情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2016.12.31 19:00|カテゴリ:ニュースコメント(19)

元ハワイ州知事のジョージ・アリヨシ氏「謝りにこいという国とは違う。首相の握手はすばらしかった」


s_ice_screenshot_20161231-142639.jpeg
*首相官邸

元ハワイ州知事のジョージ・アリヨシ氏が安倍晋三首相の真珠湾訪問を高く評価すると同時に、とある国を皮肉して「謝りにこいという国との違いは大きい」などと発言しました。

アリヨシ氏は日本メディアに対して「米国は首相に謝ってほしいといったことはなく、首相も自らお越しになった。謝りにこいという国との違いは大きい」と語り、謝罪をするよりも慰霊という事実が大切だと強調しています。
「真珠湾攻撃の生存者と首相の握手はすばらしかった」と述べ、安倍首相の真珠湾訪問を評価しました。

中国や韓国は依然として謝罪を求めるようなコメントが飛び出ることがありますが、アメリカは謝罪よりも慰霊を重んじるような形になっています。
日本国民の方もアリヨシ元知事の発言に賛同する声が多く見られ、「謝罪」を強調しているような方たちは見習うべき姿勢だと言えるでしょう。


「謝りにこいという国とは違う」日米の絆 アリヨシ元ハワイ州知事
http://www.sankei.com/world/news/161228/wor1612280049-n3.html

 謝罪ではなく、慰霊だった。「米国は首相に謝ってほしいといったことはなく、首相も自らお越しになった。謝りにこいという国との違いは大きい」。アリヨシさんはこう語り、日米の関係が、歴史認識で日本を揺さぶろうとする中国などの国とは違うことに触れ、「真珠湾攻撃の生存者と首相の握手はすばらしかった」と改めて述べた。



以下、ネットの反応


























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
でもすんごいポチなんだけど…
[ 2016/12/31 19:07 ] [ 編集 ]
↑だから、核と軍隊を持とうよ!
となる。
[ 2016/12/31 19:21 ] [ 編集 ]
字面だけ見ると素晴らしく皮肉の効いたコメントですね。こういうの好きです。「とある国」の反応が楽しみです(苦笑)
[ 2016/12/31 19:38 ] [ 編集 ]
霊を慰めたって、死んだ人は二度と生き帰って来ないよ。

慰霊なんて気休め。

自己満足の部類です。

和解と言うなら、お互いに謝罪する心の方が大切だ。
[ 2016/12/31 20:15 ] [ 編集 ]
真珠湾に慰霊に行くなら南京にも行くべきと思うが。これは相手国の品格などとは別の問題。
[ 2016/12/31 20:55 ] [ 編集 ]
>とある国を皮肉して「謝りにこいという国との違いは大きい」などと発言しました。

 謝りに来いと主張する国が存在することは知っているのですね。
[ 2016/12/31 21:00 ] [ 編集 ]
謝罪はしたらいいのに。
なぜしないのだろうか?
[ 2016/12/31 21:04 ] [ 編集 ]
アメリカは日本に原爆落としたり空襲をやってコテンパンにしてしているからスッキリしているだろうが、中国などのアジア各地は日本軍のせいで数千万人の民間人が殺害されているわけでアメリカとは事情が異なる。その上、日本軍の兵士は女性を見つければ襲うし、本人の意思に反して無理矢理慰安婦された女性も多くいる。

こんな野蛮な事をした以上、謝罪は向こうがいいと言うまで必要なのは当たり前。

だけど日本がすぐに蒸し返すからいつまでたっても解決しない。

具体例として慰安婦問題で日韓で合意したあと、自民党の桜田が「職業としての娼婦だった」などと蒸し返している。

さらに日本のマスコミも慰安婦像が努力義務にもかかわらず、あたかも撤去が必ず行われるような報道をしていた。

ここのブログの2015年12月31日0:36の記事に「少女像撤去なければ10億円拠出せず!〜」。

このように日本政府やマスコミは日韓で合意した事や不可逆的にと約束したにもかかわらず、平気で約束を破っている。今回の慰安婦像の件で韓国は約束をすぐ破るとネトウヨや右派は言うが、実際に約束を破ったり蒸し返しているのは明らかに日本政府。

アーミテージも「我々の国では、アフリカ系米国人の扱いを謝罪してきたし、し続けるだろう。百年で十分だということにはならない」と言っている。

最後にこの件で犯罪予備軍の夏季などのネトウヨと議論するつもりはない。無知で馬鹿なネトウヨと議論しても時間の無駄だし。
[ 2016/12/31 21:58 ] [ 編集 ]
21:58さんは、言葉は乱暴だが芯をついた論であるように思う。「和解」には、被害者が寛容な気持ちから相手を受け入れることから始まるのであって、加害者が力説するものではない部分がある。南アフリカで、アパルトヘイトの被害者個々の憎しみを超克するために生まれたのが「真実と和解委員会」だ。真実と責任の所在を明らかにした上で、被害者が和解を受け入れるのものではないのか?安倍首相のポエムじみたスピーチには、そのようなデリケートな部分を配慮する意識はなさそうだ。特に戦争の被害者個々の気持ちを慮るという意識が。
[ 2016/12/31 22:26 ] [ 編集 ]
一国の首長が謝罪するのはすごく意味がある。でもその謝罪を相手側がきちんと受け止められるかも問題だと思う。脂っこいアホそーな政治家や保守系のマスごみの検討違いの発言のせいで、反省していると言ってもまるで信じてもらえないもんね。日本人特に若い人たちに中国・韓国に親しみが感じないってのも無理ないよ。最近まで中国語学科が人気だったのに今じゃ定員割れ、閉鎖の状態だし、中国に渡った日本企業・日本人がぞくぞくと帰国しているし、関わりたくない連中とその国になりつつある。いい状況じゃあないよ。
[ 2016/12/31 23:20 ] [ 編集 ]
日本が、アメリカ軍基地を攻撃して3,000人が亡くなった。
謝罪のない慰霊は、有るんでしょうか?

20代男

[ 2017/01/01 01:30 ] [ 編集 ]
アメリカは勝った側。中韓は侵略された側。
そんなもん少し考えれば、態度が違うのは当たり前。
安倍よ、自分の代で終わりにしたいのなら、きっちり片つけろや。おかげで、キミの劣化コピーみたいな中途半端ウヨが大量生産されてるわ。
[ 2017/01/01 01:47 ] [ 編集 ]
民間の人の死者0
真珠湾攻撃で民間間じゃなくなったのは米軍の故障によるものの見て日本の攻撃で民間人の死傷者はゼロでした。と記載すると過剰に反応する人たちがいるんですよね。
[ 2017/01/01 03:21 ] [ 編集 ]
それは間違っているからですよ
>真珠湾攻撃で民間間じゃなくなったのは米軍の故障によるものの見て日本の攻撃で民間人の死傷者はゼロでした。と記載すると過剰に反応する人たちがいるんですよね。

いまだにそういうことを信じている人がいるんですか?
記録によって人数にばらつきはありますが、50人前後ではないかと思います。
日本人の民間人の死傷者ならゼロですね。

[ 2017/01/01 08:45 ] [ 編集 ]
戦争は両国の合意と戦後処理によって、国同士は終結しています。
もちろんそれには東京裁判も含まれます。

しかし個人(国民)の感情はまた別ですので、お互いに相手国の犠牲を思いやることが必要だと思います。
[ 2017/01/01 08:52 ] [ 編集 ]
たとえばある人が親を殺されたとする。その人が犯人に対して「謝らなくてもいい。私はあなたを赦している」と言えたら、その人は聖者だろう。

だが普通の人間は「犯人は遺族に謝るべきだ。その上で処罰されるべきだ」と考えるだろう。

中韓が「謝らなくてもいい」と言ってくれるのを期待するのは、中韓に「聖者になれ」と要求するようなものだ。
[ 2017/01/01 09:53 ] [ 編集 ]
とある2国のほうが、現在進行形で世界中に迷惑掛けまくっているのだから、謝罪とやらのやり方のお手本を見せて下さいね。
[ 2017/01/01 09:59 ] [ 編集 ]
アメリカ世論も中国、北朝鮮的なものがあるからね。
日本で活躍するアメリカ人タレントの自国の政治的意見を聞くと金太郎飴。
[ 2017/01/01 11:22 ] [ 編集 ]
日本の独立を、最も妨げてきたのはアメリカ。
日米同盟など、この世には存在しない。
安倍はアメリカのスパイであり、日本の代表ではない。
[ 2017/01/01 22:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム
スポンサードリンク