情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.28 11:51|カテゴリ:政治経済コメント(43)

安倍晋三首相とオバマ大統領が真珠湾で演説!安倍氏「世界は和解の力を必要としている」オバマ氏「オタガイノ、タメニ」


s_ice_screenshot_20161228-114847.jpeg

12月28日にハワイ真珠湾で安倍晋三首相とオバマ大統領が演説を行いました。安倍晋三首相は「寛容の心、和解の力を、世界はいま、いまこそ、必要としています」と述べ、パールハーバーの悲劇を和解の力にして欲しいと強調。
真珠湾攻撃による犠牲者に対して哀悼の意を捧げると同時に、「努力を私たちはこれからも、惜しみなく続けていく。オバマ大統領とともに、ここに、固く、誓います」と安倍首相は締め括りました。

これに対してアメリカのオバマ大統領も日本語で「お互いのために」と語りかけ、日本とアメリカが戦争の悲劇を乗り越えて協力するべきだと話しています。両首脳ともに真珠湾攻撃から始まった太平洋戦争の悲劇を再び起こさないために、日米が一緒になって協力するべきだと主張していました。



安倍首相所感「和解の力」全文
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161228/k10010822371000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

私が、ここパールハーバーで、オバマ大統領とともに、世界の人々に対して訴えたいもの。
それは、この、和解の力です。
戦争の惨禍は、いまだに世界から消えない。
憎悪が憎悪を招く連鎖は、なくなろうとしない。
寛容の心、和解の力を、世界はいま、いまこそ、必要としています。
憎悪を消し去り、共通の価値のもと、友情と、信頼を育てた日米は、いま、いまこそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。
日本と米国の同盟は、だからこそ「希望の同盟」なのです。



「オタガイノ、タメニ」 オバマ氏、演説で日本語
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161228-00000018-asahi-int

 オバマ米大統領は27日、米ハワイの真珠湾で安倍晋三首相に続いて演説し、「戦争は終わらせることができる。安倍首相が今日この場にいることは、最も激しい敵が最強の同盟国になれるということを示している」と語り、和解の力を訴えた。





















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
「東京裁判を米国の不当裁判と非難し、それを否定することが戦後レジームからの脱却だと言い張っていたのは、どこのどいつだ。」
http://天木直人.com/2016/12/28/post-5826/

安倍首相は対米従属という戦後レジームを全面的に認めたわけですね。
[ 2016/12/28 11:57 ] [ 編集 ]
戦争の悲劇を繰り返さない為に、防衛費を増強し、世界各国の核兵器保有を容認し、日米軍事同盟をより強化し、軍事産品の輸出の道を進め、南スーダンの武器禁輸決議に反対し、中国との対立姿勢を強め、憲法改正で9条、13条、25条を無力化する。
安倍さんらしいが凡人には分からん話。
[ 2016/12/28 12:09 ] [ 編集 ]
あと1ヶ月もしないで辞めるオバマが何を言ってもねぇ…
オバマの評判は悪いよ~
[ 2016/12/28 12:16 ] [ 編集 ]
あくまで、政策面での話でしょ?下々の庶民にどんな影響が出るかは別の話だよ。
[ 2016/12/28 12:20 ] [ 編集 ]
安倍は日本の侵略戦争を認めたということですね
これはネトウヨがよく言う反日左翼ですね
[ 2016/12/28 12:21 ] [ 編集 ]
[ 2016/12/28 12:21 ]
今更の如く言わなくても、安倍さんが岸の思想を引き継いだ(保守系右翼の顔をした)反日共産主義者(国家社会主義者)だなんて、ネトウヨ以外はみんな知ってる。天皇陛下を利用するがぞんざいに扱う点も民族右翼の皇道派ではなく海軍や統制派の流れを汲んでいる。
原発反対反対さんとかは「国家のために働け」とか、安部さんやご自身の社会主義思想を理解していらっしゃる点だけは評価。
[ 2016/12/28 12:27 ] [ 編集 ]
どっちも「言う事とやる事が逆」という点では似た者同士
[ 2016/12/28 12:39 ] [ 編集 ]
それでも、米国を支配してきた者たちに気は許せない。
[ 2016/12/28 12:44 ] [ 編集 ]
パールハーバーの悲劇を和解の力にして欲しい?
どこの世界で、加害者が被害者に行ったことを「悲劇」と呼んだりするの?
人殺した奴が被害者の家族に向かって、「このような悲劇を繰り返してはならない。」とか、「和解の力にして欲しい」とか、狂ってるよな。
[ 2016/12/28 13:02 ] [ 編集 ]
田崎にはお不動様が睨みつけている。
[ 2016/12/28 13:06 ] [ 編集 ]
素晴らしいね
日本もアメリカも愛国者がお国のために血を流し散って行ったと思うと感動で涙が出そうだ…
安倍さんも日本の代表という立場に縛られていなければ涙を流していたことだろう
安部さんの表情からも深い哀悼の念が伝わってくる
[ 2016/12/28 00:17 ] 原発反対に反対

無知って怖い
一体日本がどの立場で戦争したのかまるで理解していない
[ 2016/12/28 13:32 ] [ 編集 ]
慰霊して欲しがってる国は他にもある様だけどな
[ 2016/12/28 13:43 ] [ 編集 ]
>無知って怖い
一体日本がどの立場で戦争したのかまるで理解していない
12/28 13:32

めんどくさいのはわかるのですが、それだけだとただ他人のコメントをクサすだけの荒らしさんと下手したら同じになってしまいます。

理解してないと思ったら、日本の立場は~ですよと簡単にでも書きませんか。
原発さん個人をクサしても国民になんのメリットもない。原発さんのコメントの間違いをこの大勢見ているコメント欄上で正すならメリットが出てくると思います。

めんどくさいけどね(>_<)
言葉使いを全員丁寧にしろとか言わないけど、荒らしと反論の違いはそこじゃないかな…
[ 2016/12/28 13:59 ] [ 編集 ]
『愛国者がお国の為に血を流し散っていったと思うと涙が出る』んですか?

狂ってる。

誰も好き好んで大喜びで戦地に駆り出された訳じゃないのに。
仕方なく行かされたんでしょーに。

戦争に反対すると、隣組の密告や特高の拷問があった。
著名な作家までもが拷問でなぶり殺された。

学校の思想教育や軍隊の暴力による締め付け、そうしたあらゆる恐怖政治が産み出した『同調圧力』が、人々を苦しい日常から現実逃避すべく、『思考停止』にさせ、『お国の為に血を流し、散っていく』、『誠の命を捧げる』ことは美しい事だという、権力側に都合のよい、従順なマシーンのような人間を大量生産したのではないか?

そのことは過去の歴史や軍人や政治家や敗北ジャーナリスト達の経験談を踏まえて学んだはずではなかったのか?

百田尚樹の世界に何の疑問を持たずに陶酔できる、現代の違った意味での過去を学ぼうとしない、学習しない、『新しいマシーン』が量産されていると思わずにはいられない。
[ 2016/12/28 14:07 ] [ 編集 ]
・・・首相としてあなたは憲法9条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも戦争ができるようにすることを推進してきました。
これがアジア太平洋戦争において日本から被害を受けた国々にどのような合図として写るか考えてみてください。


by ストーン、カズニック
[ 2016/12/28 14:11 ] [ 編集 ]
結局、日米の戦争屋に代わって花輪に頭を下げた。
だけど、紛争を引き起こす戦争屋が
このままオトナシクするのかね。
[ 2016/12/28 14:20 ] [ 編集 ]
安倍さんが後からハワイで日米同盟強化を宣言するのと、先にオバマが広島で核軍縮宣言するのとは、どっちにインパクトが有ったかははっきりしている(安倍さんは広島で同席したにも係わらず国連決議を棄権)。
プーチンとの領土外交の失策といい、ヒラリー&トランプ詣での失態といい、どうも安倍さんは外交が上手とは言えない、
[ 2016/12/28 14:31 ] [ 編集 ]
1359さん
何回も原発さんには意見してますよ
でも、議論にさえならない。
ネットで断片的に得た汚染された情報を、自分の中で整理できないもどかしさを暴言にのせて吐きまくる。反論でさえなく持論でもない。
ただただ安倍に心酔している自分の姿を見てほしいだけ。
だからスルーがベスト。
[ 2016/12/28 14:45 ] [ 編集 ]
日米戦争自体が、日本に最初の一発を撃たせるか?で散々挑発&大陸での傭兵空軍なんてのがあったんですが?
勝った方は、負けた方をトコトン悪として裁けるんですよね~
証拠?ハミルトン・フィッシュの本でも読め
[ 2016/12/28 15:13 ] [ 編集 ]
アベは喋らされる言葉を理解出来ていない・・
だから明などできっこないし、直ぐ後で反対のことを喋っても恥じることもできない・・・

黄色い国のサルには反省することさえない・・・、サルたちは何をしなければいけないのかなんて考えるチエもない・・
[ 2016/12/28 15:47 ] [ 編集 ]
パペット同士のしゃべったことに意味はない。
[ 2016/12/28 16:16 ] [ 編集 ]
赤旗読んでシコシコズリ仙人ってお里バレバレなのにいろんな所に徘徊してるな。ご苦労
[ 2016/12/28 16:32 ] [ 編集 ]
政治パフォーマンス

ニュースで見たけど、新潟県長岡市では、昨年真珠湾で慰霊の花火打ち上げてる。
安倍晋三はただの官僚の台本読みでしたね。

北方領土問題の挫折。
慰安婦の合意の嘘。
アベノミクスの失敗。
賭博法。
年金カット法への有権者への興味を薄れさせる為だったと報道されてる。







[ 2016/12/28 16:42 ] [ 編集 ]
「法の支配」「不戦の誓い」「寛容の心」「和解の力」「憎悪を消し去り」

こうも自分に欠けているものを恥ずかしげもなく並べ立てられる厚顔無恥よ
[ 2016/12/28 17:38 ] [ 編集 ]
広島を見てきた、オバマ大統領らしいスピーチ
この、安部と、オバマ大統領の、演説を、英語の原文で見た。
わたしは、むしろ、オバマ大統領のスピーチに、非常に、感銘を受けた。

この人は、アメリカ大統領としては、左巻き的な政策を取り、
不法難民の大量流入問題などで、次期大統領トランプからも、非難されている。
確かに、左巻きな人は、(極左は、極右と同類で、話にならんが。)
あっちにいけば、あっちに、いい顔をし、こっちにくれば、こっちにいい顔をする、という風見鶏的なところがあり、保守系の人からは、疑問視されやすい。

しかし、人は、なぜ、左巻きになるのか?を、保守系の人は、考えたことがない。
オバマさんは、黒人だ。そして、シカゴ出身だ。
一人の人間として、アメリカで生きてきた過去には、
自分と似たような境遇の人達が、保守と称する人達によって、
どれだけ、虐げられてきたかを、嫌でも、知らされる境遇だったことだろう。

つまり、アメリカの保守層の欺瞞も、嫌というほど、知っているのだ。
オバマさんは、アメリカの保守層に、
「俺は、知ってるんだぞ。おまえたちは、俺に、知らなかったとは、言えないよな。」と、言える大統領でもあったわけだ。
そういう意味で、強かったのである。

そして、オバマさんは、広島・長崎で、アメリカが、
非人道的な核兵器で、非戦闘員であった、一般市民を、
どれだけ、残忍に、しかも、パールハーバーなど、
問題にもならないほど、多くの人々を殺したか知っている。

その数、現在までで、なんと、【 70万人 】である!
(広島40万人長崎20万人)

一方、パールハーバーという映画もあったが、
日本のパイロットは、民間人を、一人も攻撃していない。
機内から、アメリカの民間人に向かって、「早く、家に戻れ!」と、言って促し、決して、攻撃などしなかった。
戦闘機のみを、目標にしていたことが伺える。
したがって、どんなに、詳細に数えても、
その攻撃で、亡くなった人は、数千人足らずである。
しかも、その全ては、戦闘員である。
単に、船舶が、やられたので、その結果、亡くなった人もいただろう。

アメリカが、日本に対して、やった、極悪非道なこととは、
比較にさえならないのである。

それに対し、アホ丸出しの安部は、
「おかあちゃんが、おこちゃまが、ひまごが」と、
まるで、日本が、民間人を攻撃でもしたかのような言いよう
で、
しかも、ずらずらと、アホ丸出しスピーチで、
かえって、同時通訳者の怒りを引き出すザマである。

しかし、オバマ大統領は、ダメダメ首相の安部が、
せいぜい、言うだろう幼稚な内容を、毅然と、フォローした
といえる。

「結局、神だなんだと言って、この下には、永遠に手放したくない大量兵器を、持ってるんだよな、おまえらだって。」

つまり、オバマさんは、暗に、今回、安部が来たからって、
アメリカ国民は、アメリカが、日本に対して、やったことについては、
「知るか!核攻撃は、当然!アメリカは、悪くない!オバマは、日本に謝るべきでない!」と、やっておいて、日本に対してだけ、これしきのことを、
後生大事にして、一方的に、被害者づらできると思うな!と、言ったも同然なのである。

これは、次期トランプへの、あてつけも、含まれているかもしれない。
あの大統領選での、<神への祈り集会>を、オバマは、
「ふざけるな!偽善者!」という気持ちで、見ていただろう。

それだけではない。オバマ大統領は、
「おまえら、アメリカ白人保守層は、日系アメリカ人に対してまで、
 嫌がらせをし、攻撃したんだったよな!(よくわかるぜ!俺の祖先も、やられたからな!)」
と、やったのである。

そして、後に、その日系2世が、アメリカに、理不尽にも、
虐げられながらも、ハワイで、非常に、功績のある活躍をしていたことなどを、
褒め称えた。

つまり、真に、寛容だったのは、どっちか?
影の世界政府により仕組まれたヤラセ攻撃と、虐待を乗り越えて、日本人は、アメリカに、相当、多くの分野で、協力してきたことを、延々と、述べてくれたのである。


また、第二次世界大戦では、オバマさんの祖先、つまり、
黒人が、主に、最前線に行かされ、工場で、働かされたことなどを、語った。
この件で、「アメリカ白人保守層が、何かを黒人や、日系に対して、
嘘を捏造したり、針小棒大なプロパガンダとして、利用もできないぞ!」
と、クギを指しているようにも見える。

ところが、それを聞いていた遺族と思われる関係者は、
オバマさんのスピーチを聞いて、立ち上がり、拍手を送った。

このことを、戦争のネタに利用されて、たまるか!
と、実に、理性的な判断をされている人も、多くいるということである。

残念ながら、オバマさんは、左に傾きすぎてしまった政策のために、
世界の緊張を高めてしまった感は否めない。
それで、今度は、トランプのような人が出てきたとも言える。

しかし、メディアや、戦争推進派が、何と言おうが、
遺族が、「戦争のネタにするのは、やめてくれる?いさかいは、ごめんだ。NO WAR!」
という気持ちなら、CNNも、クリントンも、キッシンジャーも、
「 パールが、パールが、」と、やったら、笑われるだけだろう。w
こういっては、何だが、
殺人犯が、「俺、満員電車で、足、ふんずけられたああ!!」って、
言っているようなもの
だからだ。
いくら、声を、ぷるぷるさせても、「で、おまえは、何やった?」なのである。

しかし、昨今では、戦争が起こる前に、巧妙な洗脳や、大衆操作や、
間違った認識や、戦争に誘導しようとする、影の組織の暗躍
などが、
世界の人々に、理解されはじめている。
しかも、メディアの嘘まで、ばれてきた

これまで、戦争に巻き込まれた人々は、敵でも味方でもない。
ただ単に、騙されてきた人々
なのである。

みんな、「洗脳は、ごめんだ。リベラルも、ごめんだ。フリーダムな人こそ、ありがたい」のである。

そして、フリーダムな人とは、変な、カツラをかぶって、妙な衣装で、
町を、ふらふらする、コスプレバカのことではない。ホモでもない。w

フリーダムな人とは、「自分で考えることができる人」のことである。
(スマップのテレビがなくても、日教組がいなくてもな!)


日本は、まだ、この点で、話にならない段階にある。
いまだに、「誰かが、自分の代わりに、考えていてくれるはず」という、
都合のいい結論で、済ませているわけだ。
その程度の奴が、講演だ、コメンテーターだと、やっているに過ぎない段階だ。
こういう人が、10人集まり、100人集まり、ほとんどとなった時、
いとも簡単に、侵略されてしまうのである。
結局、侵略する側も、侵略される側も、単に、操り人形のように、
被洗脳民だったという場合が、少なくない。
一方が、覚醒しているからといって、他方も、覚醒しているとは限らない。
一人残らず、悟りを開かなければ、戦争は、なくせないというなら、
それは、なくならない。

しかし、先人は、誰にでもわかるように、1つの事実を、全世界に、
教えたのである。

それは、「 戦争は、悲惨である 」という事実だ。

[ 2016/12/28 17:56 ] [ 編集 ]
>14:45さん
>だからスルーがベスト。

そうですね、原発さん自体はスルーでベストと思います。原発さん個人を凹ませたところで、原発さんみたいな情報を持ってくるひとは他にもいくらでもいるわけで。

持ってくる情報そのものを、間違っていたら理由付きで反論すればいいと思うようになりました。
理由は細かく調べてもいいし、簡単に、自分は違うと思う、だけでもいいと思う。

原発さんの個人的意見は仕方無いけども、戦時中の愛国精神の押し売り的なものは、「愛国精神」がいかに当時の庶民を苦しめたか、そこには右や左のイデオロギー分けなどは全く関係なく、ただただ、国策に従わせるための方便であったと、それを書けばよいと思いました。

…逆に、書かせてもらうチャンスでもありますね!
欲しがりません、勝つまでは→庶民以外は欲しがってましたよね色々(^_^;)
みたいな。

国や自民党は戦後、特に安保後はコツコツコツコツコツコツ、庶民を大人しくさせる教育?をやってきたのだから、
庶民も、めんどくさいとか言ってられないと思うんですね。

めんどくさいけど笑
[ 2016/12/28 18:00 ] [ 編集 ]
嘘ばかり
和解の力

支配の力

アメリカの日本支配
安倍の国民支配

[ 2016/12/28 18:03 ] [ 編集 ]
オバマは広島で自分達が落とした原爆を自然現象のように語った。これは全くの卑怯。今回安倍は真珠湾で語り始めに「沈黙をうながす場所」と始めたのでオバマ式にうやむやにするのかと思いきや”戦争を2度と繰り返さない、アメリカの寛容さで戦後日本は自由を謳歌”と戦後レジーム奴隷の再確認。愚か者
[ 2016/12/28 18:13 ] [ 編集 ]
安倍、三菱、日本会議、ブレジンスキ、キッシンジャら グノーシスに最期通牒戴いたからまっ青になって手打ちにしようと泣付き出したか。
[ 2016/12/28 18:40 ] [ 編集 ]
和解の力はいる

嘘の力はいらない。

武器輸出も原発もいらない。
[ 2016/12/28 19:43 ] [ 編集 ]
これ、なんか意味あるんか?
[ 2016/12/28 19:52 ] [ 編集 ]
意味があるかどうか分からないが、年末の忙しい時に大騒ぎしてハワイに行ってまでするほどの価値ある演説とも思えないな。
[ 2016/12/28 21:26 ] [ 編集 ]
アベちゃん見透かされてるYO
真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状
by オリバー・ストーン監督、米日韓加中英豪沖台の専門家など53名
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2016/12/oliver-stone-and-52-scholars-and.html
一つ目の質問でヘエ~と気づかされたので貼っとく
あなたは、1994年末に、日本の侵略戦争を反省する国会決議に対抗する目的で結成された「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていました。その結成趣意書には、日本の200万余の戦没者が「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたとあります。この連盟の1995年4月13日の運動方針では、終戦50周年を記念する国会決議に謝罪や不戦の誓いを入れることを拒否しています。1995年6月8日の声明では、与党の決議案が「侵略的行為」や「植民地支配」を認めていることから賛成できないと表明しています。安倍首相、あなたは今でもこの戦争についてこのような認識をお持ちですか。

アベちゃん「先の戦争については後世の専門家に判断を委ねる」とよく言ってるけど、この94~95年の決議も終戦後50年での総括・判断なんだけどね。
しかも与党の決議なのに~ 不満なら事実を頑として受け入れられない人物が真珠湾で不戦の誓い? 冗談キツイよ。
[ 2016/12/28 21:29 ] [ 編集 ]
兵頭正俊 @hyodo_masatoshi
違いますよ。確かにオバマは謝罪しなかった。
しかし、安倍晋三は米国の「寛容」に「感謝」することで婉曲に謝罪したのです。
これがオバマの振り付けでした。安倍晋三には民族的矜恃などないのです。
自分のためなら売国でも謝罪でも何でもやります。

https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/814076777681154049
[ 2016/12/28 21:42 ] [ 編集 ]
なんであきえさんじゃなくてイナダなんだろう
なんで今回アベ氏はあきえさんを連れていかないで、イナダなんぞを連れていったんだろう?

シンゾウ(最悪男性)+あきえさん(最強宇宙人)
の方が
シンゾウ(最悪男性)+イナダ(最悪女性)
よりは、ほんのほんの少しはマシだと思うぞ!

ねぇ、なんでイナダなの?
[ 2016/12/28 22:07 ] [ 編集 ]
米英蘭との戦争は拡大日中戦争、15時13分野方はハミルトン・フィッシュの本の紹介を
日本が米英蘭との戦争に突入してしまったのは、日中戦争の行き詰まりの結果だ。長年にわたる日中間の不信と対立の末に、蘆溝橋事件というささいなことから日中全面戦争に発展してしまった。日本は百万の大軍を中国に送り、簡単に中国を屈伏させられると思った。だが、思惑に反して戦争は泥沼化した。そのため国家総動員法をつくらざるをえず、物資は配給制となって国民生活は逼迫してしまった。巨額の軍事費を浪費し、若い労働力を兵隊にとられ、高橋是清蔵相の政策で順調に発展していた経済は失速した。米英などは中国へ物資を支援した。すでに満州事変、満州国建国、華北分離工作もあり、日本は中国ばかりでなく米英の権益とも衝突して関係も悪化していた。日本政府は、中国が屈伏しないのは米英が支援しているからと宣伝した。それはその通りだが、国際協調を捨てて大陸での権益を軍事力で確保しようとしたのでは、中国はもちろん、国際社会の理解は得られない。そのうち日中戦争の戦死者は日露戦争を上回ってしまった。これでますます成果なしに中国から引けなくなった。戦争を始めるのは簡単だが終わらせるのは難しい。米国は日米通商航海条約の破棄などの制裁をしたが、日本を決定的に追い詰める制裁は避けてきた。19441年には、日米交渉が始まり双方で日中戦争終結と日米対立解消の妥協を目指した。しかし日本軍が甘い見通しで南部仏印進駐に踏み切ると、ルーズベルト大統領とハル国務長官がワシントンに不在のときだったので対日強硬派が主導して、日本資産凍結、石油全面禁輸の強硬な制裁が行われてしまった。それでも日米首脳会談による交渉妥結の動きもあったが、日本政府と軍部の不統一への米国の不信もあり、また中国や英国の日米交渉妥結反対もあり、日米交渉妥結に至らなかった。石油は尻すぼみになるだけであり、中国から撤兵した場合の、責任追及やテロで殺されることを恐れた指導者たちは、米英蘭との戦争に突入せざるを得なくなった。緒戦の勝利による有利な講和に期待して。日中戦争中の生活困窮化によってもやもやしていた国民は、真珠湾奇襲成功に心がすっきりしたと感じた。国内がそういう雰囲気だったから、日本の指導者は米英に屈して中国から撤兵する勇気が持てず保身に走って米英蘭との戦争を始めてしまった。米英蘭との戦争は、まさに拡大日中戦争であった。日本人はその認識を持つことが大切だ。
[ 2016/12/28 22:54 ] [ 編集 ]
自分の外交失敗の穴埋めに税金使うのヤメロ!!
[ 2016/12/28 23:40 ] [ 編集 ]
対等な立場でお互いが謝罪し、その後に、対等な立場でお互いを尊重し、理解しあって、初めて和解に至ります。

互いに謝罪する具体的意思表明も行為もなく、不平等な主従関係を、固定化した今の日米地位協定をほぼ堅持した状態で、いくら和解だ、和解だと唱えたって、それは、フィクションであって、演技ないしはパフォーマンスと言うものに過ぎません。

神妙な面構えで演じる、オバマと安倍。

世界を欺く猿芝居ですね。
[ 2016/12/28 23:54 ] [ 編集 ]
一体、安倍首相の訪問は何人目なのか?
「アリゾナ記念館は竹下登元首相も足を運んでいます。
1988年6月にカナダのトロント・サミットに出席した帰りにハワイに立ち寄った時です。
あの時、トロントからバンクーバー、シカゴへと渡り、ハワイ・マウイ島のマウイプリンスホテルに泊まった。そこからオアフ島の軍事基地に飛び、竹さん(竹下首相)はアリゾナ記念館へ向かった」
この閣僚経験のある元自民党議員は竹下首相に同行していたという。
これが事実なら、安倍首相の真珠湾訪問は益々歴史的ではなくなってしまう。

「アリゾナ記念館を訪れた歴代首相は複数いると思います。
ただ、皆コッソリ行った。迂闊に訪れると、生卵をぶつけられかねなかった。
かつての米国民は『真珠湾を騙し討ちした日本』という怒りの声が強かったからです。だから、あくまで『極秘』扱い。外務省も記録を残していないだろう」(自民党OB職員)

「政府の『真珠湾訪問が初めて』という発表を鵜呑みにし、垂れ流しているメディアの責任も重い。竹下元首相のケースにしても、トロント・サミットは記者も同行していたわけですから、事実確認すればすぐに分かると思います」(篠原文也氏・政治解説者)
(参:12月29日付・日刊ゲンダイ)
[ 2016/12/29 01:07 ] [ 編集 ]
(寛容)の心、、(和解)の力、、(希望)の同盟、、

小学生かよ〜。。
[ 2016/12/29 05:20 ] [ 編集 ]
阿部は本当に風見鶏で、写真を見るだけでも気持ちが悪い。
こんな奴が日本のトップかと思うとね、世も末だ。
[ 2016/12/29 07:12 ] [ 編集 ]
産経新聞とFNNが、また ペテン的手口の世論調査
大失敗の日露首脳会談を 「国民の6割が評価」 の結果に誘導

http://news.livedoor.com/article/detail/12476405/
 
[ 2016/12/29 07:26 ] [ 編集 ]
安倍首相が真珠湾で「アメリカ様のおかげ」スピーチ! 戦後レジームからの脱却はどうなった? 二枚舌に唖然 - ライブドアニュース

リテラ

http://news.livedoor.com/article/detail/12476997/


 Q:安倍首相はなぜ、集団的自衛権行使にあそこまでこだわるのか?
 A:おじいちゃんが不起訴の見返りにアメリカと約束したことだから。

 Q:安倍首相はなぜ、日本国憲法を「みっともない」と毛嫌いするのか?
 A:おじいちゃんを助けてくれたG2と敵対する人たちがつくった憲法だから。

 Q:安倍首相はなぜ、改憲しようとしているのか?
 A:それも、おじいちゃんが不起訴の見返りにアメリカと約束したことだから。



( G2って 米戦争屋のネオコンのことでしょうか?)
[ 2016/12/29 11:00 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム