情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.25 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(27)

ドナルド・トランプ次期大統領、核戦力の強化を主張!ロシアに対抗!トランプ「軍拡競争起こればいい」


s_ice_screenshot_20161224-224044.jpeg
*トランプ

ドナルド・トランプ次期大統領が核兵器の拡大と軍拡競争の容認をするかのような発言をしました。
トランプ氏は自身のツイッター上で「世界が核に関して分別をわきまえるまで、米国は核戦力を大幅に強化し、拡大しなければならない」と発言し、核兵器の増大を容認するとしています。
これはロシアが核兵器を増やす方向に動いたことから、それに対抗してトランプ氏もアメリカの軍事力強化を主張したという内容です。

続けてトランプ氏はメディアのインタビューでも、「軍拡競争が起こるなら起こればいい。われわれはあらゆる面で勝り、最後まで生き残る」などと軍拡競争を肯定しています。
トランプ政権の重要メンバーは大部分が軍事関係者となっていることから、大なり小なり軍事力を増強する方向に動く可能性が極めて高いです。
世界情勢が不安定になっているだけに、トランプ氏の軍拡路線は気になると言えるでしょう。


軍拡競争起こればいい、米国は勝つ─トランプ氏
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6610.php

トランプ次期米大統領は核戦力を増強すべきとの発言について説明を求められ、「軍拡競争が起こるなら起こればいい」、米国は勝つと述べた。MSNBCが23日、報じた。



ツイッターで「核戦力を強化」 ロシアに対抗
http://mainichi.jp/articles/20161223/k00/00e/030/157000c

【ワシントン会川晴之、モスクワ杉尾直哉】トランプ次期米大統領は22日、「核戦力を大幅に強化する」と述べた。ロシアのプーチン大統領がモスクワでの国防省高官との協議で、核戦力の強化を打ち出した直後にツイッターに投稿したもので、ロシアに対抗心を示した形だ。世界の核兵器の9割を保有する米露両国が核軍拡に走れば、中国など他の核兵器保有国を刺激するのは確実だ。



以下、ネットの反応


























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
そして中国包囲網。
[ 2016/12/25 12:04 ] [ 編集 ]
こないだ安倍が行った時に話したことってこれだったのかな。
[ 2016/12/25 12:05 ] [ 編集 ]
就任前の発言だし、軽々には判断しないのが賢明だな。暗殺されずにとりあえずは就任式までたどり着きたい訳で、軍産複合体相手の迷彩ともとれる。
[ 2016/12/25 12:09 ] [ 編集 ]
ネ、、、ネトサポじじいに、、、や、やられたっ!
ダイーング•メッセージ 「ネトサ、、、、ポ」
[ 2016/12/25 12:13 ] [ 編集 ]
こいつに投票して後悔したというアメリカ国民がどんどん増えるんじゃないかな。
[ 2016/12/25 12:24 ] [ 編集 ]
軍拡競争を望んでるやつを、ロシアのプーチン側がわざわざ、
不正にハッキングしてまで選ぶか、考えてモノを言え!だね。

「米、CIA,ハッキングはロシアのせい。」だってなに考えているのか
矛盾するではないか。トランプは世界の笑いもの。
[ 2016/12/25 12:35 ] [ 編集 ]
次期政権の国務長官にプーチンと親交のある親ロ派ティラーソン氏起用のようだけどね。
[ 2016/12/25 12:40 ] [ 編集 ]
 冷戦以降、米露の核戦力は減る方向だったのですけどね。主にロシアが予算不足とウクライナを失って液体燃料ロケットの基盤を持っていかれたことによりますけど。それで老朽化し減少するICBMの数を維持できなくなっていました。
 それがプーチンが頑張ってテコ入れし、RS-24ヤルス(トーポリMの改良)を年産15~18基(2015年には24基)量産し減少に歯止めをかけているのが現状。ここのブログでも紹介されたRS-28 Sarmat(サタン2)などもあったり。
 米国のほうは、ロシアがこの状況というのとイラク・アフガンの戦費で苦しかったのか特に核戦力を増やすようなことはせず、(旧式化したものは更新するも)維持の方向だったはず。

 トランプ氏が本気で核戦力を増やすなら、方向性が変わりますね。
 というのと、新STARTや核は使いづらいと研究中だったはずの汎地球打撃兵器(HTV-2等)はどうなったのでしょう?
[ 2016/12/25 12:51 ] [ 編集 ]
米国は国の根幹に軍需産業が存在する馬鹿げた国だからな
経済人であるトランプからすれば、人殺しになろうが儲かればいいだけなんだろう
日本がこの馬鹿げた言動に従わなければいいのだが……
[ 2016/12/25 13:01 ] [ 編集 ]
誰だよ。
ヒラリーが大統領になったら、第三次世界大戦が起きる
とかデマ流してたの!

トランプの方が、ヤバいだろ!!
[ 2016/12/25 13:07 ] [ 編集 ]
ヒラリー、トランプ、どちらが大統領になっても結果は同じ。シナリオは決まってるからね。役者のオーディションをしただけ。市民が分断するようにね。
[ 2016/12/25 13:21 ] [ 編集 ]
ケネディとフルシチョフみたいな平和へのプロレスであれば、いくらでもやってください。
[ 2016/12/25 13:37 ] [ 編集 ]
恐怖のトランプ軍事政権は基本的には
北朝鮮と同じ。
恫喝はするが
大きな戦争は
絶対にしない。

米国第一主義と北朝鮮第一主義。
[ 2016/12/25 13:47 ] [ 編集 ]
ロシアの脅威を煽る米国のリベラルこそ
中国の脅威を煽る日本のネトウヨに対応するものだと思うが。
[ 2016/12/25 13:56 ] [ 編集 ]
果たしてトランプはFRBにメスをいれて国民の為に政府発行紙幣をやれるかな?
[ 2016/12/25 14:59 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/25 13:47 ] 名無し

基本的には、大義名分を得た後方支援か、代理戦争しかしないと思います。
トランプがというより現代のアメリカではその様に思います。
[ 2016/12/25 15:09 ] [ 編集 ]
中国包囲網とかアホやろwww
今や日中露対西側だぞwww
[ 2016/12/25 17:00 ] [ 編集 ]
ヒラリーが大統領になれば確実に戦争だったのだが、トランプも怪しいな
こいつ完全に支持者を裏切っている
国内経済を優先するなら軍拡はありえない
軍事的緊張は経済に寄与しない
[ 2016/12/25 19:18 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/25 19:18 ]
>こいつ完全に支持者を裏切っている

トランプ氏は当選前の選挙活動中から大幅軍拡を口にしていましたよ。
核戦力はともかく通常戦力については。
[ 2016/12/25 19:38 ] [ 編集 ]
コピペだ。


トランプ氏、F35に代えFA18調達を示唆 ロッキードけん制
米空軍の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」=米空軍
2016.12.23 Fri posted at 17:35 JST
シアトル(CNNMoney) ドナルド・トランプ次期米大統領は22日、短文投稿サイトのツイッターで、米国防総省が導入を進めている最新鋭戦闘機F35に代えて、より安価な戦闘攻撃機FA18「スーパーホーネット」の改良版を調達する可能性があると示唆した。
トランプ氏はこの中で、「ロッキード・マーチン社のF35の膨大なコストやコスト超過を踏まえ、同機に比肩するF18スーパーホーネットの見積もりを行うようボーイング社に要請した」と述べた。
F35は米防衛機器大手ロッキード・マーチン社が製造。一方、スーパーホーネットは同社のライバルである航空宇宙大手ボーイング社が製造している。
トランプ氏は今回のツイートに先立ち、政府の調達に直接関与する方針を相次いで示していた。今月6日には大幅なコスト超過の懸念から、大統領専用機「エアフォースワン」に使用するジェット機2機の建造をめぐるボーイング社との契約をキャンセルしたいと発言。また前日には、ボーイングとロッキード・マーチン両社の最高経営責任者(CEO)と会談していた。
F35は国防総省による単一の調達プログラムとしては過去最大。調達にかかる費用は全体で4000億ドル(約47兆円)に上ると推定されている…
[ 2016/12/25 20:13 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/25 20:13 ]
 ああ、それ23日のニュースですよね。F/A-18を調達するぞというトランプ氏の脅しに対し、メーカーは大幅値下げの返答をしたと日本では24日に報道されていますよ。よってF-35の中止はないでしょう。大統領専用機の方は中止でも不思議はないですけどね。私から見てもコスト高すぎ。

F35のコスト「大幅削減」=ロッキード、トランプ氏圧力で
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122400107&g=int
 【ワシントン時事】米航空機大手ロッキード・マーチンのヒューソン最高経営責任者(CEO)は23日、トランプ次期大統領に対し、最新鋭ステルス戦闘機F35のコストを「大幅に削減する」と確約した。同社が発表した。トランプ氏はツイッターなどでF35の値下げを再三迫っており、これに屈した形だ。
[ 2016/12/25 20:34 ] [ 編集 ]
分別をわきまえない大統領を選んでしまった、日本は距離をおくのが賢明
「世界が核に関して分別をわきまえるまで」とトランプが言うなんてブラックユーモアそのものだ。米英は成熟した民主主義国と言われてきたが、かつてヒトラーを生みだしたドイツの民主主義を笑えなくなった。日本の民主主義も気を引き締めないと大変なことになる。第一次大戦後、世界は二度と大戦争を起こさないように努力した。国際連盟をつくり、不戦条約を結んだ。それでも第二次大戦を防げなかった。大戦争を防ぐとということは、本当に慎重な政治判断が求められることなのだ。1962年のキューバ危機の際には米ソ核戦争の危機があったが、きわどい綱渡りで核戦争を回避した。最後はソ連のフルシチョフがキューバからのミサイル撤去に応じて核戦争を免れた。核大国の指導者が強硬一辺倒の者ばかりになってしまったら、キューバ危機のときのような核戦争回避ができるのか。さしあたり、米国第一主義のトランプとは、日本は距離をおくのが賢明だ。米国を守るために北朝鮮攻撃をトランプが決意し、在日米軍基地から北朝鮮攻撃に向かえば、北朝鮮の報復攻撃が日本に向けられてしまう。米国本土を守るために日本を犠牲にしかねない。トランプにそんなことをさせてはならない。日本政府は国民を守るためにトランプに対して気骨ある対応すべきだ。
[ 2016/12/25 20:45 ] [ 編集 ]
20時34分「自民がんばれ」氏の指摘どおりなら北朝鮮のような手法
大統領個人の恣意的判断で一企業の経営に介入するなら公正な市場経済とはいえず、北朝鮮の指導者が個々の政策に介入して指導する統制国家の手法だ。その結果、北朝鮮の経済はめちゃくちゃになった。先日、メキシコへの工場移転を予定していた会社のトップにトランプが談判してメキシコへの移転予定を撤回させた。ところがその会社は、代わりに次期副大統領が知事をしている州の税制優遇を受けることが決まった。大統領の介入とコネで企業経営が左右され見返りを得るというのでは、とうてい自由で公正な資本主義経済とはいえない。企業が不当な利益を得ているなら、法律に基づいて公正な行政手続で正すべきであって、大統領個人の恣意的判断でおこなってはならないことだ。トランプには大統領たる資格はない。
[ 2016/12/25 21:02 ] [ 編集 ]
アメリカ国民の皆様残念でした、バニーサンダースが選ばれなかった時点でこうなることを予想していたはず。アメリカは小さな政府といいつつも3億人から集まった莫大な税金は軍産複合に使われてしまいます(笑)
4年後は騙されないようにね♪
[ 2016/12/25 22:08 ] [ 編集 ]
南シナ海の島々の問題は今台湾に居る国民党が大陸に居た時に起こしたんじゃなかったか?!
尖閣問題も元々は台湾政府がアメリカの鉱物探索会社に調査を頼んだ事が原因だったはず(・・・・・・と言ってもアメリカが台湾政府をそそのかしたのかもしれないけど)。
[ 2016/12/25 22:15 ] [ 編集 ]
力が均衡してないと、秩序は維持出来ないので、取り敢えず言ってみた。みたいな。弱みを見せちゃいけないって。トランプって発言が派手だからびっくりする。
[ 2016/12/25 23:04 ] [ 編集 ]
核爆弾が抑止力だなどと言う発想は、全くバカげた発想であるが、トランプなりの逆説的説得手法であることを願いたいところだ。

だが、日本は核戦争が無くても後2年もすると核物質で住めなくなるような、恐ろしい状況らしい。


https://www.youtube.com/watch?v=0qtpaV8rjrM


【衝撃】日本に住めるのはあと2年?この事実、忘れていませんか? #武田邦彦
[ 2016/12/26 00:09 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム