情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.24 23:00|カテゴリ:ニュースコメント(30)

南スーダンへの武器禁輸案、日本がアメリカを無視して異例の反対!決議採択されず!「制裁は逆効果だ」


s_ice_screenshot_20161224-210915.jpeg
*国連安保理


自衛隊がPKO(平和維持活動)で派遣されているアフリカの南スーダンですが、23日に採決が行われた南スーダンへの武器禁輸案に日本が反対しました。

この武器禁輸案はアメリカなどの国々が南スーダンの内戦を抑えるために提案した物で、武器が出回って虐殺が起きないようにする狙いがあります。これに対して日本やロシア、中国などが反対を表明し、安全保障理事会で半数以上が棄権となったことから可決されませんでした。

日本政府は「制裁によって南スーダン政府がPKOに非協力的になれば、治安が悪化して自衛隊が駆けつけ警護を行う事態が増えるおそれもある」と述べ、アメリカの意向を無視して異例の反対を表明。アメリカの反対を無視する形で棄権を決断することになります。

ネット上では日本政府の対応を批判する声が多く、「武器輸出に賛成するか!」というような意見が見られました。


s_ice_screenshot_20161224-205744.jpeg
s_ice_screenshot_20161224-205753.jpeg
s_ice_screenshot_20161224-205800.jpeg
s_ice_screenshot_20161224-205814.jpeg
s_ice_screenshot_20161224-205817.jpeg

国連安保理 南スーダン制裁決議採択されず 日本は棄権
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161223/k10010818331000.html


s_ice_screenshot_20161224-205917.jpeg
s_ice_screenshot_20161224-210020.jpeg
民族間の対立が続く南スーダンに武器禁輸などの制裁を科す国連安全保障理事会の決議案が採決にかけられ、7か国が賛成したものの、残る8か国は棄権し、採択されませんでした。現地の国連のPKO=平和維持活動に自衛隊を派遣している日本は、「和平に向けた取り組みを後押しするべきで、制裁は逆効果だ」として、棄権に回りました。





以下、ネットの反応

























関連過去記事


【賛否】核兵器禁止条約の交渉開始案、日本を含める核保有国が反対!外務省「日本の立場に合致せず」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-14772.html
関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
すまん・・・これちょっと理解できないよ(´・_・`) どうしてこういう対応になるの?

※武器禁輸となるとPKO活動や「駆けつけ警護」ができなくなるから??
[ 2016/12/24 23:04 ] [ 編集 ]
米国連大使 南スーダンへの制裁で日本の対応批判
NHKニュース12/20 10:49
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161220/ k10010813191000.html ...

アメリカのパワー国連大使は、

各地で衝突が続いている南スーダンに武器禁輸などの制裁を科す決議案の草案に日本が慎重な姿勢を示していることについて、

国連のPKO部隊を保護する手段を支持しないのは疑問だとして、

日本の対応を批判しました。
(転載以上)

武器輸出は、人命より大切
by4の商人
[ 2016/12/24 23:09 ] [ 編集 ]
安倍晋三はアメリカの犬ではないですよ。

米軍や、その大元の戦争屋の犬なのですよ。
[ 2016/12/24 23:13 ] [ 編集 ]
米国の国連大使が猛批判―安倍政権のせいで南スーダン大虐殺の危機、自衛隊PKO派遣の本末転倒
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20161221-00065702/


安倍政権の、国連の南スーダンへの武器禁輸制裁案難色を示すという本末転倒ぶりが、内外の反発を招いている。
[ 2016/12/24 23:20 ] [ 編集 ]
今年7月に南スーダンのジュバで大規模戦闘が勃発した時の自衛隊の状況を知りたくて、当時の業務日誌を情報公開請求したら、すでに廃棄したから不存在だって…。まだ半年も経っていないのに。これ、公文書の扱い方あんまりだよ。検証できないじゃん。危ない状況下だったんたね。
[ 2016/12/24 23:28 ] [ 編集 ]
これ、まじでアメリカとの関係冷え込まない?
次のトランプさんを見据えてのことかもしれんけど。。。

むしろ将来的には駆けつけ警護の必要性を減らすことにも見えて良さそうなんだが。。。
[ 2016/12/24 23:29 ] [ 編集 ]
安倍政権、武器輸出ビジネスを推進!軍需産業を国家戦略に
ビジネスジャーナル2015.09.19
http://biz-journal.jp/i/2015/09/post_11637_entry.html

 かつて、武器輸出で外貨を稼ぐ国や企業は「死の商人」と呼ばれ、忌み嫌われた。まさに今、日本は死の商人になろうとしている。

また、集団的自衛権の行使容認や防衛装備庁の設置など、国の安全保障の観点から重要な事柄を、国会審議を経ずに閣議決定という方法で進めてしまう安倍政権のやり方には疑問を感じる。
[ 2016/12/24 23:32 ] [ 編集 ]
そのアメリカは、南スーダンにPKO派遣してないんだよねぇ。
派遣してるのは、東南アジアとアフリカ諸国に、イギリスだけ。
アメリカが何を考えてるのか、よくわからん。
[ 2016/12/24 23:33 ] [ 編集 ]
髭の隊長みたいなことを政府はするのだな。
つくづく自衛隊員に優しくない政権ですね。    また志願者が減ったらどうするつもりでしょう?

陸自もだけど海自もやばいんじゃないのか?
[ 2016/12/24 23:35 ] [ 編集 ]
要するに安倍政権というのは世界各地の紛争地帯に日本製の武器を大量に売って儲ける
という”成長戦略”を目指しているということだろう。
各大学へ軍事研究費を18倍に増やしたことなど、そう考えないと辻褄が合わない。
安倍政権の目論見では日本は武器を売る死の商人、そしてカジノで儲ける国になるのだろう。
死の商人になっても世界から批判されにくいように世界中にバラマキをしまくる安倍晋三。
安倍政権の批判をされないように大手マスコミの重役を食事に誘い新聞への消費税増税免除
で釣るのとまったく同じやりかただ。
日本が死の商人化しても国民がブーブー言わないように国民を縛る法整備も着々と進んでいる。
それと同時に異次元の金融緩和とGPIFで株価つり上げと円安で支持率を維持する。
核ミサイルもいずれ作ろうと思っているのだろう。ロケット研究も盛んだし、原発もやめない。
戦争経験のある世代で安倍政権を危険視する人々は少なくない。
その危険視は恐らく間違っていない。




[ 2016/12/24 23:37 ] [ 編集 ]
だってロシアも中国も判定ですもん(´・ω・`)

アレ?
[ 2016/12/24 23:37 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/24 23:04 ] コンスコン少将さん
 私にもちょっと理解しかねます。南スーダンは乾季(11月から3月)の間に本格的な衝突が予想されるから、そのタイミングで武器禁輸をするという話なのですが。
 あるいは南スーダンの政府側が優勢とみて、恩を売っておこうとしたのでしょうか?
 スーダンからの独立の際、ソ連やエチオピアからの支援を受けていましたので、今でもロシア製兵器が多いかと思ったのですが。そう単純な話でもないようで。

http://blog.livedoor.jp/ippikiwakazou/archives/52278165.html
>国連の専門家チームは、安全保障理事会に提出した報告書の中で、ブルガリアとイスラエルからの兵器が南スーダンの武装勢力に供給され、同国の内戦を助長している指摘したと、10月21日付のPress TVは報じた。
[ 2016/12/24 23:45 ] [ 編集 ]
↑  某撃ち込まれた弾○を展示してお目玉食らった処は、その辺の見たことにかん口令が出されていたんですよ。
[ 2016/12/24 23:51 ] [ 編集 ]
安倍は南スーダン政府に武器を売るつもりじゃなかろうな?
[ 2016/12/25 00:00 ] [ 編集 ]
>南スーダンにはイスラエルの武器
なるほど、武器禁輸でイスラエルは苦しくなる。
となると、イスラエルと仲がいいトランプ氏への
オバマさんの嫌がらせでは?(笑)

別記事にもあるように、米はイスラエル非難決議に
反対ではなく、棄権したようですから。
[ 2016/12/25 00:10 ] [ 編集 ]
内戦がさらに激化して自衛隊員が死んだり人を殺したりする方がいいと思ってるとしか思えない決定。
[ 2016/12/25 00:14 ] [ 編集 ]
米国の国連大使が猛批判

安倍政権のせいで南スーダン大虐殺の危機、自衛隊PKO派遣の本末転倒(志葉玲)
Yahoo!ニュース


http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20161221-00065702/


米国のサマンサ・パワー国連大使が「(南スーダンに)多くの武器が流れ込むことが、人々の安全につながるのでしょうか?」と、日本の姿勢を強く批判するなど、国際問題化している。
[ 2016/12/25 01:06 ] [ 編集 ]
彼の判断能力に期待するだけ無駄だと思います。
[ 2016/12/25 02:48 ] [ 編集 ]
南スーダンの戦争責任を日本が取らされる勢いです。言っとくけど、安倍は一切困らないよ?だって税金だもーん。
[ 2016/12/25 04:14 ] [ 編集 ]
「日本は変質した、と世界中に認識された瞬間かも」というツイートがありましたが、これがことの重大さをついていると思います。すでに日本の平和国家としての看板は世界から偽りありと見られつつあります。特に途上国に行ってみればわかるのですが、欧米ではない先進国でずっと戦争にかかわらなかった国としての評価がありましたが、それが失われれつつあります。これはテロのターゲットになることにつながってもいます。テレビで日本スゴイ番組が多いのはそれを隠すためではないかと勘繰ってしまいます。
[ 2016/12/25 07:09 ] [ 編集 ]
輸出に反対じゃなくて禁輸に反対、しかもアメリカに逆らってだと・・・?
ホントに頭おかしいんじゃないの
[ 2016/12/25 07:11 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/24 23:13 ] が事の本質でしょうね。
これを日本の反動勢力だけが自主的にやっていると捉えると
わけがわからなくなる。
誰のためかわからないTPP強行採決といい
米国の悪い面(戦争屋)を米国以上に体言する国になってきた。
[ 2016/12/25 07:29 ] [ 編集 ]
大きな世界戦略の上で動いている訳ではないから、こういう事が起こる。日本はもう、自分の身の上だけ、儲けだけ、我が身大事のみで動き出したら誰にも理解されない、国民さえもう分からないという、どういう国だか分からない状態に入りつつある。それぞれの問題に一貫性を欠き、その時その時の及び腰次第でどっちでも転ぶという、胡散臭い不愉快な国になって誰が得をするのか。利権と戦争拡大で儲けようという国と企業の悪しき強欲ムラだけが、一切の合理性も歴史も良識もかなぐり捨てて突っ走り出した。これが、日本国民の望んだ姿なのか?誰にもリスペクトされない、しかし金儲けと世渡りだけは出来る、という国か。イスラエルとは歩調を合わせているな、もう理解不能が極まった瞬間がここに来て積み重なっている事に、ビクともしないとすれば大した肝の据わった国民だ。どこへ行くのだ、この国は。
[ 2016/12/25 07:31 ] [ 編集 ]
日本政府は自衛隊員の死者を出したくない様です。 今は!。
南スーダン政府が禁輸で武器を手に入れらくなると武力の均衡が崩れて戦闘が拡大するのを恐れて
反対したのでしょう。禁輸案を出した米国の狙いをはっきり示すことになりました。
アメリカは世界のあちこちで紛争を引き起こしてます。リビアやシリアを見てれば判るでしょう。
南スーダンが安定しては困るのでしょう。
[ 2016/12/25 09:54 ] [ 編集 ]
あへ政権がネオコン戦争屋の傀儡であることが
明確に示唆されたね。
[ 2016/12/25 10:08 ] [ 編集 ]
トランプの犬になる準備、としか理由考えられん。
[ 2016/12/25 11:01 ] [ 編集 ]
「安倍政権は狂った政権」・・・その一言で全て説明できる。
一日でも早く安倍政権を倒さねば日本人は取り返しのつかないところまで連れて行かれるだろう。
[ 2016/12/25 12:53 ] [ 編集 ]
まるでシオニスト達の仲間入りしたと勘違いしているような安倍晋三政権は必ず罸が当たるだろう!
[ 2016/12/25 13:55 ] [ 編集 ]
これで何かあったら絶対日本のせいにされる
安倍も今回はやっちまったな・・・
[ 2016/12/25 20:53 ] [ 編集 ]
ここはひとつ、常任理事国入りのために米国の傀儡でないということをアフリカ諸国に見せなくては。ということ?
[ 2016/12/26 11:29 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク