは、会社に敵意を持っている物や、一部の従業員による意図的な混入が行われたのでしょう。それにしても、震災以降、妙に食品と関係している事件や問題が多発しているように感じられます。集団食中毒、食品偽造問題、放射能問題などなど。これが偶然かは分かりませんが、添加物などを大量使用している今の食品業界が、このような事件を切欠にして良い方向へ変化することが出来れば良いのですが・・・。



☆冷凍食品から農薬成分検出 「製造工程で混入の可能性は低い」(13/12/30)


☆<マルハ農薬混入>異臭指摘で判明 基準の150万倍検出
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000029-mai-soci

引用:
「ご心配をおかけし、深くおわび申し上げます」。29日午後5時から始まった緊急会見の冒頭で、マルハニチロホールディングスの久代(くしろ)敏男社長は深々と頭を下げて謝罪した。

 会見には問題の商品を作ったアクリフーズの田辺裕社長らも出席。原因について問われると、久代社長らは厳しい表情で「調査中」と繰り返した。「全ての可能性を否定できない」として意図的混入もあり得ると認めたうえで、群馬県警に相談していることを明らかにした。

 一方で「(農薬が)そのまま原料に移転するかどうかは品目によっても違う。まだ100%違うとは言えない」と述べ、原材料に農薬が残留していた可能性も含め、慎重に調査する考えを示した。

 今回の問題は、群馬工場のミックスピザを購入した消費者から「異臭がする」との指摘が11月13日に寄せられたことを契機に発覚、最大で基準値(0.01ppm)の150万倍に当たる1万5000ppmのマラチオンが検出された。公表まで1カ月半かかったことについて、田辺社長は「最大の反省点」と述べた。【町田結子】
:引用終了

☆意図的に農薬混入、捜査 工場、県が立ち入り 群馬県警
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131231/crm13123107540002-n1.htm

引用: 
2013.12.31 07:53
 食品大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題で、群馬県警は30日、何者かが意図的に混入した可能性もあるとして、業務妨害などの疑いで捜査を始めた。県は立ち入り調査の結果、通常の製造工程での汚染の可能性は低いとの認識を示した。

 アクリフーズによると、食品を製造した群馬工場(群馬県大泉町)ではマラチオンを使用していなかった。検出濃度が高く、原料に残留していたとは考えにくいことから、意図的に混入された可能性があるとみて、県警に相談していた。県警はすでに、工場関係者らから商品の製造過程や流通経路について説明を受けた。

 県は30日、工場の立ち入り調査を実施。その結果、通常の製造工程上で汚染された可能性は低いとする調査結果を公表した。その理由として、工場内で使用している薬剤リストにマラチオンが確認されなかったことや、今回検出されたマラチオンが高濃度で原材料に由来するものではないことなどを挙げた。

 意図的な混入については「可能性はある」と述べるにとどめた。
:引用終了

☆混入マラチオンは低い毒性 コロッケ60個で子供発症
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131230/crm13123021320017-n1.htm

引用:
立川涼・愛媛大名誉教授(環境化学)は「比較的安全な農薬といわれるが、神経毒があるので、大量に摂取したら身体のしびれやまひが出てくる。最悪の場合、死に至る可能性もあるが、今回の農薬の濃度では、大量に摂取する可能性は低い」と説明する。

 マラチオンは低毒性の有機リン系の殺虫剤で、イネや野菜、花など害虫駆除に幅広く使用されている。見た目は黄色っぽい色をしており、水にほとんど溶けない。酸やアルカリで加水分解されるほか、熱を加えることでも分解される。マルハニチロは毒性の発生レベルを「子供(体重20キロ)でもコロッケ(22グラム)を一度に60個食べないと発症しない」としている。
:引用終了

食品偽装の歴史


【図解】病気にならない生き方


食品の裏側―みんな大好きな食品添加物


食べてはいけない添加物 食べてもいい添加物 (だいわ文庫)

関連記事



ブログパーツ
森まさこ、特定秘密法でバカ安倍晋三をフォローしてばかりいないで、本来の仕事をしろ。国民が食品で毒死するのを容認か?それとも自分の子供だけには特定秘密で毒なしか?あるいは、国会議員でなくせんせいの歌手の間違いなのか?ふざけるな
[ 2014/01/10 19:37 ] [ 編集 ]
アルゼンチン裁判所 モンサントの工場建設を差し止め
 

アルゼンチンでは昨年10月、モンサントが販売する農薬が

先天異常や発癌率の上昇などの健康問題と関連していること

を示す新たな報告が出ている。

アルゼンチンには遺伝子組み換え作物が溢れている。

これに関連した農薬が居住地近くで使用されることが多く、

水が汚染され、健康問題を引き起こしていると言う。

http://satehate.exblog.jp/21459763/

農業情報研究所 2014年1月12日

http://www.juno.dti.ne.jp/tkitaba/gmo/news/14011201.html


マラチオンはなぜ混入したか アクリフーズへの罠


なぜ工場内に農薬がばら撒かれたのか?

もし、アクリフーズやマルハニチロ

ホールディングスを手に入れたいと願っている者

がいれば、その動機は明らかであろう。

近く西武グループが株式を再上場することが

決定したそうだ。西武ライオンズの売却を強硬に

要求して経営陣と烈しく対立していたハゲ鷹ファンドの

サーベラスグループも、4月の消費税増税で株価が低迷する前に

上場したいという意向で同意したそうだ。

西武が株式問題で上場廃止になったあと、なぜかハゲ鷹がやってきて、

二束三文の株式を買い集めて35%もの大株主となり、

大々的なリストラを進め、株価が再び大上昇するところで

売り抜けて大儲けするという、典型的な欧米資本の謀略的企業買収劇である。

(マルハニチロを手に入れれば、そこに放射能を帯びた食品や、

TPPによってアメリカから大量に日本に輸出される予定の毒入り食品

「遺伝子組み換え作物」や「ダウナー症候群」に侵された

アメリカ牛肉の原料化が大々的に進められるであろう)

http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11416142.html

アクリフーズ、02年に雪印乳業グループの「雪印冷凍食品」から社名変更

http://gendai.net/articles/view/newsx/147094

>なぜ消費者・食品安全担当大臣の森まさこが動かないのか
理由がここにあると感じました。まさにマッチポンプなのでしょう。

[ 2014/01/13 17:29 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク